誰にでも優しい彼女との付き合い方!経験者100人が伝授

誰にでも優しい彼女

彼女が優しいことは良い事。でも、「誰にでも優しい彼女」となると不安を感じることがありますよね。

悪気がない彼女を責めるわけにもいかないからこそ、誰にでも優しい彼女と上手に付き合う方法を知りたい男性も多いのではないでしょうか。

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による誰にでも優しい彼氏との付き合い方を体験談と共にご紹介しています。

誰にでも優しい彼女の対処法ランキング

まずは、誰にでも優しい彼女の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた誰にでも優しい彼女の対処法』によると、1位は『正直に気持ちを伝えた』、2位は『改善して欲しい部分を伝えた』、3位は『彼女の優しさを受け入れた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた誰にでも優しい彼女の対処法

男性100人に聞いた誰にでも優しい彼女の対処法では、1位の『正直に気持ちを伝えた』が約28%、2位の『改善して欲しい部分を伝えた』が約27%、3位の『彼女の優しさを受け入れた』が約17%となっており、1~3位で約72%を占める結果となりました。

それでは、項目別で誰にでも優しい彼女の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】正直に気持ちを伝えた

正直に気持ちを伝えた

自分だけ特別に扱ってほしいと伝えた

彼女が誰にでも優しいことで、自分の価値観や付き合っている意味が分からなくなり、過剰な嫉妬心や喧嘩が増えてしまっていました。

そこで、恋人の私とそれ以外の人との態度をはっきり区別して特別に扱ってほしいと伝え、話し合いました。

話し合ったことでお互いの価値観が分かり、今もずっと円満です。

20代後半/サービス系/男性

誰にでも優しい事が面白くないということを伝えた

誰にでも優しい人は狙って行動しているのではなく、根っからの性格なのだと思います。そんな相手に誰にでも優しくしないで!と強要するのは正しい選択とは思えません。

まずは誰にでも優しくすることが自分にとって面白くないということを相手に伝え、お互いの考えをすり合わせましょう。

2人にとっての良い落としどころを見つけることが大事だと感じます。

20代前半/サービス系/男性

僕にだけに優しい彼女でいてね!と伝えた

彼女は普段から人に優しく、自分のことより人のために動く性格です。

ただ、こんなにも周りに優しいと、他の男性に好意を持たれたらどうしようと不安になっていた私は、私だけに優しい彼女でいてねと伝えました。

彼女からはそんなの当たり前じゃんと言われ、安心することができました。

20代後半/医療・福祉系/男性

【2位】改善して欲しい部分を伝えた

改善して欲しい部分を伝えた

分け隔てなく優しいところを見直すように言った

いつも誰とでも上手く優しく接する彼女ですが、あまりにも他の人と仲良くし過ぎるので、さりげなくあまり他の人と仲良くしないでほしいと言いました。

普段から何気なくやっていたことなので、彼女も気づいていなかったらしく、理解し行動を改めてくれるようなりました。

40代後半/IT・通信系/男性

彼氏がいるとしっかり伝えてもらうようにした

彼女は優しく、色々な人から好意を持たれて誘われることが多いのですが、誘いをしっかり断る事ができない性格です。

そのため、彼氏がいる事をしっかりと相手に伝えてもらい、しつこくされない予防をするように伝えました。

また、何かあった際はすぐに自分に連絡をしてもうようにしてもらい、以前より安心できるようになりました。

30代前半/メーカー系/男性

相談相手を勘違いさせないようにと注意した

友人が多い彼女は相談事を受ける事が多く、私の約束以外にも様々な人と会っていました。

男性との二人きりはありませんでしたが、ライン等でメッセージのやり取りをしているのを見るとあまりいい気はしませんでした。

ある日彼女の携帯をふと見ると、男性から相談したいことがあるから喫茶店で会えないかとメッセージが来ていました。さすがに受けさせるわけにいかないと思ったので、彼女のライン電話で断りの電話を入れました。

その後彼女には、「相談受けるのはいいけど、相手を勘違いさせない程度のラインは引いてほしい」と伝え、彼女も行動を改めてくれるようになりました。

20代後半/専門コンサル系/男性