彼氏と別れた時の立ち直り方は?女性100人が実践した方法

彼氏と別れた

彼氏と別れたとき、自分から別れを選んだとしても彼から別れを告げられたとしても、喪失感を感じるものです。

「本当にこれで良かったのかな」「いきなり一人になったけど、何をして過ごしたらいいんだっけ」と感じることも多いはず。

何も考えられない日々が続いても仕方がありませんが、まずは前を向いて立ち直らなければならないと考えている女性も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と別れたときの立ち直り方を体験談と共にご紹介しています。

彼氏と別れた時の立ち直り方ランキング

まずは、彼氏と別れた時の立ち直り方ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏と別れた時の立ち直り方』によると、1位は『友人に相談した』、2位は『とにかく泣いた』、3位は『趣味に没頭した』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏と別れた時の立ち直り方

女性100人に聞いた彼氏と別れた時の立ち直り方では、1位の『友人に相談した』が約20%、2位の『とにかく泣いた』が約13%、3位の『趣味に没頭した』が約12%となっており、1~3位で約45%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏と別れた時の立ち直り方を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】友人に相談した

友人に相談した

色んな人に話をして愚痴を聞いてもらった

数年ぶりにできた彼氏に付き合って3ヶ月ほどで突然別れを告げられました。しかもメールで、しかも自分の誕生日に、でした。

こちらから連絡を取ろうにも取れず、そのままお別れすることに。好きな気持ちは残っていたので、当時はとても辛く毎日泣いていました。

色んな人に話を聞いてもらって、一緒に飲みに行ってもらって荒れた毎日を過ごしていましたが、そうこうしているうちに冷静になり、とても不誠実なことをされたのにまだ好きなの?また付き合いたいと思うの?と自分に問いただし、立ち直ることができました。

20代後半/流通・小売系/女性

友達と一緒に旅行に行った

彼と別れたのは2股をかけられており、私が本命じゃなく遊びで付き合ってたらしく、理由を知り尚さらショックで1人で夜も眠れませんでした。

友達にそのことを話すと、それ以上は詳しく聞かずに友達から熱海で温泉に行く約束をしました。2人で温泉に行って熱海を満喫し、今まで悩んでたことがバカらしくなっていき、新しい彼氏を見つかるまで前向きに生きようと感じてきました。

恋人以外に楽しいことがたくさんあると知ってからはクヨクヨ落ち込んだってしょうがないやと思い、熱海に連れていってくれた友達には感謝の気持ちでいっぱいです。

20代前半/サービス系/女性

一人で居ても泣いてしまうだけなので、親友に連絡して話を聞いてもらった

結婚を視野にお付き合いをしていた人と別れたときは眠れないほどショックでした。

まずは事実を受け入れるということをしました。こうなってしまった原因を突き止め、他に方法は無かったかをまずは探りました。

もちろん一生分の涙が出たのではないかと思うくらい当時は泣きましたが、冷静になったあとは、友人に話を聞いてもらい、気分転換をすることで少しずつ前向きになれました。笑顔でいればまた良いことがあると思って過ごしました。

すぐに気持ちが切り替えられるものでもありませんが、別れた直後に海外旅行の予定がありそこで気分転換できたことは確かです。

結婚には至りませんでしたが付き合っていた時の感謝の気持ちを言えるようになった時、自分の中で前を向けたと思いました。

30代後半/医療・福祉系/女性

一人になる時間を作らないように、なるべく家族や友人と過ごした

4年付き合っていた彼が、学生から就職をきっかけに気になる人ができたと言われ別れましたが、それから食事もする気になれず何していても涙が出ていました。

親友に相談すると毎日会いに来てくれて、休日があれば泊まりをして寝るまで話し相手をしてくれました。その生活が1ヶ月位すると親友のお陰で涙も出なくなり、前向きに考えられるようになり新しい恋愛をする事ができました。

30代前半/流通・小売系/女性

沢山泣いて、友人に話を聞いてもらい、ポジティブな事を言ってもらった

別れた直後の夜に泣きながら友達に電話したのを覚えています。初めて人に「辛い」と言ったかもしれません。

友達は私の気持ちが落ち着くまで朝方まで一緒にいてくれました。あの時、正直に自分の気持ちを話してとてもスッキリしました。

別れた時は傷つきましたが、次の恋愛は相手を大切にしようと思いました。

30代前半/流通・小売系/女性

【2位】とにかく泣いた

とにかく泣いた

思いっきり泣いてお昼寝したら一歩を踏み出せた

高2の夏休みに直前に彼氏と別れてしまいすごく落ち込んでしまいました。

学校がお休みだった時に泣きすぎて知らずにお昼寝してしまい、起きたらなんだか気分がスッキリして失恋のことを忘れてしまって新しい恋に踏み出す一歩を踏み出しました。

30代後半/金融・保険系/女性

とことん落ち込んで泣けるだけ泣いた

付き合いの期間は関係なく、やはりフラれた時は落ち込みました。

1年後の今日もまだ引きずっていることはないと自分に言い聞かせて、ブルーな気持ちのときはとことん泣くために、失恋映画や失恋の曲を聴いてました。

フッたことを後悔させてやろうという気持ちで、さらに女子力を高めるために美容室いったり、ネイルいったりしました。

30代前半/専門コンサル系/女性

お腹がすくまで思い切り泣いた

別れたのはお正月の初詣でした。三が日泣き続け、家族に心配をかけてしまったことを今も思い出します。

とことん泣いてお腹が空いたら、友達が連れ出してくれました。久しぶりに笑って、前に進めそうな気持ちになれました。

20代後半/公務員・教育系/女性

【3位】趣味に没頭した

趣味に没頭した

ひたすら趣味に没頭して受け入れられるようになるのを待った!

彼と別れた時、その事実を受け入れられず、泣いてばかりいました。

彼のSNSを見て何をしているのか気になってしまったり、彼が好きだったテレビ番組を見て悲しくなったり・・・落ち込む日々が続きました。

何もせずにいると彼のことを考えてしまうので、旅行にいったり、ゲームをしたり、それまで彼のために使っていた時間を自分の趣味に費やしました。

無理やりにでも体を動かして何かに没頭することで、彼のことを忘れる時間を増やし、自然と受け入れられるようになりました。

20代後半/サービス系/女性

趣味に時間とお金をかけて楽しい毎日を過ごした

心にぽっかり穴が空いた感じがして、眠れない日もありました。

私は友達と沢山遊んで旅行に行ったり気分転換の時間を作ったら心が安らぎました。また、好きなアーティストのライブに行ったり、カラオケに行ったり、趣味に時間とお金をかけて楽しいことばかり考えていました。

それに失恋には新しい恋が1番です!!恋は出来なくても他の異性と遊ぶだけで全然違いました。

とにかくたくさん落ち込んで、たくさん傷ついたら後から自分自身のいい勉強だったなって思えました。時間が経てば本当に解決するなと思いました。

20代前半/医療・福祉系/女性

大好きな漫画を読んで現実逃避をした

私の場合とにかくいろんな漫画を読み漁りました。

もともと漫画が大好きだったので好きなことをして気を逸らそうと考えたのですが、物語を通していろんな考え方を知ることができたので、彼との別れも納得できて気持ちの整理にもつながりました。

30代前半/公務員・教育系/女性

【4位】出会いを求めて動いた

出会いを求めて動いた

新しい出会いを求めて積極的に動いた!

彼氏に振られてかなり落ち込んでいましたが、それを機にもっといろんな人と出会いたい!と思い、「月に1人以上は新しい男性と食事をする」と目標を立てました。

職場の人や友人の紹介、飲み会などにも以前より積極的に参加して人脈も広がりました。なにより、元彼よりステキな人はたくさんいるんだなと気付くことができてよかったです。

20代後半/不動産・建設系/女性

男につけられた傷は男で癒した!

彼氏と別れた後は自分に自信がなくなってしまい、自分に女性としての魅力が足りなかったのか、何が悪かったのかなど、答えの出ないようなことをモヤモヤと考え、落ち込んでしまっていました。

そんなことから、女性としての自信を取り戻すにはやはり男性に誉めてもらうのが一番早いかなと思うようになり、仲の良い信頼できる男友達を飲みに誘ってとにかく誉め続けてもらうようにしていました。

私が自信を取り戻してきた後は男性側のシビアな意見を聞くこともできたので、友達には迷惑をかけたと思いますが、私としてはとても有意義な時間にすることができたかなと思っています。

30代後半/IT・通信系/女性

合コンなどの出会いの場に積極的に参加した

去るものを追っても虚しくなるだけなので、友人に頼んで合コンを開いてもらったり、知り合いにいい人がいたら紹介してもらえるようにお願いしました。

出会いの場に行って、中には自分の事を気に入ってくれる人もいて、食事に行ったりしてるうちに女性としての自信も戻り、新しい彼氏が出来たりしました。

友達と飲みに行っても、話を聞いてもらっても、一人になると寂しさに負けますので、結局は一緒に過ごせる彼氏を作るのが一番効果的でした。

30代後半/マスコミ系/女性

【5位】予定を詰めて過ごした

予定を詰めて過ごした

思い出す暇もないほど忙しい毎日を過ごした

私は結構引きずってしまうタイプで、以前は何をしているときも元カレのことを考えてしまって落ち込んだり、食事も喉を通らなくなってしまうことも多々ありました。

ずっと考えているとどんどん気分も落ちてくるので、とにかく忘れるように努力しました。まずは2人で撮った写真やもらった手紙やプレゼント、思い出の品を全て処分しました。

そして思い出す暇もない程、たくさん予定を入れました。しばらく会っていなかった友達に連絡して会ってみたり、ずっと行ってみたかったカフェでゆっくり読書をしたり、昔好きだったアーティストのライブに行ったりしました。

デート代もかからなくなったので、ジムや美容院やネイル、新しい服やバッグも買って自分磨きもしました。そうすると、新しい人との出会いや新しい自分の発見に繋がりいつの間にか前を向けていました。

20代後半/メーカー系/女性

仕事も遊びも増やして充実した日々にした

初めて自分の中で長く付き合った人で、この人とずっといたいと思ってた人に振られました。その時はもう何をしてても涙が止まらず、食事も取れなくなり痩せていき、寝れなくもなりこのまま死んじゃいたいとも思いました。

でもこのままじゃだめだと思い、他の異性と連絡を取って食事に行ったり、友達と沢山遊び、バイトや仕事を沢山し、充実した生活を送るようにしました。

でもどこか心の中でまだ好きな自分も居たので、自分のためにもっと嫌われる覚悟で連絡を取り続けました。
今考えたら馬鹿だなって思います。笑

最初は時間経つのが遅く感じるけどもうあっという間に4年もたち、今では新しい彼氏も出来て、今現在その時の恋人の事を考えると何がそんなによかったんだろうとか、ただ振られた自分のプライドが傷ついてただけで悔しかったのかなとか、好きの感情は全く無くなっています。

20代前半/医療・福祉系/女性

友達と会う約束をしたり飲みに行ったりと一人の時間を減らした

別れた直後はショックで、時間があると相手のことを考えたり連絡をとりたくなってしまうので、夜は友達と飲みに行ったり遊んだりして気をまぎらわせてなるべく一人にならないようにしました。どうしても予定がない日はDVDをレンタルしたりして見たり。

恋愛はどちらともが好きじゃないと成立しないので、相手の気持ちが離れてしまったならしょうがないですし、去った人の気持ちを帰るのは難しいと考えるようにしました。

その内に絶対に新しい恋が出来ると思って気持ちを切り替えることができました。

30代前半/商社系/女性

【6位】外に出るようにした

外に出るようにした

とにかく外に出て、人と会話をするようにした!

私は一人暮らしをしていたので尚更だったのですが、彼氏と別れて元気がないときに一人で家にいると、どこまでも落ち込み悲しくて仕方なかったです。

なので、なるべく外に出るようにしました。たとえ友達とわざわざ会わなくても、服やメイク用品を見に行き、店員さんと話をすると、それだけで気分が紛れました。

30代前半/メーカー系/女性

気持ちをリフレッシュさせるため一人で遠出した!

付き合って3ヶ月。今思えば倦怠期だったのかなと思いますが、付き合うことがしんどくなり私から別れを切り出しました。しばらくは心がずっともやもやして落ち着かなかったです。

でもそんな時たまたまネットで武蔵御嶽神社の特集を見つけ、「ここに行こう!!」と思い立ち、翌朝一人で向かいました。

あまり一人で遠出をしたことがなかったので、少しドキドキしながら電車にバスにロープウェイと乗り継いで、無事参拝してきました。

御岳山にはハイキングコースも多く2〜3時間ほど一人で山を散策していましたが、自然の緑や川の流れる音、鳥の囀る声などに癒され、帰るころには気持ちがスッキリし、充足感でいっぱいでした。

この遠出をきっかけに気持ちの整理がつけられたように思います。

30代前半/商社系/女性

【7位】時間が解決するのを待った

時間が解決するのを待った

無理に忘れようとはせず友達と遊んだりして時間が解決してくれるのを待った

3年ほど交際してました。段々と相手の言動に疑問を感じながら過ごしていたのですが、ある日くだらないことで喧嘩になりました。

そこで私も意見するのに一切相手の気持ちを無視して感情と考えを全てぶつけた結果、相手が衝動的に「別れよう」と言ってきたので、私も売り言葉に買い言葉のような感じであっさり承諾してしまいました。

別れた直後は、とりあえず我慢せずにたくさん泣きました。私は音楽を聴くのが好きなので好きな曲をたくさん聞きました。あとはとにかく友達とたくさん遊んで寂しさを感じないようにしてました!

飲みに行ったり買い物したり、それだけで気が紛れたのだと思います。

20代後半/サービス系/女性

気持ちが落ち着くまで、とことん落ち込んだ!

凄く凄く好きな人と別れた時は、正直もう立ち直れないと思うくらい落ち込んでご飯も喉を通らない位ショックを受けました。

無理に我慢して楽しく過ごそうというよりは、とことん落ち込んで、泣くだけ泣いて、友達と飲んだり話を聞いてもらっているうちに、落ち込む自分に疲れてきて吹っ切る事ができ、段々と前向きに考えられるようになりました。

落ち込むだけ落ち込んだら、気持ちも段々と楽になるんだなと思います。無理をしないで、自分の気持ちを大事にする事で立ち直れたのだと思います。

20代後半/不動産・建設系/女性

【8位】思い出の物を処分した

思い出の物を処分した

彼氏のことを忘れるように思い出の物を全て処分した

プレゼントされたもの、おそろいで買ったもの、思い出のものなど、彼氏関係のものを身の回りにおいておくと目に入るたびに気が滅入るので、彼氏に関係するものをとりあえず全部処分しました。

腕時計やブランドものなど売れそうなものはオークション等で売ってしまい、売れないものはごみに出しました。

ものを排除したら大分気持ちがすっきりし、別れて終わったんだなーということが認識できました。

30代前半/サービス系/女性

思い出の品を全て処分して心も全てリセットした

誠心誠意尽くしたので、考えたり思い出したりすると、涙が勝手に流れて止まらなく、顔が冷たくて目が覚める時もありました。

とにかくたくさん泣いた後は、彼との思い出の品を全て処分しました。連絡先も写真もプレゼントも文字通り全てです。

完全に立ち直るまではとてつもない時間が必要でしたが、思い出を捨てたおかげで引きずらずに済んだと思います。

20代後半/流通・小売系/女性

【9位】前向きな考え方を持った

前向きな考え方を持った

もっと素敵な人と出会えるはずだと自分で自分を慰めた

別れ話になったときは未練いっぱいでしばらく泣いてしまいましたが、沢山泣いているうちに「あの人は運命の人ではなかったんだ。今からもっと素敵な人に出会えるはず」と考えるようになり、それの考えが慰めにならました。

今から出会えるはずの素敵な人を思い浮かべて、自分磨きで料理を習うなどしている間にだんだんと前向きになれました。

20代後半/専門コンサル系/女性

結婚を見据えたら自然とふっきれた

すごく好きだった彼氏と別れて、恐ろしいことに数年間未練を持っていました。

何度か連絡をやりとりしていましたが、自分が年齢を重ねるうちに結婚願望が大きくなり、その彼はまだまだ結婚を見据えてないことから、今後もしまた付き合えても意味を感じ得なくなりました。

結婚についての時期の価値観は、未練を断ち切るのにとても大事だと思いました。

20代前半/IT・通信系/女性

【10位】自分を見つめ直した

自分を見つめ直した

部屋にこもって彼の事を思って気持ちに整理をつけた!

とても好きな人との別れだったので、食事もできない、なかなか眠れない、友達と遊んでいても彼の事ばかり考えてしまって1度自分の気持ちに向きあってみようと思いました。

部屋にこもってひたすら彼の事を考えて泣いて、ストレスや好きな気持ちを涙ととも出したらスッキリ立ち直ることが出来ました。

30代後半/金融・保険系/女性

【番外編】その他

その他

自分の気持ちに当てはまる失恋ソングをひたすら聞いた!

東京と大阪で遠距離恋愛をしていた彼と2年間付き合って別れました。

私が東京、彼が大阪でお互い努力して月に2回は会うようにしていましたが、徐々に2人の将来に対する価値観がずれていき、話し合った結果別れを選ぶことになりました。

東京で彼とよくデートした場所を通る度に涙が止まりませんでしたが、ある日youtubeで音楽を適当に流していると、あるバンドの「卒業」という曲が流れました。

その曲は付き合っていた状況、別れた理由、別れた後の心情などすべてが私と一致して、思わず私のことを歌った歌かと錯覚するほどでした。

その曲は最後に前向きに「2人から卒業」しようと歌っていて、それを聞いている内に私も「別れを選んだことは間違いじゃない、これは卒業なんだ」と前向きに捉えることができ、失恋の悲しみから立ち直ることができました。

自分の気持ちに寄り添う何かを見つけるということは、失恋から立ち直る近道だと思いました。

20代後半/マスコミ系/女性

食べて飲んで現実逃避を繰り返した

多くの女性が経験済みかもしれませんが、私はやはり「食べて飲む」が多いです。

飲んでるうちに二人の思い出が甦ってきて泣いて、そうなると止まらず永遠に泣き続けます。時間が経って自分の中で風化するまではそれを繰り返しながら、少しずつですが立ち直っていきます。

20代後半/メーカー系/女性

手帳の空欄を埋め尽くすくらいに仕事を詰め込んだ

私が営業をしている時の顧客が彼でした。

職場訪問で出会った彼から電場番号を書かれた名刺をもらい、私も好意をもっていたので電話をして、それからお付き合いが始まりました。

しかし、彼には付き合っている方がいたので、「私が一番嫌いなタイプ」と言ったところ、彼女と別れて私を選んでくれました。

その後は家族ぐるみのお付き合いとなりましたが、案の定、繰り返し繰り返し浮気をされました。私も前の女性から奪った訳ですから、ある程度は「仕方がない」と思っていましたが、なんと学生の子(彼の会社のアルバイト)を妊娠させてしまったというのです。

その時は涙も出なくなり別れましたが、朝起きると「あ、もういないんだ。」と思う様になり、出なくなっていた涙が、あとからあとから出て来ました。

その後は、仕事オンリーのスケジュール手帳にして、「仕事の鬼」に変わりました。営業成績は、ぐんぐん伸び年収も大幅アップになりましたが、クリスマスなどの時は流石に寂しかったです。

20代後半/金融・保険系/女性

【参考記事】彼氏と別れた時に読んで欲しい記事5選

以下の記事では、総集編として彼氏と別れた読んで欲しい記事5選をまとめていますので、是非あわせてご覧ください。

【解決法】彼氏と別れた時に読んで欲しい記事5選まとめ

まとめ

女性100人に聞いた彼氏と別れた時の立ち直り方では、1位は『友人に相談した』、2位は『とにかく泣いた』、3位は『趣味に没頭した』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と別れたときの立ち直り方を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女と別れた時の立ち直り方編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女と別れた時の立ち直り方は?男性100人の実践した方法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年12月19日~01月03日
回答者数:100人