彼氏への不満の伝え方!同じ経験を持つ女性100人の方法

彼氏,不満,伝え方

彼氏と付き合っていれば不満も感じることもありますよね。いくら恋人と言っても元々は赤の他人、全てに満足することなんてありえません。

不満を感じた時に重要になってくるのが、彼氏に不満をきちんと伝えて対応するという事。溜め込んでいてはストレスの原因になってしまいます。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏に不満を伝える上手な方法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼氏に上手に不満を伝えた方法ランキング

まずは、彼氏に上手に不満を伝えた方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏に上手に不満を伝えた方法』によると、1位は『文字にして伝えた』、2位は『場所を考えて話した』、3位は『冷静に怒らず伝えた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏に上手に不満を伝えた方法

女性100人に聞いた彼氏に上手に不満を伝えた方法では、1位の『文字にして伝えた』が約23%、2位の『場所を考えて話した』が約20%、3位の『冷静に怒らず伝えた』が約19%となっており、1~3位で約62%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏に上手に不満を伝えた方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】文字にして伝えた

文字にして伝えた

まずは文章で伝えてから電話で補足した

彼と付き合いだしてから喫煙者だと知りました。私は喫煙者はダメなので、その時点で別れようかと思いましたがまずはその嫌な気持ちを伝えてみるだけ伝えてみることにしました。

冷静になれる文章で伝えたところ、彼は私の気持ちを理解してくれました。文章だけだと誤解があってはいけないので、後で電話で補足もしておきました。

そのおかげで揉めることなく、現在は禁煙中です。不満があったら伝えていくべきだと思います。

20代前半/医療・福祉系/女性

口下手なのでLINEで自分の思っていることを伝えた!

私はもともと人に意見できるような性格になく、彼氏問わずいつも人の言うことを受け入れるだけの日々を過ごしていました。

しかし、「言いたいことはちゃんと言葉にしてほしい」という彼の強い言葉から、なるべく不快に思ったことは伝えるよう努力するようになりました。

人の顔色を窺ってばかりだった私は、相手に対して直接何かを言うというのが恐怖で難易度の高い行動でした。

言わなきゃという気持ちだけが先行して伝えるという行動が伴っていないことも多く、彼氏に怒られたこともあります。

私自身も遠慮せずに伝えていきたいという想いがあったため、どうすればよいか考えました。そこで、メールなどのやり取りは得意だったため、嫌だと思ったことはLINEで文字にして伝えるようにしたんです。

付き合い始めの頃は文字でのやりとりが多かったのですが、約5年の月日が経った今、不快に思ったことはすぐに「その話イヤだ!」と口に出せるくらいの関係になりました。

「伝えてほしい」と口に出してちゃんと私に話してくれた、そしていつでも私を受け入れようとしてくれた彼氏には感謝でいっぱいです。

20代後半/不動産・建設系/女性

面と向かって話すと喧嘩になる時は、LINEで不満を伝える!

私には学生時代からずっと付き合っている彼がいます。付き合いも長いのでそれなりにお互いの事を理解しています。

お互い不満はすぐに言うようにしていますが、やっぱり面と向かって話すと冷静になれずに、ものすごい喧嘩になります。

冷静になって落ち着いて話すこともありますが、中々冷静になれずに話がこじれるときは、その話題をその日には触れずに後日LINEで自分はこう思っていたなどと伝えるようにします。

すると、お互い冷静に物事を見ることができて言い合いにもならずに話をまとめることができます。直接話すことも大事ですが、LINEなどを使って間接的に話すのも冷静になれていいなと思います。

20代前半/マスコミ系/女性

面と向かって言うと喧嘩になりそうなので手紙で伝えた!

彼と付き合いだしてすぐに彼の親友を紹介されました。

親友に対しては私もすごく好印象でしたが、何故か毎週日曜日のデートはその親友も一緒に遊ぶという月が何ヶ月も続きだんだん彼と親友に不満が溜まってきました。

直接伝えると喧嘩になりそうだったので誕生日の手紙に、せめて3人で遊ぶのは隔週にして欲しいことまだ付き合い始めたばかりなのにもう少し2人で遊びたいことをきちんと書いて伝えました。

彼は、「ごめんね、親友と遊ぶのは隔週にするしmもう少し〇〇の気持ちも優先するね」と謝ってくれました。

そこからは、親友と遊ぶ回数も落ち着きお互いに楽しいデートを重ねるようになりました。今も、小さな不満もたまれば大きな不満になるのでちょこちょこ手紙で気持ちを伝えています。

彼もその度に色々話してくれるのでやっぱり不満は伝えるべきなんだなと思います。長く続く秘訣かもしれません。

20代後半/不動産・建設系/女性

口下手なので手紙で思いを伝えた

違う大学の彼と付き合っているときに、同じ大学の男友達もふまえた飲み会があり、特に異性としてではなく、ただ単に仲のいい男友達で、後ろめたい気持ちはなかったので飲み会に行ってくるとだけ伝えていました。

しかし後日、その飲み会に男友達がいたことを彼が知り、男友達がいるなら事前に伝えてほしかった、隠して行ったということは後ろめたかったからではないかと言われましたが、口下手な私はただごめん、と謝るしかできませんでした。

このままでは誤解されてしまうと思い、次の日に自分の思いを手紙にして彼に渡しに行きました。隠し事をされてショックだったけど、やましい気持ちではなかったということはわかったと言ってくれて、仲直りできました。

30代前半/IT・通信系/女性

面と向かってだと思っているように言えないと思い、手紙で伝えた

いつも友達との約束を優先する彼にイライラして不満をぶつけようと思った時があります。

面と向かってだと彼も私も感情的になり、喧嘩をするつもりじゃなくても喧嘩になってしまったら嫌なので、手紙で今までの不満を優しく伝えてみました。

彼もその手紙で気持ちを分かってくれたので、たまには手紙も良いなと思いました。

30代前半/不動産・建設系/女性

【2位】場所を考えて話した

場所を考えて話した

2人きりの車内で将来の不安をぶつけた!

私の彼氏はお金使いが少し荒いです。付き合いだして半年がたったある日「今月は一緒に遊ぶお金がない」と告げられました。

その発言に私は目が点になりました。カフェでデートをしていたのですが、話をするために一旦車内に戻りました。

そこで将来の不安や彼氏の思っていることをお互い本音で伝え、2人でワンワン泣きました!(笑)

言いたい事も言えて、相手の思っていることも聞け、3時間で解決しました。やっぱり人前だと言いたい事も周りを気にして言えないですし、2人の車内で話し合ってよかったです。

20代後半/サービス系/女性

場所は絶対に自宅でとにかく時間をかけて話し合いをした!

付き合いはじめの頃は彼のお義母さんがとても過保護なタイプで、会う時は彼がお義母さんに許可を取ってから。

家の手伝いがあればそれを優先して…というような日々だったので不満はあったけど、本人に伝えるほどでもないような不満でした。

しかし、お義母さんが私の悪口を言うようになり、電話をしてる時はわざと前の彼女の話をしたり、私の事をひたすら変な子!と罵ったり。(電話越しで聞こえてくる悪口…。)

さすがに耐えきれなくなりましたが、彼は「自分のお母さんだから悪く言わないでほしい。」としか言わず…。

彼の事が大好きで、結婚したいとも考えていたのでこの状況はよくない。打破できなければこのまま終わってしまう!と思ったので、話し合いをする事にしました。

しかし、私は感情的になってしまうタイプで彼は都合の悪い話は黙り込んでしまうタイプ…。カフェやレストランで話し合いをしようとすると、せっかく頼んだ料理が美味しくなくなってしまい悪循環…。帰り道は最悪な雰囲気…。

これはいけない!と思ったので、私の自宅で話し合いをする事にしました。ちゃんと朝から夜まで時間がある日を選んで、慎重に言葉を選びながら、話し合いをしました。

彼は少し鈍いタイプの人だったので私が傷ついてる事に気づいておらず…笑

しっかりと思いを伝えたら、お母さんにそういうのやめてあげて、全部聞こえてるよ、と言ってくれました。お母さんはやめようとしなかったのですが、彼が常に味方をしてくれたのでよかったです。

今はその彼と結婚して2年が経ちました!同棲挨拶の際に、私が直接お義母さんに言いたいことを言えたのも彼のおかげです。

お義母さんは今、私のことを怖い人と思っているらしいです。笑

20代後半/医療・福祉系/女性

話を切り出しやすくするため居酒屋で呑みながら不満を伝えた

男友達を優先して外出することが多い彼に、もう少し私との時間を作って欲しいと言いました。場所は居酒屋で話しやすい雰囲気を作るためです。

「友達が多いことは私も嬉しいし、誇らしいので付き合いをやめて欲しいとは思わない。外出する事でギクシャクしたくないので束縛したり嫌な顔をしたりせず我慢してきたよ。。でもちょっと寂しいな」と伝えてみました。

すると、彼も私が我慢していたことはなんとなく知っていて、物わかりの良い彼女なんだと友達にも自慢していたようです。

甘えすぎていたのでこれからは私との時間を優先すると言ってくれました。

20代後半/不動産・建設系/女性

心が落ち着かせれる場所としてスタバで不満を伝えた

以前、彼と同じ職場で働いてる時に、会社の飲み会で彼が女性職員と良く二人でいる事がよくありました。同じ職場なので仕方ないとは思ってましたが、あまり良くは思っていませんでした。

そんなことが何度も続いたので、私が感情的にならないようにカフェで「職場の飲み会などはプライベートだと思うから近いのは嫌だ」と彼に伝えました。

彼は全く気が付いていなかったようですが、その次の飲み会では私の隣にいるように努力してる姿が見えて安心しました。

30代後半/IT・通信系/女性

お互いがちゃんと向き合うために家で話し合いの場を設けた

彼と付き合って1ヶ月が経った頃、元彼女から飲みに誘われたという話を聞きました。

彼とゆっくり落ち着いて話をしたかったため、後日、彼の家で気持ちを伝えると、「今は君が僕の彼女で大切で守りたい人だから、不安になるようなら今後ちゃんと断るね」と言ってくれました。

それ以来、ちゃんと断ってくれるようになったため、あまり不安になることがなくなり、より良い関係を築けたと思います。

20代前半/大学生/女性

お酒を飲みながら伝えた

女の子の友達と遊びに行くという話を聞いて少し不満を感じていました。

しかし、付き合いたてでお互いに踏み込み過ぎた話はあまりしていなかったので、お酒を飲みながら自分の不満を伝える事にしました。

酔いすぎないタイミングをはかりながら「絶対会うのはダメとは言わないけど、出来れば頻度を落としてほしい」と伝えました。

彼は了承してくれ、お酒の力もあってか、その後にお互い気になる事を色々と話せました。ゆっくりと話せて良かったと思います。

20代前半/IT・通信系/女性