彼女に会いたくない…男性100人が乗り越えた方法とは

彼女,会いたくない

彼女との付き合いが長くなれば「今は会いたくないかも…と、思う時も多々あるものです。その日の気分だったり、仕事に疲れていたりと様々な理由がありますよね。

大好きな彼女だからこそ、例え会いたくないと思う時期があったとしても出来るだけ早く会いたい気持ちを取り戻したいと思う男性も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人による彼女に会いたくない時期の対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼女に会いたくない時の対処法ランキング

まずは、彼女に会いたくない時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女に会いたくない時の対処法』によると、1位は『少し距離を置く』、2位は『自分と向き合う』、3位は『正直に気持ちを伝える』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女に会いたくない時の対処法

男性100人に聞いた彼女に会いたくない時の対処法では、1位の『少し距離を置く』が約32%、2位の『自分と向き合う』が約28%、3位の『正直に気持ちを伝える』が約22%となっており、1~3位で約82%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女に会いたくない時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

 

【1位】少し距離を置く

少し距離を置く

会えない口実を作って会わないようにする

自分が会いたくない時には、会社の出張などを口実に近くに自分がいないことを伝えます。

会いたくても会えないという感じを相手にわかってもらえるように言います。ただ、アフターケアのために、自分が会える日を提示して後日のデートの予定を組んでおきます。

20代後半/IT・通信系/男性

仕事に打ち込み、空いた時間を一人で過ごす

仕事に一生懸命打ち込むことで、疲れてそれだけで恋人のことが恋しくなることはあると思います。人間は弱ると誰かの愛情を感じたいと思うものだと思います。

また誰にも会わず一人で休日過ごすことで、今何をしているのか気になったり、相手の事をゆっくり考える時間が生まれてくると思います。敢えて一人で過ごし、やっぱり会いたいという気持ちが自分の中に芽生えたら、その気持ちを大切に相手に向き合うことが一番大事だと思います。

30代前半/医療・福祉系/男性

連絡は取りつつも会う回数を控える

無理して会おうとするとギクシャクしてしまうので、数日会わないようにしています。ストレスが溜まっている状態だとお互い冷静に話し合いが出来ないからです。

ただ、lineなど返信はきちんとしています。返信しないと向こうは心配してしまいますので優しく答える感じで。数日もすれば心が落ち着いている頃なのでその時に会うと良いと思います。

30代前半/メーカー系/男性

会いたくないときは時間に解決してもらう

付き合い始めた時はお互いに会いたい時間が欲しいので、好きなだけ会ったらいいと思います。

ですが慣れてくるとお互いの気持ちが少し冷めてきて、会わなくなる。しかし、会わない時間があると逆に会いたい気持ちがでてくるので、付き合っていれば誰しもが経験することだと思いますし、こればかりは時間が解決してくれると思います。

30代後半/メーカー系/男性

1人で旅行に出かける

できるだけ連絡等を減らしてみるのがいいです。しかし、実際近くにいると連絡をとりたくなるので、出来れば旅行などに出かけてみるのがいいかと思います。

連絡自体が取りづらくなりますし、それが結果として会いたいという気持ちになるかと思います。

30代前半/メーカー系/男性

次に会う日を先延ばしにする

彼女に会いたくない時期の対処法は、少しの間、距離を置いて冷静になることです。ささいなことで、喧嘩をしてしまった際、次に会う約束をしていも、会いたくない、と思うときがありました。

そんな時は少し冷静になるためにも、次の会う約束を先延ばしにし、お互い冷静になってから会うようにすると落ち着いて話をすることができ解決しました。

30代前半/IT・通信系/男性

次に会う予定を決めてそれまでは会わない

倦怠期や仕事が忙しいなど彼女に会いたくない時期というのは必ず訪れますが、そのままぐずぐず誘いを断っているとお互い気分が悪いし自然消滅の恐れがあります。

それよりも、「次は〇日に映画に行こう、それまでは仕事に集中したい」と決めてしまうのがおすすめです。

そうすれば決めたその日までは気軽に過ごせるし、逆に会わない寂しさをお互い感じることで次回以降親密に戻れます。

30代後半/メーカー系/男性

【2位】自分と向き合う

自分と向き合う

会いたくない理由と原因を考える

「会いたくない」と思ったのが初期の場合は、気持ちのままに適当に理由をつけて会わない事をオススメします。

そう思うようになった明確な理由がハッキリ分かるまでは、会っても表情や態度に現れてしまい相手にも伝わって関係がこじれる原因にもなるからです。

会いたくない理由がハッキリした場合はお互いで話し合うか、その後の関係を考えて判断するといいと思います。

20代後半/大学生/男性

自分の気持ちを把握してから話し合う

転職や家族の不幸などが続いた際に、自分のことでいっぱいいっぱいになってしまい、彼女に対して会うのが億劫になり会いたくないと思っていた時期がありました。

その際に、全てのことを落ち着かせたのち、自分の気持ちが彼女に対してまだあるのか確認してから彼女に話し合いをして、今までのお詫びと今後について気持ちを話して解決しました。

30代前半/メーカー系/男性

趣味や仕事に力をいれて彼女から視線を逸らす

ずっとラブラブな関係でいると、その感覚に生れてマンネリ化してしまいます。そういうときはまず自分自身の人生/生活を見直してみることも大切です。

趣味に没頭しているうちに、つのった不満も薄れていくでしょうし、仕事が上手くいったのならきっと彼女に真っ先に報告したくなるはずです。

自分は楽器が好きなので、録音して聴いてほしい、とよく思っていました。距離を置くわけではないですが、視線を他に向ける、というのが時には大切かと思います。

20代後半/サービス系/男性

1日携帯を放置して気持ちの整理をしてから翌日連絡する

距離を置いたり、自分の気持ちの整理、今度どうしていきたいか見つけなおすためにも、1日連絡を取りません(未読のまま)

その他のSNSも見ることはしますが、TwitterではRTやいいねなど動きは完全に行わないように。ラインも他の人も含めて返信せずに、考え直す時間に充てるといいと思います。

彼女に思いを伝えるべきなのか、我慢するのかどうか、また付き合い続けるのかも考えられると思います。

20代後半/商社系/男性

冷静に自分の気持ちを分析する

付き合っていると彼との考え方や価値観などが少しずれてしまう時や、マンネリ化などがあって会いたくない時期もあると思います。

そんなときは無理に会わないことが一番だと思います。会いたくないのに会って無理するよりは、少し時間や距離を置いてお互いがお互いを必要になる時まで会わないのも手だと思います。

あれだけ会いたくなかったのに急に会いたくなったり、会いたくない気持ちが大きすぎて彼女のことを冷めることもあるかもしれません。どれが正解かは分かりませんが、少し時間や距離を置くことで自分の気持ちが分かるのではないでしょうか。

30代前半/メーカー系/男性