【まとめ】カップルあるある50選!共感ばかりの体験談特集

カップル,あるある

恋人と一緒に居ると、誰もが思わず共感するような「カップルあるある行動」をとってしまうことも多いですよね。

振り返ると恥ずかしい行動と頭では分かっていても、大好きが故についついカップルあるあるな行動をしてしまうのも無理がありません。

この記事では、そんな共感ばかりのカップルのあるある50選を体験談と共にご紹介しています。

付き合いたてカップル編

LINEの待ち受けに恋人が写ってる

付き合い始めると、さりげなく友達にアピールしたいのかLINEの待ち受けに恋人が登場してくるパターンが多いです。

例えば、カップルどおしの後ろ姿や二人で手を繋いでいる手の部分のみを載せるなど、さりげなく感がよくあります。

20代後半/医療・福祉系/女性

SNSで相手がいてどれだけ幸せかアピール

ツイッターなどでラインのスクショを貼ってこれだけ自分は幸せで彼氏とはラブラブなんだよアピールをします。

友人に直接ラブラブの内容を話すのは気がひけるので、SNSならかなりの確率で見てもらえるし気分的にいい感じです。

20代後半/流通・小売系/女性

お互いの呼び方に迷う

付き合う前は、「〇〇さん」とさん付けだったのに、付き合い始めると呼び捨てになったり、2人だけのあだ名を付けて呼び合ったりするようになる。

呼び方を決めても、恥ずかしくてすぐに呼べなかったり、以前の呼び方で呼んでしまったりする。

30代後半/医療・福祉系/女性

お揃いのストラップを購入する

付き合いたての頃、お互いに離れていても一緒にいる感覚になるよう、何かお揃いのものが欲しいという話になりました。

ペアリングは少し早く、ペアルックは恥ずかしいのでいつでも持ち歩くものにつけていられるおそろいのストラップがいいという話になりました。

スマホを見るたびに彼のことを思い出します。これはカップルあるあるですよね。

20代後半/メーカー系/女性

お揃いのものだらけになる

付き合いはじめのときはラブラブなので、財布だったり小物だったり、ファッションなどお揃いのものをやたら買ってしまいます。

最初は気持ちも盛り上がってラブラブな時期なので、なんでもお揃いのにしたいのがあるあるだと思います。

30代前半/サービス系/女性

デートの時は、同じカラーもしくはブランドの服、小物を身に着ける

付き合いたては、なにもかもが一緒がいいのでデートの前日「何着る?」「靴何にする?」など同じもので合わせようとしますよね。

ただ、全部一緒だと周りの目も気になるで自分たちだけがわかるようにカラーだけ合わせたり・・・でも、結局デート中は自分たちの世界に入ってしまっているので周りの目が見えていないし、周りからはお揃いにしてるのもバレバレ(笑)

30代前半/公務員・教育系/女性

ペアグッズの数だけ愛が深まると思いがち

お揃いの指輪をつける、色違いのストラップを付ける(今ならスマホカバーなど?)等、とにかく深い絆で繋がっている証が欲しくて、一緒にショッピングに行く事が増えるのは一般的じゃないでしょうか?

ファッションに興味があるカップルの場合は、ペアルックもありますね。

30代後半/自営業/女性

お揃いという名の浮気防止対策が発動する

ボールペンや筆箱、キーホルダーなど何でもお揃いや色違いで揃えがちです。好きな人と同じものを使ってると一緒にいない時間でも思い出して頑張れます。

携帯の待ち受け画面は、彼氏の場合は彼女のソロショット、彼女の場合は彼氏のソロショットにして浮気防止対策をしてました。

まだ初々しいからこそペアルックをしてデートに行ったりするのがとても楽しいです。お揃いにするのは皆あるあるだと思います。

20代後半/医療・福祉系/女性

ハートの絵文字を乱用する

とにかく好きだという気持ちをめいっぱい伝えたいが為にハートの絵文字やハートのついたスタンプを使いたくなるのは付き合いたての頃だからこそだと思います。

そのうち簡単な文字だけの文章になっていってしまうのはあるあるだと思います。

30代前半/自営業/女性

バカップル丸出しに気が付けない

ファミレスなどのテーブル席で真正面に座らず隣に座る。

私と彼氏(現在旦那)と付き合い始めの頃、いつも隣に座ってました。そして手を繋いでご飯を食べるという側から見たらバカップル丸出しでした。俗に言う二人の世界ってやつですね。

40代前半/サービス系/女性

パジャマでさえ可愛く見せたい

付き合いたての頃は彼氏の家にお泊まりになった時に、可愛いキャラクターの着ぐるみパジャマとかおしゃれなパジャマとかとにかく可愛く見えるパジャマを着ていました。

5年たった今では全く可愛げのない上下セットのスウェットを着ています。

20代後半/サービス系/女性

下の名前で呼び合うのを恥ずかしがる

付き合う前は苗字や〇〇さん、〇〇ちゃんと呼んでいたのが、付き合ってからは呼び捨てにし合おうとすることもありますよね。

だいたいは恥ずかしくてしばらく呼ばなかったり、名前を呼ぶの自体躊躇してしまったりします。慣れてくると当たり前なことなんですけどね。

20代前半/医療・福祉系/女性

元カノと行っていたお店は避ける

元々よく使っていたお店やbarがありました。元カノとはよく一緒に飲みに行っていたのですが、別れてからは中々行く事もなくなりそれっきりになりがちです。

新しく彼女が出来て、どこか2人で飲みに行こうっと誘われても、昔よく行っていたお店やbarなどに行ったら変にイジラられるし、彼女側もあまりいい気はしないかもと思い、そういうお店は避ける様になると思います。

30代後半/サービス系/男性

四六時中、相手と連絡をとり続ける

そんなに頻繁にやり取りするのであれば、もう会った方が早いんじゃないの?というくらい、おはようからおやすみまで着信を気にしてしまう。

結局その日々も最初だけで、慣れてくると、やり取りがとても簡素になっていき、返事も「りょ」だけになっていく。

30代前半/自営業/女性

LINEで愛を語りだす

付き合い始めは自分たちがカップルであるということを確認し合うために、おはようからおやすみまでLINEをして内容も「○○くん大好き?」「○○ちゃんは誰にも渡さない!!」とかいうLINEで盛り上がるのはあるあるではないでしょうか。

20代後半/金融・保険系/女性

指輪を左手薬指にする

結婚している人達は左手の薬指に指輪をして恋人同士だとお揃いの指輪を右手の薬指にしたりしますが、私の周りでは最初は気分の高まりからなのかみんな薬指にはめてます。

え、もう結婚する気なの…!?それだけ本気なんだね…!と思わせてきますがしばらくすると落ち着くのか右手の薬指に移動する、というのを良く見ます。

20代後半/IT・通信系/女性

自分から連絡するのにいろいろ考えてしまって時間がかかる

付き合いはじめは目が合うだけでお互いはにかみ、手をつなぐだけでドキドキしていまい、ちょっとした変化が楽しくて充実しています。

しかし慣れてくると、目が合ってもお互い特に表情は変わらず無言、もしくは「なに?」などと素っ気ない態度になり、しまいには手をつないで歩くのは正直歩きづらいし夏は暑いということで繋いだとしても軽くつなぐ程度に。(初めのころのように、恋人つなぎはしなくなる)

30代前半/IT・通信系/女性

初めて手をつなぐための方法を考える

付き合い始めはやはり相手に触れたいという感情がとまりません。

たとえば手を繋いだりしたいですが、はじめのきっかけが難しく、なにかのアクシデントを装ってさり気なく手を差し伸べるなんて言うのは結構あるあるかと思います。

40代後半/メーカー系/男性

恥ずかしくて名前が呼べない

仕事してても家にいても相手のことで頭が一杯で気が気でない。ラインの通知をそわそわとまっていて、即レスしてしまう。電話したいと思うけど勇気がなくて誘えない。

いざ電話してしまうと一時間以上話し込んでしまって日をまたいでしまう。

20代後半/サービス系/女性

朝の「おはよう」、就寝前の「おやすみ」LINEを毎日している

付き合いはじめはこまめに毎日LINEをしていた私達。

朝の「おはよう」から始まり、就寝前の「おやすみ」で1日終わります。その間、何回かやり取りしています。しかも送信後即既読。勿論仕事の時間帯はしませんよ。

付き合いが長くなると、LINEの回数は減り、挙げ句平日は金曜日まで連絡がなかったこともあります。連絡が減ったという事、結構あるあるではないでしょうか。

30代後半/医療・福祉系/女性

電話は同時に着るという謎のルールがある

電話最後に、またねーまたねとなっても、自分から切らないでいつまでも続く。切らないの?とか話だしてまた電話が続いた後に、また、そろそろ終わろうかとかなってまた、切れずにズルズルして、最終的に同時に切ろうか、せーのとか言って電話を切る。

30代前半/医療・福祉系/女性

変なあだ名で呼び合う

付き合う前はさん付けやちゃん付けで、お互いに丁寧に呼び合っていても、いざ彼氏彼女になると呼び名はより親しみが込もったものになります。

王道は呼び捨てですが、それだけじゃ足りずに、名前の最後に「にゃん」や「しゃん」など付けて呼び合いがち。本人たちだけなら幸せな時間ですが、うっかり外で口に出してしまうと、周りからみたらただのバカップルです(笑)

20代前半/マスコミ系/女性

報連相が仕事以上に捗る

付き合いたてでLINEを遅くまでしているのは、あるあるだと思います。

「バイト終わったよー」とか「明日は○○だよー」とかわりとどうでもいいことを連絡し合ってした記憶が、、、(笑)

「明日も早い、、、」とか愚痴も送り合ってましたが、今思えば、そんな暇があるなら早く寝た方が絶対良かったですよね(笑)

20代前半/サービス系/男性

友達付き合いが悪くなる

片時も離れたくないと、お互いがお互いに夢中になっていると周りが見えなくなるものです。

フリーだった時はランチや飲み会に誘ってもひとつ返事で来ていたのに、恋人ができた途端、恋人との時間が最優先で友達付き合いが悪くなるのは仕方のないことではあります。ですが友達としては少し寂しい気持ちにもなります。

30代前半/自営業/女性

用もないのに電話しがち

付き合いたてのカップルは電話が多い気がします。

昨日会っていても、次の日には何だか声が聞きたくなってしまってよく電話をしていたような気がします。どうでもいい話がほとんどでした。付き合いが長くなるにつれて電話が減るような気がします。

20代後半/サービス系/女性

長続きカップル編

好きな趣味に相手が付き合っているうちに相手がハマる

相手が好きな趣味に合わせて付き合って出掛けて遊びにいっているうちに、相手がその趣味にはまっていることがあると思います。

うちでは、奥さんが動物が好きでいろんな動物園・水族館に行っているうちに、私が動物にはまっています。撮影専用にいいカメラを買って、近所の動物園の年間パスポートを買って一人で撮影に行ってました。

30代前半/医療・福祉系/男性

おやつを買うときは相手の分も買ってしまう

美味しそうなおやつや、珍しいおやつなどが売っていると、何も考えずに相手の分も買ってしまいます。

美味しいものを共有したいという気持ちが、もともと生物学的に潜在しているのではないかと思うくらい、長く付き合うほど無意識に手に取るようになるなと感じます。

20代後半/自営業/女性

言わなくても何でも伝わる

見ているテレビも一緒なので、「これこの前やってたのに似てるね」と言い、まさか伝わらないと思ったら、「多分味も似てそうだよね」と彼から返答が…

何を想像して話をしたのか&どこが似てると思ったのか、とすべてがわかりきっている…!あるある?

20代前半/公務員・教育系/女性

仕事から帰るときになんとなくデザートを2つ買う

同棲を始めてから、お互い先に帰った方がご飯を作るというルールにしていました。彼女が先に家に帰っているとLINEで連絡が入るので私は大体欲しいものは何かないか聞いて帰るようにしています。

ほとんど欲しいものは無いと言われますが私がデザートを食べていると欲しそうに見てくるので毎回2つ買っていきます。

20代後半/メーカー系/男性

自分の時間も大切にしている

長続きの秘訣は、束縛をしないのは当たり前ですが、それよりも個々の時間(趣味や友達、家族との時間)をとても大切にしていることです。

つまり、お互いがお互いのことを尊重し合っているので、自分の時間もしっかりと確保することができ、すなわち一緒にいると居心地のいい関係になります。

付き合いたての頃の初々しさは無くとも、離れていても安心できるような関係でいれることは、長続きする上で最も大切なことです。

30代前半/自営業/女性

料理の趣味嗜好が似てくる

付き合いたての頃、アボガドが苦手だった彼。しかし、サラダやカプレーゼ、天ぷらなど、様々なアボガド料理を食べているうちに、いつの間にか好きになっていました。

私はわさびが苦手でしたが、わさびマヨネーズやわさび味のお菓子を彼に勧められて食べているうちに、いつの間にか食べられるようになっていました。

30代前半/自営業/女性

連絡はお互い一日1回のみ

長く付き合っていると、毎日連絡を取り合ってもどうしても内容が同じになってしまいネタも尽きるので、連絡は一度にまとめて一日1回のみになっています。

頻繁に連絡を取り合わなくてもお互いの事をよく分かっているし、お互いを干渉しすぎない事も長続きの秘訣だと思っています。長く付き合っているカップルで、一日中連絡を取り合っているというカップルは少ないのではないでしょうか?

20代後半/IT・通信系/女性

LINEのやり取りが短文

付き合い始めはLINEの返信が早いですけど、付き合いが長くなってくると1日に1返信とか少なくなり、「何してるの?」とも聞かなくなり、用がある時にしかLINEをしなくなります。

最終的には電話で連絡を取るようになります。

20代後半/不動産・建設系/男性

お互いに趣味やプライベートを満喫している

長続きしているカップルは、お互いに自分たちのプライベートを満喫しており、干渉しません。

自分たちのやりたい事を好き放題出来る為、恋人が邪魔な存在にならないのです。その為ストレスも無く、長続きするのだと思います。

30代前半/サービス系/女性

お互いの行動に干渉しない

休みの日は必ずデートをするなどは決めない。自分の時間を大切にしつつ2人の時間も作った方が心にゆとりができてお互いに優しくいられると思います。連絡も過度に取りすぎず負担に思わない程度にするべき。

長く一緒にいればちょうど良い距離感がわかってくるのでだんだんと淡白になるけれど、それは徐々に2人の1番心地よい付き合い方が分かってきた証拠だと思います。

30代前半/医療・福祉系/女性

カップル間でしかわからないような会話ができるようになる

長く付き合っていると、相手が言いたいことやしてほしいことが口にしなくてもわかるようになります。

そのうち、「あれ」「あの」などの会話でも通じるようになります。カップル間でしか通じない会話ができるようになります。

20代前半/サービス系/女性

最初のころは長所だと思っていたところが短所に思えてくる

例えば、物事を決めるときに考える時間が長い。

昔は「慎重な人なんだな…真面目でいいな」と思っていたが、今ではただの「優柔不断」としか思えない。しかし長所も短所も紙一重だと思って受け入れると楽に関係を続けられる。

40代前半/流通・小売系/女性

デートで気合を入れたりせずラフな格好

付き合いたてはお互いが好き過ぎてずーっとベタベタして手を繋いでたり、彼氏が彼女のカバンを持ってたりオシャレに気合を入れたりするが、3年4年と経つと手も繋がないし、カバンも持ってくれない!

むしろオシャレに気合を入れたり着飾らなくてありのままの姿で居れると思う!

30代前半/自営業/女性

デートで行く場所が無くなってくる

付き合いたての時は、どこに行くのにも楽しくてしょうがない。ベタですが水族館や遊園地は外せないでしょう。

そんな楽しいデートを重ねれば重ねただけ、デートのネタがなくなってきます。ネットでデートスポットを探したり、1回行った場所を違う季節に訪ねたりと色々工夫はしますが、結局お家デートが増えていきます。

特に地方のカップルには思い当たる節があるのではないでしょうか?

20代前半/不動産・建設系/女性

トキメキする瞬間がなくなってくる

付き合いたての頃はお互いに触れたり手を繋ぐのも恥ずかしがって手汗とビッショリだったのに、もう今は彼氏が私の二の腕をモミモミしてきたり、私は暑いから手を繋ぎたくないと手を繋ぐことを拒否したり。笑

当たり前になってしまったので、それ以上に自分がいかに快適に過ごせるか考えてしまいます。笑

20代前半/医療・福祉系/女性

むしろラブラブしないラフな関係である

1ヶ月記念日、1年記念日などずっとしていたり、彼女彼氏にかっこつけたりしているカップルではなく、友達のように少し悪口を言い合う関係だったり、素の自分をみせられるラフな関係になります。

そしてその方が長続きするし自分のスタイルを変えなくて済みます。

30代前半/公務員・教育系/男性

やたらと記念日を言わない

長続きしているカップルは、1ヶ月記念など細かい記念日は気にせず、1年とか比較的長い記念日だけを祝う。

それも大きなことをするのではなく、いつもどおりのデートをして、少し美味しいところに食べに行ったりするだけで終わる。

20代後半/金融・保険系/女性

ラインに絵文字をつけなくなる

付き合いたてのアツアツだった頃はよくハートマークなどつけていました。

今は付き合って3年経ちますがラインの会話はだいたい文章のみ、連絡事項のみです。見た目はそっけない感じになりますが愛は昔より深まっている気がします。

20代前半/医療・福祉系/女性

ラインは安否確認になりがち

付き合い始めは、ラブラブで絵文字をつけたりしてポンポンとラインの返信をしたり、絵文字をつけたり長文だったりしたが、付き合いが長くなると、一度返信したら返ってきても後ででいいかなとなって、ただ連絡取るだけの安否確認的な感じになってしまう。

20代前半/医療・福祉系/女性

一緒にお風呂に入っている

最初は明るい浴室で裸になるのが恥ずかしく、浴室の電気を消しお互いの身体が見えないようにして入っていました。

しかし、1週間もせず一緒に入り続けているうちに初めの頃の恥ずかしさがなくなり、今では電気を消すことなく入っています。

20代後半/医療・福祉系/女性

休みの日は別行動をする

付き合いたての頃は毎日会っても全然飽きなかったのに、長くなればなるほど毎日会わなくてもいいか、となりますよね。

ベッタリのデートはたまに、で普段はアッサリ。恋人というより、家族に近くなるっていうのはあるあるじゃないでしょうか?

30代前半/自営業/女性

結婚資金を貯める用の口座を持っている

付き合いはじめのカップルは、お金のことをいちいち言うと相手に嫌われてしまうからあまりお金のことには口出しはしないと思いますが、付き合いが長くなってくるとその先のことを考えるようになるので、2人で頑張って専用の口座をつくり貯金に励むようになります。

40代前半/流通・小売系/女性

二人だけにしか伝わらないネタで笑っている

自分達の中での面白いエピソードが定番のネタ化して笑っている。そういうのがいっぱいある。

例えば、猫がごはんが欲しい時にお皿をカタンカタンするのを真似して、彼もごはんが欲しい時はかたんかたんと言うようになりました。

彼の靴下の匂いをかいだ猫が猫がビックリして逃げ出したので、私も真似して嗅いでビックリして逃げ出すのがネタ化している。

30代前半/医療・福祉系/女性

名前を呼ぶのも面倒くさい

付き合ってすぐは、お互いの名前を呼ぶのも新鮮でドキドキしたり、幸せに感じたりしますよね。

付き合いが長くなってくると、そういうのもだんだん面倒くさくなってきて、気がついたら、相手を呼ぶ時は、ねえとかちょっととかになってます。

40代前半/サービス系/女性

友達と遊んでいても連絡し合う

こまめに連絡を取り合うことが仲良しでいられて長続きする秘訣だと思います。

友達と遊んでいる時も合間でこまめに何気ないやりとりをしたりして、音信不通になる時間を作りませんでした。仕事中じゃなければ頻繁に連絡を取っていました。

30代前半/サービス系/女性

まとめ

今回は、そんな共感ばかりのカップルのあるある50選を体験談と共にご紹介してきました。

付き合いが長くなってくると気になるのが結婚ですよね。世の中のカップルが結婚する決め手はなんだろうと気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

【男女別】結婚の決め手はなんだった?既婚者200人に聞いた

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ