彼氏がいても満たされない…経験がある女性100人の対処法

彼氏,満たされない

彼氏と付き合っているのにも関わらずスキンシップやデートが少ないと、満たされない気持ちになることもありますよね。寂しさが募って別れることすら考えてしまう事も…

「満たされない気持ちになってる!」とは中々言えないからこそ、彼氏がいても満たされない気持ちに上手に対応する方法が知りたい女性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏がいても満たされない気持ちの時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼氏がいるのに満たされない時の対処法ランキング

まずは、彼氏がいるのに満たされない時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏がいるのに満たされない時の対処法』によると、1位は『素直に気持ちを伝える』、2位は『新しいことをしてみる』、3位は『自分の時間を楽しむ』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏がいるのに満たされない時の対処法

女性100人に聞いた彼氏がいるのに満たされない時の対処法では、1位の『素直に気持ちを伝える』が約23%、2位の『新しいことをしてみる』が約12%、3位の『自分の時間を楽しむ』が約11%となっており、1~3位で約46%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏がいるのに満たされない時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】素直に気持ちを伝える

素直に気持ちを伝える

彼の家まで押し掛けて、自分の気持ちをぶつける

彼氏が忙しいのは仕事のせいだからと我慢していました。

せめて会えない時くらい電話でもと思い、掛けてみましたが、「忙しい」の連続でまともに話もしてくれませんでした。

「彼氏なのに・・・」と満たされない気持ちが積もり、我慢の限界でした。

私は彼の家まで押し掛けて、自分の気持ちを泣きながらぶつけました。彼は「そんなに寂しくさせてごめん」と謝ってくれたので、ぶつけたことは無駄ではなかったです。

30代前半/サービス系/女性

たまに「寂しい」とやんわり伝える

遠距離恋愛で、彼はこまめに電話や連絡をくれていました。しかしお互いに仕事が忙しい上になかなか会えない時、満たされなく感じることがあります。

もともとは私も彼も自分の時間を大切にできるタイプなので、電話をつなぎながらお互いが好きなことをしていることもしょっちゅうで、その自由さが心地よかったはずなのに、時々「あまりにも私に無関心では?」と感じてしまうことがあるのです。

相手に気は遣わないでほしいし、その度に「構って」とアピールするわけにはいきませんが、夜寝る前などお互いの活動が落ち着いた時に、「もし会えたら…」という内容の話をしたり、たまに「寂しい」とやんわり伝えるようにしています。

20代後半/専業主婦/女性

彼氏に素直に気持ちを伝えることが大切

好きだから付き合ったのですが、相手からあまり愛情を感じませんでした。

初めはあまり気にしていませんでしたが、一緒に居るうちに満たされない気持ちが大きくなっていきました。

私は空いてる時間があれば彼氏と会い、彼氏との時間を多く作るようにしましたが、満たされない気持ちは変わりませんでした。

しんどくなり、「満たされない気持ちがすごい」と素直に伝えました。彼氏からは「なにも感じていなかった」と言われ、これは元々の性格が合わなかったと思い、そのままお別れしました。

満たされない気持ちがあるということは、別れ際のサインかもしれないと今でも思います。

20代前半/サービス系/女性

彼に気持ちを伝えて、友達との時間も作る

彼から連絡が少なかったり、彼が忙しかったりで時間を作ってもらえないと、すごく寂しくて満たされない気持ちになります。

でも、そんな時は自分が彼に依存していたりするので、楽しく時間を過ごせる友達と出かけたりすると案外、消極的な気持ちにならずに済みます。

そして彼にもちゃんと寂しい気持ちを伝えること。こんな時にはこうして欲しいなど、自分の気持ちをしっかり伝えた後は、彼に依存しすぎないようにしていれば、自然に満たされると思います。

30代前半/サービス系/女性

寂しい気持ちを素直に伝えた

大学の頃に付き合っていた彼は、多趣味で交友関係が広く、休日の度に予定が入っている人でした。

付き合い始めてもそのスタイルは変わらず、デートの誘いも「予定が入っているから」と断られることが何度もありました。

そんなことが続くと、本当に付き合っているのか疑問に感じ始め、満たされない気持ちから不安を感じ始めました。

このままではダメだと、素直に彼に寂しい思いをぶつけたところ、それからは私と会う時間もきちんと作ってくれるようになりました。

言わなければ伝わらないこともあると感じ、素直に伝える大切さを学びました。

30代後半/専業主婦/女性

ちゃんと気持ちを言葉にする

以前は予定を合わせて会っていたのにもかかわらず、彼はだんだん自分の時間を優先するようになりました。

会うことも少なくなり、彼の私への気持ちが冷めたのだと思い、素直に「どうして連絡や会う頻度が減ったのか」を聞きました。

すると向こうも私がデートをしていても素っ気なく、楽しくなさそうに見えたそうで、私の気持ちが冷めたのだと思い、会うことを控えていたと言われました。

普段、私はあまり自分から好きだとか言いませんが、それ以来ちゃんと気持ちを言葉にするようになりました。

その結果、お互い連絡を取ったり、また頻繁にデートをするようになりました。

20代後半/専業主婦/女性

相手が忙しくない時間を見計らって、正直に寂しい伝える

当時の彼は、本業の他に副業としてプライベートの時間を削って、家でも仕事をしていることが多くありました。

半同棲のような暮らしをしていましたが、慣れてきたのかなかなか構ってもらえず、寂しい時間を過ごすことが増えました。

彼の邪魔をしたくないと我慢をしていましたが、どうしても「彼との甘い時間が欲しい、そばにいるのになんでこれほど心が離れているような気がするのか」という思いが募ってきたため、仕事が一段落したところを見計らって、正直に「寂しい」と伝えました。

初めはキョトンとしていた彼でしたが、私がこれまでの思いを丁寧に伝えたところ、だんだんと実感が湧いたのか、やさしく「ごめんね」と抱きしめてくれました。

それ以降も彼は忙しいことがありましたが、一息つくタイミングで私にも構ってくれるようになりました。言葉で伝えないと伝わらないと強く思いました。

30代前半/サービス系/女性

その時の気持ちを正直に言う

彼と一緒にいるのに、なんとなく不安があったり、満たされてない気持ちを抱くときは、その気持ちを正直に伝え、思いっきり甘えてみてはどうでしょうか。

私の経験で言うと、全てうまくいきます。大抵の場合、彼は何も変な気持ちを抱いているわけではなく、不安なのはただの自分の思い込みがほとんどでした。

恋愛は好きな分、不安な気持ちになったりする事がありますが、いつも正直でいる事が全てを解決してくれます。

40代前半/専業主婦/女性

思っていることを素直に伝える

彼は友達がとても多く、友達との遊びや電話に集中してしまうと、なかなか連絡がなかったり、会えなかったり寂しい思いをする事がありました。

友達を大事にできるのはいい事ですが、「彼の頭の中に自分はいないのかな」と不安になってしまったので、話をしたいと言い、思っていることを素直に伝えました。

彼は「寂しい思いをさせてごめん。そこまで想ってくれて嬉しい」と喜んでました。

ちゃんと伝える事は大事だなと思います。

20代後半/IT・通信系/女性

自分の気持ちを素直に相手に伝えた

大学時代、付き合っていた彼は、少しでも家族の助けになるためにアルバイトばかりしていました。

数か月はお互いアルバイトや学生生活に慣れるのに必死で、二人の時間を重視していませんでした。

そんな期間が長くなるにつれ、寂しさと彼がいるのに満たされない気持ちが募っていましたが、私の性格上、自分から気持ちを伝えられず、なんだかお互いの関係に亀裂が入ったような感じになってしまいました。

これではいけないと思ったので、勇気を出して「寂しい!もっと会いたい!」と伝えました!

すると彼も同じ気持ちでいて、付き合いたての頃のように戻れました!

やはり満たされない気持ちの時は、隠さずにしっかりと気持ちを伝えることが大事だなと思います!

20代後半/医療・福祉系/女性

直接伝えることが大事

一緒に過ごす時間が長くなり、最初のどきどき感がお互いになくなり、浮気なのかと相手を疑ってしまう時がありました。

結果としては浮気ではなかったのですが、何となく距離を感じてしまい、一緒にいても満たされない時がありました。

少し様子を見ていましたが、やっぱりわだかまりのある中で過ごすことが嫌で、直接彼と話し合いをしました。

彼は仕事のことで手一杯になり、関係が疎かになっていたことを謝ってくれました。

やはり、直接話し合うことが大事だと感じております。

30代前半/メーカー系/女性

自分の気持ちを伝えた

お互い社会人になって働き出すと、休みの日が合わず、休みの日が被っても、友達との予定があったりしてデートの回数が減っていきました。また、彼は遅くまで働いていたので、毎日の連絡も何通かでした。

そこで、やっとデートが出来る日には、行きたい所に連れて行ってもらい、その時に自分の気持ちを伝えたところ、寂しい思いをさせていた事に気づいてくれたので、伝えることは大事だと思いました。

20代前半/専業主婦/女性

【2位】新しいことをしてみる

新しいことをしてみる

彼が見たことない服装をするなど、大きくイメージチェンジして驚かせる

私が大学生で、彼が社会人だった時の話です。

当時の私たちはケンカが多く、友達の惚気話を聞いては少し落ち込んでいました。基本的には幸せですが、何か満たされない気持ちでいました。

付き合った当初はケンカが少なかったため、もう一度付き合いたての気分に戻れればいいのではと考えました。

そこで、思い切って服装や髪型を一新してみました!イメージチェンジをして彼に会うことで、お互い初めて会った時のような気分になることができました。

付き合いが長くなると新鮮味がなくなってしまうので、何となく満たされない気分になりがちなことがわかり、今では定期的にお互いイメージチェンジしています!

20代前半/サービス系/女性

どうしたら楽しく過ごせるか考えて、普段行かないような場所に出掛けた

お互いに交替勤務で時間が合わせにくく、出掛けたり予定を合わすことが難しかったです。

そこで夜中〜朝方にファミレスで食事(お茶)したり、早朝や夜の出勤前にモーニングや、ラーメンを食べに行ったり、食事の時間を合わせるようにしました。

普段出掛けない時間帯に出掛けるのは気分転換になり、相手が時間を合わせてくれたことや些細なことにも感謝できるようになりました。

30代前半/メーカー系/女性

興味がありそうなことに誘った

当時、学生だった私は社会人の生活リズムが分からず、満たされない時がありました。

忙しいから深入りせずにいようと思っても嫌になるばかりだったので、どうしたものかと考えました。

そんな中、彼氏から「カメラを買った」という話を聞いたので、休みの日に「オシャレな通りやカフェがあるからカメラ持っていかない?」と誘いました。

すると彼氏は「そこって女性ばかりのところで行きにくかったけど、前から興味があったんだ」と乗り気になってくれ、結果的に出掛けることが増えました。

お互いの趣味を尊重して利用するといいと思います。

20代前半/専門コンサル系/女性

普段の夕ご飯をレストランのコース風にしてみた

学生の頃付き合っていた彼とマンネリ気味になっていました。

私は彼のことが大好きだったので、少し寂しい気持ちもあり、「なにか変わった事をして打開しなくては!」と思いました。

そこで、私の得意な料理を工夫しようと思い立ち、夕飯をレストランのコースの様にする事にしました。前菜やスープ、メインやご飯もの、デザートまでを作り、メインとデザートはAとBから選べる様にし、彼にその場で選んでもらうスタイルにしました。

コースのお品書きも用意して、彼が帰ってきたら「いらっしゃいませ!お待ちしておりました!」と、サプライズでお出迎えしました。

彼も突然のことにとても驚いていましたが、普段よりも豪華で変わった出し方のご飯に、凄く喜んでくれました。日常の中でいきなりサプライズをされたので、彼の中でもとても印象に残る出来事だったみたいです。

ちょっと一手間かけるだけで、彼に喜んでもらえるだけでなく、話も盛り上がりその後の片付けも一緒にやるなど、コミュニケーションも増え、大成功でした!

また気持ちが寂しいなと感じることがあれば、こういった簡単な刺激をちょこちょこ取り入れてみたいと思います!

30代前半/サービス系/女性

グループデートをしてみる

毎回似たようなデート、同じような会話でなんとなくお互いにマンネリ化してしまい、その不満から満たされない気持ちがどんどん積もり積もってしまった時期がありました。

そんな時に友だちカップルからBBQに誘われ、彼氏と一緒に参加する事になりました。

友だちカップルと一緒に遊ぶ事で新鮮な風が入り、楽しくグループデートする事が出来ました。

マンネリ化した時は何か今までと違ったデートをする事で、新鮮な気持ちになり、自然と満たされない気持ちも解消する事が出来ると思います。

40代前半/専業主婦/女性