僕が習っていて良かったと感じた習い事5選とその理由とは!

習い事,習っていてよかった

お子様を持つ親御さんはどんな習い事をさせてあげるのがいいのか悩んでいる方が多くいると思います。

 

僕は幼稚園から中学校までとにかくたくさんの習い事をやらせてもらいました。

今回は、その中から本当にこの習い事をやってきてよかったなと思う習い事を皆さんに紹介していこうと思います。

 

これからお子様に習い事などを習わせようとしている方は是非参考にして見てください。

『習字』

習字は小学校3年生から5年生までの2年間習っていました。

習字をしていると大人になってから「習っておいてよかった!」と思うことが非常に多いです。

 

大人になると様々なな場面で自分の名前や個人情報を書かなくてはならない場面が増えてきます。そんな時に自分の字が汚いと少し恥ずかしいと思います。

 

僕はたった2年間しか行っていませんでしたが周りからは「字がうまいね」と言ってもらうことがすごく多いです。子供の頃は正直「なんで習字に行かなくてはダメなの?」と思っていましたが大人になってから習字の大切さに気づきました。

『ピアノ』

ピアノは個人的にすごくおすすめです。

自分は幼稚園から小学校高学年までピアノをやっていました。音楽が大好きだったのでピアノの教室に通うこと自体は苦ではありませんでした。

 

中にはピアノに通うことをすごく嫌がってしまう子もピアノ教室にいましたがピアノを弾けると将来的にすごく役立つんです。なぜかというと教員免許を取る時や保育士、幼稚園の先生の資格を取る時などに必要なスキルになってくるからです。

 

習っているだけで一歩リードできますが習っていないと課題曲の楽譜を読むだけで1日が終わってしまったりします。少しの期間だけでもいいと思うのでピアノに挑戦してみてください。

『そろばん』

そろばんは小学校高学年の時習っていてすごく役立ったなと思いました。

 

当たり前ですが、そろばんを習うととにかく計算が早くなります。そろばん教室のカリキュラムには暗算もありますので基礎計算力も上がります。そして、小学校から中学校に上がる時『算数から数学』に変わります。

数学になった瞬間に難しくなるのですが、高学年のうちに計算をする力を蓄えることでスムーズに数学を学ぶことができました。

『ダンス』

体を動かす習い事で僕が一番お勧めしたいのがダンスです。

僕は今までにサッカー、バスケットボール、テニスなどを習ってきましたがダンスに勝るものは何一つありませんでした。ダンスは新しい動きの連続なので全く飽きないんです。

 

僕は小学校低学年からダンスをしていますが、未だにダンスを楽しみ続けられています。また他のスポーツに比べて低コストで始められるのも良さの一つです。

 

ワンレッスン1500円~2000円ほどのところがほとんどですが、一ヶ月通い放題などにするともっとお得に習えます。僕がダンスを始めた頃に比べて今はEXILEなどのおかげでかなりメジャーになってきました。

楽しい習い事になると思うので是非一度レッスンを受けてみてください。

『読書作文教室』

読書作文教室は音読をした本の感想文を書くというものが基本的な内容になります。僕はこの読書作文教室を小学校2年生から中学校3年生まで続けていました。

 

読書作文教室の良さはたくさん本を読めることです。

読書をすることで知らない世界や知らない言葉を学ぶことができます。また読んだ本で作文を書くので集中しなくてはいけませんし、頭を使わないと描けませんので脳の活性化にすごくいいんです。

 

また、作文を書くことによって国語力が大幅に上がります。個人的にはこの読書作文教室が一番お勧めの習い事です。

『まとめ』

今回紹介した5つの習い事は自分の幼少期と今を比べて自分にとってためになっているものです。

習い事は『将来どのように自分の役に立つのか』これが大事だなと記事を書いていて思いました。

 

習い事に悩んでいらっしゃる方は紹介させていただいた5つの習い事を参考にしてみてください。

著者:けんすけ

性別:男性

年齢:21歳

けんすけです。自分の知識や経験を少しでも皆さんに共有できたらなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう