歴史小説のおすすめ31選&読書家500人が選ぶ人気ランキング

史実に沿った物語が楽しめて、かつ歴史も勉強できるような小説を読みたい時もありますよね!

誰もが知る名作から隠れた名作など、読書家が実際に読んでおすすめできる歴史小説と口コミを知りたい方も多いはず!

この記事では、読書家500人が選ぶ歴史小説のおすすめ31選&人気ランキングを口コミと共にご紹介しています。

\Amazonの「聴く」読書/

おすすめの歴史小説人気ランキング

おすすめの歴史小説ランキング

まずは、おすすめの歴史小説人気ランキングからご紹介していきましょう。

Bookey編集部が行った『読書家500人が選ぶおすすめの歴史小説』によると、1位は『村上海賊の娘(60票)』、2位は『のぼうの城(40票)』、3位は『鬼平犯科帳シリーズ(30票)』という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、おすすめの歴史小説を口コミ&レビューと共にご紹介していきましょう。

500人中/60人がおすすめ

【1位】村上海賊の娘

  • 読みやすさ   :
  • 内容の満足度  :
  • 歴史背景の面白さ:
著者: 和田 竜
出版社: ‎新潮社
発売日: ‎2013/10/22
価格:

\ 初回購入50%OFF!&試し読みOK!/

今すぐ読む

あらすじ

和睦が崩れ、信長に攻め立てられる大坂本願寺。海路からの支援を乞われた毛利は村上海賊に頼ろうとした。その娘、景は海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女だった…。

引用元:Amazon

女海賊・景の生き様に心動かされ、一息に読み終えてしまう

村上景という女海賊が主人公です。実在した村上海賊や毛利水軍、また織田方の勇猛果敢な武将等は皆””漢””です。彼ら武士の価値観は現代人とあまりに違い、不思議に感じるところもありますが、彼らの生き様に心動かされ、一息に読み終えてしまうこと請け合いです。

大人気で漫画化もしました。小説版と一部内容が異なりますが、活字耐性がない人はこちらでもかなり楽しめるかと思います。

Y.koyanagiさん/20代/男性


豪胆な主人公が魅力的!

圧倒的に読みやすくて、アクションシーンがたっぷりなのでおすすめします。

村上水軍という海賊の頭の娘・景が主人公です!彼女は豪胆で強くて、少しがさつだけど不思議と魅力的ですし、戦闘シーンは映画のように迫力満点で楽しめます。

解説なども詳しく載っているので、歴史小説初心者の方にもぴったりな作品です。

いぬねことりさん/30代/女性

500人中/40人がおすすめ

【2位】のぼうの城

  • 読みやすさ   :
  • 内容の満足度  :
  • 歴史背景の面白さ:
著者: 和田 竜
出版社: ‎小学館
発売日: ‎2007/11/28
価格:

\ 初回購入50%OFF!&試し読みOK!/

今すぐ読む

あらすじ

時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。

引用元:Amazon

戦国史に残る壮絶な戦いと、文字だからこそ伝わる登場人物達の感情が熱い

おすすめの歴史小説は?と聞かれれば、最初に答えるのがこの「のぼうの城」です。

三成軍2万VS忍城軍500の戦い。三成の忍城水攻めとして戦国史に残る壮絶な戦いを描いた、戦国エンターテインメント大作です!

野村萬斎主演で映画化もしているので、内容を知っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、「内容を知っているから小説版は読まなくてもいいや」などとおっしゃるなかれ。この小説は映画を見た人こそ読むべきだと思います。

文字だからこそ感じることの出来る登場人物たちの感情がそこにはあるのです。

友茅つかささん/20代/女性


登場人物達がみんなかっこよいので、感情移入しやすくわくわくする

農民に信頼を寄せられている城主の話だけれど、後半の戦の場面では胸が熱くなる展開のオンパレードで読む手が止まりません。

あと、とにかく登場人物達がみんなかっこよいです!それぞれの信念に基づいて命がけで戦っているので、感情移入しやすいし読んでいてわくわくします。

いぬねことりさん/30代/女性

500人中/30人がおすすめ

【3位】鬼平犯科帳シリーズ

  • 読みやすさ   :
  • 内容の満足度  :
  • 歴史背景の面白さ:
著者: 池波 正太郎
出版社: ‎文藝春秋
発売日: ‎2016/12/31
価格:

\ 初回購入50%OFF!&試し読みOK!/

今すぐ読む

あらすじ

アニメ化で話題沸騰中!

盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられている、「鬼平」こと火付盗賊改方長官・長谷川平蔵。
2017年は、池波正太郎の「鬼平」誕生50周年にあたる。

このタイミングで、テレビアニメ「鬼平 ONIHEI」が、満を持しての登場。
そして、人気絶大の原作「鬼平犯科帳シリーズ」全24巻を、ぐんと読みやすくなった大きな文字とふりがなを増やした決定版で刊行開始 !
カバーも一新、アニメだけでなく、広重の世界が広がり、全巻揃える楽しみも倍増。

「読む快感とは、まさにこのことである」と納得がいく、池波文学の代表作。

この一年は鬼平とともにあり。
決定版をぜひ一度、手にとってみてください。

第一巻収録作品は、「啞の十蔵」「本所・桜屋敷」「血頭の丹兵衛」「浅草・御厩河岸」「老盗の夢」「暗剣白梅香」「座頭と猿」「むかしの女」の8篇。

伝説の粋人・ジャズ評論家で、晩年は大の鬼平ファンでもあった植草甚一(1908~1979)が、第一巻で文庫解説を執筆。
J・J氏の魅力も全開です。

引用元:Amazon

江戸時代にタイムスリップしたかのような臨場感を味わえる

江戸時代中期に活躍した実在の人物である、火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を主人公にした作品で、池波正太郎の代表作です。

さまざまなメディアで取り上げられているのでご存知の方も多いかと思いますが、小説の鬼平も何度読んでも楽しめる素晴らしい作品です。

この作品の魅力は、綿密な資料調査に基づいて書かれていることで、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような臨場感を味わえます。また、登場する食べ物はどれも魅力的で、空腹時に読んでいると飯テロだと感じてしまうほどです。笑

全20巻を超える大作ですが、どこから読んでも楽しめる作品なので、ぜひオススメしたいです。

pokaboniさん/20代/男性


人間味溢れる鬼平が非常に魅力的

最初はドラマで作品を知り、小説を読みました。

まさに江戸時代の勧善懲悪ものです!悪には容赦なく残酷ですが、弱い者には優しく、過ちを犯した者にも手を差し伸べたり、奥方に弱くて人間味溢れる鬼平が非常に魅力的です。

登場人物もそれぞれ個性的で魅力的です。

江戸時代の生活が垣間見え、貧しいながらも助け合いながら毎日精一杯生きている庶民の姿が目に浮かぶような感じです。

twinflowerさん/40代/女性

500人中/27人がおすすめ

【4位】海賊とよばれた男

  • 読みやすさ   :
  • 内容の満足度  :
  • 歴史背景の面白さ:
著者: 百田 尚樹
出版社: ‎講談社
発売日: ‎2012/7/12
価格:

\ 初回購入50%OFF!&試し読みOK!/

今すぐ読む

あらすじ

敗戦の夏、異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は、なにもかも失い、残ったのは借金のみ。そのうえ石油会社大手から排斥され売る油もない。しかし国岡商店は社員ひとりたりとも馘首せず、旧海軍の残油集めなどで糊口をしのぎながら、たくましく再生していく。20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。その石油を武器に変えて世界と闘った男とはいったい何者か―実在の人物をモデルにした本格歴史経済小説、前編。

引用元:Amazon

石油に命を賭けた男たちの人生に感動しつつ、会社経営に関することも学べる

出光興産の創業者である出光佐三をモデルとした主人公・国岡鐵造が、仲間達と石油産業に真摯に取り組み続ける姿に目頭が熱くなります。

幾度となく経営難に見舞われますが、鐵造が積み上げてきた努力と信頼が石油事業を成功に導きます。

会社のトップに立つ人とはどうあるべきか、会社経営やリスクマネジメントなど会社経営に関することも学べます!

歴史小説は一見読みにくいイメージを持つと思いますが、人としてどう振る舞うべきか、教訓やこれから生きていくための術を学べる一冊です。

zenmai1さん/20代/女性

500人中/25人がおすすめ

【5位】沈黙

  • 読みやすさ   :
  • 内容の満足度  :
  • 歴史背景の面白さ:
著者: 遠藤 周作
出版社: ‎新潮社; 改版
発売日: ‎1981/10/19
価格:

\ 初回購入50%OFF!&試し読みOK!/

今すぐ読む

「神とは何か」「信仰とはなにか」を考えさせられる作品

キリスト教が制限されていた江戸時代の長崎に、ポルトガルから命がけで来日し長崎の人々にキリストの教えを広めていく宣教師の物語です。

現代の日本人の多くは、法事でお寺に行ったり、初詣や験担ぎで神社に行ったりする程度で、普段から信仰が厚い人はあまり多くないと思いますが、ほんの数百年前まではここまでキリスト教に傾倒していた日本人がいたのか、と驚くほどです。

日本とキリスト教の歴史や、当時の宗教観を知ることが出来る良い作品です。

ひろき@大学生さん/20代/男性

500人中/21人がおすすめ

【6位】竜馬がゆくシリーズ

  • 読みやすさ   :
  • 内容の満足度  :
  • 歴史背景の面白さ:
著者: 司馬 遼太郎
出版社: ‎文藝春秋; 新装版
発売日: ‎1998/9/10
価格:

\ 初回購入50%OFF!&試し読みOK!/

今すぐ読む

あらすじ

「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。

引用元:Amazon

坂本龍馬の生涯を通して、時代を生き抜いた人々の力強さが伝わってくる

日本の歴史上に登場する最も有名な人物の一人と言っても過言ではない、坂本龍馬の生涯について書かれた本です。

司馬遼太郎が丁寧に書き上げた龍馬の人生と、出会ったたくさんの人々を通して、幕末の日本が面白いようによくわかります。

坂本龍馬という人がいなければ、今の日本はあり得ません。そのことがよくわかる歴史小説で、面白いのでどんどん読み進められます。

教科書では数行しか書かれていない事件や出来事についても詳しく書かれているので、高校を卒業するまでには是非読んで欲しい歴史小説です。

michiko_y33さん/40代/女性

500人中/20人がおすすめ

【7位】壬生義士伝

  • 読みやすさ   :
  • 内容の満足度  :
  • 歴史背景の面白さ:
著者: 浅田 次郎
出版社: ‎文藝春秋
発売日: ‎2002/9/3
価格:

\ 初回購入50%OFF!&試し読みOK!/

今すぐ読む

あらすじ

小雪舞う一月の夜更け、大坂・南部藩蔵屋敷に、満身創痍の侍がたどり着いた。貧しさから南部藩を脱藩し、壬生浪と呼ばれた新選組に入隊した吉村貫一郎であった。“人斬り貫一”と恐れられ、妻子への仕送りのため守銭奴と蔑まれても、飢えた者には握り飯を施す男。元新選組隊士や教え子が語る非業の隊士の生涯。浅田文学の金字塔。

引用元:Amazon

史実に基づく人物描写が緻密で、政治情勢もリアルに感じる

守りたいもののために最後まで戦い抜いた一人の武士の話で、本当の強さとは何かを考えさせられます。

それだけでも充分なのですが、史実に基づいているので歴史上の人物描写も緻密で政治情勢もリアルに感じるので勉強にもなります。

登場人物達も魅力的で素晴らしい作品です。

いぬねことりさん/30代/女性

500人中/19人がおすすめ

【8位】破戒

  • 読みやすさ   :
  • 内容の満足度  :
  • 歴史背景の面白さ:
著者: 島崎 藤村
出版社: ‎新潮社; 改版
発売日: ‎2005/7/1
価格:

\ 初回購入50%OFF!&試し読みOK!/

今すぐ読む

あらすじ

明治後期、部落出身の教員瀬川丑松は父親から身分を隠せと堅く戒められていたにもかかわらず、同じ宿命を持つ解放運動家、猪子蓮太郎の壮烈な死に心を動かされ、ついに父の戒めを破ってしまう。その結果偽善にみちた社会は丑松を追放し、彼はテキサスをさして旅立つ。激しい正義感をもって社会問題に対処し、目ざめたものの内面的相剋を描いて近代日本文学の頂点をなす傑作である。

引用元:Amazon

生まれた時から変えられない社会的なレッテルについて、改めて深く感じる作品

国籍や人種差別が社会問題になりつつある今日、自分で選ぶことができない社会的なレッテルや人間の価値について考えさせられる一作です。

主人公は被差別階級の出身で、ヒロインであるお志保との恋に悩みます。彼は自分の出生によって愛を受け入れてもらえないことを恐れ、葛藤します。

本作は歴史小説でありながら、日本に実在していた差別の歴史や社会問題に関して提起しています。

もし、自分だったら、または周りにそういう人がいたら・・・という観点で、深く考えさせてくれます。

E–Kさん/20代/女性

500人中/16人がおすすめ

【9位】最後の将軍 徳川慶喜

  • 読みやすさ   :
  • 内容の満足度  :
  • 歴史背景の面白さ:
著者: 司馬 遼太郎
出版社: ‎文藝春秋; 新装版
発売日: ‎1997/7/10
価格:

\ 初回購入50%OFF!&試し読みOK!/

今すぐ読む

幕末期の混乱や人々の心情描写が生々しく、読み応えがある

大河ドラマ「青天を衝け」でも注目の、江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜について描かれた小説です。

幼少時から繰り広げられる政治劇や幕末期の混乱、要所で描かれる慶喜や家臣たちの心情が生々しかったり、静かに熱かったりで、読み応えはしっかりしています。

この作品で描かれる慶喜像を見ていると、大河ドラマ「青天を衝け」の慶喜との共通点や相違点を見つけるという別の視点からの楽しみ方もできるようになります。

また、司馬遼太郎は何巻にも渡る長編作品が有名ですが、この作品は1冊で完結するため読みやすいのもポイントです。

Ichyyi10さん/30代/男性

500人中/15人がおすすめ

【10位】草原の風

  • 読みやすさ   :
  • 内容の満足度  :
  • 歴史背景の面白さ:
著者: 宮城谷 昌光
出版社: ‎中央公論新社
発売日: ‎2013/9/21
価格:

\ 初回購入50%OFF!&試し読みOK!/

今すぐ読む

あらすじ

父の死により、叔父に引き取られ、使用人とともに田で働く劉秀。高祖・劉邦の子孫でありながら、鮮明な未来を描くことができぬ日々を過ごしていたが…。三国時代よりさかのぼること二百年。古代中国の精華・後漢王朝を打ち立てた光武帝・劉秀の若き日々を、中国歴史小説の巨匠が鮮やかに描きだす。

引用元:Amazon

「キングダム」の時代と「三国志」の時代をつなぐ隠れた英雄たちを描く

後漢の初代皇帝である、光武帝劉秀の活躍を描いた作品です。

著者の宮城谷昌光は古代中国を題材にした作品をいくつも書いてきた方で、この作品もその中の一つです。

古代中国というと、日本では三国志のイメージが強いです。最近は漫画「キングダム」の影響で秦の時代も注目されていますが、光武帝が活躍した時代を描いた小説や物語はまだまだ少ないです。

この作品は歴史小説家の大家が書いただけあって、読み応えも読みやすさも抜群です。

「三国志」や「キングダム」で古代中国に関心を持った方々にぜひオススメしたい作品です。

pokaboniさん/20代/男性