彼女の実家に泊まる際の注意点!男性100人のアドバイスとは

彼女,実家,泊まる

彼女のご実家に泊まる際に気になるのが挨拶や手土産、また持ち物やマナーですよね。ただでさえ緊張するご実家なのに、泊りという事もあって右も左も分からない方も多いのではないでしょうか。

大切な彼女のご実家にお泊りする機会だからこそ、お邪魔した際は決して失礼のないように準備を完璧に整えて当日を迎えたい男性も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女の実家に泊まる際のアドバイスを体験談と共にご紹介しています。

彼女の実家に泊まる際の注意点ランキング

まずは、彼女の実家に泊まる際の注意点ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女の実家に泊まる際の注意点』によると、1位は『手土産を持っていく』、2位は『挨拶や礼儀はしっかりする』、3位は『笑顔で明るくはっきり話す』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女の実家に泊まる際の注意点

男性100人に聞いた彼女の実家に泊まる際の注意点では、1位の『手土産を持っていく』が約19%、2位の『挨拶や礼儀はしっかりする』が約15%、3位の『笑顔で明るくはっきり話す』が約11%となっており、1~3位で約45%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女の実家に泊まる際の注意点を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】手土産を持っていく

手土産を持っていく

ご両親の好きなお菓子を聞いておく

初めて実家に泊まることは、もうほぼ結婚を前提としたお付き合いと見られることは間違いありません。

泊まる時の身だしなみも大事ですが、菓子折り一つ持って行かないのは、人間性を問われます。

そのため、ご両親の好きなお菓子などを聞いて持って行くだけで、印象がだいぶ違ってきます。

30代後半/医療・福祉系/男性

お土産は地元のなかなか手に入らない物を

恋人の家に泊まる際は、地元の物でなかなか買えない物を手土産として持って行くようにしています。

話がなくなった時の話題になりますし、気に入ってもらえれば次回からも持って行けます。

後は、ペットを飼っているお宅であれば、ペット用品などを持参するのもおすすめです。

30代前半/サービス系/男性

彼女にあらかじめご両親の喜びそうなものを聞いておく!

彼女の実家に初めて行ったのは、結婚を決めてからのことでした。

私は東北地方に住んでいて、彼女の実家は東京だったので、お酒のつまみになりそうな東北の地場産品を持っていきました。

手土産を出す時は、紙袋から出して渡しましょう。常識です。

私はそのことを知らず、紙袋ごと渡してしまいました。マナーに厳しい彼女の母は、少し心配に思ったそうです。

30代前半/マスコミ系/男性

手土産は必須だと考える!

初めてお泊りに行くときは、お土産が必要だと思い準備しました。

彼女にご両親の好きな食べ物、甘いものとしょっぱい物どちらがいいか、などを聞いて買いました。

ご両親は仕事もしていて人生の大先輩なので、しっかり大人の対応をした方がいいですよ!

30代前半/医療・福祉系/男性

【2位】挨拶や礼儀はしっかりする

挨拶や礼儀はしっかりする

起床時は布団やベッドを整頓すること

ぜひご両親に手土産を持って行ってください。

そこから会話がスタートしやすくなります。お酒好きな父親なら、お酒を持参して一緒に飲むのもおすすめです。

また、起床時は布団やベッドをきちんと整頓しておくのはマストです。

履いている靴はしっかり磨いておきましょう。

30代後半/サービス系/男性

食事中のマナーが大事!

彼女の実家に泊まる際、第一印象はとても大事だと思うので、派手過ぎず清潔感のある服装で行きましょう。

パジャマも清潔感のある物が良いと思います。

一番印象を左右されるのは食事中だと思うので、箸の綺麗な持ち方・使い方・魚を出された時にキレイに食べる、というのは大事だと思います。

タオル・歯ブラシ・歯磨き粉・髭剃り等、共有するべきではないものは持参しておくと良いと思います。

また、言葉は”丁寧にハッキリと”が大事だと思います。

30代後半/流通・小売系/男性

挨拶は笑顔で目を見て話すこと!

実家に泊まるということは、多くの時間をご家族の方と顔を合わすことになるので、第一印象がとても大事だと思います。

第一印象は、きちんをした挨拶をして、笑顔で目を見て話をすればきっと良くなると思います。

他人を家に上げることに対する緊張感や警戒心を和らげることで、その後の時間を楽しく過ごすことが出来ると思います。

30代前半/自営業/男性