彼女100人に聞いたスキンシップの本音と女心とは

彼女,スキンシップ

彼女とのスキンシップは付き合い方や交際年数、関係性によってもカップルによって様々。でも、彼女のスキンシップが多くて大変!と感じている方もいれば、少なくて悲しい・・・と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

むやみに嫌がったり強制することが出来ないスキンシップという問題だからこそ、スキンシップに対する女性の本音や女心はどうなっているんだろうと知りたい方も多いはず。

この記事では、女性100人に聞いたスキンシップに対する本音と女心を体験談と共にご紹介しています。

スキンシップの本音ランキング

まずは、スキンシップの本音ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いたスキンシップの本音』によると、1位は『多い方が好き』、2位は『少ないくらいが好き』、3位は『激しいくらいが好き』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いたスキンシップの本音

女性100人に聞いたスキンシップの本音では、1位の『多い方が好き』が約56%、2位の『少ないくらいが好き』が約18%、3位の『激しいくらいが好き』が約11%となっており、1~3位で約85%を占める結果となりました。

それでは、項目別でスキンシップの本音を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】多い方が好き

多い方が好き

触れている方が落ち着くから

幼い頃から首の皮を触るのが好きで母の首をずっと触っていました。

その名残なのか、彼氏の首を触るのがくせになってしまっていました。彼氏も最初は嫌がっていたのですが、触り続けることによって、彼氏も首を触られたら安心すると言ってくれるようになりました。

だんだんと自分好みの首の柔らかさになり一緒にいるときはついつい触ってしまいます。スキンシップをしているほうが、とても安心して気持ちが落ち着きます。

20代前半/医療・福祉系/女性

男性からのスキンシップの多さで愛情を感じるから

彼が自分に対してスキンシップを求めて来るということは、とても愛情を感じることです。自分に対して心を許して甘えられるということや、安心して素の姿を見せてくれているのだと感じるからです。

あまり求めていないときにもイチャイチャされると鬱陶しい時もありますが、適度なスキンシップは求められている証拠だと思います。

30代後半/不動産・建設系/女性

好きな人とくっついているのが好きだから

好きな人とくっついていると安心感もあるし、仲がより深まるような気がするので、最初は恥ずかしいですが自分からくっついたり、スキンシップを取るようにしています。

相手があまり好きではない時は、嫌がらない程度にスキンシップをとって、徐々に相手の考えも変えていきます!

30代後半/医療・福祉系/女性

スキンシップがあると嬉しいため

恋人なのに全く触れられなかったり、頻度が少ないと寂しく思いますし、本当は好きじゃないのかな、と不安に思ってしまいます。

安心できる、かつスキンシップを受けて自分も相手のことをもっと好きだと実感できるので、スキンシップは大事だし嬉しいです。

20代後半/専業主婦/女性

自分のこと好きでいてくれていると安心する

長く付き合っているとスキンシップが段々と減っていき、私のこと好きなのかな?もう飽きたのかな?と悩んでしまったことがあります。

それを元彼に話すと「重い、気持ち悪い」と言われてから不安になっても聞けなくなってしまいました。

今の彼は何年一緒にいてもスキンシップの頻度が変わらずにいてくれる人なので安心します。

20代後半/専業主婦/女性

女性として見られていると感じられるので自信になる

結婚して10年過ぎ、子供もいて、当然、家族という感覚で毎日過ごしています。呼び名もパパママです。でも女性としての魅力をいつまでも持ち続けたい、女を捨てたくないと思っています。

既婚者なので、他の男性とどうこうということは当然考えていないので、夫にずっと魅力的だと思ってもらいたいです。

それを確認できるのが、スキンシップなのかな、と思っています。

40代前半/専業主婦/女性

浮気をされていないと安心する

一度浮気をされ別れて、もう一度やり直して居るのであまりスキンシップがないと不安になり、また浮気をしているのかと気が気じゃなく安心できません。

不安を取り除くのにもたくさんスキンシップをとるのが一番の方法だと思いました。

40代前半/専業主婦/女性

愛情が一番伝わるから

会えない時間を埋めたり、癒し、癒される為にも、スキンシップは一番大切な愛情表現なのではないでしょうか?

お互いを思いやる気持ちが一番大切だと思いますが、言葉より何より、一番相手にも伝わりやすい愛情表現は、スキンシップだと思います。

口下手や奥手の人もいるだろうし、敢えて、言葉にしなくても、ただ、手を繋ぐ…だけでも、十分なスキンシップだと思います。

人前であまりベタベタするのは、嫌いですが、二人の時は思いきり甘えたいです。

40代前半/不動産・建設系/女性

自分から積極的にならなくて楽だから

スキンシップを自分からするのは、すこし恥ずかしいと感じてしまいます。ただ、スキンシップは嫌いではないです。

恋人同士であれば親密さを感じるので、多いほうがうれしいです。なので、相手から来てもらえるととても気楽です。

30代前半/メーカー系/女性

口下手なので感情表現としてスキンシップを取りたい

口下手な性格のため、好意や感謝の気持ちなどを上手く言葉で伝えられず、相手を不安にさせてしまうことがよくあります。

言葉で伝える努力もしてはいますが、こちらからスキンシップをとると相手がすごく喜んでくれるので、愛情表現としてスキンシップは効果的だなと思っています。

20代後半/専業主婦/女性

多い方が相手も自分を好きでいてくれることを実感できる

自分もそうですが、好きな相手には自分から触れたいと思うし、逆に好意がなくなると触れること自体したくなくなります。

実際、過去にお付き合いして別れた元彼とは、別れる間際にはお互い同じ部屋にいてもスキンシップがありませんでした。

スキンシップをお互いにしたいと思うのは相手を好きだからこそです。相手からのスキンシップが多ければ、自分は好きでいてもらえているんだと感じることができます。

安心感と安らぎを得られるので、スキンシップは多い方が好きです。

30代後半/専業主婦/女性

スキンシップが少ないと触りたくないのかなと不安

自分の方が割と潔癖症な部分があり、スキンシップがないと言う事は自分のことが汚いと思われているのではないかと思ってしまう。

夏であれば私は汗かきであり、色の濃いTシャツを着ていても汗がにじみ出てくるのでずっと気にしていて、スキンシップがないと言う事は自分が汗臭いからではないかと考え込んでしまって不安になります。

20代後半/金融・保険系/女性

愛情を確かめ合う上で不可欠

スキンシップをして甘えている時なんかは本当に幸せだなと感じるし、お付き合い途中の醍醐味な感じがします。

スキンシップに応じてくれるかどうかで相手の気持ちも測りやすいし、お互いに安心できる材料になると思います。

30代後半/専業主婦/女性

スキンシップに気持ちが出ると思うから

常にまとわりつかれるようなスキンシップは好きではありませんが、ふとした時に触れられる程度のスキンシップはないと気持ちの表れだと思うので寂しく感じます。

程度で言えば他の人がいて見られても恥ずかしくない程度ですかね。

40代前半/流通・小売系/女性

スキンシップをすることで安心感が得られるから

好きな人とのスキンシップはやはり多い方が好きです。スキンシップをとることで、安心感が得られるからです。

また、スキンシップは本当に好き同士でないと、なかなか普段からはとれないと思うからです。スキンシップをとることにより、相手からの気持ちも感じられるので、多いほうが好きです。

30代前半/サービス系/女性

スキンシップが最高の愛情表現だと思うから

私には結婚して間もない夫がいますが、カップルの時からスキンシップは多いほうだと思います。

お互いにスキンシップを最高の愛情表現だと思っていて、相手のことを好きって思ったらスキンシップを取っています。

逆にちょっと機嫌が悪い時にはスキンシップが少ないので、お互いの気持ちがすぐにわかるツールになっています。

20代後半/サービス系/女性

スキンシップは多い方が相手に愛されていると感じる

私は恥ずかしがりやで自分から相手に好きと伝えたりスキンシップなどの行動をとる事がなかなかできません。

でも相手からのスキンシップが多いと私も自然にスキンシップをとる事ができるので、相手からのスキンシップは絶対に多い方が嬉しいですし、ちゃんと想われていると感じます。

40代前半/自営業/女性

スキンシップが円満な関係を保ち続けるからだと思うから

私が彼氏にゾッコンなのですが、一方で彼氏は自分から好きと言ったり、スキンシップどころかキスの必要性すら感じない人です。

その遠距離の彼氏と付き合って1年が経ちますが、好きすら言われないとさすがに不安を感じます。言わないのであれば、スキンシップで表現してほしいように思うため、スキンシップは多い方がいいと考えます。

20代前半/不動産・建設系/女性

激しすぎるのは嫌だけどべたべたはしたい

嫌な人には触れたくないわけだから、触れるという行為は愛情表現に直結すると考えてしまうので、彼氏には触れていて、愛情を示してほしいと思います。

また、触れられている時は、彼に所有されている感じがするし、私が触れている時も彼を独占している感じがあるので、独占欲ともつながっています。

でも、私も自由な時間は欲しいので、激しすぎるのはいらないかな、でも多い方がいいな、という感じです。

30代後半/医療・福祉系/女性

自分に自信が持てる様になるから

私は学生時代に5年間ずーっと好きな人がいて、何回もフラれても諦められませんでした。

今となったら好きになって貰えなくても仕方ないと思えるのですが、あの頃は自分に魅力がないから好きになって貰えないと思い、どんどん自信をなくしていきました。

同じ頃に姉に彼氏ができ、とても仲良くスキンシップたっぷりでとても幸せそうでした。姉と自分を比べてコンプレックスも抱いていました。

その後、彼氏ができたら、やっぱりあの幸せそうな姉達を思い出し、スキンシップが多いと幸せを感じる様になりました。

30代後半/専業主婦/女性

ついつい触りたくなってしまうから

単純にふれているだけで、相手の温度が伝わってきて安心します。でもスキンシップが頻繁すぎてうざがられることがあるので、多い方かもしれません。

相手に嫌がられない程度が一番いいのですが、寂しがり屋で不安症なので、ついついさわってしまいます。

30代前半/不動産・建設系/女性

スキンシップからコミュニケーションが生まれるから

多すぎても鬱陶しくなってしまいますが、かとか言って少なくても、寂しくなります。

どちらのタイプの人とも付き合ったことがあるのですが、自分基本的に寂しがりなので、スキンシップが多めの方のほうが、嬉しく感じました。

会話がなくても、スキンシップから生まれるコミニュケーションなどもありますし、人肌のぬくもりから来る安心感もあります。

30代前半/IT・通信系/女性

言葉よりも行動に表してくれると伝わるから

私は好きになったら一途な方です。今の相手もとても信頼できます。

長くお付き合いしているとだんだん思いを伝える事も少なくなるし、嫌な面もみえてきます。少しでも相手をいつも思いやっている気持ちを伝える手段としてのスキンシップだと思います。

触れたりするとやっぱり嬉しいし、改めて好きだなあと思います。そういう意味でスキンシップはとても大事なのではないかと考えます。

20代後半/専業主婦/女性

スキンシップがあった方が愛されてる実感がある

大好きだった元彼はスキンシップ激しめでした。一日中愛情表現してくれるのが嬉しかったし楽しかったです。

でも別れてしまい、次の彼氏ができた時、その彼氏はほとんどスキンシップがなくて、急に寂しい気持ちでいっぱいでした。私はスキンシップはあるに越したことは無いと思います。

20代後半/医療・福祉系/女性

【2位】少ないくらいが好き

少ないくらいが好き

あまりベタベタするのが好きではないので、手を繋ぐ、腕を組むくらいで十分満足

パーソナルスペースが広いというか、あまり近くに人がいるのが好きではないので、恋人であってもあまりベタベタしてほしいとは思いません。

スキンシップよりも、会話などの別の形で愛情が確認できた方が、愛されているなという実感がわきます。

また、スキンシップ以外の方法で愛情を示してくれた方が、自分のそういう特性を尊重してくれていると感じ、大切にしてもらえているなと感じます。

所構わずベタベタされるのは恥ずかしいですし、みっともないと思います。二人きりの状況でも、ラブラブ!という感じより、落ち着いた気持ちになれる方が幸せを感じるように思います。

今の彼はスキンシップが好きな方ですが、私の性格を理解し尊重して、物理的な距離感を保って接してくれるのでとても付き合いやすいです。

20代後半/専業主婦/女性

歩くときに手をつなぐ程度のさりげないスキンシップで十分

手をつなぐ、お互いの頭をなでる、いってきますのハグ程度のスキンシップは好きなので、されると嬉しいしこちらからすることもあります。

でも、夜の盛り上がった雰囲気でもないときにお尻や胸などを触られるのはとても苦手で気持ち悪いと感じてしまいます。

以前付き合っていた人が外出中にも隙あらばお尻を触ってくるような人で、本人からしたら性的な意味はなくただのスキンシップの一環なのかもしれませんが、正直うんざりでした。

20代後半/専業主婦/女性

自分が他の事に集中している時のスキンシップ は面倒な時がある

基本的にはスキンシップは嫌いではないのですが、自分の体調によって気分にムラがあるので、生理前の胸が張ってる時などの雑なスキンシップはイラッとする事があります。

私はおしゃべりなどして楽しい気分になってからのスキンシップを望みます。ただ触られたらよいっていうものではないので、そんなに頻繁でなくてよいです。

40代前半/不動産・建設系/女性

あまり人前でベタベタされるのが苦手

家とかならばまだいいですが、外でベタベタされるのが苦手です。もしかしてMのせいか、ちょっと冷たい方が盛り上がるのかもしれません。

外では冷たいけど、家なら優しい感じのツンデレに弱いかもしれません。ただそれでも、人前でのスキンシップは気持ち悪くなる時があります。

30代前半/専業主婦/女性

【3位】激しいくらいが好き

激しいくらいが好き

スキンシップが多いほど愛を感じられるため

やはり興味のない人、好きでもない人にはわざわざスキンシップをしようとは思わないと思います。そのため、スキンシップがあるとまだ自分に興味があるのだな、少しは魅力を感じてくれているのかなと安心できます。

あとは、やはりどんどん愛が冷めたりマンネリするとスキンシップも減っていくとよく聞くため、お互いの愛を伝えるためにもスキンシップは多ければ多いほど良いと思います。

20代前半/専業主婦/女性

触れ合っている数だけ安心するから

一緒に過ごして喋るくらいだと恋人でなくても出来ます。しかし、スキンシップは好意がないと出来ないし、してもらうことで自分が特別な存在であると感じることができます。

また、言葉がなくても好意を表現できる方法だと思います。

30代後半/専業主婦/女性

【4位】ないくらいが好き

ないくらいが好き

べたべたされると下心が丸見えな感じがする

彼と付き合った当初はべたべたする時間も苦痛ではなくなったのですが、年数が経つにつれて彼からのタッチもちょっとうざいと思うようになっています。

スキンシップも最低限にしてほしくて、べたべたする(キスなど)よりも、手をつなぎ合って何気ない会話をしたり、抱き合って寝ているだけで気持ちが満たされます。

彼には申し訳ないですが、現状維持でべたべたよりもドライな距離感のカップルでありたいです。

30代後半/メーカー系/女性

【5位】スキンシップは嫌だ

スキンシップは嫌だ

人に触られるのが好きじゃない

人に体を触られるのが昔から苦手です。また、べたべたしてくる男性は女性を自分の所有物だと思っている傾向が強くて苦手です。

若い頃は良いかもしれませんが、ある程度年齢を重ねると親しき仲にも礼儀ありではないですが、落ち着いた付き合いをしたいと望みます。

30代前半/メーカー系/女性

まとめ

今回は、女性100人に聞いたスキンシップに対する本音と女心を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の彼氏編も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏100人に聞いたスキンシップの本音と男心とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年09月03日~09月18日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。