彼氏に疲れる…同じ経験を持つ女性100人が実践した対処法

彼氏,疲れる

彼氏と付き合っていれば、どうしても気を遣ったり頑張りすぎてしまったりで「彼氏に疲れる…」と感じる時期もあるものです。

普段は大好きな彼氏だからこそ、たとえ今は彼氏に疲れると感じることが増えたとしてても上手に対応する方法を知りたい女性も多いのではないでしょうか。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏に疲れる時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/16時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼氏に疲れる時の対処法ランキング

まずは、彼氏に疲れる時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏に疲れる時の対処法』によると、1位は『1人の時間を作った』、2位は『少し距離を置いた』、3位は『正直に気持ちを伝えた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏に疲れる時の対処法

女性100人に聞いた彼氏に疲れる時の対処法では、1位の『1人の時間を作った』が約17%、2位の『少し距離を置いた』が約15%、3位の『正直に気持ちを伝えた』が約15%となっており、1~3位で約47%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏に疲れる時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】1人の時間を作った

1人の時間を作った

1人で過ごす時間を確保する!

私は遠距離でお付き合いをしていて、主な連絡手段にLINEを使用しています。

今ではとても良いお付き合いをしていますが、以前はたまに返事をするのが疲れる…と思ってしまう時がありました。

通話を毎日しているので、会話の新鮮味というものがどんどん無くなってしまい返事が億劫になってしまいました…。

1人でのんびり過ごす時間も必要かな…と思い、彼とも話し合って通話の頻度を減らすことにした結果、彼と通話がない期間が出来たことで話のタネが増えました。

以前よりも通話の密度が濃くなり、前まで億劫だった通話が、今ではとても楽しいものになりました。

20代前半/サービス系/女性

1人の時間を作って彼のことを考えてみた

長く付き合っているとだんだんと彼への気持ちが薄まっていき、仕事をしいるのに連絡がきたり電話するだけでも嫌になってしまった時期がありました。

友達に相談したら一旦距離を置いた方がいいんじゃないと言われ、彼に仕事も忙しいし1人の時間が欲しいと伝えたうえで一度距離をおきました。

やっぱり距離を置くと彼の大切さも分かり、2人で過ごす時間も増やそうと思えるようになったので、改善することが出来ました。

20代前半/サービス系/女性

休みが重なっても一人の時間を作って出掛ける!

同棲していて毎日一緒にいるので疲れることもしょっちゅうです。

そういう時は休みが重なっても一人で出掛けるようにします。彼に対しても一緒に行動することを強要したりはせず、お互いに一人になれる時間を大切にしています。

40代前半/流通・小売系/女性

「相手を一人にしてあげるデー」を制定した!

彼と同棲を始めて一年、当時は給料も少なく、狭い1Kで二人暮らしをしていました。

お互いインドア派で、休日も家から出ることがあまりなく…。そのせいか、一緒にいる時間に比例してどんどん息苦しくなっていきました。

思い切って一人の時間が欲しいと相談したところ、彼も同じことを考えていたようで…。今は、月に一度「相手を一人にしてあげるデー」を制定し、気分をリフレッシュしています。

20代前半/IT・通信系/女性

1人の時間が必要ということを分かってもらった

2年間付き合っている彼氏がいますが、彼は甘えん坊でいつも連絡を取り合ってないと不安がられてしまいます。

朝から晩までずっと一緒にいたがり、付き合い始めの頃は可愛いなと思っていましたがだんだんと疲れてきました。

原因を考えてみると、私はどちらかというと一匹狼体質ということもあり、最近1人でいる時間が全く無いことに気が付きました。

彼のことが大好きなので、これからも長く一緒に生活していきたい。そう思って、しっかりと「私は1人の時間も大切にしたい」ということを話しました。

最初は驚いていましたが、私がのんびり漫画を読んだりネットをしたりしているのを見守ってくれるようになり、自分のことをわかってもらうのは長続きの秘訣だったなあと感じています。

20代後半/流通・小売系/女性

【2位】少し距離を置いた

少し距離を置いた

彼と相談して会わない時間を設けた

甘え上手な年下彼氏でしたが、付き合い始めると大人ぶるようになりました。若干違和感を感じることはあれど、合わせようとしてくれているのだと可愛く思っていました。

しかし、時間がたつと付き合う前の彼のほうが居心地がよく、大人ぶる彼に合わせたり、甘えたそうなときはプライドを傷つけないよう甘えさせることに疲れるようになりました。

お互い忙しい時期も重なったので、上記のことを伝え、距離をおきました。

しばらくして再会したとき、付き合いだしたら急に年の差(といっても3才差)を意識し、こどもと思われないように頑張ってたことや、その意識から仕事など日頃の愚痴を話せず、付き合う前の楽な関係に戻りたいけど戻れないジレンマでイライラしてたと言われました。

お互い距離をおき、別れを意識したことで、お互い【別れるくらいなら本音を話そう】という気持ちになれたことが解決に繋がりました。

30代前半/不動産・建設系/女性

一度離れて自分の事に集中しようと話した

お互い別々の大学に進学し、新しい出会いや友達ができたことが最大の理由でした。

恋人よりも友達を優先したい気持ちが強くなり、返事も返さない日が続きました。返事を返さなくとも連絡が来ることがストレスだったので、正直に今の気持ちを伝え、連絡や会う回数を減らしてもらいました。

これを機にお互いいろんなことに挑戦して成長していこうとも伝えることで、久しぶりに会ったとき少しお互い成長した姿を見せることができて、また恋人らしさがもどりました。

20代前半/サービス系/女性

距離を置いて冷静になってみた

相手の自分への思いが、自分の相手への思いよりも遥かに大きく、重いと感じてしまったことがありました。家が近く、仕事先も同じなので会いすぎるということも要因でした。

疲れて嫌になってきたので、距離をあけて、一定期間過ごしてみることを提案してみました。彼も納得してくれましたし、距離をあけてみるのは新鮮でよかったと思います。

30代後半/自営業/女性

少しの期間だけ距離を置きたいと打ち明けた

付き合いが長くなるにつれて、毎週末会うのが当たり前になっていました。

マンネリ化していて一緒にいてもなんか疲れる、一人の時間が欲しい、友達と遊びたいなど、悶々としていました。

私の勝手なので悩みましたが、少し距離を置きたいと伝えました。また初心に戻れたのでよかったです。

40代後半/専業主婦/女性