彼氏が好きかわからない…付き合いたてで悩んだ時の対処法

彼氏,好きかわからない,付き合いたて

彼氏と付き合いたてなのに、「彼氏のことが好きかわからない…」と感じることもありますよね。本来ならば一番楽しい期間も、なぜか気分が落ち込んでしまうことも。

関係が悪化することは避けたいからこそ、彼氏への気持ちを取り戻すために上手に対処する方法を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による付き合いたてなのに彼氏が好きか分からない時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

付き合いたてなのに彼氏が好きか分からない時の対処法ランキング

まずは、付き合いたてなのに彼氏が好きか分からない時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた付き合いたてなのに彼氏が好きか分からない時の対処法』によると、1位は『恋人との交流を深める』、2位は『別れた時のことを想像してみる』、3位は『距離を置き、気持ちを整理する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた付き合いたてなのに彼氏が好きか分からない時の対処法

女性100人に聞いた付き合いたてなのに彼氏が好きか分からない時の対処法では、1位の『恋人との交流を深める』が約24%、2位の『別れた時のことを想像してみる』が約14%、3位の『距離を置き、気持ちを整理する』が約11%となっており、1~3位で約49%を占める結果となりました。

それでは、項目別で付き合いたてなのに彼氏が好きか分からない時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】恋人との交流を深める

恋人との交流を深める

思っていなくても「好き」と言葉にしてみる

毎回、付き合うまでは良いところばかりに目が行って「好き!」と自信をもって言えるのですが、付き合い始めると今まで気にならなかったようなちょっとしたことが気になり「本当に好きかわからない」という事態になりました。

私の場合、そういうときは思っていなくても「好き」と言葉にして相手に伝えるようにしていました。言葉にすることで相手からもより強い「好き」を返してもらえたり、自己催眠じゃないですが、自分でも「この人のこと好きだわ」と思い込むことができました。

そうしているうちに、だんだん愛情が育っていって「自信をもって好き」といえる気持ちを取り戻せました。

20代後半/IT・通信系/女性

遠慮や気兼ね無しにぶつかり、改めて好きという気持ちを取り戻す

外見に一目惚れして付き合ってみたものの、性格やフィーリングなどで気が合うのか分からなくなり、次第に好きという気持ちが薄れてしまった事がありました。

なので、遠慮や気兼ね無しにいろんなデートや会話、時には本音でぶつかりケンカもしてみて、彼の内面にも触れて改めて好きという気持ちを取り戻すようになりました!

30代後半/医療・福祉系/女性

たくさん会うようにする

向こうから告白されて付き合ったものの、本当に好きか分からないと言うことがありました。

そこで、彼とたくさん会うようにしました。何回か普通にデートして、その後呑みに行きました。たくさん呑ませて、酔っ払うと彼が豹変しないか、観察しました。

帰る時に、自分も離れたくないことに気がついて好きだということがわかりました。酔うと本音が出るので、気持ちに気づきやすいと思います。

30代後半/専業主婦/女性

会う時間を増やしたり、連絡を取り合うことで気持ちを高める

なんとなくの雰囲気で付き合い始め、最初、連絡や会うペースをお互いに合わせる空気感になり、会わないし連絡もあまりとらないでいたら、本当に好きなのかわからなくなりました。

会う時間を増やしたり、連絡を取り合うことで気持ちを高めるようにしました!

20代後半/サービス系/女性

相手に興味を持って会話を楽しむ

友人のすすめで、年の離れた男性とお付き合いしたときのことです。彼はデートで素敵なお店に連れて行ってくれ、会話もスマートで尊敬できました。

しかし、常に落ち着いているためか、私の恋愛感情がどうしても盛り上がらず悩んでしまいました。

そんなとき「好きかどうか」はいったん置いておいて、その人に「興味を持つ」ようにしました。彼氏がハマっている事や学生時代のエピソードを聞き、自分が共感するところを掘り下げて聞くうちに、会話が盛り上がって彼の素の表情が見られるようになり、愛情が芽生えてきました。

恋愛では相手が自分に何をしてくれるかではなく、人間性を見たほうが良いと学んだエピソードです。

30代前半/マスコミ系/女性

会えば好きな気持ちが確認できたので、なるべく会う機会を増やした

付き合い始めてもあまり関係性が変わらず、連絡も私の方からしかせず、きっと彼は私を好きじゃないんだろうなと思い、自分ももう好きじゃないのかもしれないと思うようになりました。

初めて出会った場所やデートの場所にもう一度行ってみるなど、会えば好きな気持ちが確認できたので、なるべく会えるように頑張りました。

30代前半/専業主婦/女性

お互いの気持ちを話し合う

男友達に告白され、嫌いじゃないので付き合ったのですが、恋愛体質の私が彼にはあまり会いたいと思いませんでした。

そのことを薄々気づいていた彼に正直に話し、お互いこれからどうして行きたいかを話し合いました。

恋人らしいデートをするようになってから、彼に夢中になりました。

30代前半/サービス系/女性

とりあえずそのまま付き合ってみる

付き合いたては本当に好きかわかりませんでした。

ただ彼は、私が失恋して誰とも付き合う気持ちにならなかった時に、すごく優しくしてくれたんです。本当なら大好きになっても不思議じゃないのに、好きかわからなかったです。

とりあえずそのまま付き合ってみることにしたところ、ある時から彼と一緒にいると元彼のことを忘れられていることに気づき、彼のことを好きになっているんだなと思いました。

20代後半/専業主婦/女性

【2位】別れた時のことを想像してみる

別れた時のことを想像してみる

彼と別れた妄想をしてみた

付き合い始めた彼が本当に好きなのかわからなくなりました。なぜなら彼が私のことを好きで好きで結婚したいと言ったからです。

私はまだ結婚のことなど考えられず、素直にうれしいと思えないし、そんなことを言う彼のことが好きではないのではと思ってしまいました。

そこで彼と別れた妄想をしてみたところ、とても悲しい気持ちが溢れました。好きな気持ちが再確認出来ました。

30代前半/サービス系/女性

相手がいなくなったら・相手に好かれなくなったらどう思うかを想像してみる

付き合って2週間ほど経ったときに、本当に彼が好きかわからなくなってしまいました。片思いから付き合うまでの期間が短く、「相手が好いてくれてるから好きなだけでは?」と思ってしまいました。

そこで、「もし彼がいなくなってしまったらどう思うか」と「もし相手に好かれなくなったらどう思うか」を考えてみました。

すると、付き合って彼が横にいるのが当たり前になりかけていましたが、一緒に居れて自分のことを好いてくれていることに感謝の気持ちが溢れてきました。

同時に、彼と一緒に幸せになりたいという想いがこみ上げ、改めて自分が彼を好きだという気持ちを再認識できました。

20代前半/大学生/女性

他の人と付き合ったことを想像してみる

付き合いたての時、電車や公共の場で彼からのスキンシップが多く、自分はそういうのが苦手だったので「本当にこの人でいいのかな…」と不安に思っていました。

そこで、彼と別れて他の人と付き合ったことを想像してみたところ、あまり楽しくなかったので、自分の気持ちを再認識できました。

その後、彼と一緒に約束を決めて「イチャイチャするのは家で!」ということで落ち着いたので、今ではなんの問題もありません!!

20代前半/大学生/女性

彼氏と別れたときのことを想像してみる

友人だった彼に告白されてお付き合いをしました。その時にお付き合いしている人もいなかったし、彼に悪い印象もなかったのでお付き合いすることにしました。

初めてのデートでは映画を見て、そのあと感想を言い合って、ご飯を食べて・・・、といった感じで正直、友人なのか彼氏なのかよくわからなくなってしまいました。

そのまま、1か月ほどお付き合いを続けていましたが、やはり彼氏というよりかは友人としての感覚が強く、彼が好きなのかどうかまったく分からなくなってしまいました。曖昧な気持ちでお付き合いを続けるのはつらかったです。

ただ、彼と別れることを考えると、どうしようもなく寂しく感じ、離れたくないと強く感じました。そう考えると、私は彼のことが好きなんだなあと感じて、お付き合いを続けることができました。今でもラブラブです。笑

20代後半/サービス系/女性

【3位】距離を置き、気持ちを整理する

距離を置き、気持ちを整理する

一度距離を置いて頭を冷静にし、異性として好きなのか人として好感を持っているのか自分の気持ちを整理する

相手に告白されて、半ば強引に付き合うことになったことがありました。当時、特に好きな人もいなかったし、デートをしていて楽しかったからそれで良いかと思っていましたが、相手に求めてもらっているほど、自分が相手のことを好きなのかどうかわからなくなりました。

そのうち恋人であることも精神的な負担になってきてしまったため、一度距離を置いて冷静に気持ちを整理するようにしました。

その結果、その相手の方との場合は、恋人関係ではない方が良かったという結論に至ったのでお別れしました。結果的には別れに繋がってしまいましたが、自分の気持ちに気がつくことが出来て良かったです。

20代前半/サービス系/女性

ほんの少しだけ距離をおき、ただの友達に抱く感情と付き合っている人に抱く感情を照らし合わせてみる

本当に付き合いたてで嬉しくて浮かれて良い時期のはずなのに、恋人への好きが重すぎたせいか、自分自身でも自分の感情がよく分からなくなってしまって、ただの執着と恋愛感情とを履き違えてしまっているんじゃないかと不安になっていた時期がありました。

あまりにも情緒が不安定になって仕事も手につかなくなったので、思い切ってほんの少しだけ距離をおき、考えてみることにしました。

友達に抱く感情と恋人に抱く感情をじっくり照らし合わせて、これは本当に恋愛的な意味で好きなんだな、と自覚できました。

それからは「心から好きだなあ、幸せだなあ」って思えるようになりました。

20代前半/サービス系/女性

連絡を一度絶ってみて、一人の時間を楽しむ

マッチングアプリで付き合うことになり、頻繁に連絡はくれるものの業務連絡のような定型文で好きなのかわからなくなってしまいました。

そんな時は連絡を一度絶ってみて、自分の時間を楽しむことにしています。一人で過ごす内に、彼に会いたいな、連絡したいなという気持ちが募ります。

30代後半/流通・小売系/女性

【4位】相手のどこが好きなのか考察する

相手のどこが好きなのか考察する

彼のどこに好感を持って付き合ったのかを思い出す為に相手のことをよく見る

例えば些細なことから元彼と今彼を比較したくなった時、改めて相手をよく見ます。仕草とか、言葉遣いとか、視線の動きとか。相手の粗を探すのではなく、今彼のどこに好感を持って付き合ったのかを思い出す為に相手をよく見ます。

彼以外の人を知っているとついつい比較したくなるけど、それは間違いだと思うので、今彼との交際で感じた違和感だけに集中できるように、意識して相手だけをよく見るようにします。

そうやって観察して出した答えが、自分だけで解決できる問題なら自己処理しますし、相手の協力が必要だと感じれば、相手にも協力を仰ぎますが、勿論、元彼と比較したなどという愚考は口にはしません。その先は相手次第ですね。

40代前半/サービス系/女性

彼のどこが好きなのか紙に書き出す

友達にもうらやましがられるようなイケメンな彼氏と付き合ったことがありました。その彼氏の顔は私の好きな芸能人にとても似ていて、その芸能人を見ているみたいでとてもドキドキしていました。

しかし、彼は少し横暴で私の話をきいてくれないことがあって、なんだか違うぞという気持ちになってきました。

そこで私は彼の好きなところを紙に書き出してみました。すると、顔しかなくて…笑

その彼とはやはり長続きせず、すぐにさよならすることになりました。

30代前半/専業主婦/女性

彼のどこが好きになったのか改めてもう一度考えてみる

彼のことをいいなと思うようになったきっかけや、一緒にいて楽しかったことを思い出したり、うれしかった彼の言葉やしてもらったことなどを思い出してみるようにしました。

すると、初めの頃の初々しい気持ちでもう一度彼と向き合うことができました。

30代前半/サービス系/女性

【5位】価値観が合うかどうか考える

価値観が合うかどうか考える

一緒にいるときに自分と価値観が合うところを探す

彼の方からアプローチをしてくれていたので、こちらが好きという気持ちはあまりなかったのですが、付き合うことになりました。

最初の頃は好きじゃない状態で付き合ったのですが、お互いの楽しいと思うことが一緒だったり、食べ物や休みの日の過ごし方など価値観が合うことに気付き、この人ならどんな時も自分らしくいられると思い、付き合っていくうちに好きになることができました。

30代前半/医療・福祉系/女性

何気ない会話をしながら、相手の出方や自分との相性などを探る

付き合いたてなので、自分が相手を好きかどうかもさることながら、向こうがこちらのことをどのくらい好きなのかが分からず迷うことがありました。

そういう時は、携帯メールで「今、暇で・・・」とか送って相手の反応を見てみたり、何気ない会話をしながら「会う?」となる雰囲気になるようにしてみました。ここで話が合うようなら、お互いに相性がよく、相手に好意を持っていることの証明になると思います。

ただ、しつこいと思われてもいけないので、相手の出方を観察しながらというのがポイントです。

40代前半/専業主婦/女性

【6位】第三者を介して良さを再確認する

第三者を介して良さを再確認する

彼がモテている状況にあえて触れて、嫉妬心が沸くのを確認する

告白されて付き合いましたが、元々友達だったのであまり好きと言う気持ちが大きくならずにいました。

ですが、彼が他の女性と会話している場面に出くわしたり、SNSなどで交流してるのを見たりして、人気がある人なんだと客観的に見た時に、嫉妬心のようなものがあるのに気づきました。

別れるのは嫌だし、彼が他の女性からよく思われているのも気に障るので、これは恋愛感情なんだなと再確認し、好きであることを確かめました。

30代後半/自営業/女性

友人に恋人のことを話し、好きな気持ちを再確認する

私は友人と恋人について話すときは、マイナス事よりも「好きなところ」や「その人の良さ」について話すことが多いです。

そのため、友人に会って恋人のことを話すと、この人のことを自分が好きなんだと再認識することができます。

20代前半/専業主婦/女性

【7位】思い切って別れる

思い切って別れる

きっぱり別れる

そういうのは、あまり相手のことを知らないまま、なあなあで始まってしまった交際の場合が多いです。

きっとこの先も好きになれるような気がしないので、相手には大変申し訳ないのですが、わたしはきっぱりそこで別れてしまいます。

20代前半/専業主婦/女性

【8位】初めて好きになった時を思い出す

初めて好きになった時を思い出す

初めて彼を好きになった頃の気持ちを思い出す

私達の出会いは、中学3年生のときの塾での私の一目惚れからでした。そこから3年後、大学生になった彼に2度目の一目惚れ。

付き合えたときは好きで好きでたまらなかったのですが、付き合い初めて1ヶ月ほど経った頃、ふと彼の笑顔が、絶縁状態の元彼に似ていると感じてしまったのです。

そこから私は彼の顔を見れなくなってしまい、どうしても元彼と重なってしまうので、好きかどうかも分からなくなってしまいました。

別れを考えたこともありましたが、初めて彼を好きになった中学生の頃の気持ちを思い出し、あんなにも高嶺の花だった彼と今付き合えている幸せを噛み締め、踏みとどまることができました。

すると次第に彼の笑顔を見ても、元彼を思い出すことは無くなりました。おかげで、唯一無二の存在である彼のことをこれからも大切にできそうです。

20代前半/公務員・教育系/女性

【9位】相手との将来を想像した

相手との将来を想像した

相手との結婚生活を想像した

現在の主人と結婚する前、付き合って数ヶ月した頃に1度「この人が本当に好きなんだろうか」と考えたことがあります。

彼はあまり自分の感情を表に出さない人ですので、こちらが何かしてあげた時の反応が薄く、物足りなさを感じていました。

その時に考えたのが、「この人と老後を一緒に過ごせるだろうか」ということでした。付き合っている期間よりも、結婚してからの生活や老後の方がずっと時間は長いはずなので、考え得るトラブルを一緒に乗り越えられるほど相手が大事か考えました。

20代後半/専業主婦/女性

【10位】好きだと思い込む

好きだと思い込む

自分の事を好きでいてくれてる唯一の人だと思い込む

何度か告白されていたので付き合ってはみたものの、会話もノリも噛み合わず、やっぱり好きじゃないかもと強く感じました。

しかしながら、35歳を過ぎてからのお付き合いでしたので、自分がわがままなんだと言い聞かせ、本当に好きかわからないまま気を紛らわせて付き合い続けました。

40代前半/サービス系/女性

【参考記事】彼氏を好きだけど悩んだ時に読んで欲しい記事16選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼氏を好きだけど悩んだ時に読んで欲しい記事16選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

女性100人に聞いた付き合いたてなのに彼氏が好きか分からない時の対処法では、1位は『恋人との交流を深める』、2位は『別れた時のことを想像してみる』、3位は『距離を置き、気持ちを整理する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による付き合いたてなのに彼氏が好きか分からない時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『付き合いたてなのに彼女が好きか分からない時の対処法編』も気になる方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女が好きかわからない…付き合いたてで悩んだ時の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年03月17日~04月01日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。