6歳児におすすめの面白い絵本32選&ママパパ500人ランキング

「こどもが6歳の時期におすすめの面白い絵本はなんだろう?」と探すこともありますよね。

なるべく面白い要素が盛り込まれていて6歳児でも楽しめる絵本、それでいて子供の成長につながるような刺激を与える絵本を読み聞かせたいと思うママやパパも多いのではないでしょうか?

一言に面白い絵本と言っても6歳児にピッタリな絵本を探すことは中々難しいからこそ、先輩ママやパパが実際に読み聞かせをしてオススメできる面白い絵本を知りたい方も多いはず!

この記事では、ママ・パパ500人が選ぶ6歳児におすすめの面白い絵本32選&人気ランキングを口コミと共にご紹介しています。

6歳児におすすめの面白い絵本人気ランキング

6歳児におすすめの面白い絵本ランキング

まずは、6歳児におすすめの面白い絵本人気ランキングからご紹介していきましょう。

Bookey編集部が行った『ママパパ500人が選ぶ6歳児におすすめの面白い絵本』によると、1位は『ぐりとぐら(113票)』、2位は『はらぺこあおむし(103票)』、3位は『手ぶくろを買いに(40票)』という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、6歳児におすすめの面白い絵本を口コミ&レビューと共にご紹介していきましょう。

500人中/113人がおすすめ

【1位】ぐりとぐら

株式会社 福音館書店
990円 (2021/06/22 20:22:35時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 なかがわ りえこ
出版社 福音館書店
発売日 1967年1月20日
価格 990円

子供の食への興味を高める!

6歳児には「ぐりとぐら」がとてもお勧めです!

この本の主人公は食べることが好きなねずみ達です。

大きな卵をカステラにして食べるシーンを見ると、好奇心が強い6歳児は大はしゃぎ!「これ食べたい」などリクエストの嵐になること間違いなし!!

是非この独特な世界観を持った絵本を楽しんでみてください!

Kazuki68さん/20代/女性


大きなカステラがとてもおいしそうで、引き込まれること間違いなし

6歳児には「ぐりとぐら」がなんといってもおすすめです。

仲良し双子の野ネズミぐりとぐらが森へ出かけてクリを拾っていると、なんとそこには大きな卵が落ちていました。お料理することと食べることが大好きなふたりが、大喜びでカステラを作る様子がおすすめのポイントです。

歌いながら作っていると何とも香ばしい匂いにつられて、たくさんの動物たちがやってきます。

絵柄の可愛さに引き込まれること間違いなしの絵本だと思います。

star3sky5moon1さん/40代/女性

500人中/103人がおすすめ

【2位】はらぺこあおむし

Kaiseisha/Tsai Fong Books
1,320円 (2021/06/23 09:20:23時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 エリック=カール
出版社 偕成社; 菊倍横版
発売日 1976年5月1日
価格 1,320円

カラフルだから子供も気に入りやすい!

6歳児には「はらぺこあおむし」がお勧めです。

子供たちはストーリーの前に、そのカラフルで独特な絵に注目し、あおむしでさえ可愛いと言ってくれるでしょう。

また、ストーリーもとても面白く、ためになる内容となっています。実際に私もこの絵本で、あおむしが蝶々になることを学びました。

子供なら誰でも楽しめる内容だと思うので、お勧めします!

Kazuki68さん/20代/男性

500人中/40人がおすすめ

【3位】手ぶくろを買いに

1,540円 (2021/06/23 13:18:53時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 新美 南吉
出版社 偕成社
発売日 1988年3月1日
価格 1,540円

丁寧な言葉でお母さんの愛情が伝わる

狐の親子の話ですが、おかあさんきつねの子狐を思う姿で気持ちが優しくなります。

6歳の子だと母に反抗的になりがちですが、この絵本を読むとお母さんの愛情が伝わると思います。

丁寧な日本語でかかれており、ゲームなどで汚い言葉をつかいがちなこの年齢の子供に正しい日本語を伝える意味もあるので、お勧めの絵本です。

lunaartemis_18f1さん/50代/女性


子供にとってためになる教訓がたくさん詰まっている

6歳児には新美南吉さんの「手ぶくろを買いに」をおすすめします。言わずと知れた不朽の名作で、きつねが主人公であるところも、子供の好奇心をくすぐる要素です。

しかも、この物語では、母ぎつねから「人間は恐ろしい」と言われて育つ子ぎつねが、結果的に人間の優しさに触れてびっくりするところや、戻って母に事実を伝え、母の心をも変えてしまうという素敵な教訓が詰まっていて、面白いです。

子供の優しさを伸ばしたいと思っている方には、ぴったりの一冊だと思います。

tokayさん/40代/女性

500人中/35人がおすすめ

【4位】おおきなかぶ

株式会社 福音館書店
990円 (2021/06/23 12:36:57時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 A.トルストイ
出版社 福音館書店; 新版
発売日 1966年6月20日
価格 990円

うんとこしょどっこいしょと言う掛け声にハマる

家族総出で大きなかぶを引っこ抜く掛け声が、子供にとって面白いところだと思いました。

子供も「うんとこしょどっこいしょ」と掛け声を合わせて一緒に本を読んでくれました。

初めて読んだ時は黙って聞いていましたが、2度目の時は自分から掛け声を言うようになりました。

何度も何度も本を持ってくるので、気に入ったようです。

masamizu0302さん/30代/女性

500人中/35人がおすすめ

【5位】からすのパンやさん

子どもの文化普及協会
1,100円 (2021/06/23 17:55:44時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 加古 里子
出版社 偕成社; 第2版
発売日 1973年9月1日
価格 1,100円

「からす」がみんなかわいくて、偏見をなくす教育に最適

「からすのパンやさん」は1973年に初版が発行された不朽の名作です。私自身も大好きな一冊で、大人になってからも読み返すことがあります。

かこさとしさんの独特の世界観は圧巻で、本来忌み嫌われる存在である「からす」たちがとても生き生きと描かれており、子供の偏見をなくす教育には、大変意味のあるテーマだと思います。

また、失敗したり、つらくて泣きたくなったり、くじけそうになることがあっても、状況が一変することがあるのだと理解させるのに最適な絵本です。

tokayさん/40代/女性

500人中/28人がおすすめ

【6位】パンダ銭湯

1,430円 (2021/06/23 19:02:27時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 tupera tupera
出版社 絵本館
発売日 2013年8月15日
価格 1,430円

今までにない世界観で子どもの想像力が刺激される

6歳児にはパンダ銭湯という絵本がおすすめです。まず、パンダ以外の入浴禁止なところがもう面白いです。

パンダが脱衣場につき、服?を脱ぐところに驚きます。上半身の黒いところは洋服という展開です。そして、入浴すると顔の黒い部分が無くなってしまいます。

このような想像の斜め上をいくパンダの秘密はとてもおもしろかったです。子供の想像力も刺激されるのではないでしょうか。

イラストも可愛らしくておすすめします。

kippiyou95さん/20代/女性

500人中/20人がおすすめ

【7位】えがないえほん

1,430円 (2021/06/23 04:13:19時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 B J ノヴァク
出版社 早川書房
発売日 2017年11月21日
価格 1,430円

イラストはないが、音だけで楽しい絵本

6歳児には、「えがないえほん」がオススメです。

タイトル通り、イラストは1つもありません。ただ、文字のみ。文字がカラフルに書いてあります。

内容が「なっとうのみそしる」だとか突然「かえるの合唱」の歌が出てきたり、内容に教育的要素はあまり感じられません。しかし、子どもは大笑い。

読む大人も真剣に大袈裟に読むのがポイントです。

字が読めるお子様なら、自分で読みながら笑えるはずです。

hanamomomacaronさん/30代/女性

500人中/19人がおすすめ

【8位】かいじゅうたちのいるところ

冨山房
1,650円 (2021/06/23 04:13:20時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 モーリス・センダック
出版社 冨山房
発売日 1975年12月5日
価格 1,650円

不思議な世界へ入ってしまったような感じがする

通常の絵本とは異質で、不思議な体験をさせられる絵本です。外国の絵本の翻訳なので、日本のおとぎ話にはない面白さや怖さが盛り込まれた絵本です。

主人公のマックスとかいじゅうしか登場しないのですが、よくあるデフォルメされたかいじゅうではなく、不気味さもあり可愛くもあり、ユニークです。

不思議な世界観で、子供も引き込まれていました。

kiosk1さん/40代/男性

500人中/16人がおすすめ

【9位】おばけのてんぷら

440円 (2021/06/23 13:18:54時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 せな けいこ
出版社 ポプラ社
発売日 2005年11月1日
価格 440円

貼り絵の世界観が可愛く、思いもよらない事が起こりワクワクする

イラストは貼り絵なので、とても温かみのある手作り感が最初から最後まで一枚一枚伝わってきます。細部のこだわりにも注目して欲しいです。

6歳の子は絵本に出てくる食べ物にも興味が出てくると思いますし、真似をして料理もしたくなるかもしれませんね。

タイトルの「おばけのてんぷら」とはこういうことか!と終盤でようやく分かるようになってますが、主人公のうさこや仲間、おばけも全てが可愛いので、安心して楽しめます。

kurokaoさん/40代/女性

500人中/13人がおすすめ

【10位】じごくのそうべえ

1,540円 (2021/06/23 16:47:53時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 たじま ゆきひこ
出版社 童心社
発売日 1978年5月1日
価格 1,540円

関西弁がおもしろく、痛快

年長さんの劇で実際に子どもがやりました。

関西弁のセリフをしっかりと覚えていたり、『とざいとうざいかるわざしのそうべえ。一世一代のおおかるわざ。これより針の山へと登ってまいる。しゅびよく頂上まで登りつめましたらご喝采を〜』と全員で言っていたのは「さすが年長さん!」と見ていて引き込まれました。

ふん尿地獄の意味も知らずに劇をした我が子がおならをしたら『ふん尿地獄ー』と言っています(笑)

関西弁が面白くて、お話も痛快なので是非おすすめです!

yuimamachanさん/30代/女性