彼氏を親に紹介する時のポイント!女性100人のアドバイス

彼氏,親に紹介

彼氏を親に紹介する時は、彼氏はもちろん自分も緊張する物ですよね。「会話をどうしよう…」、「なんて紹介したらいいのだろう」など、頭を悩ませることも。

大切な彼氏と親を合わせる機会だからこそ、準備を完璧に整えて当日を迎えたい女性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏を親に紹介する時のポイントを体験談と共にご紹介しています。

彼氏を親に紹介する時のコツやポイントランキング

まずは、彼氏を親に紹介する時のコツやポイントランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏を親に紹介する時のコツやポイント』によると、1位は『事前に両親と恋人にそれぞれの情報を伝えておく』、2位は『服装や当日の流れについて恋人と計画を立てておく』、3位は『緊張しすぎないような雰囲気作りをする』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏を親に紹介する時のコツやポイント

女性100人に聞いた彼氏を親に紹介する時のコツやポイントでは、1位の『事前に両親と恋人にそれぞれの情報を伝えておく』が約26%、2位の『服装や当日の流れについて恋人と計画を立てておく』が約22%、3位の『緊張しすぎないような雰囲気作りをする』が約12%となっており、1~3位で約60%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏を親に紹介する時のコツやポイントを体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】事前に両親と恋人にそれぞれの情報を伝えておく

事前に両親と恋人にそれぞれの情報を伝えておく

事前に親へ恋人がどのような人であるかを伝えておくこと

父に彼を紹介したいと伝えた時、「なんで何も知らない相手と会わなければならないんだ、どういう人なのかまずは教えなさい。」と言われました。

彼とは一度別れたこともあったため、どんな人物なのか気になっていたのだと思います。

そのため、初めて恋人を親に会わせようという時には、親を安心させるためにも、事前にきちんと情報を伝えておくことが大切だと思います。

彼がどのような人物で、自分とはどのような付き合いをしているのか、そしてなぜ会って欲しいのかを伝えておくといいのではないでしょうか。

20代後半/サービス系/女性

事前に親と彼の双方へそれぞれの情報を伝えることで当日の会話に困らないようにする

初めて彼を親に紹介した時には、様々なことに注意を払いました。

彼の服装や手土産はもちろんですが、その中でも私が一番大切だと思ったのは「事前の根回し」です!

彼がどんな人で、私とはどこで出会い、どんな付き合いをしているのか、何が好きなのか、等を事前に共有し、初対面でも会話に困らないようにしたのです。

おかげで、初対面から打ち解けて話すことができており、今ではすっかり仲良しです!

20代後半/メーカー系/女性

事前に彼に親の情報を伝えておく

初めて彼を親に紹介したのは、彼が結婚の挨拶に来る時でした。

そのため、少しでも印象が良くなるように、事前に親が好きなもの等の情報を彼に提供しました!

そして、当日彼が着る服装も私が見立て、シャキッとした雰囲気になるようにしました。

おかげで、初対面でありながら、親に彼を気に入ってもらうことができ、良かったです!

20代後半/流通・小売系/女性

事前に彼氏に親の好きなものなどの情報を伝えておく

初めて彼を親に紹介したのは、私が二十歳の時でした。

その際、なるべく双方が緊張しないよう、紹介の場は外食ではなく一人暮らしの私の部屋を選び、そこで食事会をすることにしました。

私の親は地方に住んでいるため、私が普段どんな生活をしているのかを心配していたと思います。

しかし、彼と私の自然な姿を見て安心したようで、終始和やかな一時を過ごすことができました。

また、彼にあらかじめ「親ウケする言動」を教え込んでおいたのもよかったのかもしれません。

私は親の好きなものを熟知しているので、それを伝えておいたおかげで、親からの評価は上々でした。

もちろん、彼の人間性があってこその評価だとは思いますが、事前に上手くいくためのサポートをしておくことも重要だと思います。

30代前半/IT・通信系/女性

事前にそれぞれの情報を伝えておく

彼を紹介することが決まった時、私は事前に、自分の両親の良いところと気を付けるべきところを彼に話しておきました。

また、親には、彼の良いところを重点的に話しておきました。それぞれ、事前に相手の情報があれば、当日の会話に役立つだろうと思ったからです。

そして、家で夕食を食べることになっていたので、母に彼の好物を作っておいてもらい、彼には親の好きなお酒を持参してもらいました。

30代前半/メーカー系/女性

彼に親の好みの手土産を伝えておき持参してもらう

彼を初めて親に紹介したのは、忘れもしない私の誕生日でした。

かといって、特に誕生日にこだわって決めたわけではありません。

たまたま私の誕生月ならば両親も彼も都合が良かったため、それならば一番忘れにくい日にしようということで決まりました。

私は、あらかじめ親の好みの手土産を彼に伝えておき、それを持ってきてもらいました。

珍しく緊張していた彼ですが、幸いすぐに打ち解けることができ、楽しく過ごすことができました。

20代後半/医療・福祉系/女性

彼氏との自然な会話の中で親の人柄を伝えておく

親に紹介する時は、まず彼氏に簡単に親のことを話しておくことが大切です。

お付き合いをしていれば、自然とお互いの両親について話をすることもあるでしょう。その時に、自分の親がどんな人物であるかを話します。

その際は、会ってもらうことを前提に話をしないことがポイントです。

あまりに親のことを事細かく話し過ぎてしまうと、彼氏が警戒したり、気負ってしまう恐れがあります。

あくまでも自然に、何気ない会話の中で伝えられるようにしましょう。

20代後半/流通・小売系/女性

【2位】服装や当日の流れについて恋人と計画を立てておく

服装や当日の流れについて恋人と計画を立てておく

真剣さや真面目さが伝わるような雰囲気と見た目にしてもらえるよう彼氏に伝える

私の両親はとても厳しかったので、「結婚を前提とした彼氏としか会わない」といつも言っていました。

そして、その「結婚の挨拶」のために、ついに彼氏が我が家に来ることになりました。

その際、彼氏にはスーツを着用してもらい、手土産を持参するよう伝えました。

また、髪の色は黒髪にして、髭を剃り、ピアスも外し、真面目な雰囲気で来てもらえるようお願いしました。

第一印象はとても大切です。特に私のように厳しいご両親を持つ方は、真面目さ、真剣さが伝わるように、彼氏には外見をきちんと整えてもらうことをお勧めします。

20代後半/公務員・教育系/女性

彼には手土産を持たせきちんとした服装で来てもらうようにする

彼が私の親へ挨拶に来ることが決まった時、手土産と服装はしっかりしたものにするよう、事前に彼に伝えました。

手土産を貰って嫌な人はいないですし、貰うだけでも、相手に対して少なからず好印象を抱きます。

また、服装に関しては、派手な服は避け、スーツや落ち着いた服装で、清潔感のあるものにするようお願いしました。

きちんとした格好であれば、外見で悪い印象を持つことはないでしょうし、真剣さもアピールできると思うからです。

20代前半/医療・福祉系/女性

手土産の用意をしてもらい服装は正装で来るようお願いした

彼を私の親に紹介した時は、事前に彼に親の好みを伝えた上で、それに合った地元のお菓子を用意してもらいました。

服装も、親は「ラフな格好でいいよ」と言っていましたが、スーツとネクタイを着用してもらいました。

いくら「ラフでいい」と言われていたとしても、やはり、服装はしっかりしたものを着て行った方が好印象に繋がりますよ。

30代後半/IT・通信系/女性

親世代が不快に思わないよう清潔感のある格好で来てもらう

私が彼を両親に紹介する時は、親世代が不快に思わない服装で、両親の好きな手土産を持参してもらうようにします。

また、親からではなく彼氏の方から挨拶をするようにお願いしておきます。その方が、好印象を与えられると思うからです。

あとは、常に笑顔を心掛け、愛想良く、低姿勢で会話をすれば、悪い印象を与えることは無いでしょう。

30代前半/公務員・教育系/女性

どのような話をするのか事前に打ち合わせしておく

今の夫を両親に初めて紹介した時は、四人で食事に行きました。

その際、両親が来る前に彼とどんな話をするのか等の打ち合わせしておきました。そして食事中は、彼や両親が困らないよう、常に会話の流れに気を配りました。

ところが、私が夫の両親に挨拶をした時は、夫からのフォローが何もなかったのです。

そのため、初対面の私がご両親や彼へ話を振る羽目になり、とても気まずく疲れました。

お互いにきちんと話し合っておくべきだったなと感じましたし、今思えば、あの段階で結婚をやめておけばよかったと後悔しています。

30代前半/公務員・教育系/女性

手土産を持参し身なりをきちんと整えてもらう

私の両親は礼儀に厳しい人達なので、彼氏にはきちんと挨拶をして、手土産を持参するように伝えます。

また、当日の服装は、コーディネートだけでなく、シワやボタンの止め方など、細部に至るまで気を付けてもらいます。

もしも着る予定のシャツがしわしわだったのであれば、きちんとアイロンを掛けてきてねと伝えることも忘れません。

以前にそれで指摘された事があるんだと伝えれば、相手も納得するはずです。

常識的な彼氏ならば、あとは普段通りにしていれば大丈夫です。

40代前半/サービス系/女性

挨拶の際の持ち物や服装はきちんと彼氏に伝えておくこと

私の親は比較的理解のあるタイプです。

子供の好きな人を悪く言ったり、交際を反対をするのは、余程のことがない限りダメなことだと思っているところがあります。

そのため、紹介をすること自体はそれほど難しくなかったのですが、それでもやはり改まっての挨拶となると緊張しました。

良くも悪くもおおらかで、気の利かないタイプの彼氏は、案の定手土産を持ってきませんでした。

そのため、待ち合わせ場所である実家の最寄駅で急遽購入してもらいました。

親には、「何が好みがわからなかったから、一緒に買ってといわれて…」と言い訳しましたが、おそらくバレていた気がします。

服装に関しては前もって言っておいたのですが、手土産はなんとなく言い辛かったこともあり、うっかりしていました。

たとえ言い辛くても手土産を持参するよう伝えるべきだったと反省しています。

しかし、幸い彼氏は人当りがよかったので、会話は終始和やかでした。その点は彼氏にとても感謝しています。

もしも自分の両親や彼氏が人見知りであったり、口下手な場合は、会話がスムーズに進むよう、事前に人柄や注意点などを伝えておくといいと思います。

40代前半/金融・保険系/女性

彼には自分の親に合ったスタイルで臨んでもらう

私の父親はフランクな人間を好む傾向があります。

そのため、あまりにかしこまり過ぎてしまうと逆効果になるのではと思い、敢えて型破りな外見で攻めることにしました。

彼はかなり難色を示していましたが、若干派手目のチンピラ風スーツで挑んだのです。

その結果、父と彼は見事に意気投合し、初対面のその日に結婚の話で大いに盛り上がることができました!

20代後半/専業主婦/女性

【3位】緊張しすぎないような雰囲気作りをする

緊張しすぎないような雰囲気作りをする

彼氏も親も過度に緊張しないような雰囲気のお店を選ぶこと

私が初めて彼氏を紹介した時は、事前に親と相談し、生ジャズが聴けるパブに行きました。

両親は、私に彼氏ができたことをとても喜んでくれており、彼氏の食やお酒の好みなどを知り、気軽に良い関係を作れそうな場所を選択してくれたのです。

たまたま、親に紹介する月が彼の誕生月だったこともあり、生バンドでお祝いをするサプライズもしました。

ジャズも盛り上がり、無言になるような気まずい時間も一切なく、とても安心したと彼が言っていました。

このような非常に楽しい時間を過ごしたことは、彼にとって印象深い出来事になったようです。

その彼が現在の旦那さんです。今でも家族みんなで食事に行くような良好な関係を築けています。

20代後半/医療・福祉系/女性

彼の魅力が一番伝わりやすい環境の場所で紹介をする

彼を初めて紹介したのは、母が私達が働くバーに来た時でした。

見た目は少しロック系で長髪の彼ですが、仕事をする姿勢や彼の作るカクテルは洗練されています。

彼の良さを一番発揮できるバーであれば、彼の真面目さが伝わるのではと思い、母をこの場所に招待したのです。

当初はバーテンダーの彼に不安を持っていた母ですが、今では彼の作るカクテルのファンになり、本当の息子のように可愛がってくれています。

彼も母も、私にとって大切で尊敬できる人です。その為、それぞれの良い部分を知るきっかけがあれば、お互い仲良くなれると信じていました。

良い部分も悪い部分も含め、全てをさらけ出せて、初めて本当の家族だと言えると思います。

彼の魅力が親にも伝わるような環境を整えることで、親への紹介は、より成功しやすくなるのではないでしょうか。

30代前半/サービス系/女性

シーンとなって気まずい思いをしないよう家族が大勢そろっている時に紹介する

付き合い始めてから親に紹介するまでの期間が長ければ長いほど、初めて紹介する際には気まずい思いをしてしまうでしょう。

そのため私は、それぞれがかしこまってしまわないよう、交際開始から間もない段階で「彼氏が家に遊びに来るから」とフランクに紹介できるようにしました。

父がお酒が好きなので、彼氏には手土産に焼酎を持ってきてもらい、食事をしながら父と彼氏でお酒を酌み交わしながらお喋りをしてもらいました。

また、静かだと会話が途切れた際に気まずいので、テレビは敢えて付けたままにしておきました。

幸い、祖父や姉妹も交えての夕食会でしたので、シーンとなる事はなく、賑やかな雰囲気で紹介できました。

おかげで、あまり緊張せずに済み、ホッとしたのを覚えています。なるべく家族が大勢いる時に気軽に紹介することで、全員がそれほど緊張せずに過ごせるのでお勧めです。

30代前半/公務員・教育系/女性

【4位】恋人自身の言葉で話してもらい口の挟みすぎに注意する

恋人自身の言葉で話してもらい口の挟みすぎに注意する

彼自身に自分の言葉で話をしてもらいできる限り口を挟まないようにする

彼を両親に紹介する時、私はできる限り彼自身に話をしてもらうよう心がけました。

ついつい口を挟みたくなるものですが、私が彼の事を説明してしまうと、どうしても自分の主観が入ってしまいます。

紹介の席は、彼自身の言葉や思いを伝える場です。彼自身が自分で話す事によって、その声や話し方等からも両親は彼の人柄を感じ取ることができるでしょう。

30代後半/金融・保険系/女性

真剣さをアピールするためにスーツを着用してもらい彼自身の言葉で挨拶してもらった

彼とはお互いの実家が近いため、ある程度私の親とも面識がありました。

しかし、結婚を前提としたお付き合いをしている相手として、改めて両親にきちんと紹介したかったので、当日は敢えてスーツで来てもらいました。

そして、彼自身の家庭環境や、学歴、仕事の内容などを包み隠さず話してもらいました。

勿論、私達が出会うきっかけになった合コンについても、ありのままを伝えました。

その後、両親に印象を聞いてみたところ、彼の言葉で様々な思いを知れてよかった、と好印象でした。

30代後半/メーカー系/女性

【5位】笑顔を絶やさないようにして橋渡し役を頑張る

笑顔を絶やさないようにして橋渡し役を頑張る

笑顔を絶やさず親と彼の橋渡し役に徹する

初めて、私の親と彼氏を対面させた時、私はまず、自分から彼の名前や仕事についてを親に紹介しました。

そしてその後、同じ内容にはなりますが、彼にも自己紹介をしてもらいました。いきなり彼から話し出すよりは、緊張が和らぐのではと思ったのです。

そこからは、地元のことや仕事について等をお互いに話してもらいました。

あまりにも親からの質問攻めになってしまうと、面接のような雰囲気になってしまうので、要注意です。

なるべく私と親が普段話しているような雰囲気になるよう、心がけました。その際の私の役割は親と彼の橋渡しです。

どちらか一方がわからないような内容にはきちんとフォローを入れ、話がスムーズに進むよう気を配りました。

私は、初めて彼を紹介する場所として、居酒屋を選びました。お酒が入った方が話しやすいのではと考えたからです。

私の父は厳しい人で、最初は彼と目も合わせませんでした。しかし、お酒の効力もあってか、最終的には、ポテトを彼と食べさせ合ったりする程の仲に!

私が彼を紹介したのは、半同棲状態になってから一年程経ってからですが、本当なら、同棲する前に紹介しておいた方が、よかったかもしれません。

ただし、交際当初だと心配なこともあるかと思うので、親へ紹介する時期は彼としっかり相談した上で決めるべきです。

いずれにせよ、親と彼の初対面の場では、とにかく笑顔で、仲介役に撤しましょう。

20代後半/公務員・教育系/女性

彼氏と親の仲介役として事前の打ち合わせをしっかりしておくこと

初めて彼氏を紹介することが決まった時、私の親は大喜びでとても張り切っていました。

その一方、彼氏は当日までまだ日にちがあるというのに、緊張でガチガチ状態。

このままでは会っても上手く話ができないかもしれないと思い、事前に当日の会話がスムーズに進むよう、準備をすることにしました。

何気ないふりで親に何を話すつもりなのかを聞き出し、彼氏にそれを伝えるようにしたのです。

そして、より会話が自然になるように、親の性格なども考慮した上でのアドバイスをしておきました。

事前に自分の彼氏と打ち合わせをしっかりしておくと、当日の会話も円滑に進み、印象アップにも繋がりますのでお勧めです。

20代前半/商社系/女性

【6位】恋人の良いところをアピールするようにする

恋人の良いところをアピールするようにする

当日までに両親へ彼の良さをアピールしておく

彼氏を親に紹介することが決まったら、私は、会わせる前にあらかじめ彼の情報を色々と両親に伝えておきます。

特に、彼氏の良いところや尊敬できるところは、しっかりアピールをしておきます。そうすることで、当日までに両親が彼に良いイメージを抱いてくれるようにするのです。

事前情報があれば、当日の会話もスムーズに進むでしょうし、一石二鳥ですよ!

30代前半/サービス系/女性

事前に彼の人柄や良いところを親に伝えておく

彼氏を紹介することになった時、私は会う前に彼氏の人柄や良いところを親に話しておきました。

私の彼氏の場合、緊張して口数が減ってしまう可能性が高かったため、親にはあらかじめ、人見知りだと伝えておきました。

私の予想通り、当日の彼氏はとても緊張しており、自分から話すことができませんでした。

しかし、人見知りだという情報を事前に聞いていた親が助け船を出してくれ、親から話を切り出してくれたので、なんとか乗り切ることができました。

当日にそれぞれが気まずい思いをしないためにも、事前に情報を伝えておくことは重要であると思います。

30代前半/流通・小売系/女性

【7位】名刺や履歴書を持参してもらう

名刺や履歴書を持参してもらう

履歴書を持参してもらう

私の親は、相手の経歴をとても気にします。

どこの大学を出て、どんな会社に勤め、どれだけの収入があるのか、また、どのような育ち方をしてきたのかにとてもこだわるのです。

そして、口頭では何とでも言えるという考えのため、履歴書を持参させるようにといつも言われます。

彼には手間をかけさせてしまいますが、親としてはそれで信頼度が上がるようです。

30代前半/公務員・教育系/女性

可能なら彼に名刺も持参してもらう

彼を紹介する際に、手土産はもちろん持参してもらうべきですが、名刺があると尚良いと思います。

名刺があることで、きちんと職に就いていることが証明できますし、人としての信用性も高まるはずです。

また、両親と彼だけで会話をさせるのではなく、様子を見ながら時々は彼女が間に入ってフォローしてあげるといいでしょう。

特に、父親と彼を二人だけにしてしまうと、気まずい空気になることも考えられますから、適度なフォローが必要です。

30代前半/商社系/女性

【番外編】その他

その他

親の態度によっては強行手段も辞さないがその後のフォローはしっかりすること

私の両親は、「彼を紹介したい」と言っても全く乗り気ではありませんでした。

「後でね」とか「その日は忙しくて」などと何かと理由をつけては、のらりくらりとかわされ続けていたのです。

このままでは埒が明かないと思った私は、事前に両親には伝えることなく、彼氏を家に連れて行きました。

両親はびっくりしていましたが、無事に紹介することができました。

もちろん、埒が明かないので私が敢えてアポ無しで彼を連れてきたのだというフォローはきちんと入れ、彼が悪く思われないようにしました。

その後、彼と両親の仲が悪くなるようなことはなかったので、私達にとっては結果オーライでした。

40代前半/自営業/女性

彼氏と両親を初めから会わせようと思わず両親の話も控えめにしておくこと

私はずっと実家暮らしなのですが、家族について彼に興味を持たれることがよくあります。

例えば、「お母さんて、どんな人?」、「お母さんの料理、美味しい?」、「お父さんって怖い?」等々、彼氏の方から聞いてくるのです。

ここまで気楽に彼氏が私の家族について聞いてくるのは、おそらくこちらが親に会ってもらおうと一ミリも思っていないからです。

私の友人に、お付き合いをしたら家族だけでなく一族全員に会わせようとする子がいます。

しかし、付き合って間もない男性にいきなり両親や親戚を合わせたところ、どん引きされて破局したと聞きました。

だからと言う訳ではないですが、私自身、彼がまだどんな人なのかを深く知らない状態で両親に会わせるのは嫌です。

そもそも、両親に紹介するなら、結婚前提のお付き合いになってからでもいいと思っていました。

しかし、私の母親はとてもフレンドリーな性格で、たまたま家の庭で彼と洗車をしていた際に鉢合わせてしまい、そこで彼と意気投合してしまいました。

それ以来、ちょこちょこ家に彼氏がやって来ます。そして、気が付くと私の両親とくつろいでいるのです。

こんな彼氏の様子を見ていると、彼氏を紹介する時のポイントは、「初めから会わせようと思わない」ことだと思います。

そして、親の話は簡単なものだけに留めておきます。自分の両親と彼を早く会わせたいという人もいるかもしれませんが、一旦は我慢が必要です。

上記のポイントを押さえていれば、かなりの確率で、彼氏の方から両親に興味を示すでしょう。

男性の多くは、「彼女の親と会う奴の気が知れない」と豪語します。

しかし、少なくとも私の歴代の彼氏はこのポイントを押さえることで、百年%の確率で私の両親と会っていますよ!

20代後半/流通・小売系/女性

【参考記事】彼氏の親と会う前に読んで欲しい記事7選

彼氏の親に会う前はどうしても緊張するもの。失礼があってはいけないと思いますよね。

だからこそ、同じ経験を持つ女性の体験談やアドバイスをなるべくたくさん知りたい方も多いのではないでしょうか?

famicoでは、彼氏の親と会う前に読んで欲しい記事7選をまとめていますので、是非ご覧ください。

まとめ

女性100人に聞いた彼氏を親に紹介する時のコツやポイントでは、1位は『事前に両親と恋人にそれぞれの情報を伝えておく』、2位は『服装や当日の流れについて恋人と計画を立てておく』、3位は『緊張しすぎないような雰囲気作りをする』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏を親に紹介する時のポイントを体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女を親に紹介する時のポイント編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女を親に紹介する時のポイント!男性100人のアドバイス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ