彼女がニート…同じ経験を持つ男性100人が実践した対処法


【3位】そっとして様子を見る

そっとして様子を見る

やさしく接して今後どうするのか様子を見た

看護師だった彼女は僕との結婚を考え始めた頃から、相談もなくシフトの数を減らし、職務態度もいい加減になり、周囲からかなり評判が悪くなっていることを同僚から聞きました。

しまいには勝手に仕事を辞め、僕の家でゴロゴロする日々が続き、プロポーズしようと思っていた僕はすっかり彼女に冷めてしまいました。

経済的な面から共働きと考えていた僕は、彼女が少しでも働く姿勢があるならやり直せるかもとやさしく見守りながら、半年間なんとか彼女を養う生活をしていました。

しかしながら一度働くのを辞めてしまった彼女が働こうとする様子はなく、半年間の我慢で限界をむかえ別れる結果となりました。

やさしくし過ぎて片方が我慢を強いられる関係は、お互いのために良くなかったなと今では反省しています。

30代前半/医療・福祉系/男性

労働意欲が出るまで待つ

雑貨屋で働いていた彼女は、給料の低さや、直前に度々変更されるシフトなどに嫌気が差し、次の職場を決める前に退職してしまいました。

少しゆっくりすると言い、ダラダラした何もしない生活を送っていました。私は彼女自身いつかダラダラするのにも飽きてくるだろうと予想し見守っていました。

一か月程経過したあたりで、やはり暇に飽きたのか何日か連続で面接を受けに行き、納得のいく職場を見つけ、以前の職場よりもイキイキと仕事を出来る環境を見つけてくれました。

周りの人が急かしたりするよりも、自発的に行動を起こした方が次の職場で気持ち良く働いてくれると思います。ニートはきっと直ぐに飽きるはずです。

30代後半/自営業/男性

今後自立して働いていけるか少しサポートしながら様子を見る

彼女は営業をしていましたが、上司からのパワハラに耐え切れず泣いており、日に日に笑顔が減り仕事に行きたくないと言うので2年で退職しました。

しばらくは休養していましたがお金は減るばかりで、そのうち夜の店でバイトするようになりました。

私が反対していたバイトだったこともあり、限界がきて別れを切り出すと、彼女は「人は裏切ってもお金は裏切らない」と開き直りました。

一旦距離を置いたものの、将来を考えるようになりヨリを戻したところ、彼女も気持ちを切り替え今は正社員で働いて平和に暮らしています。

働くのは本人なので、いくら他人が言っても無駄だと思いました。見守るのが一番です。

20代後半/自営業/男性

落ち込まないように彼女の意見を尊重する

彼女は職場の人間関係がうまくいかず、仕事を辞めました。鬱や心が壊れてしまうくらいならニートのほうがましだと思い、仕事を辞めることには賛成でした。

しかし、ニートという立場上、世間の目が気になるところがあり、彼女の気持ちが落ち込む時もありましたが、彼女の意見を一番に考えて行動することに努めました。

20代後半/サービス系/男性

【4位】リフレッシュさせる

リフレッシュさせる

仕事を探す前に、一度買い物や旅行で気持ちをリフレッシュさせる

ブライダル関係で働いていた彼女は、上司からのパワハラを受けていました。精神病扱いをされて悩んでいる彼女を見て、私はすぐに仕事を辞めるよう説得しました。

人間関係で辞めることになった彼女には、再就職先を探す前にまずは心のリフレッシュが必要だと思ったので、2人で旅行に行く提案を致しました。

旅行は案の定楽しんでもらって、彼女は1ヶ月もしない内に自分から就職活動をし、一回の面接で内定をもらえました。現在は前職と全く違うジャンルで仕事をしていますが、人間関係が良い職場に勤めています。

どんな理由でも仕事を辞めた後は、一度気持ちを切り替えて心身共にリフレッシュする事が大切だと思います!

20代前半/不動産・建設系/男性

一緒に出掛けたりご飯を食べたりすることを心掛ける

もしも自分の彼女がニートになったとしたら、きっと彼女にとってとてもショッキングなことが起こったに違いありません。

心が傷ついているときに根掘り葉掘り聞くことは、傷に塩を塗るようなものです。

今は心が疲れて内向きになっている状態なので、核心には触れず心が外向きになるように、彼女が許す限りで、一緒にいろいろなところへ出掛けたり、ご飯を食べに行ったりする回数を増やします。

とにかく彼女を信じて寄り添うことで、後々功を奏すると思います。

30代後半/不動産・建設系/男性

【5位】自分が養う

自分が養う

これ以上苦しむ彼女を見たくなかったので、プロポーズし結婚した

理学療法士の彼女は、患者様からのセクハラや、上司のパワハラに悩んでいました。

ある日、私に「精神がボロボロで辞めたいけど、上司から、辞めるなら代わりになる理学療法士を連れてこいと言われた」との事でした。そんな時に私は何もできず、本人はどうしたらいいのかわからず、そんな毎日が2か月経とうとしていました。

行きたくない仕事を続けるのは、体にもよくないから「何言われてもいいから辞めてゆっくり過ごしたら」とアドバイスをしたときに、彼女のニート生活が始まりました。

彼女自身は、辞めた当初からすぐに次の就職を見つけようとしてはいましたが、これ以上苦しむ彼女を見たくなかったので、私はプロポーズをし、結婚しました。

結婚してからは毎日育児や家事を頑張ってくれています。あの時ニートの選択をしなければ今の幸せな状況は生まれなかったかもしれません。

30代後半/医療・福祉系/男性

まとめ

男性100人に聞いた彼女がニートになった時の対処法では、1位は『一緒に将来の展望を確認する』、2位は『話を聞いてみる』、3位は『そっとして様子を見る』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼女がニートの場合の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏がニートの場合の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏がニート…同じ経験を持つ女性100人が実践した対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年02月11日~02月26日
回答者数:100人