彼氏に不安を伝える方法は?同じ経験を持つ女性100人の行動

彼氏,不安,伝える

彼氏と付き合っているのにも関わらず、どうしても彼の些細な言動や仕草から不安になる時ってありますよね。

そんなとき、ストレスを溜め込んでしまわないようになるべく早く彼氏に不安を伝えるのも効果的な対処法です。

ただし、言い方や伝え方によっては彼氏の負担にもなりかねないので、同じ経験を持つ彼女さん達が上手に不安を伝えた方法を知っておくと参考になるかもしれません。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏に不安を伝える上手な方法を体験談と共にご紹介しています。

彼氏に不安を上手に伝えた方法ランキング

まずは、彼氏に不安を上手に伝えた方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏に不安を上手に伝えた方法』によると、1位は『ストレートに伝える』、2位は『丁寧に伝える』、3位は『不安の解消策を提案』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏に不安を上手に伝えた方法

女性100人に聞いた彼氏に不安を上手に伝えた方法では、1位の『ストレートに伝える』が約24%、2位の『丁寧に伝える』が約16%、3位の『不安の解消策を提案』が約15%となっており、1~3位で約55%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏に不安を上手に伝えた方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】ストレートに伝える

ストレートに伝える

とにかく自由人な彼だったので、ストレートに心配と伝えた

もともと自由人で研究熱心な彼氏でした。時々、彼の独創性や世界観について行けず不安になることがありました。

またフラっと外国へ行ったりするので、「自由で行動的な貴方が好きだよ、だけど宇宙まで行ってしまいそうで時々切なくなってしまうんだよね」と冗談っぽくも本気で気持ちを伝えてみました。

彼氏は私がそんな気持ちを抱いていると思ってなかったようで、笑いながらハグをして「好きな人は、本当に〇〇だけだよ、ごめんね。今度一緒に旅をしよう!」と言い、その後で実際に外国へ一緒に行きました。笑

あの時、自分の思ったことを言ってよかったなと心の底から思いました。

20代後半/医療・福祉系/女性

余計なことは一切伝えず不安に感じている部分をはっきりと伝えた

彼と付き合っていた時、だいぶ2人の関係に慣れてきて、これからもこんな感じで仲良くやっていけるだろうと思っていました。

ですが、当時彼の学校は女性が多い学校だったので、女性から話しかけられることもとても多いということを聞きとても不安になりました。

なので、私は正直に「そういうことを聞くとどうしても不安になってしまうし、私のことを好きでいてくれるのかも不安になる。」と伝えました。

そうすると彼は今まで辛い思いをさせてごめんねと謝ってくれました。それからは私の前ではそんな話はすることはなくなり、女性の方とも距離を置くようになってくれました。

緊張はしましたが、はっきり伝えることができてよかったと思います。

20代前半/大学生/女性

遠回しに伝えず、気持ちをはっきりと言葉にした

大学時代に知り合った彼と付き合って3年ほどが経ち、お互い社会人になりました。

彼の就職した会社は同期社員が多く、若手社員がそれぞれつながりを持てるような催しが多かったため同期たちとはまるで友人のような付き合いをしていました。

彼は学生時代から女っ気のない人だったのでほとんど不安になるようなことはありませんでしたが、就職してから同期の女子社員とも仲良くしているようでなんとなく関わり方が気になるようになりました。

ある日彼から同期との話を色々と聞いている中で、突然彼がある同期の女子社員を呼び捨てにしていました。

そこから私の頭の中ではそんなに仲がいいのか、はたまた同期以上の関係か…などと良からぬ想像にかられてしまいしばらく辛い日々がありました。

そしてある日、「今度の週末〇〇(例の女子社員)の家に遊びに行ってくるわ」と彼が言い出しました。もちろん一人で行くわけではなく他の同期も含め複数人で行くということでしたが、そこで私の不安はピークに達し、彼に思い切って伝えてみました。

いくら仲がいいとはいえ、彼女である私の前で他の女の人を呼び捨てにされるのはいい気持ちはしないと話すと、彼は驚いていました。彼にとって私が心配に思うようなことは全くないつもりでいたので青天の霹靂だったようです。

私がいないところでどう呼ぼうと構わないけれど、私の前では少しは気を使ってくださいとお伝えしたところ彼はちゃんと理解してくれて、その後はほとんどその人の名前が上がることもなく、あってもさん付けになりました。笑

彼が女性と関わるということへの私の免疫がなさすぎたゆえに、たかがそんなことで?という感じも否めませんが、些細なことでも溜め込まずに正直に伝えたら理解していくれるものだと私も学びました。

20代後半/メーカー系/女性

些細なことだが、不安に思っていることを伝えた

ある日、彼が仕事で女性の家に行く用事がありました。その女性は同性の友人と二人暮らしでした。

夜の7時頃出かけて行ったので9時過ぎには帰ってくるだろうと思っていたのですが、時間になっても帰ってきませんでした。10時頃になっても何の連絡もないので、メールしたところ、今から帰るとのことでした。

女性の家に仕事とはいえ夜遅くまで居るので、遅くなるなら不安になったり誤解させないよう連絡したり早めに帰るようにして欲しいと伝えました。

それからは、気をつけてくれるようになったと思います。

20代後半/流通・小売系/女性

思っていることを包み隠さずに正直に伝えた

彼氏が浮気をしているような気がしたので、スマホを見たことを正直に彼に伝えたら、彼がちゃんと説明してくれて、浮気ではなくて自分の勘違いだったという事に気付きました。

スマホを見てしまった罪悪感もありますが、正直に話して良かったと思いました。

30代前半/専業主婦/女性

不安に思った瞬間を即座に伝えた!

普段からなかなか言いたい事も言えずに我慢する方なので、いつも不安があると色々と考え込んでしまい一人で居るときは特にブルーな気持ちになります。

悩み解消でネットで解決策を調べたりしていましたが、1つ目に留まったのが、その場できちんと相手に伝えることでした。

早速実行に移りました。彼と居るときに常に携帯を触っていたので、私と居るの楽しくない?と聞きました。すると彼は、ごめん、ゲームにはまっててとの返答でした。

出来れば私と居るときはしてほしくないと言ったところ、、彼はごめんねと素直に謝ってくれました。それから私と居るときはしなくなりました。

40代前半/サービス系/女性

【2位】丁寧に伝える

丁寧に伝える

正直に「大丈夫だよね?」と不安な気持ちを伝えてみた

以前は会社での飲み会も月に1〜2度程度だったのに、毎週続く事が多くなりました。

会社の付き合いなので仕方ないかと思ってましたが、帰りが遅くなるにつれ「不安」が勝手に付いてくるようになりました。

同棲していたので、ある日「最近飲み会多いけど大丈夫だよね?」と、正直に話したところ、家の近くで飲んでる時や、バーベキューなどのイベント事にも私を連れ出すようになりました。「ね?心配ないから!」って事を伝えたかったみたいです。

疑う気持ちが自分を小さくしてしまうし、相手も気を使ってしまうと感じましたが、態度で示してくれた彼に、不安な気持ちは伝えてよかったと思いました。

20代後半/金融・保険系/女性

大切な話があると伝えて、家のベッドに座りながら話し合いをした

彼氏と結婚の話が出ているが、なかなか前に進まない時に今後どう思っているのか?と聞くために、勇気を振り絞って、大切な話があるとベッドに座って話しました。

前までは遠まわし遠まわしだったり、伝わるか伝わらないかくらいの遠まわしに話をしていましたが、思っていることを冷静に話しました。

その話をすると少しは前に進んで、両家への挨拶は終わり、顔合わせの日程も決めました。やはり、きちんと伝えないと伝わらないんだなと思いました。

20代後半/金融・保険系/女性

思いやってくれているのはわかるけど、気遣われると逆に遠く感じて不安になると伝えた

彼が辛い経験をしたとき、大まかなことしか知らなかったのですが、あちらが話したければ話してもいいし、話したくないならそのままでいいというスタンスで私も触れないようにしていました。

ですが徐々に一人で背負い込むのがしんどそうになっていきました。そのような状態の人に「大丈夫?」と聞いても「大丈夫」と返ってくるに決まっているので、私に心配をかけないようにしているというのはわかるけれど、見ていて辛そうだし、そんな風に気を遣われたりするとこちらも辛いし悲しいと、相手の気遣いにつけ込むような形で悩みを少しずつ共有してもらうことに成功しました。

なんでも話してよ!とただ受け止める側に回るよりは、相手も話しやすくてよかったのではないかなと思います。

20代後半/メーカー系/女性

【3位】不安の解消策を提案

不安の解消策を提案

素直に気持ちを伝えて不安を解消して欲しいと言った

彼の転勤を機に遠距離恋愛が始まりました。日頃は、私の方が連絡無精なのですが遠距離の不安から別れさえもよぎりました。

そのことを彼に話すと忙しい時間も惜しまず、時間を作り会いに来てくれ不安を解消してくれました。

私が普段は感情を表に出さないので彼も意外だったようです。当たり前ですが、気持ちは口に出さないと伝わらないんだなと思いましたね。

40代前半/メーカー系/女性

もう少し会える時間を作れないか提案した

彼はシステムエンジニアなのですが、女性のやり手のシステムエンジニアの方と一緒に仕事をする機会は増えて以前より会う時間が少なくなってしまいました。

そのエンジニアの女性はとても魅力的な方なので彼の気持ちが彼女へ移ってしまわないか不安になりました。

けれども仕事熱心な彼を信じて彼のプライドを傷つけないように、もう少し会う時間を増やせないか
提案しました。

40代前半/流通・小売系/女性

不安に思う気持ちを素直に伝えて解決策を提案した

職場の後輩(異性)と切れることなく毎日LINEを続けていて、それがとにかく嫌でした。懐いてくれていてかわいい後輩なのも理解はしてましたが、異性である事、距離感が近い事が不安で仕方なかったです。

彼のiPhoneがなるたびに画面を見てはまたかと落ち込む日々で限界になり、仕事から帰宅した彼に後輩とのLINEが私の不安を煽っていることを伝えました。

繋がりを絶たせるつもりはなかったので、LINEをする事はかまわないけど毎日続けず寝る時にはおやすみと伝えて切って欲しいことを伝えました。

すると今までごめんねと謝罪があって、毎日はしなくなりました。恋愛対象じゃないのとやましい事がないから、同性の友達と同じ感覚でいたそうです。

今後は気になる事がある時点でお互いに話し合おうと決まりました。その後は不満や不安を溜める事がなくなりすっきりしました。

20代前半/メーカー系/女性

【4位】冷静に伝える

冷静に伝える

今思っていることを感情的にならず直接話した

彼のプライベートは仕事の付き合いが多く、なかなか2人でデート出来ないでいました。これって付き合ってる?あたしのこと、どう思ってるの?と不安ばかりが募り、直接彼に話しました。

感情的になりそうなところをぐっと堪えて(堪えるのに必死でした笑)落ち着いて話すようにしたおかげで、彼も分かってくれたらしく2人の時間を作ってくれるようになりました。

30代後半/フリーター/女性

私がどうしてほしいと思っているかを落ち着いてあまり深刻にならずに伝えた

彼と付き合い始めのころ、デートの約束をしても、「夕方くらいに会おう。」というあいまいな時間しか言ってくれませんでした。時間を聞いても、「はっきりとはわからない。」と言われました。

当日になって、何時くらいにどこで待ち合わせをするのかLINEで聞いても返事がなかなか帰ってこず、私は準備だけして待っていました。

18時過ぎにやっと「いまから行く」というLINEがきて、19時前に彼が来ましたが、私がその日行きたいと思っていたところには時間的に行くことができませんでした。

その日は我慢しましたが、そのあとも2回ほど続いてしまったので、ちゃんと言葉にして伝えようと思いました。

次のデートの時に、「この前言えなかったけど、待ち合わせの時間はなるべくはっきりした時間を教えてほしいな。私は夕方って16時くらいだと思っていた。準備もあるから、連絡もほしいな。」と言いました。

彼は「そうなんや、ごめん。友達とは大体の時間で約束してたし、家で待ってるからいいかなって思ってた。今度からは気を付けるね。」と言ってくれました。

それからは時間も伝えてくれるようになったし、連絡もきちんとしてくれるようになりました。私の中で当たり前と思っていることは、相手にとっては当たり前じゃないこともあるので、どんなことも言葉にして伝えることが大切だと思いました。

20代後半/医療・福祉系/女性

不安に感じた時に少し時間を置いて伝えた!

マッチングアプリで知り合った彼とお付き合いを始めて2ヶ月がたった頃、彼のスマホで一緒に動画を見ていると「○○さんからメッセージが届きました」との通知が来ました。彼はすぐに通知を消していましたが、それはマッチングアプリ内でやり取り出来るメッセージ機能の通知でした。

私は彼とお付き合いを始めてすぐにアプリは退会していたので、彼も退会しているだろうと勝手に思い込んでいたのですごくショックでした。その場では気づいていないふりをしましたがモヤモヤしていました。

私に見られたかもしれないと思って退会するかもと考え、次にアプリを続けているのを見たらしっかり伝えようとと思いひとまずなにも言わないでおきました。

そこから何日か過ぎ、またメッセージ通知が来ているのを見てしまい今度こそは不安な思いを伝えると決めました。

直接だと上手く言えないと思い、LINEで「メッセージ来てたけど、他に良い子がいるなら言ってね!」となるべく深刻な感じを出さないように伝えました。

すると「ごめんね。まだ退会してなくて何通かメッセージ来てたけどもう退会するから!心配させてごめんね。」と返信がきました。

そこから本当にアプリを退会したのかは確認していません。それでも彼が私のことを大切にしてくれているのを実感でき、不安な気持ちはなくなりました。

自分の気持ちを伝えないでモヤモヤしているより、彼にしっかり伝えて信じる方がいいと思いました。

20代後半/専門コンサル系/女性

【5位】論理的に伝える

論理的に伝える

どういう行動をしたらこういう風に不安になると、一つずつ真剣に話した

彼はモテる人らしく、周りにいる人は全員女性。友達の話をしてくれる時も9割女性。そして仕事と嘘をついて遊びに行ったこともありました。(嘘が下手なのですぐに発覚しました)

また、彼は常に携帯を手放さなくてお風呂やトイレまで必ず携帯を持っていってました。

それ以来彼が仕事で遅くなると遊びに行ってるのでは無いか、もしかしたら他にも女がいるのでは無いかと疑うようになってしまいました。サイトとかで携帯を手放さない人は浮気してる!!みたいな記事が多く、余計不安になってしまいました。

そこで真剣に話をして、遅くなると遊びに行ってるのか不安になる。ずっと携帯を弄ってると他の女と連絡取ってるのかと不安になる。友達、といっても大人なんだから何か間違いが起きても不思議ではないから2人で会わないで欲しい。といったことを泣きながらになってしまいましたが伝えました。

彼は対策として、仕事が遅くなる時はタイムカードの写真を撮って、遅くなった今から帰る。の連絡をくれたり、他の女の子との連絡を絶ってくれたり(私が居ないときに取ってるかもしれませんが)携帯の暗証番号を教えてくれて何時でも見ていいよ、と言ってくれたり、友達と遊ぶ時は必ず私も一緒に連れてってくれるようになりました。

夢に見るほど真剣に悩んでいたのに彼に話したらアッサリと解決してくれて、悩んでた時間は何だったのだろう?と笑ってしまいました。

20代後半/医療・福祉系/女性

自分の気持ちをきちんと伝えられるまで、長い時間をかけてしっかりと話し合った

彼と1年間お付き合いした後に同棲開始。もともと私自身、身体が弱く、日常生活におけるささいなことでも疲労や頭痛等に悩まされることが度々あるのですが、そのことも彼には理解してもらえた上での同棲となりました。

それでも実際に同棲を始めると、毎日がうまくいくわけでもなく…。彼が当初から理解してくれようとしている気持ちは伝わるものの、言葉と行動が伴わず、喧嘩も増えました。

でも、今後一緒に生活をしていくには、時間をかけてでもしっかりと理解・受け入れてもらはなければ、お互い苦しい思いをすると感じ、彼の仕事が休みの日に、2人で話し合いの時間をもうけ、「いま私はこう思っている」「こういうことは苦手だし、私は正直負担に感じている」等、素直に気持ちを打ち明けました。

彼からは謝罪と共に「すぐには難しいかもしれないけど、本当の意味で理解してあげられるように行動で見せていくから」という言葉をもらえました。

30代前半/専業主婦/女性

飲み会に参加したがる彼氏に何が不安なのかを伝えた

彼と付き合い始めてしばらくは私を最優先してくれ、滅多に飲みに行くことはありませんでした。

しかし1年程経った頃に初めて会社の飲み会に行きたいと言われ、驚いたと同時にどこか寂しい気持ちを抱きつつも、たまには顔を出さないと彼の立場もあるしなと思い、了承しました。

私の心配をよそに、何事もなく、楽しかったと帰宅した彼。しかしよく話を聞いていると、社内男遊びの激しい女性が数人いるようで、不安になりました。

それからしばらくしたある日、彼からまた飲み会があると言われ、以前からあまり間が空いていなかったこともあり、さすがに黙り込んでしまいました。私の様子の変化に気づいた彼が、「行かない方がいい?」と尋ねてくれたので、思い切って私の気持ちを打ち明けました。

今まで全く飲み会などに参加してこなかったのに、最近になって急に参加しはじめて寂しいこと。社内に男遊びの激しい女性がいると、彼までその対象になってしまうんじゃないかという不安があること。

途中「うーん」と首を捻ったりすることもありましたが、私の気持ちを聞いて、「女性のいる場には参加しない」と言ってくれました。また、飲み会も頻繁には参加しないと約束してくれました。

それからは数ヶ月に1回のペースで飲み会に参加することもありますが、頻繁ではなくなり、素直に不安な気持ちをぶつけてよかったと思っています。

30代前半/サービス系/女性

【6位】さりげなく伝える

さりげなく伝える

嘘をつかれると悲しいし、女の勘って当たるんだよ、と訴えた!

私は元々、やきもちをやくタイプではなかったのですが、彼氏と付き合いはじめて少し経ったある日、彼氏のスマートフォンのLINE通知に「土曜日なら会えるけど…」というメッセージが来る瞬間を目撃しました。

土曜日は彼氏のお休みの日で、「次の土曜日は学生時代の男友達と飲んでくるね」と言われていたので、その男友達かーと思ったのですが、名前をよくみると「aya☆」これは、間違いなく女だ!と思いました。

彼氏が嘘を付くとは全く思っていなかった為、この件がとても私の胸を痛ませました。勇気を振り絞って、彼氏にメッセージのことを伝えると「………あぁ、男友達だよ」と言われたので、名前も見えてしまったことを伝えると、逆ギレのように怒りだし、その日は口を聞いてくれませんでした。

後日、「ごめん、女友達と会おうとしてた。ただの友達だけど、君が悲しむと思って嘘をついた」と言われ、悲しむと思った結果、恋人の私に嘘を付いてしまう事実にまたショックを受けました。

私はそれから、事あるごとに「また嘘ついてるのではないか」「男友達というのは嘘なのではないか」と頭をよぎるようになり、不安が付きまとうようになりました。

疑い続ける自分にも悲しくなるし、実際嘘をついてしまって信用させてくれない彼氏にも苛立ちを覚え、
ある時、こう言い放ちました。

「前にあなたが嘘を付いたことがずっと引っかかっている。それがチラつくから、信用することができない。それに、嘘を付いた時は女の勘で分かってしまうから悲しくなる。私を安心させてほしい。嘘をつかないと約束してほしい。」

女の勘というのは、その場で思いついた文言でしたが、疑ってしまったり察してしまうこともその内に入ると思うので、この訴えにより重みを増してくれたのではないかと思っております。

彼氏は真面目に話を聞いてくれました。人間なので、完全に嘘をつかないということは難しいかもしれませんが、それからは、私に隠して何かをするということはなくなりました。

20代後半/自営業/女性

ラインのスタンプでソフトに伝えた!

彼は、決して友達が多いほうではなく、深く狭い付き合いをするタイプ。大学も理解ということもあって女性の友達はごくわずかでした。

しかし、バイト先やサークルなど、一定数の友達はおり、バーベキューや旅行にグループで行くことも。

束縛はしたくないので、いってらっしゃい!と伝えつつ、寂しい気持ちや、ちょっぴりやきもちを焼いていることを、ラインのスタンプでソフトに伝えていました。

20代後半/メーカー系/女性

【番外編】その他

その他

会いに行って号泣しながら伝えた

一般的に上手な方法とは言えないと思うのですが、国際カップルで遠距離恋愛だった時のこと。仕事を休んで彼に会いに海外に行き、素直に遠距離で不安な気持ちを伝えました。

感情が溢れて途中から泣いてしまいましたが、日本人とは違いストレートに感情を表現する/されることが当たり前なので、より私の気持ちを理解してくれたと思います。

30代前半/専門コンサル系/女性

【参考記事】彼氏に不安を感じる時の解決法まとめ

以下の記事では、総集編として彼女に不安を感じる時の解決法をまとめていますので、是非あわせてご覧ください。

【総集編】彼氏に不安を感じたら読んで欲しい解消法まとめ

まとめ

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏に不安を伝える上手な方法を体験談と共にご紹介しています。してきました。

この記事の『彼女に不安を伝える上手な方法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女に不安を伝える方法は?同じ経験を持つ男性100人の行動

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年11月13日~11月28日
回答者数:100人