彼氏に不安を伝える方法は?同じ経験を持つ女性100人の行動

彼氏,不安,伝える

彼氏と付き合っているのにも関わらず、どうしても彼の些細な言動や仕草から不安になる時ってありますよね。

そんなとき、ストレスを溜め込んでしまわないようになるべく早く彼氏に不安を伝えるのも効果的な対処法です。

ただし、言い方や伝え方によっては彼氏の負担にもなりかねないので、同じ経験を持つ彼女さん達が上手に不安を伝えた方法を知っておくと参考になるかもしれません。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏に不安を伝える上手な方法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼氏に不安を上手に伝えた方法ランキング

まずは、彼氏に不安を上手に伝えた方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏に不安を上手に伝えた方法』によると、1位は『ストレートに伝える』、2位は『丁寧に伝える』、3位は『不安の解消策を提案』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏に不安を上手に伝えた方法

女性100人に聞いた彼氏に不安を上手に伝えた方法では、1位の『ストレートに伝える』が約24%、2位の『丁寧に伝える』が約16%、3位の『不安の解消策を提案』が約15%となっており、1~3位で約55%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏に不安を上手に伝えた方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】ストレートに伝える

ストレートに伝える

とにかく自由人な彼だったので、ストレートに心配と伝えた

もともと自由人で研究熱心な彼氏でした。時々、彼の独創性や世界観について行けず不安になることがありました。

またフラっと外国へ行ったりするので、「自由で行動的な貴方が好きだよ、だけど宇宙まで行ってしまいそうで時々切なくなってしまうんだよね」と冗談っぽくも本気で気持ちを伝えてみました。

彼氏は私がそんな気持ちを抱いていると思ってなかったようで、笑いながらハグをして「好きな人は、本当に〇〇だけだよ、ごめんね。今度一緒に旅をしよう!」と言い、その後で実際に外国へ一緒に行きました。笑

あの時、自分の思ったことを言ってよかったなと心の底から思いました。

20代後半/医療・福祉系/女性

余計なことは一切伝えず不安に感じている部分をはっきりと伝えた

彼と付き合っていた時、だいぶ2人の関係に慣れてきて、これからもこんな感じで仲良くやっていけるだろうと思っていました。

ですが、当時彼の学校は女性が多い学校だったので、女性から話しかけられることもとても多いということを聞きとても不安になりました。

なので、私は正直に「そういうことを聞くとどうしても不安になってしまうし、私のことを好きでいてくれるのかも不安になる。」と伝えました。

そうすると彼は今まで辛い思いをさせてごめんねと謝ってくれました。それからは私の前ではそんな話はすることはなくなり、女性の方とも距離を置くようになってくれました。

緊張はしましたが、はっきり伝えることができてよかったと思います。

20代前半/大学生/女性

遠回しに伝えず、気持ちをはっきりと言葉にした

大学時代に知り合った彼と付き合って3年ほどが経ち、お互い社会人になりました。

彼の就職した会社は同期社員が多く、若手社員がそれぞれつながりを持てるような催しが多かったため同期たちとはまるで友人のような付き合いをしていました。

彼は学生時代から女っ気のない人だったのでほとんど不安になるようなことはありませんでしたが、就職してから同期の女子社員とも仲良くしているようでなんとなく関わり方が気になるようになりました。

ある日彼から同期との話を色々と聞いている中で、突然彼がある同期の女子社員を呼び捨てにしていました。

そこから私の頭の中ではそんなに仲がいいのか、はたまた同期以上の関係か…などと良からぬ想像にかられてしまいしばらく辛い日々がありました。

そしてある日、「今度の週末〇〇(例の女子社員)の家に遊びに行ってくるわ」と彼が言い出しました。もちろん一人で行くわけではなく他の同期も含め複数人で行くということでしたが、そこで私の不安はピークに達し、彼に思い切って伝えてみました。

いくら仲がいいとはいえ、彼女である私の前で他の女の人を呼び捨てにされるのはいい気持ちはしないと話すと、彼は驚いていました。彼にとって私が心配に思うようなことは全くないつもりでいたので青天の霹靂だったようです。

私がいないところでどう呼ぼうと構わないけれど、私の前では少しは気を使ってくださいとお伝えしたところ彼はちゃんと理解してくれて、その後はほとんどその人の名前が上がることもなく、あってもさん付けになりました。笑

彼が女性と関わるということへの私の免疫がなさすぎたゆえに、たかがそんなことで?という感じも否めませんが、些細なことでも溜め込まずに正直に伝えたら理解していくれるものだと私も学びました。

20代後半/メーカー系/女性

些細なことだが、不安に思っていることを伝えた

ある日、彼が仕事で女性の家に行く用事がありました。その女性は同性の友人と二人暮らしでした。

夜の7時頃出かけて行ったので9時過ぎには帰ってくるだろうと思っていたのですが、時間になっても帰ってきませんでした。10時頃になっても何の連絡もないので、メールしたところ、今から帰るとのことでした。

女性の家に仕事とはいえ夜遅くまで居るので、遅くなるなら不安になったり誤解させないよう連絡したり早めに帰るようにして欲しいと伝えました。

それからは、気をつけてくれるようになったと思います。

20代後半/流通・小売系/女性

思っていることを包み隠さずに正直に伝えた

彼氏が浮気をしているような気がしたので、スマホを見たことを正直に彼に伝えたら、彼がちゃんと説明してくれて、浮気ではなくて自分の勘違いだったという事に気付きました。

スマホを見てしまった罪悪感もありますが、正直に話して良かったと思いました。

30代前半/専業主婦/女性

不安に思った瞬間を即座に伝えた!

普段からなかなか言いたい事も言えずに我慢する方なので、いつも不安があると色々と考え込んでしまい一人で居るときは特にブルーな気持ちになります。

悩み解消でネットで解決策を調べたりしていましたが、1つ目に留まったのが、その場できちんと相手に伝えることでした。

早速実行に移りました。彼と居るときに常に携帯を触っていたので、私と居るの楽しくない?と聞きました。すると彼は、ごめん、ゲームにはまっててとの返答でした。

出来れば私と居るときはしてほしくないと言ったところ、、彼はごめんねと素直に謝ってくれました。それから私と居るときはしなくなりました。

40代前半/サービス系/女性

【2位】丁寧に伝える

丁寧に伝える

正直に「大丈夫だよね?」と不安な気持ちを伝えてみた

以前は会社での飲み会も月に1〜2度程度だったのに、毎週続く事が多くなりました。

会社の付き合いなので仕方ないかと思ってましたが、帰りが遅くなるにつれ「不安」が勝手に付いてくるようになりました。

同棲していたので、ある日「最近飲み会多いけど大丈夫だよね?」と、正直に話したところ、家の近くで飲んでる時や、バーベキューなどのイベント事にも私を連れ出すようになりました。「ね?心配ないから!」って事を伝えたかったみたいです。

疑う気持ちが自分を小さくしてしまうし、相手も気を使ってしまうと感じましたが、態度で示してくれた彼に、不安な気持ちは伝えてよかったと思いました。

20代後半/金融・保険系/女性

大切な話があると伝えて、家のベッドに座りながら話し合いをした

彼氏と結婚の話が出ているが、なかなか前に進まない時に今後どう思っているのか?と聞くために、勇気を振り絞って、大切な話があるとベッドに座って話しました。

前までは遠まわし遠まわしだったり、伝わるか伝わらないかくらいの遠まわしに話をしていましたが、思っていることを冷静に話しました。

その話をすると少しは前に進んで、両家への挨拶は終わり、顔合わせの日程も決めました。やはり、きちんと伝えないと伝わらないんだなと思いました。

20代後半/金融・保険系/女性

思いやってくれているのはわかるけど、気遣われると逆に遠く感じて不安になると伝えた

彼が辛い経験をしたとき、大まかなことしか知らなかったのですが、あちらが話したければ話してもいいし、話したくないならそのままでいいというスタンスで私も触れないようにしていました。

ですが徐々に一人で背負い込むのがしんどそうになっていきました。そのような状態の人に「大丈夫?」と聞いても「大丈夫」と返ってくるに決まっているので、私に心配をかけないようにしているというのはわかるけれど、見ていて辛そうだし、そんな風に気を遣われたりするとこちらも辛いし悲しいと、相手の気遣いにつけ込むような形で悩みを少しずつ共有してもらうことに成功しました。

なんでも話してよ!とただ受け止める側に回るよりは、相手も話しやすくてよかったのではないかなと思います。

20代後半/メーカー系/女性