彼氏が優しいと感じたエピソード特集!彼女が惚れ直した瞬間

彼氏,優しい,エピソード

彼氏が優しいと、普段の何気ない生活でも惚れ直してしまうような行動に遭遇することもありますよね。

たとえ自分の彼氏は優しくないと思っていても、友達や周りの話を聞いていると「あれ?自分の彼氏も優しいかも!」と思えるきっかけになることも。

この記事では、彼氏が優しいと感じたエピソード集をご紹介しています。

この記事の概要

風邪で寝込んだ際、食糧と薬を大量に買ってきてずっと寄り添って看病してくれた

週末はデートをしようと約束していた矢先、わたしが風邪をひいてしまいました。

体調は最悪で楽しみにしていたデートにも行けず落ち込んでいたら、彼がスーパーの袋を両手に提げてやって来ました。見るとお肉やお野菜、のど飴、ゼリー、風邪薬などがパンパンに詰まっていました。

着くなり雑炊を作って食べさせてくれて、冷えピタを貼られて寝かしつけてくれました。一日中寝込んでいたのですが、文句も言わず、ずっと心配して手を握ってくれていて、なんて優しい彼氏なんだととてもジーンときました。

たまたま給料日前で食べるものも何もなかったので、彼がいてくれなかったら自分はどうなってたんだろうと危機感も覚えました。笑

20代後半/サービス系/女性

車をぶつけた時ですら怒らずに心配してくれた

一緒に住んでいて彼の車を共用で使っていたのですが、私の運転ミスでバックする時に塀にぶつけてしまい、車が凹んでしまいました。

彼が大事に乗っていた車なので絶対怒られると思い謝ったら、全く怒らず私の心配をしてくれて優しさを感じました。

20代後半/IT・通信系/女性

大袈裟なくらいに私第一で行動してくれた

足元が悪い時手を取ってくれる、重い荷物は必ず持ってくれる、背負っているリュックから荷物を出し入れしてくれる等、大袈裟なくらい優しい彼。

付き合ってから4年経ちますが、お付き合い当初から変わらない彼に甘やかされすぎて私自身ダメ人間になってしまいそうです(笑)

一昨年結婚しましたが、年々優しさが増していて毎日幸せです。

20代後半/サービス系/女性

体調を崩して家で寝込んでいるとき、仕事の休憩中にココアを淹れに来てくれた

私は月経痛が重くその日は動けず家で寝ていたのですが、仕事の合間に様子を見に来てくれてココアを淹れてくれました。

忙しいのにわざわざ来てくれたことと、カフェインの少ないものを選んでくれたことがとても嬉しかったのを覚えています。

20代後半/公務員・教育系/女性

食べたい!欲しい!と言ったものを即座に買ってきてくれた

テレビを見ていてCMが流れたり、チラシを見ていた時、急にこれが食べたい、あれが欲しいとなったらすぐ「じゃあ行ってくるよ」とすぐ買いに出かけてくれます。

とてもフットワークが軽いので、今日も風邪薬とヨーグルト買いに走ってもらいました。彼に悪いと思いつつも、なぜかお願いすると彼が喜ぶので優しさに甘えています。笑

20代後半/流通・小売系/女性

初めてのスノボでも一日中丁寧に教えてくれた

スノボが趣味の彼氏にスノボを教えてもらえることになり、一緒にスキー場を訪れました。

初めてスノボをする私にボードの持ち方、履き方、滑り方の基本など丁寧にやさしく教えてくれました。

転んでしまって、再度おしりが痛くて立てずにいる私にずっと付き添って、一日中付きっ切りで教えてくれました。

スノボから少ししてその彼とは別れてしまったのですが、その時にスノボのときにも私との関係をどうしようか悩んでいたと言っていました。

別れがよぎっても丁寧にスノボを教えてくれたので、本当優しくて、いい人だったなと思いました。

20代後半/不動産・建設系/女性

料理が下手な私の手料理を感謝して食べてくれた

一緒に住み始めてから料理を作る機会が増えたのですが、私はものすごく料理が苦手です。

もはや苦手という域を超えて、レシピ通りに作っても味が全然違ったり見た目や火の通り具合も思い通りに行かず、彼氏がお腹を痛くすることも良くあります。

ただそれでも、苦手だし大変なのに今日も作ってくれてありがとう、と毎回感謝の気持ちを伝えてくれるので、優しさを感じます。

20代後半/不動産・建設系/女性

遠距離で仕事が休みの土日に会いに行ったときの対応に感動

リゾートバイトで出会って兵庫と愛知の遠距離をしておりました。

私が田舎のため、来てもらっても行くところがないのと、彼は一人暮らしをしていたこともあり、だいたい私が金曜日の夜に夜行バスで出発して会いにいっておりました。

日曜日に帰る際に、高速バスのところまでお見送りにきてくれたときに、飲み物とかチョコレートをいつの間にか買って渡してくれました。

「しんどいなか、わざわざ会いに来てくれてありがとう」と言って。一緒に買いに行くわけではなく、用意してくれてたのがすごくうれしかったです!

20代前半/IT・通信系/女性

小さい荷物でもすぐ持ってくれた

付き合う前のクリスマスイブの日に初デートをした時のことです。

小さめのクリスマスマーケットに行って、寒かったのでクリスマス柄の可愛いマグカップ付きのココアを飲みました。

そのマグカップは持ち帰ることができるのですが、ココアを飲んで洗う所もなくバックに入れることも出来ず、気づいたら彼が自分と私のマグカップをずっと手で持ち歩いていて、その時は申し訳ないと同時に優しさを感じました。笑

20代前半/IT・通信系/女性

生理痛の時に緩和に優しいものを買ってきてくれた

生理痛で苦しんでいた時、中距離恋愛だったのにも関わらず、わざわざネットで緩和に優しい食べ物や、飲み物を買ってきてくれて届けてくれた時は涙が出ました。

男には分からない辛さだから。と声もかけてくれて、とても嬉しかったです。

20代前半/医療・福祉系/女性

何気ない言葉を覚えてくれてサプライズをしてくれた

一緒に出掛けていた時に何気なく「これいいな」とか「可愛いな」とか言った言葉を覚えていてくれて後日それをプレゼントしてくれます。

もちろん高い物は無理ですが、ちょっとした物や好きな食べ物など買ってきてくれるところに優しさを感じます。

20代前半/サービス系/女性

突然の雨の日に迎えに来てくれていた

当時付き合っていた彼とは住んでいる場所が少し離れており、いつも会えるのは週末で、会えない日は密に連絡を取り合っていました。

ある日、朝から大雨が降っており自転車通勤だった私はいつもより早い時間で自宅を出ました。すると、自宅前に彼の車がありました。

驚いていると、「送っていくよ」と一言。せっかくの休みなのに時間をかけてかけつけてくれた彼の優しさに幸せを感じました。

30代後半/IT・通信系/女性

私のよだれが自分の服についても怒らず笑っていた

彼の隣で寝ていて、冷たさを感じて明け方目を覚ましたら、私のよだれが彼の肩についていて、そのよだれの冷たさでした。

まだ眠く起きないといけない時間までまだたっぷりあったので、まぁいっかと思って二度寝しました。

朝、二人とも起きて、正直に彼に彼のTシャツの肩のところによだれがついちゃったと自白したのですが、彼は気づいておらず「も~」と言って笑うだけでした。

それから何度か同じことが起こっていますが、怒ることは一度もなく、笑って同じ対応です。私にされたら、ちょっとは怒ると思います。笑

30代後半/メーカー系/女性

助手席でリクライニング倒して寝てていいと言われた

一緒にドライブに行ったとき、眠くはなかったけど起きていたら彼が「眠くなったらリクライニング倒して寝てていいよ」と言われたので大変驚きました。

普通は寝ただけで怒る人もいるのに特別優しいのだと思いました。さすがにリクライニングはやったことありませんが。笑

30代後半/不動産・建設系/女性

毎週1時間かかる家まで遊びに来てくれた

車で1時間かかる私の家まで毎週金曜日夜車で来てくれて、日曜の夜に帰るという生活を2年間続けてくれたときです。

ただでさえ家から出たくない性格の彼氏が、毎日22時まである仕事が終わったあとで私の家まで来てくれたのがものすごく優しいなと感じました。

30代前半/IT・通信系/女性

手が荒れていると言ったら、さらっとハンドクリームを買ってくれた

さらっと言った言葉を覚えていてくれてプレゼントしてくれた時は、優しくて思いやりがある彼だなと毎回思います。

水仕事をしすぎて手がガサガサだと言ったら、お疲れ様と言って花束とハンドクリームをプレゼントしてくれたり、忙しくて会えないクリスマスの時は玄関に暖かい靴下とケーキと花束をおいてくれていたりして、感謝感激しました。

30代前半/サービス系/女性

私の好きな食べ物を「一緒に食べたい」と買ってきてくれた

残業して遅い帰宅をした私。同棲中の彼が私の大好きな、おにぎり屋さんのおにぎりを買って待っていてくれました。(電車通勤の彼ですが、わざわざ途中下車して買ってきてくれていました!)

「一緒に食べた方が美味しくない?」「遅くまでお仕事、お疲れ様。」と言ってくれて、2人で遅い夕食をしました。

わざわざ私の好物を買って待って居てくれて、とても嬉しかったです。実は彼は、その前にラーメン1杯食べてたそうです。太らないのは羨ましいです(笑)

30代前半/医療・福祉系/女性

私が苦手と言ったら完全にタバコをやめてくれた!

はじめて二人でデートした時、事前に彼に苦手なものない?と聞かれ、タバコの匂いが嫌いと言ったら、もともとヘビースモーカーだったにも関わらず、その日は全く吸いませんでした。

初デートは彼の車でドライブに出掛けましたが車も匂いがしないよう掃除され、飲み物を準備してくれていたり気にしてくれ、付き合うことをきっかけにきっぱりタバコをやめてくれました。

彼を古くから知る友人家族は信じられない様子でしたが、私は彼がタバコを吸う姿を一度も見たことがありません。なんだか優しいなと感じました。

30代前半/医療・福祉系/女性

トラウマがある私に理解を示してくれた!

男性に関してトラウマがあった私は、ささいな事で驚いたり怖くなってしまう時期がありました。

何があったのか無理に聞こうとせず、キス以上はしないでいてくれました。我慢している素振りを見せなくて、我慢するのは大変だったと思うけれど、気遣いが嬉しかったです。

少しずつトラウマを話す事が出来るようになり、カウンセリングにも付き合ってくれたり、どこまで優しい人なんだろうと感じました。

まだ全てのトラウマを克服していないですが、その上でプロポーズしてくれたんです。こんなに優しい人は、これまで出逢ったことがありません!

30代前半/自営業/女性

仕事帰りに来てくれる時、必ずスイーツを手土産に買ってきてくれた

彼と付き合ってしばらくたち、私の姉と一緒にご飯を食べる機会があったときに、ちょっとしたお菓子のお土産を用意してくれていて、さらにお会計前にさらっとお会計を済ませていてくれていたこと。

自分の家族にも優しく気が利いていて、この人と付き合っていて良かったなと思った出来事でした。

30代前半/医療・福祉系/女性

ケガをしたときに何も言わずにコンビニで絆創膏を買ってきてくれた

初めてのデートで動物園に行った帰り道、駐車場へと急いでいた時のことです。

私は段差につまづいて派手に転んでしまい、膝に擦り傷を負ってしまいました。ストッキングも破れて膝が丸見えで恥ずかしかったのですが、他愛もない会話をしながら車を走らせていました。

数分が経って、彼が何も言わずにコンビニですーっと車を停め、「ちょっと待ってて」と言い、ジュースか何かを買って来るのかと思いきや、絆創膏を手に現れ、ピタッと貼ってくれました。本当に優しくて感動しました。

30代前半/医療・福祉系/女性

生理痛で寝込んでいる時にお腹の上に手を当てて黙って温めてくれた

若い頃から生理痛が重くて、痛み止めを飲んでも我慢できないこともあるぐらいだったので、デートを断れば良かったのかもしれないけど、休みが限られているので無理をして会っていました。

でも、しんどくて横になっていたら隣に来て大きな手を冷えた下腹部の上に乗せ、温めてくれました。生理痛は冷えでもひどくなるので温めると楽になることを学習してくれていたのだと思い、嬉しくなりました。

しんどい時は何も言わずにそばにいてくれる心遣いが嬉しいです。

30代前半/医療・福祉系/女性

夜の遅い時間帯にも関わらず、辛い時に会いに来てくれた

精神的に参っていて、どうしようもなくて彼氏に「辛い」とLINEしました。

ただ辛くて話聞いてくれるだけで十分だったのに「今から来ようか?」って言ってくれました。彼氏宅から私宅まで1時間くらいあります。

時間も21時を回っていて、着く頃には22時ころになってしまうので、「遅いけど大丈夫?」って聞いたのですが「うん、行く」と言ってわざわざ来てくれて話をじっくりと聞いてくれました。

30代前半/医療・福祉系/女性

【参考記事】優しい彼氏との付き合い方が分かる記事7選

以下の記事では、総集編として優しい彼氏との付き合い方が分かる記事7選をまとめていますので、是非あわせてご覧ください。

【総集編】優しい彼氏との付き合い方が分かる記事6選まとめ

まとめ

今回は、彼氏が優しいと感じたエピソード集をご紹介してきました。

この記事の『彼女が優しいと感じたエピソード編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女が優しいと感じたエピソード特集!彼氏が惚れ直した瞬間