彼氏がニート…同じ経験を持つ女性100人が実践した対処法

彼氏,ニート

彼氏がニートのままだと将来の事を考えることも難しいですよね。結婚も現実的ではなく、別れたいとすら考えてしまう事も。

すぐに別れることは決断したくないからこそ、彼氏がニートだとしても上手に対処したいと思っている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏がニートの場合の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\アドバイザーがお相手探しから紹介まで婚活サポート!/

まじめな婚活を始めるならスマリッジ

彼氏がニートになった時の対処法ランキング

まずは、彼氏がニートになった時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏がニートになった時の対処法』によると、1位は『一緒に将来の展望を確認する』、2位は『そっとして様子を見る』、3位は『タイムリミットを設ける』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏がニートになった時の対処法

女性100人に聞いた彼氏がニートになった時の対処法では、1位の『一緒に将来の展望を確認する』が約30%、2位の『そっとして様子を見る』が約24%、3位の『タイムリミットを設ける』が約9%となっており、1~3位で約63%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏がニートになった時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】一緒に将来の展望を確認する

一緒に将来の展望を確認する

その後の計画があるのか確認して、交際を続けるか判断する

工場で働いていた彼。当時は少しばかり俳優の佐藤健さんに似ており、周囲の女性から「似てるね」「イケメンだよね」ともてはやされていました。

それを嬉しいと受けとめるだけならよかったのですが、言われ続けたことにより有頂天になってしまいました。彼は「自分はイケメンなんだ」と思い、仕事をやめて芸能活動をすると言い出しました。

比較的小心者の彼のことだから、口だけだろうと笑ってスルーしていましたが、ある日本当に仕事をやめてしまいました。

その後も芸能事務所の養成所に入る等、口にしてはいたものの、生活はニートそのものでした。口だけだなと改めて認識できたので、交際を続けることはできないと別れました。

30代前半/専業主婦/女性

初めは口頭で職探しを促し、それでも行動に移さなかったら2人で探す

付き合いたての頃、彼は外仕事をしていましたが、会社に不満があって行かなくなり、4ヶ月間ニートで暮らしていました。

ある時、いい加減仕事したら?と言うと、友人の職場で働くと言って5日後に無事再就職でき、今でも続いています!

20代後半/専業主婦/女性

一緒に職探しを手伝い、今後しっかり働いていく意思があるのか確認する

安定した職業に就きたいと言って公務員になった彼は、よく「残業が多い、思っていた仕事と違う」と私に話しをしていました。

入庁後は毎日のように辞めたいと話しており、それでも初めての就職先ということもあり5年頑張ってくれました。

その後は実家に戻りニート生活の日々。何度か面接をし、受かって職に就くものの1年も続くことなく転職ばかり繰り返していました。

しかし彼に寄り添い、私も一緒に職を探し励ましてあげたことで、現在の会社に再就職でき毎日楽しそうに働いています。一緒に悩んであげることも必要だと感じました。

20代後半/医療・福祉系/女性

彼の気持ちに任せつつ、再就職のヒントを引き出す

同じ職場で働いていた彼は、上司との反りが合わず5年ほどで退職しました。資格を取りたいと勉強していたものの、俺には合わないと途中で止めて、就職活動することもなく、家に引きこもっていました。

普段の会話の中で何がやりたいのかを少しずつ引き出し、人と接することが好きという結論に至り、今は飲食店の店長をしています。

彼の気持ちに任せつつ、ヒントを引き出すことは大切だと思いました。

30代前半/サービス系/女性

働く意欲があるかを見定める

彼は当時、とても心を病んでいたので、その会社を辞めてしまっていいのではないかと私も思っていました。

働く意欲はありそうだったので、「一緒に次の仕事を探そう!とりあえずこの仕事を辞めてしまっていいよ」と背中を押しました。

30代前半/専業主婦/女性

私が仕事を探してきて、色々提案した

SEとして働いていた彼は、先輩上司と仲良く、職場に恵まれ楽しく働いていました。

しかし、その上司が転職をし、心の拠り所がなくなってしまった時から、仕事が楽しくないというようになり、会社を辞めました。不規則な仕事だったため、しばらく転職活動をストップし、短期のバイトで繋ぎながら生活をしていました。

その時に同棲をしていたので、私が毎日色々な働き方の話をし、前向きさを取り戻すような会話をしていました。

そのうち、違う会社のSEとしてまた働き始めて、今はリモートでも仕事を任せてもらえるような素敵な会社と巡り合え、給料が当初の倍になりました!

ポイントはネガティブな意見を全てパートナーが受け入れてあげて、もう言う事ない!というところまで寄り添ってあげると、心に溜まった苦痛が空っぽになり、前向きな行動が少しずつ出来るようになっていくように思いました。

30代前半/自営業/女性

今後、何がしたいかを一緒に考える

教師をしていた彼でしたが、あまりに残業が多く、運の悪いことにモンスターペアレントにも悩まされ、やめてしまいました。

その後、なかなか気持ちが前向きになれずにいました。真面目な人だし、信念を持って働いていたので、仕事をやめるのはつらかったと思います。

ただ、生活のこともあるので、一時は働く気があるのかを問い詰めようとも思いましたが、気を落ち着かせて、「今、自分自身が何をしたいのか」と問い、一緒に考えることにしました。

彼は頭の中が徐々に整理され、やはり教育に携わる仕事に就きたいと考え、予備校で勤務することになりました。焦らずに話をしてよかったと思います。

30代前半/流通・小売系/女性

このまま付き合っても良いのか相手と今後の相談をしていく

付き合ってる時に、彼氏がうつ病になり仕事を辞めていた事を明かされました。私はそれを聞いて初めて、彼氏がうつ病だと知ることとなりました。

今まで彼氏はそれを黙っていて、このまま付き合っても大丈夫なのか心配していたらしいです。

でも私としては彼氏はこのまま堕落する心配は無いと感じていたので、一緒に仕事探しをして、3ヶ月前に就職しました。

20代前半/サービス系/女性

まずは休息させ、働く意思の確認をして今後を考えた

付き合い始めて三ヶ月すぎた彼氏が、ブラック企業で疲労困憊で退職しニートになった期間がありました。

最初は疲れを癒して体力が回復するために休養が必要だと思いましたが、疲れが取れ始めた頃に相手の働く意思を確認して、一緒に乗り越えると決めて転職活動を手伝いました。

20代前半/医療・福祉系/女性

一緒に仕事を探し、探す気がないなら別れることを考える

結婚して夫婦だったらまた話は違うかなと思いました。

もしもこれが夫婦で旦那がニートなら私も働き補いますが、彼氏がニートならあえて助けません。甘えて欲しくないし、その時の彼の様子でこれからのことも決まるなと思います。

なので、一緒に仕事は探します。仕事を探す気がないなら別れることを考えると思いました。

20代後半/サービス系/女性

就職支援をしてくれるエージェント探しを一緒にした

大手製造業で働いていた彼でしたが、古株の社員から陰湿ないじめを受けやむを得ず退社しました。

働くことに生きがいを感じていたので心配しましたが、友人のツテで頼れる就職支援エージェントに出会う事ができ、再就職する事が出来ました。

30代後半/メーカー系/女性

就活を手伝う

専門学校を卒業して、お互いフリーター状態だった時です。

彼は一生懸命就活して正社員になったものの、ブラック企業だったせいで1カ月もせずに退職するはめに。

彼だけに就活させるとプレッシャーになると思い、2人で就活しました。

30代前半/医療・福祉系/女性

すぐに働いて!とはっぱをかけず、長い目で見て励ました

高齢者施設で介護をしていた彼は、夜勤や長時間の残業もあり、心身共に限界を迎え、一度退職し、一時的にニートの状態になった時がありました。

その時は、これからどうなってしまうのだろうと私も不安はあったのですが、一番不安があり悩んでいるのは本人だからと冷静に見守りました。

また「次の職場ならきっと合うところがあるよ!」と明るく励まし、彼がなにを一番やりがいに感じるのか、次はどんな働き方をしたいのかといったことを私が聞いてあげることで、彼自身も振り返りに繋がったようでした。

そして、面接等に行き始め、半年はかかりましたが今は無事に適職に就いています。急かさず、気持ちをじっくり聞いていくことが良いのかもしれません。

30代前半/自営業/女性

【2位】そっとして様子を見る

そっとして様子を見る

とりあえず3ヶ月くらいは様子を見る

同じ職場で出会った彼でしたが、会社の方針の変化によってある時、急に辞めてしまいました。

当時、結婚するために一緒に住む予定だったので、びっくりはしましたが、「これもまともな結婚生活を送れるかどうかの良い判断材料になるかも」と思い、とりあえず3ヶ月くらいは様子を見ようと思いました。

ニートの間は彼が夕飯を作ってくれたり、楽しく生活できたのと、3ヶ月経たないうちに就職活動をし転職してくれたので、何も言わず見守って良かったなと振り返ってみると思います。

30代後半/IT・通信系/女性

まずは元気を取り戻してもらうべく、焦らずゆっくり寄り添う

学生時代から夢を追っていた彼は、卒業してからも夢を追い続け、アルバイトを続けながら活動をしていました。

しかし、年を重ねるにつれてクライアントからのオファーも減っていき、心を病んでしまった彼はアルバイトもやめてしまい、夢を追う気力も無くなってニート状態に。

しかし私は、彼が努力している姿を見てきたし、工夫次第でいくらでも挽回のチャンスはあると思っているので、まずは彼に元気を取り戻してもらおうと焦らずゆっくり、寄り添って前に進んでいきたいと思っています!

20代後半/自営業/女性

責めずに好きにさせる

精神的に弱い彼だったので、「早く仕事を見つけろ」と迫ると塞ぎ込んでしまうとわかっていたので、あえて何も言わずに好きなようにさせていました。

結婚をしたがっている彼氏だったので、少し時間が経つとお金も無くなってきて焦り出し、追い追い正社員になれるバイトを自分で探してきました。

20代後半/自営業/女性

早く就活するように急かしたりしない

彼は音楽関係の仕事を目指して、アルバイトから真面目に頑張っていました。小規模な事務所で、社長さんからも次の事業拡大のタイミングで正社員に…との事でしたが、結局事業拡大の話は無くなり、正社員になる目処もつかなくなってしまいました。

本人はあまりいろいろと語りませんでしたが、かなり落ち込んでいた様で、同棲していましたが半年無職でお金の話などかなり気を使いました。私が結婚を意識していたので、ケンカになったりもしました。

いろいろあってその方とはお別れしました。無職の時期に相手も焦ってはいたそうで、結果としてお互い無理をしていた様です。

私も辛かったですが、相手の方にも申し訳なかったなと思います。

私は正社員でしたが、無職期間が続く・精神的にデリケートな方との結婚を考えている場合は、自分が養うぐらいの度量で自分自身のキャリアや収入アップを頑張る必要があったなと、今になれば思います。

30代後半/専業主婦/女性

まずは様子を伺い、再就職しないようなら別れる

19歳の時にお付き合いしていた彼は仕事が続かない人でした。1ヶ月続けば良いほうで、再就職しては辞めるを何度も繰り返していました。

辞める理由は様々で、「条件が悪い」、「会社の人と気が合わない」。半日で辞めてきた時は「会社の社長に健康診断に行くように言われたから帰って来た」と言い、2週間待っても健康診断に行く気配もなし(笑)。

辞めた理由が見つからず、とっさについた嘘が健康診断!? 呆れて言葉も出ませんでした。

それからは仕事もせずパチンコ三昧。私も若かったし惚れた弱味で3年同棲し付き合い続けました。私は仕事を掛け持ちしているのに彼は毎日パチンコ。甘やかすとここまで駄目になるとは思いもしませんでした。

最終的には「他に好きな人ができた」とフラれました。私の貴重な3年間返せーと心の底から思います。

30代後半/専業主婦/女性

批判的な意見を言わずに見守る

大学生の頃、付き合っていた彼氏が勉強もやる気にならない状態で、バイトもやめては探しての繰り返しでした。

はじめは見守りながら様子を見ていました。

お互いに若かったですし、特に結婚とかは考えていませんでしたが、心理学はどのような環境においても役に立つと思い、私はメンタルケアの心理学講座を学び資格を取りました。

そして行動心理、深層心理に基づいてアドバイスをして励ましました。

40代前半/専業主婦/女性

プレッシャーにならないよう、仕事の話題は避けた

訪問営業をしていた彼は腰痛に悩み退職する事になりました。

これからどうするのか?他にやりたい仕事はあるのか?聞きたい事は山ほどありましたが、彼もたくさん悩んで退職を決断したのは分かるし、私が口を出すとプレッシャーになると思い、そっと見守る事にしました。

少し時間はかかりましたが、本当にやりたかった別の職種につけてイキイキ働いているので、焦らせずに良かったと思っています。

30代前半/自営業/女性

一番焦っているのは本人なので、焦らずゆっくり見守る

24歳の頃、付き合っていた彼は介護の仕事をしていました。人手不足から休みの日でも呼び出されたり、夜勤が続いたりと体力的にも精神的にも辛い状況を近くで見ていました。

辞めることを決めてから実際に辞めるまでに半年かかり、いつ辞められるか分からない状態がずっと続いたためか、次の仕事を探すこともできず、そのままニート状態になってしまいました。

働きたい気持ちがあることは分かっていたので、あえて何も言わずに過ごしていました。

するとある時から思い立ったかのように動き出し、あっという間に次の就職先を探してきました。ニートの期間が自分のことを見つめなおす良い期間だったようで、どんな仕事形態が合うのか考えられたようでした。

一番焦っているのは本人なので、何も言わず見守るのが良い方法でした。

30代後半/専業主婦/女性

温かく見守り、余計なことは言わない

就職活動を失敗した彼氏がニートになってしまったことがあります。

私はバリバリ働いていたので気になったのですが、彼氏の落ち込み様を見て、何も言わないことに決めました。

彼氏の就職が決まった今、「あのとき余計なことを言われなくて良かった」と感謝してくれています。ついアドバイスをしたくなりますが、黙って温かく見守ることも大事ですね。

20代後半/公務員・教育系/女性

焦る気持ちを抑えて明るく振る舞う

ニートなんて私には関係ないと思っていましたが、なんと彼氏がそのニートに。

焦りと不安でため息の嵐でしたが、彼氏にはその気持ちを抑えて明るく振る舞っていました。ほんの少しの間だけだと言い聞かせていました。

彼氏も次の職場を一生懸命探し、何とか再就職にたどり着きました。

30代前半/サービス系/女性

休憩をしつつも、節約を一緒に楽しむ

仕事にやりがいが見いだせずに悩んでいた彼。朝も早く、帰宅も遅い。日に日に疲れているのが手に取るように分かりました。

働きたくないわけではないことは分かっていたので、休憩のつもりで仕事を辞めることを勧めました。

休憩しつつも、やりがいが見いだせそうな仕事を探し、今は楽しそうに仕事をしています。

40代前半/専業主婦/女性

【3位】タイムリミットを設ける

タイムリミットを設ける

期限を設定して、約束を破ったら別れる

私がニートの彼に苦労したのは、大学2回生の頃です。

5才年上で社会人であるはずの彼は、無職の実家住みでした。というのも、両親がとても子供に甘く、ニートでいる彼を叱りもせず、お小遣いまで与えていたのでした。

そんなニートの彼に愛想が尽きそうだった私は「3ヶ月以内にバイトでも良いから仕事を始めなかったら別れるね」と告げました。

ところが、1カ月が過ぎても彼は求職活動を始めなかったのです。そこで「あと期限まで2カ月だね。職が見つかるまで会わないから!」と別れる期限プラス会うことを辞めました。

すると別れを冗談でないと理解した彼は、やっと求職活動を始め、アルバイトながらニートを卒業してくれました。

30代前半/サービス系/女性

仕事を辞めた理由と、本人に働く意思があるかどうか確認し、サポートするか別れるか決める

公務員として働いていた彼は、月200時間の超過勤務を行い、体調を崩しました。その後、通院しながら勤務を続けていたのですが、超過勤務は減らず1年後に退職。

退職後は、中々就職活動を行いませんでしたが、体調がよくなるまでは面倒を見る旨を伝え、体調がよくなった後にも仕事を見つけないようであれば別れると告げました。

彼氏は3か月程度通院しながら、体調がよくなってからしっかりと就職活動を行い、再就職することができました。

ニートになった経緯にもよりますが、すぐに仕事を見つけるよう急かす必要はなく、期限を決めてゆっくりしてもらうのも一つの手段なのかなと思います。

20代後半/サービス系/女性

仕事をしていない理由、できない理由がしっかりしていれば、ある程度期限を付けて見守る

偏差値の高い国立大学に通っていた彼は、進路に迷ってしまい、大学院に行くと言ったり、やはり就職すると言ったり、公務員になりたいと言ったり、結局どれも間に合わずニート状態になりました。

先に社会人になっていた私は、すぐに困ることはありませんでしたが、本人に将来のビジョンがないことが不満でした。

本人は、「とりあえず大学院に行く」と言ったり、「結婚してお前の稼ぎで生活すればいい」などと言っていましたが、私ははっきりと「就職しないなら結婚は出来ない」と伝えました。

彼の親は高収入で、実家で生活にも困らないため、彼もあまり焦ってはいないようだったのですが、私との結婚は彼なりに考えていたようで、話をしてからは真面目に勉強をして、公務員の試験に合格しました。

勉強を始めた時期からすると、合格は厳しいと言われていましたので、本当に努力したのだと思います。

同じ「働いていない」という状態でも、何かを目指しているのか、努力しているのかによって異なります。きちんと考えているなら、見守ることも大事かなと思いました。

ただ、将来を考えた時に無職のままでは困るので、ある程度期限を付けます。

20代後半/自営業/女性

期限を決めて、それまで支える

IT業界で働いていた彼は、休日が少ないことで疲れていました。付き合い始めのころからなかなかデートする時間を持てず、げっそりしていく彼が心配で長期休暇を勧めたら、思い切って辞めると決めました。

同じ職種で探しても年間休日が少ないところが多く、本人もまた自分の時間がとれなくなることを恐れてニート状態に突入。

私もまたやつれていく彼を見るのはつらいので、少しの間でも期限を決めて彼を休ませあげてその間は私が彼を支えると決心しました。

彼はきちんと期限までに仕事を見つけ、今は無理しない範囲で働いてくれています!ゆっくり休んでもらう時間を決めたのが良かったんだと思います。

30代前半/自営業/女性

【4位】話を聞いてみる

話を聞いてみる

なぜニートになったかの理由を聞く

ニートが絶対だめだとは思っていません。

やりたいことをやるためにニートになったなど、なにか理由がきちんとあるのなら、その理由によっては彼を責めず、ゆっくり待ったり、応援したいと思います。

理由が納得できるものでなかったら別れます。

30代後半/専業主婦/女性

まずはお酒でも飲みながらとことん悩みを聞き、落ち着いたら一緒に仕事探しをする

同棲していた彼が、入社わずか半年で仕事を辞めてしまったことがありました。

最初は理由を話してくれなかったため、「たった半年で辞めるなんて!」と彼を責めてしまいました。

それからしばらくの間、彼は家でぼーっとする日々を過ごしていました。このままじゃだめだと思い、「愚痴でも何でも付き合うから今日はとことん飲もう!」と誘い、一緒にお酒を飲むと、途中からお酒の力も借りて色々悩みを打ち明けてくれました。話を聞いてみると、とんでもないブラック企業だったことや、言いがかりをつけられパワハラを受けていたことを知りました。

彼は思いを吐き出したことでスッキリしたらしく、次の日からは職探しを始めてくれました!今は無事に再就職し、頑張っています。毎日笑顔で家に戻ってくるので、私も安心しています。

感情的に言葉をぶつけるのではなく、じっくり相手の悩みに耳を傾け、寄り添うことが大事だなあと思いました!

30代前半/サービス系/女性

毎日の予定を夜に聞く

私の彼氏は大学を休学しています。インターンが始まるから、と就職活動をきっかけに勤めていたアルバイトを辞めた後に休学を決めたので、今は何もしていないただのニートです。

そこで、毎日の予定を聞くようにしたところ、何も予定がない事はだらけていると自覚したのか、スキルアップの為の資格勉強をはじめました。

20代前半/自営業/女性

【5位】自分が養う

自分が養う

家事を教えた

彼は元々、アミューズメント施設の店長だったのですが、会社がアミューズメント部門から撤退ということで退職。すぐに再就職したのはそれまでとは全く違う肉体労働系でした。

ある日、出勤した彼を見送って2〜3時間後。玄関の外で何か音がするような気がしてそっとのぞき穴から外を見てみると、そこにはアパートの廊下に座り込んでタバコを吸っている彼の姿が。

急いで扉を開けてどうしたのか話しかけると、「どうしても仕事に行く気がしなかった、だけど仕事にも行かずに帰ってきたら私がガッカリするんじゃないかと思うと部屋に入れなかった」とのこと。

私はそのとき妊娠中だったのです。結局それを機にどんどん仕事に行く日が少なくなって、私が出産する頃にはそれまでの蓄えで何とか生活してる状態に。

出産後すぐ仕事を探し始めたのは彼ではなく私でした。もう、彼を大黒柱として当てにするのはやめよう、私が働いて彼に子育てしてもらおうと妊娠中から考えていたのです。

そんな逆転生活でしたが、彼は意外と母親業をすんなり受け入れ、何と本当に彼が生んだのではないだろうかと思うぐらいの立派な母(笑)になってました。私も、本来勝ち気で男勝りだったことと、家事が嫌いなこともあってか、彼に早く働いてと思うこともなく、その現状にその頃は満足していました。

現在は、それとは別の理由で敢えなく離婚となってしまいましたが、あの時の事は教訓として今も生きてます。

時代を経てヒモとかニートとか主夫とか呼び方は変わってきていますが、それぞれが助け合って何か補いあって生きていかなくてはいけないのは事実。

固定観念にとらわれず、生きていくのに必要なことをやっていくしかないのだなと今も感じています。

30代後半/流通・小売系/女性

相手のお金と暮らす訳じゃないので、稼げる方が稼げばいい

同棲していたパートナーがある日突然「仕事辞めてきた」と言いました。前々から不満を聞いていたので、「あ、そう」と答えて「しばらくのんびりしなよ」と伝えました。

当時、私も正社員でしたし、2人で暮らす分くらいのお給料は貰っていましたので、特に焦りもなく、雇用保険の手当の支給もありますし、気が済むまでのんびりして貰っていました。

ですが、支給があるとはいえ、満額ではありませんし、自由になるお金の減少は否めません。

そのうち自分から職探しをして、新しい仕事に就いてくれたので、大きな問題にはなりませんでした。

相手のニート歴は2年でしたが、一つだけ不満があるとするなら、ニートしてる間、せめて家事はやって欲しかったという事くらいです。

もし、相手がそのまま就職しなかったとしても、その時はもう「この人と生きていく」と決めてましたので、私が2人分稼げばいいやと思っていましたから、特にストレスもなかったです。

相手のお金と暮らす訳じゃありませんから、稼げる方が稼げばいい。相手の人生を背負う覚悟がないなら、一緒に生きてく意味ありませんしね。

40代前半/流通・小売系/女性

【6位】第三者の力を借りる

第三者の力を借りる

様子を見ながら、必要なら家族に相談してみる

恋人と同棲を始めた時、私はそれまでの銀行の仕事を辞め、相手はバイトを転々としていた時期でした。自分は退職金があるうちに飲食店のバイトを始め、時間の許す限りガンガン働いていました。

恋人は私よりバイト経験が多かったので、探し始めるとすぐに仕事は見つかるのですが、病欠や遅刻をきっかけに行きにくくなり、そのまま行かなくなってしまうことが多くあり、そこから次の仕事に着くまでの切り替えも時間のかかるタイプでした。

そんなとき、たまたま私の親と恋人と私とが一緒に会うタイミングがあり、その時はただ一緒に食事をしただけだったのですが、帰宅後、母より私宛に「そんな相手と一緒にいさせるわけにはいかない」「これ以上続くようなら実家に戻ってもらう」という長い長い怒りのメールが…。収入的に厳しくなってきた頃でもあり、親も薄々感づいていたのでしょう。

私は今まで彼を甘やかしていた所を反省し、自分の甘さも謝罪した上でそのメールを恋人に見せました。相手も自分の状態が不味いということを改めて感じたようで、直後、目の前のコンビニに走り、バイト情報誌を買ってきました。

髪色も染め直し、翌日すぐに狙った職場へ連絡してなんの問題もなく採用されました。

恋人となるとまだまだ家族には相談しにくいことかとは思いますが、親の言葉にはなかなかの力があるようなので、(私は親が気付いた流れではありますが)思い切って相談してみるのも手なのかもしれません。

20代後半/不動産・建設系/女性

相手の親に内情を伝えて協力を仰ぐ

以前交際していた人は、いわゆるブラック企業に勤めており、本人の性格も関係あってか上司や同僚とも意見の衝突が多かったみたいで、ある日いきなり辞職してきました。

住んでいた場所は職場の寮だったので、部屋探しをしつつも私は昼と夜の仕事を掛け持ちで働いていましたが、彼は私以外の女性と遊び歩いたり、あちこちの女性の部屋を渡り歩いたりしていました。黙って通帳を持ち出され、一晩で100万使われてしまったこともありました。

相手の気持ちが落ち着いた頃を見計らって、今後どうしていきたいか、考えを確認したのですが、何もビジョンはないようでした。

私は黙ってただ職場と部屋を往復し続けていましたが、そんな中、相手の父親が自営業を営んでおり、内情を知って彼を自分の跡継ぎとして自分の職場に就職させてくれました。

その後、しばらく彼の地元で過ごしていましたが数年で別れ、彼の父親から聞いた話では、彼は今現在行方不明だそうです。

それからは、私はお付き合いをする相手とは距離を置いて、当たり障りなく付き合うようになりました。

30代後半/サービス系/女性

【7位】プレッシャーを与える

プレッシャーを与える

ネチネチ詰め寄って、働いた方がマシだと思わせた

彼はガソリンスタンドで10年以上働いていたけど会社からリストラに遭い、辞めることになってしまいました。

10年も同じとこに勤務していたのに見放され、意欲がなくなっていたようです。

最初は私も一緒に探していましたが、彼が一向に動き出さないので腹が立ちネチネチ詰め寄っていたら、働いた方がマシだと思ったようで仕事を探し始めました。

それからは毎日のように探し、1ヶ月もかからず見つけました!

40代前半/専業主婦/女性

彼氏を甘やかさずプレッシャーを与える

私が彼氏と同棲していた時の話です。

まだ結婚前でしたので、家賃・光熱費・食費は全て折半でした。お互いの所得はそれとなく知っている程度でしたが、恐らく私の方が多かったと思います。

ある日、彼氏が私の給料明細を見て、「こんなに貰ってるんだ。」と、言って来ました。その時は特に気にしていませんでしたが、何とその1ヶ月後に彼氏は仕事を辞めて来ました。

理由を聞くと「前々から悩んでいた。」と。

じゃあ直ぐに仕事を探すのかと思いきや、1ヶ月経っても働くどころか職探しすらせず、完全にニートになりました。

その月の生活費全ては私が賄いました。私の給料明細を見て、甘えが出たのだと思います。

「このままでは駄目だ。」と思い、翌月、折半分の私の生活費だけ置いて、同棲している家を出ました。彼氏からは「俺お金無いよ。」と、連絡が来ましたが無視です。

その後、暫く連絡を取らないでいると、彼氏から「俺、新しい仕事見つかったから戻って来て。」と、言われました。

甘やかすと、ろくな事にならないと学びました。

30代前半/サービス系/女性

【8位】別れを決める

別れを決める

働く意欲はあったが、正社員で探さなかったので別れた

転職した彼が入社して1週間で、急に相談なく仕事をやめました。

話を聞くと、大変なことや辛いことがあったとのことでした。

しかし、次の職場を正社員で探さなかったので、二人の将来が見えなくなり別れを選びました。

30代前半/サービス系/女性

【9位】社会とのつながりを持たせる

社会とのつながりを持たせる

できるだけ外に連れ出し、社会と繋がりを持たせる

同棲していた彼氏は、パワハラがある会社での同僚でした。違う部署でしたが、小さな会社だったのでそのパワハラのすごさは私も知っていました。

「辞めたい」と言っていましたが、責任感が強くなかなか辞めずに2年が経った頃、いつもよりもタチの悪いパワハラにとうとう嫌気がさし、会社を辞めました。

彼の仕事に対するまじめな姿勢はずっと見てきたので、辞めても次の仕事をきちんとできる、認めてくれる会社があると思い、あまり口出しせずにいることにしました。

しかし元々インドアな彼は、会社を辞めて引き籠りがちになってしまったので、社会との繋がりをなくしてはいけないと思い、私の趣味に付き合わせたり、休日はできるだけ外に一緒に出かけ、人と会わせるようにしました。

そしたら、外に出る抵抗があまりなくなったのか、元の会社の取引先で、彼が担当していた方と食事に行ったりするようになり、そこでスカウトされ、現在はそちらの会社で働いています。

あの時、引きこもりになっていたらと思うとゾッとします。

30代前半/流通・小売系/女性

まとめ

女性100人に聞いた彼氏がニートになった時の対処法では、1位は『一緒に将来の展望を確認する』、2位は『そっとして様子を見る』、3位は『タイムリミットを設ける』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏がニートの場合の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女がニートの場合の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女がニート…同じ経験を持つ男性100人が実践した対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年03月30日~04月14日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。