彼氏の愛情不足を感じる…同じ経験を持つ女性100人の対処法

彼氏,愛情,不足

彼氏と付き合っているのにスキンシップやデートが少ないと、「あまり私の事は好きじゃないのかな」と愛情不足に感じることもありますよね。

「もっと愛情を伝えて!」とは中々言えないからこそ、彼氏の愛情不足に感じても上手に対応する方法が知りたい女性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏の愛情不足に感じた時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼氏の愛情不足を感じた時の対処法ランキング

まずは、彼氏の愛情不足を感じた時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏の愛情不足を感じた時の対処法』によると、1位は『素直に伝える』、2位は『自分がリードする』、3位は『相手に聞いてみる』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏の愛情不足を感じた時の対処法

女性100人に聞いた彼氏の愛情不足を感じた時の対処法では、1位の『素直に伝える』が約26%、2位の『自分がリードする』が約15%、3位の『相手に聞いてみる』が約14%となっており、1~3位で約55%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏の愛情不足を感じた時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】素直に伝える

素直に伝える

素直に甘えてみる

愛情に飢えていると思ったときは、素直に彼に甘えてみます。

たまに冷たく突っぱねられるときは、「なんでそんなに冷たいの!?」と感情的になるときもありますね。

勿論、その時は彼も感情的になっていますので、逆切れされるときは多々あります。

そのまま言い合いになって、言い返せなくなった方が負けですが、大体は彼のほうが「最近忙しかった」とか言って折れますね。

男性は忙しい時や悩んでる時は、女性に気を配れなくなる人も多いので、生暖かい目で見守るのも一つの手ですよ(笑)。

30代後半/サービス系/女性

とにかく彼氏の前では甘える事

今お付き合いをしている方と結婚前提で付き合っているのですが、結婚の話になるといつも喧嘩してしまいます。

お互いに少し頑固なところがあるせいか、意見を譲りません。その結果、小さな事で喧嘩をすることが増えてしまいました。

私と彼は片道40分ほどかかるところに住んでいて、初めの頃は遊びに行く際、彼が家まで迎えに来てくれてましたが、喧嘩が絶えなくなってからは、いつも面倒臭そうにします。

そんな彼を見ていて「私に対して冷めたのかな」そう思うようになりました。

その相談を私の大親友でゲイの友人に聞いてみたところ、「甘えてみたら?男はそういうのに弱いのよ」とアドバイスをいただき、ラインや電話では、お願いしたい時に可愛らしくお願いをしていました。

もちろん初めは彼も戸惑っていましたが、だんだんと気を良くしたのか、彼の方から遊びに誘ってくれたり、積極的に迎えに来てくれたり、態度が変わっていきました。

「甘える」って簡単そうで難しい事なんです。でもこの方法が一番お互いにうまくいき、彼の愛情も増す方法だと私は思ってます。

20代後半/自営業/女性

寂しいから構ってと甘えてみる

私の彼はあまり愛情表現が得意な方ではなかったので、もともとデートに誘ったり、連絡してきたりするタイプではありませんでした。

なので、自分から寂しいときは寂しいと甘えるようにしています。「寂しい」と甘えると、「どっか行こうか」と誘ってくれたり、電話をかけてきてくれたりして、自然とコミュニケーションが増えました。

寂しい時は寂しいと甘えてみるのも手だと思います。

20代前半/公務員・教育系/女性

とにかく甘えて、わがままを言って関心を惹く

最初はちょっと怒ったふりをしながら、とにかく甘えて、わがままを言って関心を惹くことにしています。特に食べたい物を伝えて買ってきてもらうと、「尽くしてもらった」という自らの欲求も満たされるだけでなく、一緒に食べて、感想を共有することで、穏やかな時間を過ごすことができます。

結婚してからすぐの事ですが、夫は残業続きで、平日は夕飯時に二言、三言かわすだけで、あとは挨拶ぐらいしか会話をしていませんでした。休日になれば、「疲れ」を理由に寝ていたり、友人との付き合いを優先して、私との時間をとってくれませんでした。

あまりにも寂しさが募った為、夫が比較的早く帰宅した日を狙って、わがままを言い、私のいう事を聞いてもらいました。いつもは「夫に尽くす」毎日でしたが、その日ばかりは「尽くしてもらった」という気持ちになれました。

また、「愛されているからこそ、わがままを許してもらえたんだ」となんだか安心して、スッとした気持ちになりました。

40代前半/専業主婦/女性

我慢の限界が来たら、電話で「愛情不足だから好きって言って」と言う

現在進行形なのですが、彼は学生で仕事もしており、LINEの返信が5時間以上返ってこない事がざらにあります。

付き合う前は毎晩のように電話もしていたのですが、今はそれもなくなり、2日に1回するかしないかで、それが物足りなく感じて忙しいと分かっていても構ってほしいな、と愛情不足になります。

今はコロナで会えないので、電話で「愛情不足だから好きって言って」と言うと、いつもより長く構ってくれます。

毎回毎回、愛情不足と伝えるのは相手もしんどくなると思うので、我慢の限界がきたら伝えるのが丁度いいのかなと私は思います。

20代前半/専業主婦/女性

構ってくれないと拗ねてみた

連休を楽しみにしていて、彼に「どこかに行こう」と提案したら、サーフィン仲間と約束してしまったと言われました。

仕事が忙しかったから、連休は2人でゆっくりしたかったのに、まさかの放置にキレ気味の私。

ひたすら謝る彼に、怒りたい気持ちをグッと堪えて「お休みの間、ずーっと一緒にいたかったのに」と拗ねてみたら、可愛く思ってくれたのか、連休後半はずっと一緒にいてくれました。

怒り過ぎていたら喧嘩になっていたかもしれないけど、少し拗ねるくらいなら、気持ちも伝わるし、可愛く思ってくれるみたいだし、とてもいい方法かもと思いました!

40代後半/専業主婦/女性

素直に寂しい気持ちを打ち明ける

社会人で働いてた時に付き合ってた彼氏は、勤務地がその時によって違う外壁工事の仕事をしてました。

私は土日休みでしたが、彼氏は仕事が忙しく休みもバラバラで中々会えず、寂しい思いをしていました。

「寂しいと言ったら迷惑かな?」など考えて一人で悩んでましたが、元々、不器用な彼氏で私の気持ちを察してくれるような人ではなかったので、「言わないとわからないな」と思い、素直に寂しい気持ちを打ち明けました。

そのお陰で仕事が早めに終わった時は、一緒にご飯だけでも食べてくれるようになったり、スキンシップが前より格段に増えました!

言わないとわからない人には思いきって言うしかないなと、つくづく思いました!

30代前半/専業主婦/女性

自分から思っていたことを全部打ち明ける

私は学生ですが、年上の彼は仕事をしており、会える時間や話せる時間がなかなかなく、一回別れそうになった時がありました。

彼のLINEの返信の仕方も冷たく、反抗するように私も冷たくなってしまって、電話をしているときも少しでも会話が途切れたら「もう切るよ」と言われ、電話の回数も減っていきました。

そのことに耐えきれず、自分から思っていたことを全部打ち明け、彼に「もう私に興味がないのなら別れよう」とまで言いました。

しかし彼も、最近順調じゃないことを不安に思っていてくれて、「それでも一緒にいたい、今は忙しいから我慢してほしいけど、絶対に悲しませることはしない」と言ってくれて本当に嬉しかったです。

自分から勇気を出して話を切り出したことで、彼の本音も聞けてすごく気持ちがスッキリしました。

20代前半/大学生/女性

愛情不足などの不安はきちんと伝えること

あまり愛情表現をしない人と付き合ったことがあります。

最初のころは「好き」「かわいい」という言葉をしきりに言ってくれましたが、付き合って半年くらい経ったころからは言ってくれなくなったので、私は愛情が冷めてしまったのだと思い、別れを覚悟していました。

けれど、一行に別れを切り出されないので、こちらから「別れようか?」と聞いたところ、「なんで?」と驚いた顔でこちらを見てきました。

私は、愛情表現が足りないこと、彼が冷めてしまったのではないかと思っていることを話しました。

すると彼から、「全く冷めてない。むしろ大好きなんだけど」と言われ、私が驚きました。

彼は無自覚だったようで、もともと愛情表現があまり得意ではなく、最初のころは必死にそういう言葉を使ってくれていたみたいです。全て私の思い込みでした。

その後は彼も努力してくれて、たまに好きと言ってくれるようになりました。なので、愛情不足などの不安はきちんと伝えることが大事だと実感しました。

30代前半/サービス系/女性

相手にしっかりと自分の気持ちを伝え、彼の気持ちを聞いてみる

まず最初に「何故、愛情が不足していると思うか」と自分自身に聞くことで、解決の糸口が見つかると思います。自分にとって愛情とはどういうものなのかがハッキリしていないと、絶対に解決などできません。

また、自分自身が相手に対してしっかりと愛情表現ができているかも見直すと良いと思います。

それだけ考えてもどうしても分からないということでしたら、相手にしっかりと自分の気持ちを伝え、どういうつもりなのかを聞けばいいと思います。

それで摺り合わせをしていけば、お互いのとらえ方に生じたズレを埋められるのではないかと思います。

30代前半/不動産・建設系/女性

沢山の愛情がほしいと切実に訴えた

初めて付き合った彼のことです。

付き合う前はすごいアプローチで、何度も何度も私のことを追いかけてきて、私をお嬢様扱いしてくれました。

愛されてるなと感じた私は、彼なら大丈夫だと付き合ったのですが、徐々に彼の愛情を感じなくなりました。

なので、私は「このままでは嫌いになってしまう。付き合う前のように沢山の愛情がほしい」と切実に訴えました。

すると、彼は自分の態度に反省し、付き合う前のように私を扱ってくれるようになりました。

30代前半/サービス系/女性

愛情が足りないと伝える

彼氏の仕事がとても忙しくて会えなかった時期がありました。私はとても寂しく、愛情が足りなくなっていました。

その事を彼氏に伝えると、夜は必ずテレビ電話することになりました。

そしたら毎日顔も見られますし、ずっと好きと言って貰えるので、愛されてるなと確信しました。

今では同棲して、毎日愛情を注いでもらってます笑

20代前半/不動産・建設系/女性

愛情が不足してるとはっきり伝える

こちらから愛情が不足してるとはっきり伝えるべきかと思います。

元々お互いに愛情表現が乏しいので、まず私が愛情の表現の仕方を色々調べたりしてから、彼氏に愛情表現の仕方を教えてあげてました。

そしたら、少しずつですが、彼氏からの愛情を感じることができました。彼も私からの愛情を感じ取れていて前より幸せだと言っていたので、互いの関係も前よりずっと良くなり一石二鳥でした。

20代前半/サービス系/女性

素直に寂しいという気持ちを伝えてみる

高校から10年間付き合っていた彼氏との話ですが、年月が経つにつれて会う回数も減り、一か月間連絡がない時もありました。

付き合ってる意味はなんだろうと思い、友達に相談すると、「素直に思っていることはハッキリ伝えるべき」だと言われました。

そこで「連絡がなくて寂しい」と伝えたところ、こちらの意思を汲んでくれて積極的に構ってくれ、以前よりもラブラブになりました。

20代後半/サービス系/女性

最近冷たくて寂しいなと、さりげなく伝える

お互い仕事をしているとスケジュールが合わなかったり、仕事で疲れて早めに寝てしまったり、相手の話をきちんと聞いてあげる余裕が無くなったりします。

私もきっとそう思わせてしまっている時があると思いますが、自分がされるとどうしても悲しく、不安になります。

その時は、さりげなく「最近疲れてるみたいだけど大丈夫?あんまりお話し出来なくてちょっと寂しいなあ…。」と伝えるようにしてます。相手はもちろん悪気がある訳では無いと思うので、本当にやんわりと伝えます。

そうすると、相手もハッと気づいてくれます。疲れている時に「ねぇ、何でかまってくれないの!」と強く言われたら、私だって嫌になります。やんわり、ふんわり伝えるのがポイントかと思います!

20代後半/専業主婦/女性

自分に正直になって構ってほしいという

付き合って3ヶ月目の時に彼が転勤になってしまい、遠距離恋愛になってしまいました。

もちろん最初の頃は、お互い毎日電話して、「一か月に一回は必ず会おうね」と約束していました。

けどやはり遠距離は、恋愛に対して大きな壁です。会いたいときに会えないし、前は週一回デートしていたので、寂しさが大きく、そこから愛情が不足していったと思います。

その時に相手と口論になって、我慢の限界で「さみしい、耐えられない」と言いました。感情を解放して彼と二人で泣きながら、今後について話しました。

結果、彼が「同棲しよう」と言ってくれて、今同棲しています。

ストレスを溜めず、言いたいことは言ったほうがいいと思います。

20代後半/専業主婦/女性

相手に自分の気持ちを素直に伝える

自分が通信、相手が全日制の学校に通っていた時の話です。私の方がどちらかと言えば自由な時間が多く、彼のことを考える時間が多くなりました。

彼は朝早く夜が遅い生活をしていたため、連絡を取れる時間も徐々に少なくなり、本当に彼は自分の事を想っていてくれるのだろうかと考えるようになってしまいました。こちらが勝手に愛情不足と感じていたのもあると思います。

相手によっては面倒くさいなどと思われることもあると思いますが、できるだけ素直に自分の気持ちを相手に伝えることが大事だと思いました。

また、会える時は会って、2人の時間を作ることで愛情を感じられることもあると思います。

それでもどうしようもなく、わからなくなった時は、彼の事を深く考えすぎる時間を作らないために、自分が没頭できる趣味や勉強などを行う事も大事だと思います。

20代前半/大学生/女性

負担にならない程度に気持ちを伝えて、あとは彼をサポートしてあげる

彼の仕事の繁忙期と彼の体調不良が重なった時、毎日通話はするものの、少し物足りない感じがしました。その頃は彼の体調を考え、早めに寝かせてあげたり、わがままを言わないようにしていました。

ただ寂しい気持ちは募っていたので、一度だけ、「落ち着いたらもう少し一緒にいたいな」と伝えておいた所、繁忙期も終わり体調も良くなった彼がデートに沢山誘ってくれるようになりました。

重くならないように負担にならない程度に気持ちを伝えて、あとは彼をサポートしてあげることが、愛情をお返ししてもらえる秘訣なのかなと思いました。

20代前半/サービス系/女性

どんな方法でも、勇気を持って相手に思っていることを伝える

私がひとめぼれして付き合ったはいいものの、家が関東と中部で離れていたため、なかなか会うことができませんでした。

仕事のスタイルも私が土日休みなのに対し、彼は土日が一番忙しく、毎日電話もできないような状況でした。彼が忙しいのに「構って!」とラインを送ってしまうとウザくないか、重い女と思われないか、とても不安でした。

しかし、そんなことが2ヶ月ほど続いたある日、突然彼から「これから仕事帰りだけでも通話しない?」とラインがありました。どうやら彼もとても寂しがっていたらしいです。

それからは毎日数分だけではありますが、大好きな彼と通話もできるようになり、私の愛情不足は今のところ解消されています。

自分が愛情不足だなと思っているときは、意外と相手も愛情不足を感じているのかもしれません。どんな方法でも、勇気を持って相手に思っていることを伝えることが大事なんだと思います。

20代前半/IT・通信系/女性

【2位】自分がリードする

自分がリードする

2人で初めて一緒に食事をしたレストランへ行く

彼からたくさん食事や映画などのお誘いがあり、徐々に私も好意を持つようになって付き合い始めました。

いつも追いかける恋愛を多くしてきた私にとっては初めてのパターンで、「愛されるって心地いいな」と感じることができる日々に幸せを感じていました。

しかし、付き合い始めて1年が過ぎた頃から、倦怠期の夫婦のように、毎日の連絡は淡白になり、デートも家でダラダラ過ごすのが定番化してしまいました。

正直、「このままだったら別れようかな」という思いがよぎることもありましたが、付き合いたてのことを思い出すと苦しい気持ちになり、思い切って仕事の帰りに、私から食事に誘いました。

場所は2人で初めて一緒に食事をしたレストラン。彼は、食事の最初こそいつものようにマンネリモードでしたが、徐々に当時のことを思い出してくれたのか、懐かしい話に花が咲きました。

その日から、なにか喧嘩をしたり、うまくいかなかったりすることがあると、お決まりのようにそのレストランに行きます。

一緒に付き合った当初の思い出を振り返るのは、ラブラブだった頃を思い出して相手を大切に思えるので、いい方法だと思います。

20代後半/サービス系/女性

まずは自分が愛情表現する

まずは自分から手作り料理を差し入れたり、記念日にプレゼントや手紙を贈ったり、「好き」だとか「心配してる」とはっきり口に出してアピールします。

愛情表現が薄いのは、疲れてる、慣れきってるなど色々な理由があると思いますが、それをしても無愛想で悪びれる様子がないのであれば、それはもう優しさも愛情も尽きた訳で、別れた方がいいと思います。

20代後半/専業主婦/女性

めいっぱいおしゃれをしてデートをする

社会人になって付き合っていた彼氏とはお互い仕事が忙しく、すれ違い気味になっていたときがありました。

デートは仕事終わりで、いつもお互いスーツとか色気のない服装だったのですが、私はデート前に着替えることにしました。

華やかで女性らしい格好でデートしたことで、また惚れ直してもらい、愛情不足が補われたと思います。

20代後半/公務員・教育系/女性

家を快適にして甘える

2年くらいお付き合いしている半同棲状態の彼氏がいて、毎日私がご飯を作っています。

彼氏は部活で疲れているときなどは無言で、話も流されるばかりか、おやすみのハグもしてくれなくなりました。

私も愛情不足のため、このところご飯の献立など手抜きになっていたので、ここから変えてみようと思い立ちました。

そこで豪華なご飯を作って、彼氏が帰ってきたときにお風呂も入れるようにして、家を片付け、快適なようにして、彼に甘えると、久しぶりにハグしてくれたり甘えてくれました。

なので、愛情不足を相手のせいばかりにするのではなく、相手にどうしたら愛情をもらえるかを自分でも考えて行動することが大切だと感じました!

20代前半/大学生/女性