彼女が欲しい大学生がすべきこと!男性100人が実践した方法

彼女,欲しい,大学生

大学生ともなると「彼女が欲しい!」と思う時もありますよね。せっかくの大学生活は大好きな彼女と一緒に思い出を作りたいものです。

しかし、彼女というものは勝手に出来ないもの。バイトや友人からの紹介など、自分にあった相手を見つけるための努力が欠かせません。

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女が欲しい大学生がすべきことを体験談と共にご紹介しています。

大学生になって彼女が欲しい時にしたことランキング

まずは、大学生になって彼女が欲しい時にしたことランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた大学生になって彼女が欲しい時にしたこと』によると、1位は『好みの相手を見つけたら積極的に行動する』、2位は『出会いの場に積極的に参加する』、3位は『新しい環境に飛び込んで交際範囲を広げた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた大学生になって彼女が欲しい時にしたこと

男性100人に聞いた大学生になって彼女が欲しい時にしたことでは、1位の『好みの相手を見つけたら積極的に行動する』が約24%、2位の『出会いの場に積極的に参加する』が約23%、3位の『新しい環境に飛び込んで交際範囲を広げた』が約17%となっており、1~3位で約64%を占める結果となりました。

それでは、項目別で大学生になって彼女が欲しい時にしたことを体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】好みの相手を見つけたら積極的に行動する

好みの相手を見つけたら積極的に行動する

可愛い女の子の友人のいる友人(女性がおすすめ)を作る

友人の紹介を受けるために、可愛い女の子のいる友人を作るのが近道だと思います。

ただ、男友達が可愛い子を紹介するなんてことはほとんどありませんので、女友達を作るようにしましょう(笑)

人数の多い大学であれば女性の多いサークルに入るとか、少ない大学なら他大学との交流を積極的に行っていくとかもおすすめです。

40代前半/流通・小売系/男性

焦ってあまり特別なことはせず、ありのままで好きな子に接する

大学生になり、様々な出会いがありましたが、私は彼女ができないことに焦りを覚えたことはありませんでした。

むしろ、焦って彼女を作る方が後々のリスクが高いと思います。

この子と一緒にいるのが楽しいなと思う人がいるのであれば、その人との時間を大切にして、距離を縮めていけば、自ずと恋に発展していくと思います。

そうしていたら、大学2年の時に彼女ができ、今も付き合っています。

20代前半/金融・保険系/男性

好みの相手にさりげなくたわいも無い事を話しかけたり、コンパに参加

授業の後、さりげなくたわいも無い事を話しかけるなどして機会を作っていました。

あとは飲み会、コンパに参加して積極的に会話をしてみました。

グループで来ていた女性の方が悪酔いをしてしまい、彼女達の宿舎まで電車に乗って送って行った事があります。

男性陣もグループだったし若かったので尻込みして、宿舎に送り届けて解散となりました。

結局は何もありませんでした。

40代前半/自営業/男性

自分のキャラを活かし特定の意中の女性に狙いを絞って、優しくゆっくり仲を深めた

当時私は大学に入学しましたが26歳でした。社会人を経て進学資金を蓄えて、数々の難所を越えて某Aランク大学に合格したのです。

同級生たちは18歳です。年の差は8歳!大人の魅力や風格を存分に出して、兄貴肌で勉学に当たったり、成人した子達には必ず居酒屋に連れて行って奢っていました(必ずお酒を飲ませてたわけではないです。)

そんな中、偶然にも好きなアニメが同じで話が合うコに出会えました。中でも大人しい控えめな性格で、実は隠しきれないナイスバディを持つ腐女子であるコを独り占めしたくて仕方なかったのです(笑)

ドンドン仲良くなり、しまいには「先輩(私です)には彼女はいないんですか?」などと、居酒屋で酌み交わしながら迫られまして、私は「いないなぁ。彼女にしたいって思っているコはいるけどね。」と応えたら、「誰ですか!?」から「お前」となって・・・彼女は今この記事を書いている私の隣にいます。

人と人の出会いは「波」です。悠久の時の中で偶然ぶつかり、たまたま方向が同じだから力を合わせて、いつの間にか波長が合っていて、そして欠かせないパートナーとなるのです。

もちろん彼女が欲しいと思わないと、彼女は訪れません。ですが、無理して自分の魅力に似合わない大きさの波を作ると、後で疲弊します。

今のあなたの周りには、本当に誰も居ませんか?実は知らず知らずのうちに知っている間柄の女性はいませんか?

もし居ないのなら、将来の自分にいい女性を惹きつける魅力を身につけるために、今からできる学習、労働を重ねて、その結果である「魅力」を身につけましょう。必ずしも最短ルートは「最良ルート」じゃありませんよ!

20代後半/医療・福祉系/男性

好みの女性を見つけリサーチしまくる

大学に入りたての頃は恋人はいませんでした。

色々な講義に出席していると自分好みの女性がいて、その女性がどんな女性かを調べました。

名前は勿論の事、バイト先はどこか、どんなクラブ又はサークルに入っているかなどです。

30代後半/メーカー系/男性

【2位】出会いの場に積極的に参加する

出会いの場に積極的に参加する

出会いが見込める「人の多い場所」に遊びに行った

やはり出会いが多い場所に行く事をオススメします。

例えば、クラブに行ったり、夜ファミレスに行ったり色んなところに行くべきだと思います。

後は、友達の彼女の友達とかと一緒に遊ぶタイミング作ってもらったりとかが良かったです。

30代後半/メーカー系/男性

飲み会に参加し、連絡先を交換する人は1人だけにする

誰でもいいから付き合いたいと思っていたとしても、それを表に出すと女性は引いてしまうかなと思います。

たくさん異性がいる飲み会で、誰とでもホイホイ連絡先を交換するより、「あなたのことが気になっています」、「あなたのことがもっと知りたい」と1人の女性だけに絞った方が結果的に成功率も上がるし次に繋がりやすいような気がするので、わたしは飲み会や合コンで連絡を渡すのは1人だけと決めています。

今の彼女も飲み会で出会いました。

20代前半/大学生/男性

友達に頼んでコンパに誘ってもらう!

大学生活でなかなか出会いがなかった時に、友達に頼んでコンパに誘ってもらいました。

友達はサークルに入っていたり、寮にいたのでコンパの話が沢山ありました。そのお陰で色んなコンパに行き、素敵な彼女が見つかりました。

40代前半/サービス系/男性

合コンに誘われたら積極的に参加してみる!

大学生になったら頻繁に行われる合コンですが、誘われたら積極的に参加してみるといいと思います。
女性との出会いのきっかけになるし、たくさんの人との意見交換の場所にもなります。

気になる人がいたら積極的に自分をアピールして、チャンスは逃さないようにしてくださいね。

30代後半/サービス系/男性

バイトや飲み会などには積極的に参加したり、フットワークを軽くすること。

大学生になり彼女が欲しいなと思うも、なかなか学校だけでは彼女ができる環境になく悩んでいた時もありました。

そんな時にしたことは、まずバイトをしてみることです。学校以外の出会いの場を増やすためにバイトを始めました。

そうすると、彼女はすぐにできました!私の友達もバイト仲間を通じて出会った人と交際まで発展したり、大学の友達から誘われた合コンなどに断らず積極的に参加している子などが結局彼女を作ることができていました。

出会いの場を広げることがとにかく大切だと感じました!

20代後半/医療・福祉系/男性

【3位】新しい環境に飛び込んで交際範囲を広げた

新しい環境に飛び込んで交際範囲を広げた

スポーツジムでバイトし積極的に話しかける

スポーツジムでバイトをすることで彼女をゲットしたことがあります。

スポーツジムの仕事はトレーニングマシンの使い方を教えることです。つまり、積極的に人に話しかけることが自然な仕事です。

そこで仲良くなった人と以前付き合っていました。

20代後半/メーカー系/男性

サークルやバンドなどを介して出会いの場を広げ、まずは自分の存在を知ってもらうこと

大学生になると、高校までとは違いみんな私服で登校するようになります。髪型も自由です。さらに高校の時よりももっと広い地域から同世代の人たちが集結するわけで、平凡に無難に生活していたら、イケメンやパリピ、個性の強い輩たちにその場の女性陣の視線を独占されてしまいます。

特段ルックスが良いわけでも、盛り上げ上手なわけでも、人とは違う何か強烈な個性を持っているわけでもない僕は、大学に入ってそういう危機感に駆られていました。

自分のタイプの女性を見かけても、その横にはすでに彼氏がいて…また、同級生の男友達が次々と誰かの彼氏になっていく様子を見て、焦りも感じていました。

そこで僕はとにかく女性陣の目に止まるように、自分のことを知ってもらえるように、何かアクションを起こそうと考えました。

具体的にとった行動で効果があったのは、バンドを始めたことです。もともとギターに憧れていたこともあり、これを機にエレキギターを購入。練習して、メンバーを募って、実際にライブスタジオや学園祭などで演奏しました。

事実、バンド活動している男子大学生はモテたい偏差値が高い人が多く(笑)、交友関係も広いので、そういう人たちを通じて多くの女性と知り合うきっかけにもなりました。

ただ、バンド始めるといっても、バンドに興味がない人にとってはかなりハードルの高い行動だと思います。

バンド以外では、ありきたりですがサークル活動です。個人的におすすめは、近隣の他の大学とも合同で行うボランティア系のサークルです。ジャンルにもよりますが、ボランティアや奉仕系なサークルでは、あまり特技や個性の主張を必要としないので、とにかく飲んで騒ぎたいパリピやガツガツ系男子はなかなか参加しないイメージなので、サークル内での競争率は下がります。それに、他大学の学生とも交流の場を広げられて、僕自身も複数の大学の女子学生と知り合うことができました。

とはいえ、ボランティアが目的のサークルではあるので、自分の興味のある範囲でのものが良いとは思います(笑)。そうして知り合った女性の中で、ついに意中の女性と出会い、付き合うことができました。

30代前半/流通・小売系/男性

大学内での知り合いを増やすためにサークルに参加

まずは、大学内での知り合いを増やすためにサークルに参加したり、違う学科の授業を取ってみたりして人と交流できる場をたくさん作りました。

友達が増えていくうちにその友達の友達、またその友達と人脈も増えていき、知り合いがたくさんできました。そうすると自然に出会いの場が広がるのでたくさんの人に出会うことができます。

その中でこの人だ!と思える人がいれば、積極的に連絡先を聞いて最初はグループで団体日帰り旅行や、団体でのイベントに参加しながら話せる時間を設けて、少しづつ距離を縮めていきました。

2人で話すのが楽になれば、今度は2人で飲んでみるなどして、2人だけの時間を作ってお互いのことを知っていきながら交際に発展させました。

30代前半/流通・小売系/男性

大学の外にも目を向け、いつも違うメンバーの少人数グループで食事する

ごちゃごちゃしたサークルの飲み会には行かず、友達の友達とかで、出来るだけ少人数グループでごはんを食べに行くようにしてました。

グループもいつも同じメンバーにならないように、数珠繋ぎでどんどん浅くて広い繋がりを作り、気になる人が出来たら絞っていくようにするとすぐ彼女できました。

20代後半/サービス系/男性

【4位】まずは友達を増やすところから始めた

まずは友達を増やすところから始めた

とにかくあちこちに顔を出して自分の居場所を増やすこと!

社会人になると実感しますが、大学時代なんて毎日が合コンみたいなものです(笑)

ゼミでもサークルでもアルバイトでも、とにかく自分の居場所をひとつでも多く増やしましょう。

そこに参加してくる女の子達も、少なからず出会いを求めているパターンが多いですから、きっとチャンスはあるはずです。

20代後半/公務員・教育系/男性

交友関係をできるだけ広げる

大学生といえば、人生の夏休み!といわれて高校生のころから期待を膨らませていました(笑)

とにかくいっぱい遊びたかったので、多くの人と出会えるようにサークルに積極的に参加しまくりました!

「友達の友達はみんな友達」の理論で、交友関係をできる限り広げた方がいいと思います。

20代後半/不動産・建設系/男性

まずは友達を増やし、出会いの数を増やす

グループワークが多い学校だったので、他のゼミの人とも仲良くなりやすい環境でした。1人と仲良くなると、そのゼミの友達が増えるのはもちろん、高校の同級生や地元の友達まで紹介してもらえるのはすごく助かりました。

実際に他のゼミの人と授業が一緒で仲良くなり、その人の親友と3人で飲みに行ったりしました。

友達がもしサービス業系のバイトをしてたら、そこに行くのも出会いの場が増えてよかったです。

居酒屋で働いている友達のお店に飲みに行った時、同世代くらいの人を紹介してもらって、その後みんなで飲みに行きました。

大学は高校までと違って、地元が近くない人が多くいる分、友達の彼女から紹介してもらう女性も幅広くなると思います。

出会いがなければ何も始まらないと思うので、まずは友達を増やし、出会いの場を増やすことから始めるべきだと思います。

20代前半/メーカー系/男性

【5位】共通の趣味がある知り合いを増やした

共通の趣味がある知り合いを増やした

好きなことの親和性が高いサークルに入る

サークルで好きな人を見つけるのが一番の近道です。

サークルでは、同じ趣味、好きなことをしている人が多いので、共通の会話が多いですし、恋にも発展しやすいのです。

ぜひ、サークルに入って、たくさん飲み会に行って、出会いを大切にしてください。

30代後半/流通・小売系/男性

学内に限らず趣味の場でより多く知り合いを作った

高校までは外の世界というより、学校内でカップルが多かったと思います。

ですが大学生になって思ったのは、意外と構内カップルが少ないってことでした。

元々付き合ってて同じ大学にいないってこともあるのかもしれませんが、それよりバイト先や友達の紹介のほうが私の周りでは多く、自分もそういった形でいい人いないかなって思い始めました。

その際意識にあったのは、私の趣味での繋がりの友人たちでした。

実際に今の奥さんはその友人たちの中の一人です。元々友達だったのでよく遊んでたのが恋愛になって、そのまま結婚しました!

趣味の仲間ってだけで共通点があるのでお勧めです。

30代前半/メーカー系/男性

【6位】おしゃれを勉強したり勉強したり自分磨きをした

おしゃれを勉強したり勉強したり自分磨きをした

世間的に流行っているファッションをひたすら勉強してイケてると思われる格好をしてみた!

高校までファッションには全く無頓着で親が買ってきた服をなんとなく着ていたのですが、大学生になりどうやら自分の服装がダサいのでは?と、疑問に思うようになりました。

もしや彼女ができない理由はこれなのではと決めつけ、ファッション誌を買い漁り同じものを買ったりしてました。

最初は着ているというより着られているという状態でしたが、徐々に着こなし方がわかるようになり気がついたらファッションセンスが素敵と周りにもてはやされるようになり、無事彼女も出来ました!

その当時はファッションセンスがついたから彼女が出来たと思ってましたが、もしかするとファッションセンスを磨くことによって自分に自信が持てるようになりモテるようになったのかなって思います。

30代後半/自営業/男性

【参考記事】彼女が欲しいと悩んだ時に読んで欲しい記事7選

彼女が欲しいと悩むときもありますよね。周りには彼女が出来て自分だけ彼女が出来ないと、より一層悩んでしまうもの。

あまり周りに相談できないからこそ、同じ経験を持つ男性の体験談やアドバイスをなるべくたくさん知りたい方も多いのではないでしょうか?

famicoでは、彼女が欲しいと悩んだ時に読んで欲しい記事7選をまとめていますので、是非ご覧ください。

まとめ

男性100人に聞いた大学生になって彼女が欲しい時にしたことでは、1位は『好みの相手を見つけたら積極的に行動する』、2位は『出会いの場に積極的に参加する』、3位は『新しい環境に飛び込んで交際範囲を広げた』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人による彼女が欲しい大学生がすべきことを体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏が欲しい大学生がすべきこと編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏が欲しい大学生がすべきこと!女性100人が実践した方法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年02月26日~03月12日
回答者数:100人