彼氏が病んでる時の正しい対応は?男性100人が感謝した行動

彼氏,病んでる

彼氏と付き合っていると、彼氏が仕事や私生活で病んでる時ってありますよね。そんな時、彼女としては上手に対応して彼氏を癒してあげたいものです。

ただ、ストレスが溜まって病んでいる時は逆効果になるようなことは避けたいですよね。だからこそ、実際に病んでる時に男性が彼女にして貰って嬉しい行動を知りたい方も多いはず。

この記事では、男性100人による病んでる時に彼女にして貰って嬉しかった行動を体験談と共にご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/02/01時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

病んでる時に感動した彼女の行動ランキング

まずは、病んでる時に感動した彼女の行動ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた病んでる時に感動した彼女の行動』によると、1位は『励ましてくれた』、2位は『会いに来てくれた』、3位は『手料理を作ってくれた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた病んでる時に感動した彼女の行動

男性100人に聞いた病んでる時に感動した彼女の行動では、1位の『励ましてくれた』が約20%、2位の『会いに来てくれた』が約16%、3位の『手料理を作ってくれた』が約15%となっており、1~3位で約51%を占める結果となりました。

それでは、項目別で病んでる時に感動した彼女の行動を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】励ましてくれた

励ましてくれた

普段通りに接して自分が喜ぶことをしてくれた

仕事で悩んでいる時にデートの約束と被ったのですが、楽しく出来ないからキャンセルしようかなって考えていました。

彼女は会いたいと明るく言ってくれるので会う事にしたのですが、やはりなかなか明るくできない状態でした。

デートの最中、彼女は雰囲気を察したようで、私の落ち込んでいることには触れずあえて普段通りの態度をして私が喜ぶ事を色々としてくれました。

デートの途中から気づかない内に楽しい時間になっていましたし、その時だけは悩みからも解き放たれた気がしてリフレッシュ出来ました。

30代前半/IT・通信系/男性

スイーツを作ってプレゼントしてくれた!

大学受験に向けて勉強していたとき、思ったより成績が伸びず模試の点数もよくなく、志望校を変えるか悩んでいる時期がありました。

性格上、あまり人に相談せず一人で考え込むタイプなので、今から考えるとだいぶ思い詰めていたんだと思います。

そこで、自分が当時とても好きなガトーショコラを焼いて学校に持ってきてくれました。そこで気持ちをしっかり持ち直して、勉強に励むことができました。

20代前半/大学生/男性

そっと家に来てくれて、ドリンクなどを買ってきてくれた

仕事が激務の中、彼女ともまともに連絡を取れずいて、体調を崩していました。

そんな時「最近連絡ないけど。忙しい?」の連絡が来て、体調を崩した事を伝えたら心配してくれて、次の日の朝起きてみると「お仕事頑張ってね」の手紙とドリンクなどが机の上に置いてありました

夜遅くに来てくれたみたいで、寝ていたため起こさずそっと帰ったらしいです。感動しました。

20代後半/サービス系/男性

助けてとなかなか言えない私なので、強引に休ませてくれた

体調を崩して授業に行けず、単位を落としてしまいました。それが原因で精神的にも辛くなり、徐々に衰弱していきました。

私は助けを求めるのが苦手なタイプで、その日のデートも、変わらぬ笑顔を心がけていました。しかし彼女は「今日は家でゆっくりしよう」と言ってくれたのです。

「言わなくてもいいよ」と、ご飯を作ってくれました。こんなにも優しいのだから、私も気張らねばなるまい。そう思い、私は少しでも恩を返そうと決めたのです。

20代前半/大学生/男性

仕事で落ち込んでいる時に励ましの電話をかけてくれた!

仕事でなかなか成果が出ず落ち込んでいるときに、大丈夫?と連絡が来てすぐに電話がかかって来て色々と笑顔にしてくれる事を言ってくれました。

そのおかげで気持ちが楽になり元気になれました。彼女なりに励まそうとしてくれている気持ちが何よりも嬉しかったです。

20代前半/サービス系/男性

夜遅くに会いにきてくれて、お尻を叩く形で元気付けてくれた

私が社会人になりたての頃、慣れない日々の業務で残業が2時間を超えてしまうことが多くありました。

体力的にも精神的にも滅入っていた時に、ありがちな優しくしてくれたりするのではなく、少しでも明るく努めて、「明日も笑顔で頑張らなきゃダメだよ!」と、どちらかといえば僕のお尻を叩く形で元気付けてくれました。

社会に出たての私が今も日々モチベーション高く仕事ができているのは彼女のおかげだと感じます。

30代前半/サービス系/男性

仕事が上手くいかない時にそっと差し入れをしてくれた

彼女とは職場恋愛で出会い、部署は違いましたが同じオフィスで仕事をしていました。

当時私は営業職で毎日忙しく、上司からは幾度となく怒られ、なかなか彼女との時間もとれず申し訳ない気持ちでいっぱいで「なんでこんな自分と付き合ってくれているのだろう」と自己嫌悪に陥っていました。

彼女はそんな私の様子を見て、違う部署なのに私の部署へ来る用事をわざわざ作りそっと机の上に「頑張って!ひと段落したらデートしよう」と書かれた付箋が貼ってあるコーヒーを置いてくれました。

さりげない優しさでしたが、当時の病んだ心にはとても沁みました。

30代後半/商社系/男性

【2位】会いに来てくれた

会いに来てくれた

遠距離恋愛だったにもかかわらず時間を作って会いに来てくれた

大学で学ぶモチベーションが保てなくなっていて、大学を辞めて他にやりたい仕事をするか将来のことを考えて卒業するべきか悩んでいた時期がありました。

誰かに相談したりするのが苦手で彼女にも相談したことはなかったのですが、ある週末に直接会いに来てくれて悩みを聞いてくれたのがうれしかったのを覚えています。

20代前半/大学生/男性

わざわざ県外から帰ってきてくれて、落ち着くまで一緒に過ごしてくれた!

僕が職場のパワハラが激しく、うつ病になりかけた時がありました。

ある時、彼女が電話先の声が元気無いと言って県外からわざわざ帰ってきてくれて一緒に病院に付き添ってくれたり、「大変だったね」と今まで誰にも認めてもらえなかったことを褒めて貰えたことがとても嬉しかったです。

20代前半/IT・通信系/男性

気持ちが落ち込んでいるときに深夜でも会いに来てくれた

20代のとき電気工事関係の仕事をしていました。

勤務が不規則なこともあり季節の変わり目などはよく風邪をひいたり体調を崩していました。また、仕事の忙しさや対人関係で悩み気持ちが滅入ったときも多々ありました。

そんなとき彼女は翌日仕事があるにも関わらず、深夜にも会いに来てくれ、ご飯を作ったり、悩みを聞いてくれたり、そばにいてくれました。

助かったというより救われました。そんな彼女は今や一児の妻。家に帰ると毎回「おかえり」と笑顔で迎えてくれます。未だに妻には救われています。

30代後半/医療・福祉系/男性

遠距離恋愛なのにわざわざ家まで来てくれた

あるプロジェクトで仕事が佳境に入っているとき、とても忙しく毎日終電で帰る日々が続いていました。

彼女とは遠距離恋愛で、毎日電話で彼女とも電話で話をしていましたが、自分でも元気がないことに気づいていました。

そんなある日、家に帰ると家の前に人影が。なんと彼女なんです。わざわざ仕事を休んで会いに来てくれたんです。

「ちょっと会いたくなったからきちゃった」と言ってましたが、僕のことを心配してきてくれたんだってすぐわかりました。

家の前で思わず抱きしめてしまったのを覚えています。

40代前半/IT・通信系/男性

仕事で忙しい時なのに、家に来てくれて抱きしめてもらえた事

彼女は同じ病院に勤める先輩です。彼女は職場から1時間かかる実家から毎日通勤。僕は、歩いて15分のアパートに独り暮らしをしていました。

ある日、担当していた患者さんが出張中に急死し、想定外で動揺しまくり。上司から怒鳴られ、一緒に治療を担当していた先輩からは冷たく当たられ、誰も信じられない状態になりました。

その時に、深夜に彼女が僕のアパートまで来てくれて、大丈夫だよと、抱きしめてくれました。僕は安心のあまりそのまま寝てしまいました。朝になって起きると、メッセージと朝食が用意してありました。

ただ傍に居てくれて大丈夫と言って貰えるだけで、これほど勇気が貰えるのかと感謝しました。

40代後半/医療・福祉系/男性