彼氏がケチだと別れるべき?同じ経験を持つ女性100人の助言

彼氏,ケチ

彼氏と付き合いは楽しいけれどケチな部分が気になる…という女性も多いのではないでしょうか?

見方を変えれば節約家という事もあり浪費家よりは全然良いけれど、今後の付き合いはどうしていくべきか経験者のアドバイスが知りたい方も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人によるケチな彼氏と付き合った感想を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

ケチな彼氏と付き合った所感ランキング

まずは、ケチな彼氏と付き合った感想ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いたケチな彼氏と付き合った感想』によると、1位は『早々に別れるべきだった』、2位は『どちらとも言えない』、3位は『付き合って良かった』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いたケチな彼氏と付き合った所感

女性100人に聞いたケチな彼氏と付き合った感想では、1位の『早々に別れるべきだった』が約53%、2位の『どちらとも言えない』が約27%、3位の『付き合って良かった』が約20%を占める結果となりました。

それでは、項目別でケチな彼氏と付き合った感想を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】早々に別れるべきだった

早々に別れるべきだった

金銭感覚が合わないのですごく疲れた

付き合っていたのは、私が25歳で彼が28歳の時でした。

3つも年上ということもあり、連れて行ってくれるお店などにかなり期待していましたが、行く店は金額で決めるようでした。

某オムライス屋さんの店の前でディスプレイを見ながら、「高っ!!一番安いのでも700円もするからここは無理!!」といってその店に入ることはありませんでした。結局その日に行ったのは某牛丼屋さんでした。

単にその日にお金がなかったわけではありません。家のデートならいいと思いDVDを見ようと決まりレンタルショップに行きましたが、新作は高いし返却日が短いのでだめと言われました。もちろん映画館にいくなんてもったいない!と言われました。

28歳という年齢で定職にもつかず、仕事は日雇いの工場のみでした。しかも嫌なことがあるとすぐに辞めてしまいました。

私はそんなに浪費家ではないと思いますがせっかくのデートで700円のオムライスが食べれないのは相当ショックでした。金銭感覚とは本当に大切だと思い数週間で破局しました。

30代後半/サービス系

彼女より払いたくないスタンスの男性はNG

付き合う前から付き合って半年くらいは紳士で全部奢ってくれました。

しかし、ある時金欠だからちょっと払っておいて、後日返すからと言われることが増えました。そのときはそういう時もあるなと思ったり、今まで払ってくれてたから特に気にも留めなかったです。

付き合って1年くらい経ったとき、いきなり彼氏から俺が全部払ってやった分お前も全部払えよ。割り勘なんて許さないと言われました。

そのときに彼の本性を見たと思います。なんてひどい男だと思い別れを告げました。

20代前半/医療・福祉系

お金の都合がいい女にされる場合は早々に別れるべき

互いに学生だったので仕方ないかもしれませんが、相手の方が5歳年上でした。

しかも最初は色々安いものでもおごってくれて嬉しかったですが・・・いざお付き合いし始めたら、全部私に払わせました。遊ぶ金はあるというのに!そして別の女の子には美味しいものおごっていました。

丁度その話を見て聞いていたので無事別れることができましたが、自分の財布が空になる前に、都合のいいATMになっていないかよく考えましょう・・・。

20代後半/自営業

ケチの度合いを早い段階で見極める

後から思えば付き合う前から前触れはありました。

彼からのアプローチでデートに行くことになったのですが、ガソリン代節約なのか「車出して」と言われ、いつも私の車でお出掛けをしていました。この時から【おや?】と内心思い始めたキッカケです。

いざ付き合う事になり、美容室、歯医者は行かず服はいつも同じ服。なぜ美容室に行かないのか聞くと「自分で切れるのにお金もったいないじゃん」

洋服をプレゼントしても着てもらえず理由を聞くと「えっ?だってまだこっち(いつも着てる服)の着れるし」という理由でした。

でもそれ以外は本当にいい人で私たちは結婚しました。私のお腹にも可愛い赤ちゃんが来てくれて幸せだと実感していた時でした。

私が妊婦で働けなくなり、私の貯金もなくなった頃に旦那が生活費として家にお金をいれてくれる事になったのですが、私が美容室、歯医者に行きたいと言うと
「は??そんなのにお金を使うなよ」と言われて私も彼と同じ人生を歩まないといけないのかと絶望的になりました。

生活費も3千円づつ。なくなったら何に使ったか聞かれぶつぶつ文句を言われながら次の3千円をくれるの繰り返しでした。ボーナスも家に入ってこず、当然家族旅行はなし。

そんないる日、子供が3歳になった頃。旦那と公園に遊びに行った帰りに、旦那のカバンに入っていた財布で遊び始め「人のカバンあさっちゃダメ」と取り上げると一枚のカードが落ちてきました。

…大手企業の貸金会社のカード。旦那は私に隠れて携帯で競艇にはまり借金をしてたのです。それからは私がすべて管理する事になり、ストレスフリーになりました。

今の私が言えることは、ケチの度合いを早い段階で見極める!!!っていうことが大切だと思い知りました。

30代前半/専業主婦

周りに害を及ぼすケチはダメ

10年以上正社員で勤務していたので、お金がないはずはないのですが、倹約家でした。本人が会社に弁当持参するなど、出費を押さえるのは良いことだと最初は思っていました。

2人で外出時のガソリン代、高速代の割勘は何とも思わないのですが、自分の車は温存し私の車を出させるくせに、ETCポイントを貯めたいから、割勘なのにカードは自分のを使う身勝手なケチでびっくりしました。

30代後半/自営業

自分優先なケチは別れるべき

最初は良い人のイメージで優しい人で、出かけると割り勘ではなくすべて払ってくれて、買い物やお出かけも楽しめていました。

しかし気が付けば外食していると余分なご飯以外の注文はダメ。一つの一食分のご飯を半分こして食べようとか、こちらのおなか具合よりも自分優先な感じになり、一緒に出掛けるのが楽しくなくなりました。

30代後半/自営業

節約とケチを履き違えているようなら注意して

以前付き合っていた彼は、記念日とかでお祝いしても、このプレゼント何円した。とかこのコース何円した。と毎回言ってきました。

とにかく楽しめないし、周りのカップルからの視線も痛かったです。節約とケチを履き違えていると思いました。

20代前半/法律系

旅行でもデートでもケチな部分にしか目がいかなかった

共通の趣味があり意気投合してすぐに仲良くなりました。彼は今まであまり旅行に行くことがなく、私は旅行好きだったので、付き合い始めからいろんなところへ出かけました。

彼も出かけるのは好きだったので、一緒に楽しく出かけてたのですが、付き合って一年ほど経つと少しずつ本性が…。観光に出かけてもそのお寺や施設などの入場料がかかるとわかれば「え、お金かかるの?ここ入らなくてもよくない?」と入場拒否。

海沿いに行ってお寿司を食べようとお店に入り、注文するのですが、私はせっかくだから多少高くともその地域のオススメのものを頼みました。が、彼はカッパ巻き、おいなりさん…などの低価格のネタばかり注文。

好きだからと言ってたのでいいですが、こちらとしては食べにくい。次第に観光でなくとも日頃からそうなっていき、一緒に食べてても楽しくなく、食も一緒に楽しめる人がいい!と思い別れました。

30代前半/金融・保険系

不満は今後どんどん膨らむので今すぐ別れるべき

金銭感覚や、何にいくら払えるかという価値観は人を付き合ううえで最も大切な基準の一つです。

そこに違和感を感じるのなら、付き合うにつれどんどん不満が膨らんできていつか大爆発します。大爆発するころに女性が年齢を重ねていて他の男に乗り換えにくくなっていたら、若い貴重な時間が勿体無すぎます。

30代前半/専業主婦

価値観が真逆だと上手くいかない

とにかく細かく、外食もきっちり1円単位まで割り勘する人でした。

また、物を捨てたがらずなんでももったいないと言って家に溜め込む人で、最初は物持ちがいい人だと思っていたのですが、今考えると単にケチで捨てられなかっただけだと思います。

私自身が同じ価値観だったら問題ないのですが、考えが真逆でしたので付き合う上でいろいろ合わず、大変でした。

金銭感覚以外は本当に楽しくて優しい最高のパートナーでしたが、その部分が合わず結局別れる事になりました。金銭感覚が合わないと大変だという事を学びました。

30代前半/金融・保険系

自己中心的なケチで悲しかった

顔もタイプで、話や好きなものや、笑いのツボも同じだった元カレ。

それだけ聞くと本当に最高の元カレでしたが、難ありは超を越え卓越したドケチでした。自分のこととなると、お金にいとめはつけない代わりに、デート代から何から何まで、一円単位でも割り勘は当たり前。

自分が好きになったから仕方ないと諦めてはいましたが、限界の決定打は、自分へのプレゼントはブランドなど高いものを要求し、私へのプレゼントは私の意見など聞くことなく、5千円程度に抑える始末…

挙げ句の果てに言われた言葉は『欲しいものをねだる女は好きじゃない』呆れて、その場で別れました。

40代前半/不動産・建設系

ケチは一生治らないので別れるべき

出会った当初は、何をするにしても割り勘でも問題ないと思っていましたが、そのうち年が経つにつれて、相手が年上ということもあり、たまには割り勘じゃなくてもいいのになと思うようになりました。

しかし彼の収入が私よりも悪かったこともあり、別れるまでずっと割り勘でした。

40代前半/金融・保険系

お金をかけたい部分が違うとお互いストレスが溜まる

付き合ってすぐ、私が住んでいたアパートに彼が転がり込んできた感じでした。

まず、光熱費や家賃を払うと自分から言いださなかったです。私は旅行が好きなのですが、お金を気にせず良いホテルや美味しい食事を食べたいタイプなんです。

彼はいかにお金をかけずに旅行するかというタイプ。値段を気にして満足のいかないホテルや食事をするのがとても苦痛でした。やはりお金をかけたい部分が違うとお互いストレスがたまると思います。

30代前半/専業主婦

割り勘の計算が大変で食事が苦痛だった

出会ったときは、顔も悪くなく仕事ができる方でした。高学歴で高収入。都会のど真ん中に住んでいて、高級車に乗っています。エンジニアのお仕事していて、とても優しいしおもしろいし好きになっちゃいました。

しかし、デートはいつも割り勘で十円単位で請求されてきました。向こうからデートに誘っているのに腹立たしくなりました。

なんで高収入なのにいちいち細かいこと言ってくるんだろうと思い、自然にお別れしました。

20代後半/流通・小売系

私とのデートで少しでも多く支払ってくれた事がない

出会いは部活でした。頭が良くてルックスもそこそこだったので、ある程度女子からは人気があり告白も良くされていたと思います。私も好きになり告白したらまさかのOKだったので、とても嬉しかったです。

しかし、いざ付き合ってみると毎回割り勘だし(男子が毎回払うのも違うけど)、私とどういうデートをしたかなど他の人にペラペラと喋る人で耐えられなくなりました。

結果として別れを切り出しましたが、付き合う前は周囲の人間との関わり方をもう少し見ておけばよかったと後悔しています。

20代前半/医療・福祉系

クーポン利用しか頭にない男性でした

公務員勤務と言うところに惹かれ私も打算ありきの付き合いだったとは思うんですが、デートのたびに公務員の割引クーポンの冊子本みたいなものを持って登場しました。

それだけであればまだ良いのですが、そこに書かれている店にしか行かないと言われたときは別れを検討するきっかけになりました。

40代前半/IT・通信系

【2位】どちらとも言えない

どちらとも言えない

自分も許容出来て受け入れることが出来る範囲かどうか

彼と私は社会人で正社員として働いていました。給料はお互いそこまでいいと言うわけではなかったのですが、普通の生活が出来るくらいはありました。

そんな彼とふたりでお買い物に行ったさいに、私がこの洋服かわいい、欲しい!と言った時値段を見た彼が、「こんな高い服を買うお前の金銭感覚が信じられない」と言われました。値段は3千円くらいです。

ある時はごはん屋さんに一緒に行ったとき、彼はお腹がすいたのでごはんを大盛りにして頼もう!と言っていたのですが、大盛りにするのがプラス100円かかると知ったとたん辞めてました。

倹約家だと言われればそれまでですが、そこまでケチるか!?と思うことが多々あって一緒にいるとストレスが募っていくのを感じお別れしました。ケチなのはいいですが、自分も許容出来て受け入れることが出来る範囲のケチさかどうかをよく見極めることをオススメします。

20代後半/流通・小売系

1円単位の割り勘には疲れてしまった

独身の時の話ですが、付き合う前はあまりわからなかったのですが、付き合って3ヶ月くらいたった頃に外食をする時に1円単位で割り勘など、少しどうなのかなと思うことが度々ありました。

割り勘が嫌とかはなかったですが、毎回一円単位での割り勘は面倒、疲れるなと思いました。

20代後半/専業主婦

大事なところでもお金をケチるような人なら別れたほうがいいかも

付き合って間もない頃は、彼がケチというよりもお金に几帳面な人なんだなと思っていました。

クーポンを調べたり、同じものでもリーズなお店を探したりと細かく検索していることがよくありました。

最初は気になりませんでしたし、むしろ倹約家だなと思っていましたが、細かすぎてうんざりしてしまいました。

30代前半/専業主婦

良くも悪くも自分もケチになった…

今までの彼氏とは割り勘なんてしたことなかった私でしたが、ケチな彼氏と付き合って自分のお金の使い方を見直すきっかけになりました。

例えば高級なものが食べたくても割り勘なので、自分が半分出すことを考え身の程にあったものを食べるようになりました。

20代後半/専門コンサル系

1円単位で安いお店を探すのは大変だった

付き合う前で友人同士であったときは、そこまでケチである面は感じられなかったのですが、付き合いだして2人で食事に行ったり、買い物に行ったりしてから、ドケチを認識しました。

私も散財する方ではなく節約志向なので、お金の管理がしっかりしていて良いなと最初は思いました。でも買い物に行っても、1円でも安いものを探したり、そのために何店舗も足を運ぶこともあり、あまりに度が越していたため、疲れてしまいました。

金銭感覚が似ていることは良いと思いますが、ケチレベルも様々あると思うので、見極めが重要です。

30代前半/公務員・教育系

会うときにお金の話が多すぎる

付き合った当時は気前がよくデート代などはだいたい彼がおごってくれていました。しかし付き合いが半年を過ぎると、こちらがなぜデート代や旅行代を出そうとしないのかなどを聞いてくるようになりました。

付き合いの真剣度がはっきりしてからこちらからも出そうと思っていたので少しショックでしたが、そこからはなるべく割り勘になるように努力しました。その彼は当時契約社員で、周りで正社員で給料を多くもらっている友達などと自分の給料を常に比較していました。

デート中には道行く人の持ち物の値段を言ったり、高級車を目にするたびに額を言ったり、見ず知らずの人のアパートや家を見てはこのアパートはいくらくらいかなどを予測して言ってきました。そのあたりからその彼は相当ケチなのかなと思うようになりました。

そこから彼の口からお金、貯金、ローン、給料などの言葉が出てくることがとても多くなり、一緒にいることがしんどくなりました。

行き過ぎだと感じたときは別れ時かも

職場で出会い付き合うことになったのですが、普段の勤務態度も真面目で、優しくて、楽しい人だったのですがキャンプをするのが趣味でキャンプ道具などにはけっこうお金をかけていました。

初めて2人でキャンプに行った時は、私も初めての体験でテントを貼った寝袋で寝たり、焚き火をしたり、こんな休日もいいなぁくらいに思っていたのですが、それからのデートはもっぱらキャンプやバーベキューばかり提案してくるようになり、キャンプに行かない時は道具の買い物にホームセンターなどに行くという感じになりました。

私が映画やデパートなどに行きたいといってもキャンプ以外のことするのは気分がのらないと全く相手にしてくれなくなり、食事などのお金も「今月キャンプで使う新しいマット買ったからお金ないんだよね」「てかキャンプ道具以外にお金だしたくない」などデート代はほとんど私が払い、誕生日プレゼントの時はキャンプ道具以外は買わないからと無理やりアウトドア用のイスを選ばされました。

何度かキャンプ以外のことも2人でしたいと話してみましたが、結局彼は変わらず2ヶ月ほどしてお別れしました。アウトドア好きの方がみんなこうではないと思いますが、彼の場合は少し行き過ぎていましたね。

ただ、初めてのキャンプで見た星空がとてもロマンチックだったことは今でも素敵な想い出です。笑

30代後半/医療・福祉系

割り勘はいいけどデート代をケチられると辛い

大学生のときに出会ってすぐに付き合いました。私にとって初めての彼氏だったことと、学生でお互い金銭的に余裕がないことを知っていたので付き合い始めはそこまで気にしていませんでした。

周りのカップルを見ても割り勘が多かったのもあります。今思い出してみれば100円のレンタルDVDも50円ずつ割り勘でした。お会計時はどんなときも1円単位できっちり割り勘です。

途中から嫌だなと思いつつ、社会人になったら変わるだろうと思って付き合い続けて社会人で遠距離恋愛になりました。私の家に来たときの食材費は私持ちなのに、向こうに遊びに行ったときの外食費はきっちり割り勘でした。

さらに、デートのときどこに行っても入場料や食費など割り勘のくせに高い高いと文句を言い、デート代もケチるようになりました。

そのくせ自分のために服、車、ギャンブルなどにお金を使っていたので貯金が全然なく、嫌気がさし、他にも理由はありましたが最終的にお別れしました。

もうケチな人とは付き合いたくないです。割り勘でも構いませんがデート代ケチるのはどうかと思います。

20代後半/医療・福祉系

愛情がないとかんじることもあった

彼はとても優しく一緒にいてとても楽しい人でした。

その当時、私はバイトでおこづかいを稼ぐ学生。彼は社会人でした。家庭が複雑だったので給料のほとんどを家にいれていたようです。

彼の休みのたまに出来るデート。お金がないからとそのあたりをブラブラして食事はお金がないからとしない。

私はお腹が空くのに耐えれなかったので、飲食店に入っては毎回私が買ったものをつまむ感じでした。私もそんなに余裕があるわけもなく、ひとつのものを分け合う姿は回りから見たらとても変な感じだったと思います…

誕生日プレゼントなども私はコツコツ貯めて購入しプレゼントしましたが、彼はそんなことはなくお返しもなし。唯一使えるお金はすべてゲーセンに使ってました。

まだそこに使わず、例え安いものでも少し我慢してプレゼントしてくれればいいのに。お金がなくてもたいしたデート出来なくてもいいかと思ってましたが、さすがに冷めました。

30代後半/専業主婦