彼氏と別れそう…同じ経験を持つ女性100人が実践した対処法


【3位】原因が自分にあったので改善した

原因が自分にあったので改善した

原因が自分のわがままだと気が付いたので反省して謝った

彼氏がとても優しい人だったので、付き合う年月が経つにつれて私もわがままを言ったり、怒ったりということが増えてきました。

しかし、自分は反省したのは彼氏がだんだんデートのドタキャンやラインの返信が少なくなってきたからでした。

このままだと別れ話が出そうだったので、自分を変えることにしました。また、自分の自己中なところを彼氏に謝ったところ、また前みたいに仲良くなることができました。

30代後半/専業主婦/女性

【4位】デートプランを改善した

デートプランを改善した

完璧なデートをして恋人らしさを取り戻した

私の体験の話なのですが、3年目にマンネリになってしまいお互いに何も刺激もない、会話もいつもと同じ、行く場所も同じとループしてしまっていたのでこのままじゃダメだと思ったことがありました。

まずやった事は普段行かないような場所へ行き楽しいデートプランを考えました。その日だけは100%成功させるために全力をだしました。

ただ毎回だといくらなんでも疲れてしまうので、とにかくその日は2人で楽しい思い出を作ります。その後も月1くらいは頑張ったデートプランをたてて思い出作りをするようにしました。

そうすると自然と恋人らしい雰囲気が戻ってきて、別れそうな空気もなくなりました。

30代前半/サービス系/女性

【5位】彼の気持ちを聞いた

彼の気持ちを聞いた

何か怒ってる?と直接聞いてみた

同棲していた彼がある日を境にいきなり口数が少なくなり、目を合わせてくれなくなりました。

何か怒ってる?と聞いてみると、私が他の男性と話している時に軽くボディタッチをしたのを見てヤキモチを妬いていたようです。とは言え、軽く肩を叩いただけだったのですが…。

自分でも無意識だったので気をつけることを彼と約束し仲直りしました。

20代後半/専業主婦/女性

【6位】付き合った頃を思い出した

付き合った頃を思い出した

会話の中で思い出話をしてみる

険悪な雰囲気になったときには、それとなく思い出話をしてみると、意外と雰囲気が和みます。

2人で出かけた楽しかった思い出や、2人に起こったハプニングなどを話しているうちに、懐かしさが蘇り、別れが名残惜しくなって、別れ話が白紙になったことがありました。

30代前半/医療・福祉系/女性

【7位】話し合って解決した

話し合って解決した

私のことどう思ってる?と素直に聞いて話し合った

付き合って半年ほど経った時、彼から距離を置こうかと言われた時がありました。

その時は彼とたくさん話し合いましたが、原因は私が他の男の人と関わったり、私と彼は歳の差があったため、それも原因の一つと言われました。

話し合いの結果、距離は置かず、二人でいたいということを改めて確認して、私も彼のために尽くすことにしました。

20代前半/大学生/女性

【番外編】その他

その他

別れそうな雰囲気に気づかないようにした!

彼氏と付き合ってから3か月。彼が私に対して慣れてきているのか扱いが雑になってきました。私はそれが不満で彼氏に八つ当たりをして喧嘩になり、別れるような雰囲気になりました。

私の彼は心がとても繊細で打たれ弱いので、このままだと振られる前に自分から逃げていきそうだったので、何事もなかったように普段通りに接して、別れそうな雰囲気に気づかないふりをしました。

すると彼も普段通りに戻り、別れの危機を脱することができました。

40代前半/法律系/女性

まとめ

女性100人に聞いた彼氏と別れそうな時の対処法では、1位は『距離を置いてみた』、2位は『冷静になって気持ちと向き合った』、3位は『原因が自分にあったので改善した』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と別れそうな時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女と別れそうな時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女と別れそう…同じ経験を持つ男性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年02月11日~02月26日
回答者数:100人