優しすぎる彼氏との上手な付き合い方!経験者100人の対処法


【3位】意見を言い合える関係性を作る

意見を言い合える関係性を作る

思っていることはハッキリ伝えてもらうようにした

彼氏は私に対して1度も怒ったことはありません。

それに甘えすぎてしまうことが多いので、私がダメなことをした時はちゃんと怒ってと言ってあります。それでも怒られたことはないのですが、それは彼氏の性格だと理解しています。

また、優しすぎると受け身でいることが多く、遊びの誘いや普段の連絡など私からしないと何も言ってこないことが多いですので、もっとこうして欲しいなど具体的に伝えると改善しようと努力してくれるので、なるべく優しく伝えています。

20代前半/医療・福祉系/女性

ストレスを溜めないように本音で会話をする

優しいのは嬉しいのですが、付き合いが長くなっていくとあまりにも私に合わせているようで、時々本心なのかわからなくなる時がありました。

お互いにストレスなく付き合っていきたいので、思っていることがあれば言って欲しいし、自分の意見も言ってねと伝えたところ、より関係が深くなった気がしました。

30代後半/商社系/女性

はっきりと意見を言い合う事を重視した

優しいとついつい心の中で意見をためてしまう事があるので、お互いに本音ベースで話すようにするようにしています。

そうすることで日々の不満について解決する事ができるので、とてもリラックスでき心地良い関係になりました。

優しいことはもちろん褒めつつ頼る。そして男らしさも兼ね備えてもらって、もっと素敵男子に育てていくことが大切なのかなと思います。

30代前半/IT・通信系/女性

【4位】甘え過ぎないように注意する

甘え過ぎないように注意する

「好きにして良いよ」と言ってくれても、過度に甘えないようにする

私はいわゆるオタク気質で、ゲームでかっこいいキャラクターとやりとりしたり、そういったものにどっぷりはまっている人間です。

交際当初の彼の印象は「穏やかな人」だったのですが、交際後はそれに加えて「優しすぎる人」になりました。

好きなジャンルの映画やライブがあればすぐに飛んで行ってしまうのですが、私が他の男(2次元)にうつつを抜かしていても「良いよー。楽しんでおいで」と言ってくれます。

ある時私がふざけて「こういうの認めてくれるのって優しいよねほんと」と伝えたところ、ちょっと嬉しそうに「そうでしょ?優しいんだよ?」と返してくれました。

昔は同じオタク気質な人と交際できれば楽しいだろうな…と思っていたのですが、彼のように優しく理解してくれる人であれば良いかなと感じています。

ただ、あまりにも優しく送り出してくれるのでだんだん不安になり「こういうのばかり行ったりしてるけど大丈夫?」と聞いたこともあります。

その時は「俺はそういう趣味じゃないからむしろ楽しそうでいいなと思うし、一緒にいると新しいことを知れるから問題ないよ」と言ってくれました。

どこまでも優しい人だな…と感じつつ、いくら実際の人間でないとは言え、できる限り他の男の話はしないでおこうと思っています。

20代後半/公務員・教育系/女性

彼に甘えて調子に乗らない!

彼が優しすぎると、ついつい甘えすぎて調子に乗ってしまいがち。でも優しさに甘えて、好き勝手自分勝手な行動ばかりしていると、いつか愛想つかされてしまいます。

そうならないためにも、彼の優しさに甘えすぎず行動するようにしています。

30代後半/IT・通信系/女性

優しさに甘えすぎず自分をしっかりもつこと

優し過ぎるほどの人とお付き合いした時、どんなワガママも優しく受け止めてくれる彼に私はどんどんワガママがエスカレートしてしまいました。

自分がどんどん嫌な人間になるのがわかり、結局別れましたが、優しさに甘えず自分をしっかり持っていれば上手く付き合えたのかな、と思います。

30代前半/公務員・教育系/女性

【5位】たまには頼ってもらう

たまには頼ってもらう

いつも自分が甘えているぶん、彼が頼ってきたときには力になる

私の彼は年上ということもあるからか、普段とてもどっしりとしていて、基本的にいつも優しいです。

私はそのような彼の器の大きい部分や、誰にでも分け隔てなく接する性格がとても好きで付き合い始めたのですが、時に「自分ばっかり頼っていて大丈夫かな」と不安になることがあります。

なので、そのぶん彼が頼ってきたときには可能な限りそれを叶えてあげられるようにいつも心がけています。

20代後半/自営業/女性

時には優しい申し出を断って頼ってもらう!

私の恋人はとても優しく、送り迎えや身の回りの世話などこまめに面倒を見てくれます。

とても助かりますし嬉しいのですが、彼も人間。口ではやるよと言ってくれても、ふと見ると疲れたり、体調が優れてない様子の時もあります。

そんな時は、しっかりお礼をして私が逆に彼のお手伝いをしてあげます。きつい時も楽しい時も片方に偏り過ぎないように、甘え過ぎないのが優しすぎる人と付き合うコツだと思います!

20代前半/サービス系/女性

【6位】彼を見習って行動する

彼を見習って行動する

彼にも甘えてもらえるようにこちらも優しくなる

わたしが情緒不安なところもあって依存症気味なのですが、そんなわたしにも大丈夫大丈夫といつも優しい言葉を与えて安心させてくれます。

逆に彼からはあまり頼られることがないので、わたしも彼に甘えてもらえるような存在になりたいと努力するようになりました。

20代後半/専門コンサル系/女性

自分も優しく!を心掛けて付き合う

優しい彼は、デートの後最寄り駅まで送ってくれたり、仕事で忙しいと迎えに来てくれたり…まるでお姫様のように私を扱ってくれます。

そんな日常が続くと、ついその優しさが当たり前になってしまいがちですが、感謝の気持ちと「ありがとう」の言葉を忘れずに、自分も優しく!を心掛けています。

20代後半/メーカー系/女性

【7位】彼氏に疲れを蓄積させない

彼氏に疲れを蓄積させない

甘えすぎて彼に負担をかけない

元々困ってる人を放っておけない彼氏は、彼女はもちろん友達も見知らぬ人も分け隔てなく関わります。相談に乗ってくれたり愚痴もよく聞いてくれました。

しかし彼氏に甘え過ぎると依存関係に発展し、しんどくなりました。優しくする側もいつかは限度がやってきます。彼氏と話し合いして関係を変えるとお互い楽になりました。

20代後半/医療・福祉系/女性

優しい彼が本当は我慢していないか気を付ける!

何を言っても、笑顔で「いいよ」と答えてくれる優しい彼。ついつい彼なら許してくれるだろうと、好き勝手に遊んでいたら、突然別れようと言われました。

彼は優し過ぎて自分の意見を言えず、溜まっていたものが爆発したのだと思います。優しいからといって、彼の気持ちを考えなかった事をすごく反省しましたし、申し訳なく思っています。

優しいからこそ、自分も優しい気持ちで常に思いあいながら付き合うことが必要だと思います。

30代前半/流通・小売系/女性

【8位】彼氏にも主導権を持たせる

彼氏にも主導権を持たせる

こちらの希望を無理のない範囲でリクエストして叶えてもらう

優しい彼にリードをしてほしいときはこちらのリクエストを分かりやすく伝えます。

優しいので叶えてくれますが、無理難題を押し付けたりはせず、無理のない範囲でリクエストして、希望を叶えてもらう形でリードをしてもらいます。

30代前半/サービス系/女性

あんまり甘えたりせず主導権は相手に握ってもらうようにする

いつも優しく穏やかな彼は、私のわがままにも笑って付き合ってくれる人でした。

強く主張しなくても私の意見を尊重してくれる彼なのに、私の性格からつい、きつい言い方をして彼を困らせてしまうことがありました。

優しさに甘えすぎてしまっていたところもあったので、時には厳しい言葉をかけてもらうように彼に主導権を持って貰っていました。

30代前半/サービス系/女性

【番外編】その他

その他

優しいが故に優柔不断に感じても無駄に不安がったりしないほうがいい

丁寧な言葉使い、気遣い、そういうところが大好きで私から告白。お付き合いを始めました。いつもそっと寄り添ってくれて、わがままも聞いてくれる彼です。

でもなかなか自分の希望を言いません。これは負担なんじゃないかな、本音で喋ってくれていないんじゃないかな、と不安になってしまうこともしばしば。

でもそんな時に、不安にとらわれて相手の気持ちを確かめようとしてしまうのは逆効果。いつも、優しい気遣いへのお礼と一緒にそっと気持ちを伝えるようにしていました。

30代前半/自営業/女性

【参考記事】優しい彼氏との付き合い方が分かる記事7選

以下の記事では、総集編として優しい彼氏との付き合い方が分かる記事7選をまとめていますので、是非あわせてご覧ください。

【総集編】優しい彼氏との付き合い方が分かる記事6選まとめ

まとめ

女性100人に聞いた優しすぎる彼氏と上手に付き合う方法では、1位は『感謝の気持ちを忘れない』、2位は『対等な立場を維持する』、3位は『意見を言い合える関係性を作る』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による優しすぎる彼氏との上手な付き合い方を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『優しすぎる彼女との上手な付き合い方編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

優しすぎる彼女との上手な付き合い方!経験者100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年02月11日~02月26日
回答者数:100人