彼女に嫌われたくない気持ちを克服!男性100人が実践した事

彼女,嫌われたくない

彼女を好きな気持ちが募ると、嫌われたくない心理や不安に襲われることがありますよね。思っていることがあっても「嫌われてしまうかも…」と考えると怖いので言えないという状態になることも。

せっかく付き合っている彼氏と彼女の関係だからこそ、嫌われたくない気持ちから卒業して彼氏として胸が張れるようになりたいと考える男性も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女に嫌われたくない気持ちから卒業する方法を体験談と共にご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/16時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼女に嫌われたくない気持ちを克服した方法ランキング

まずは、彼女に嫌われたくない気持ちを克服した方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女に嫌われたくない気持ちを克服した方法』によると、1位は『自分の気持ちに従って行動』、2位は『お互いを尊重した』、3位は『考え方を変えた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女に嫌われたくない気持ちを克服した方法

男性100人に聞いた彼女に嫌われたくない気持ちを克服した方法では、1位の『自分の気持ちに従って行動』が約26%、2位の『お互いを尊重した』が約20%、3位の『考え方を変えた』が約15%となっており、1~3位で約61%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女に嫌われたくない気持ちを克服した方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】自分の気持ちに従って行動

自分の気持ちに従って行動

最初から「素の自分」を出していれば、いつ嫌われても怖くない

やはり男と女が付き合って行くには、50:50の関係が大切ですよね。つまり自分の言いたいことは半分、相手の言い分も半分は必ず聞くということです。

しかし残りの半分は取り繕った自分を見せるのではなく「素の自分」を見せるように心がけると、ある日突然「こんなはずではなかった」とか「以前はもっと優しかったのに」などというセリフを、突然言われることはあまり無いと思いますよ。

30代前半/メーカー系/男性

自分は自分、パートナーはパートナーと些細な本心を伝えること

若い頃の話ですが、不慣れな県外に引越し、楽しみと不安が混ざった初の一人暮らしでまもない頃、軽い始まりだったけど割と長く続いた恋愛でした。

私は洋服が好きでバイトして給料が出ると当時は服道楽でほとんどを洋服代に費やしてました。彼女と買い物に行けば特に問題はないのですが、私個人の服なので一人でじっくりと洋服を吟味したいのに彼女が知らない間に洋服が増える度に”誰と行ったの?””いつどこで買ったの?”質問責め。

これが続くとさすがにこたえます。こういった事が続くと争い事のタネになるのでお互い困ります。私自身、それなりに気を遣っていたつもりが知らない内にストレスになるので思い切って本心を伝えました。(買い物は一人でしたい事がある)

お互いの言い分を聞き理解を深めることで割と上手く付き合えたと思います。今にして思うと些細なことでしたが、せつなくも愛しい日々でした。

40代前半/サービス系/男性

彼女のためだと思っても自分が出来ないことを無理にしない

彼女は映画が大好きです。私は正直映画になると寝てしまうくらい興味がありません。ただ彼女に嫌われたくない気持ちが強く、映画の時は頑張って起きていました。笑

ですが、ある時に寝てしまい彼女とケンカしたのですが、仕事のことや普段一緒にいる姿勢を見せることで、嫌われたくないという気持ちを卒業しました。

無理に合わせても仕方がない時もありますので、自分の良さや強みを打ち出した方が良いかもしれません。

30代前半/サービス系/男性

無理して一緒にいても仕方がないと思うようにした

自分は大きな病気をして、社会人として働いていくことが難しいような時期がありました。

そんな時に、付き合っていた彼女と別れてしまったら、もう一生誰とも付き合うことができないのではないかと不安になりました。彼女の機嫌を損ねないよう、病気の身でありながら、無駄に神経をすり減らしていたような気がします。

しかし、ある時彼女から一言言われてしまいました。「こちらの機嫌を取るような真似はやめてほしい」と。
自分の考えは見透かされていたんだな、と思うのと同時に、もう自分が小細工しても、きっと彼女は離れていく時には離れていくだろうと思ったのです。

だったら、無理に一緒にいても、それこそ意味がないと思えるようになりました。そこから、自分はどうしたいか、何を感じているのか、これからどうやって生きていきたいか、そういうことを彼女と話すようになりました。

賛成してくれることも反対されることもありましたが、ありのままの自分を貫こうとしていくようにしました。そうしたら、彼女との関係はかえって深まり、仲良くやっていけるようになりました。

40代前半/自営業/男性

【2位】お互いを尊重した

お互いを尊重した

相手の趣味思考を尊重して自分の趣味も公にしていくスタイルにした

私はもともと人と話すことがあまり無く、一途なところがありました。なので彼女に甘えすぎていたところがありました。

趣味も異なり多々すれ違うことがあって、控えめな私は嫌われているのかと心配しました。このことから脱却するために彼女の趣味である野外ライブに参加してみました。

そしたらより仲が深まり、嫌われたくないという気持ちがなくなりましたね。

20代前半/大学生/男性

彼女の趣味嗜好に干渉しすぎないようにした

彼女の趣味、嗜好に疑問を抱くことがあり、指摘することが当初は多く、それが原因で喧嘩をすることもありました。

しかし、いざ自分が同じことをされた時に、「彼女はいつもこんな感情になっていたのか」と実感し、やめるようにしました。

自分の大切にしている領域に、勝手に踏み込まれるのは、誰しも嫌なものです。お互いの心のパーソナルスペースを持つのは、お互いに良いことだと、今は納得しています。

20代後半/流通・小売系/男性

相手に他人の価値観を否定しないという考えを述べた

彼女が自分のことを嫌いになる理由の一つに、私の価値観が理解できないというのが挙げられると思います。

つまり、自分の価値観を相手に押し付けてはいけない。そこで、彼女に自分は彼女の価値観を一切否定せずに理解するように努めると伝えると同時に、彼女にもそういうスタンスで付き合って欲しいと伝えました。

二人でこの考え方を共有してからは、お互いが相手を尊重するようになり、相手を嫌いになる理由が無くなりました。

20代後半/流通・小売系/男性