彼女を褒める秘訣って?男性100人が実践する上手な褒め方

彼女,褒める

誰しも褒められることは嬉しいもの。それが大好きな彼氏からであれば女性は嬉しくないはずがありません。

お互いに尊敬しあえる関係性を構築するためにも、彼女を上手に褒める方法を知りたい男性も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人による彼女を上手に褒める方法を体験談と共にご紹介しています。

彼女を上手に褒める方法ランキング

まずは、彼女を上手に褒める方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女を上手に褒める方法』によると、1位は『褒める時は大げさにする』、2位は『彼女の見た目の変化を褒める』、3位は『労う言葉を付けて褒める』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女を上手に褒める方法

男性100人に聞いた彼女を上手に褒める方法では、1位の『褒める時は大げさにする』が約25%、2位の『彼女の見た目の変化を褒める』が約21%、3位の『労う言葉を付けて褒める』が約15%となっており、1~3位で約61%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女を上手に褒める方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】褒める時は大げさにする

褒める時は大げさにする

褒めるときはとにかく大袈裟にリアクションをする!

私の彼氏は料理が全く作れません。ですが、これはいかんと思って、最近料理をするときにちょっとしたお願いをするようにしています。

それをしてくれたら、出来に関わらず大袈裟に褒める。これを繰り返すことで、最近は自ら手伝うことない?と聞いてくれるようになりました!

20代後半/金融・保険系/男性

彼女が好きなケーキなどを買って笑顔で褒めた

なかなか普段は言葉に出さずにいるタイプの僕ですが、彼女が仕事で頑張って結果を出した時はケーキなどを買ってお茶をいれてあげて笑顔で『頑張ったね』と褒めてあげました。

普段の頑張りや苦労してたところを見てたという事を伝えてあげると、とても喜んでくれました。

30代後半/自営業/男性

褒める時は大げさにして彼女を思いっきり喜ばせる

料理が得意な彼女は何かといろんな料理を作ってくれます。ある時、餃子を作ってくれた時にとても美味しかったので、「とても美味しい!こんなの初めてだ!」と褒めちぎったたらとても喜んでくれました。

やはり得意でも褒めるととても嬉しいようです。それから料理のレベルがさらに上がったような気がします。笑

20代後半/メーカー系/男性

多少はオーバーリアクションで褒めてあげる

20代前半の頃で彼女は全く料理をしたことのない人だったのですが、簡単な料理を覚えたいという願望はあったので一緒に「サラダと豚肉の冷しゃぶ」を作りました。

豚肉の細切れをボイルして湯を切り、サラダに乗っけるという手順なので失敗しようがないので安心。サラダ+お肉で味付けもポン酢などで選べるてバランスも良いから、「これ一品添えるだけで食卓が彩り湯高で栄養バランスも良くなるよ。初料理頑張ったね」と言ったら嬉しそうでした。

その後は少しづつ料理をするようになったので、褒めた効果があったのかな?と感じました。

40代前半/IT・通信系/男性

【2位】彼女の見た目の変化を褒める

彼女の見た目の変化を褒める

小まめに気が付いたところを褒める

彼女はちょっと自分に自信がないタイプなのですが、新しく買ったイヤリングに気がついて褒めたら喜んでいました。

それ以来、大きなことでなくても良いから髪を切った時とか新しいアクセサリーなど気がついたことについて「それ可愛いね」など褒めています。

気をつけているのは外見だけじゃなくてちょっとした気遣いや仕草についても褒めるようにしています。そうする事で本人をしっかり見ているという事が伝わるので、お互いの信頼関係にも良い影響を与えられると考えています。

30代後半/メーカー系/男性

髪の毛や新しい服など見た目の変化を誉める

髪型を変えた時や、新しい服を着た時などは特に誉めますね。髪型変えた事に気づいて、似合ってね!とか言うとかなり喜びます。

女性は髪型を変えたときとかは自分も似合っているかな?などの不安があると思うのですが、そこを誉められると嬉しいのだと見て取れます。

30代前半/流通・小売系/男性

髪型やメイクが変わった時に似合っていると褒める

普段と外見が変わったところがあれば兎に角そこを褒めています。

外見の変化に気付く事で嬉しくなる事と、本人も似合ってるか半信半疑なところかあると思いますから、しっかり変化に気付いて似合ってると素直に褒める事で彼女も笑顔になってくれますね。

20代後半/サービス系/男性

【3位】労う言葉を付けて褒める

労う言葉を付けて褒める

失敗した彼女を逆に褒めてあげた

彼女が会社に入りたての新入社員だったころ、自社で取り扱う商品を外向けにプレゼンする機会がありました。

まじめな性格なので、前日まで何度も練習して本番に臨みましたが、緊張と予想外に冷たい反応から、大失敗してしまったようです。

落ち込み、言葉少なになっていた彼女に、社会人としては先輩である私が、「仕事のことで落ち込めるのはそれだけまじめな証拠。それに、適当にやって失敗したわけじゃない。一生懸命頑張ったのに、まだゴールが高かった。今はつらいかもしれないけれど、成長出来るチャンスを手にしたんだ。それは君のまじめさと頑張りがあったから」と言葉をかけました。

落ち込みつつも、本心では前向きに頑張りたいと思っていたのか、彼女はとてもうれしそうに、再起を誓ってくれました。

20代後半/公務員・教育系/男性

真面目な顔をして労いの言葉もかけながら褒める

普段から真面目に一生懸命仕事をしている彼女ですが、あるプロジェクトでようやく彼女の案が採用されたことがありました。

「今までずっと頑張ってた結果だよ。見てる人は見てたんだよ。おめでとう、頑張ったね」と労いと祝福の意を込めて話しました。

とびきりのスマイル頂き、こちらもスマイルになりました!

30代前半/サービス系/男性

【4位】客観的な事実と共に褒める

客観的な事実と共に褒める

友達も褒めていたよ!と客観的に褒めてあげる

今日の服いいね!や、髪の毛切ったのいい感じだね!など少しの変化に気づいた時に積極的に言うようにしています。

その際、「前よりもすごく良くなったね」という風に、過去と比べて良くなったことを伝えたり、友達と彼女の話をした時に、友達が「○○ちゃん(彼女)の事をすごいねって言っていたよ」という風に友達が褒めていた体で話をするとさらに喜んでくれますね。

20代後半/メーカー系/男性

【5位】自分には出来ないと褒める

自分には出来ないと褒める

実は皆が出来そうでなかなかできないことを褒める

彼女は普段からほとんど愚痴を言う人では無く、職場の悪口も言いません。

その簡単に出来て実は一番難しい弱音を吐かないと言うことにとても尊敬できること、僕なら絶対にできないということを熱弁したら少し恥ずかしそうにありがとうと言ってはにかんでいました。

30代後半/IT・通信系/男性

【6位】彼女の長所を的確に褒める

彼女の長所を的確に褒める

彼女が短所だと思っているところを長所に変えて褒める!

彼女はたまにネガティブモードになってしまい、そんな自分のことも嫌になってしまうようです。

でもそこは言い方を変えて長所として褒めました。ネガティブは決して悪いことではなく、慎重であること、最悪の事態を想定して対策を打てること、真剣に向き合っている証拠だと褒めるととても救われたような顔をしてくれました。

30代前半/金融・保険系/男性

【7位】些細なことでも褒めてあげる

些細なことでも褒めてあげる

些細なことでも具体的にどう嬉しいかを伝えて褒める

彼女とは同棲しています。僕がいつも先に出社するんですが、僕が家を出たあとに、いつも掃除をしてくれている彼女です。

掃除ありがとう!と言うだけでは、なかなか感謝が伝わらないと思うので、具体的にどこどこがキレイになっているねとか、ちゃんとキレイになった所を見つけて感謝を伝えると喜んでくれます。

30代前半/流通・小売系/男性

まとめ

男性100人に聞いた彼女を上手に褒める方法では、1位は『褒める時は大げさにする』、2位は『彼女の見た目の変化を褒める』、3位は『労う言葉を付けて褒める』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、男性100人による彼女を上手に褒める方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の「彼氏を上手に褒める方法編」も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏を褒める秘訣って?女性100人が実践する上手な褒め方

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年01月04日~01月19日
回答者数:100人