彼女が冷たい態度を取る…同じ経験を持つ男性100人の対処法

彼女,冷たい,態度

彼女に冷たい態度を取られると寂しいですよね。たとえ恥ずかしがり屋の彼女だとしても、出来ることならばいつも仲良しなカップルで居たいと思っている方も多いのではないでしょうか?

「冷たい態度を取らないで!」とはなかなか言えないからこそ、彼女が冷たい態度を取ってくるときの対処法が知りたい方も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女が冷たい態度を取る時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\アドバイザーがお相手探しから紹介まで婚活サポート!/

まじめな婚活を始めるならスマリッジ

彼女が冷たい態度を取ってくる時の対処法ランキング

まずは、彼女が冷たい態度を取ってくる時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女が冷たい態度を取ってくる時の対処法』によると、1位は『相手に聞いてみる』、2位は『適度な距離感を大切にする』、3位は『むしろ距離を詰める』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女が冷たい態度を取ってくる時の対処法

男性100人に聞いた彼女が冷たい態度を取ってくる時の対処法では、1位の『相手に聞いてみる』が約40.9%、2位の『適度な距離感を大切にする』が約20.7%、3位の『むしろ距離を詰める』が約8.8%となっており、1~3位で約70.4%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼女が冷たい態度を取ってくる時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】相手に聞いてみる

相手に聞いてみる

優しく「なんでも言って欲しい」と言う

付き合いだした頃はおしとやかで物静かな彼女でしたが、2ヶ月ほど経つと彼女が時々冷たい態度をとるようになりました。

何が不満なのかと問い詰めると「別になんでもない」と言うので、それ以上は聞かないでいると延々と冷たい態度を取ります。

そこで優しく「なんでも言って欲しい」と言うと、少しずつ話してくれるようになりました。どんな小さな事でも対話は必要だと感じました。

20代前半/大学生/男性

原因がどこにあるのかを聞いて謝る

同棲し始めてすぐの頃、職場恋愛で付き合った自分たちは同じ仕事をしていました。

自分は忙しい後輩の仕事を優先して手伝っていました。そのせいで彼女より遅く帰宅すると、彼女は冷たい態度でした。話を聞くと「なぜ早く帰れる時に帰らないのか?同棲していて家事の分担ができていない」ということでした。

同じ仕事をしていることから、家事は半々でやると決めていましたが、どこかで「自分は男だから仕事が優先だ」と思い込んでいました。

彼女も働いているのに、ご飯の支度や買い物をしてくれていることを当たり前と思っていたことに気付きました。

足りなかったところは反省し、お互いの考え方に少しずつ寄せていく努力が必要なんだと思います。

30代前半/メーカー系/男性

相手の話をよく聞く「聴き上手」になる事と全てにおいて焦らない事

付き合いがまだ短い時は、お互いが新鮮な感情で接している状態です。その間は気に入らない事より良い面ばかり見えるものです。

大抵の男性はロマンチストですが、女性はリアリスト且つデリケートです。意外と男性の束縛や嫉妬が原因で、彼女が我がままになることも多い気がします。

大切なのは、相手の話をよく聞く「聴き上手」になる事と、全てにおいて焦らない事です。強引な態度を取らず、常に感謝の気持ちを忘れてはいけないと思います。

50代後半/流通・小売系/男性

まずは相手がなぜその態度をとってしまうのかを聞いてあげる

結婚生活を始めて数か月、楽しく過ごす時間もあったのですが、お互いの価値観の違いが見えてきた時に、嫁があからさまに冷たい態度をとることが増えてきました。

一緒にいる時間に二人でテレビを見ていても会話もなく、スマートフォンを使用していたりで、不満ばかり募ってきました。

相手が冷たい態度をとってしまうには必ず理由があるので、まずは相手がなぜその態度をとってしまうのかを聞いてあげるのが第一手段だと思います。ただ聞くのではなく、しっかり聞いてる・理解しようとしているというような、寄り添いの態度を見せてあげることが大事になります。

自分から会話をしたり、寄り添う態度を見せることによって、嫁もしっかり自分の事を見て話しをしてくれました。

また、その場で話がつかないときは、そのまま続けても思いがヒートアップしてしまうだけなので、まずは自分の時間を作ることによって相手の意見も落ち着いて聞けるようになります。

無理に自分の意見を押し通そうとするのではなく、相手と自分の意見の落としどころを見つけることを大事にするといいと思います。

相手の態度に不満があったときに、まずは自分の行動を見返すのもいいかもしれません。

20代後半/医療・福祉系/男性

「直接最近つめたくない?」と聞く

付き合い始めて3ヶ月頃に倦怠期が来ました。

冷たい態度をとってくるようになったので、直接「最近冷たくない?」と聞きました。そうしたら「3ヶ月前は○○だったのに最近はXXだから不満だ」と愚痴を言ってきました。

確かに3ヶ月経ってなあなあになっていた部分はあるなと反省し、言われたことを気にしながら生活することによりまた仲良くなることができました。

正直な話、直接聞くのがよいと思います。直接聞いてだめだったら、それはそれで諦めがつくと思いますので。

30代前半/IT・通信系/男性

お互い忙しくない時に直接聞く

付き合い初めからほぼ毎日彼女が家に来るようになり、半同棲のような感じでした。

最初はとても仲良く生活していたのですが、徐々にその生活が当たり前になり、4ヶ月くらい経った時に、明らかに彼女が冷たくなりました。

少し時間が経てば直るだろうとそっとしておいたのですが、一向に変わる気配がなかったため、どうしたのか直接聞きました。すると、彼女が私のいくつかの行動を不快に思っていると伝えられました。

特に意識もしていなかったことだったので、私はそれを直し、お互いに気になっていることをさらに話し合うことでその後の関係は戻りました。

20代前半/大学生/男性

気持ちを聞くことに徹して自分の価値観とすり合わせ着地点を見つける

つい先日の話です。彼女はやりたいことを我慢して自粛に徹していたので、私が同僚と食事をしていたのが理解できなかったようでした。

そこで私は、彼女の考えていることを一切口を挟まずに聞き、「自分としては、飲食店での食事ではなく、自宅での食事であるならば、三密も回避できるし問題はないと考えている」という考えを伝えました。

しかし彼女の不安も酌み、「今後、少なくともこの自粛期間中は外食は控える」と先方にしっかりと伝えることで合意し、収まりました。

20代後半/サービス系/男性

相手に寄り添う気持ちを前面に出してなぜ冷たい態度をするのかを聞く

デート中に急に彼女の声が低くなったり、返事が適当になることが増えるときがありました。その時に、「どうしたの?何かあったの?」と聞いても「何もない」と言われてました。

しかし後から「あの時は・・・」と言われることがあり、「その場で言えばいいじゃん!」と思うことが増えていきました。

私はその不満を我慢して、いつもモヤモヤした気持ちになっていましたが、ただ我慢ばかりしていてもこの先良好な関係を築くことはできないと感じたので、その都度聞いてモヤモヤを減らしていこうと決めました。

ただ、「自分の言動に原因があるなら自分が変わる努力をして、もっといい関係になれるように頑張るから教えて欲しい」という、相手に寄り添う気持ちを軸にして聞くことを心掛けていたら、恋人も「実はね・・・」といった形でその都度教えてくれるようになりました。

今では相手も、不満があればその都度しっかり伝えてくれるので、信頼関係が前より深まりました!

恋人が原因が分からず冷たい態度を取り始めたら、放置しておくのではなく、「自分が変われるように頑張るから教えてくれると嬉しいな」というスタンスを取るなど、相手に寄り添う気持ちを軸にして、相手への伝え方も工夫することが良好な関係に成長すると考えています!

20代前半/大学生/男性

相手になんで機嫌が悪いのかを聞く

なんで機嫌が悪いのかわからない時があるので、そんなときは相手になんで機嫌が悪いのかを聞くのが大事な気がします。

「それぐらいわかってよ」と言われることもあるでしょうが、聞いてあげることが第一歩と思います。

あまり言い合わないで、なあなあで付き合っていると、取り返しがつかなくなることもあるので、不満をいかに言語化できるのかが、長く付き合うためのカギだと思います。

30代後半/サービス系/男性

【2位】適度な距離感を大切にする

適度な距離感を大切にする

距離を置き相手の反応を伺う

付き合って4ヶ月くらいの時期にお互いの悪いところが見えてくるようになります。

長く一緒にいると話す内容もなくなり、新鮮な気持ちがなくなるからこそ、マンネリが生まれてしまったのだと思います。

当時の私は沈黙の時間が怖くて、何かしゃべろうとする意識が強かったのですが、相手にとっては興味のない話だったので冷たい態度を取っていたようです。

そこで反対に、連絡の頻度や会う回数を減らしてみました。最初は彼女からも連絡する頻度が少なかったのですが、徐々に絆を取り戻し、今も仲良く続けています。

ずっと一緒にいるからこそマンネリが生まれます。調整するなど適切な距離感も必要です。

20代前半/IT・通信系/男性

距離をおいたり会う回数を減らしてみる

付き合って長い期間経つと、お互いになれ合いの状態になってしまいます。

付き合い始めた頃は、些細なことでもラインをしたり、電話を一日に何度もしました。何をするわけでもなく会うだけで楽しいものです。

でも一緒にいる時間が長くなるとマンネリ化してきて、めんどくさくなり返事も返さなかったりして、相手の気持ちを伺ったりしなくなります。

そういったときは、距離をおいたり、会う回数を減らしてみてはどうでしょうか?

そうすると相手が自分にとって大切な人だと再認識でき、今までより強い絆が生まれると思います。

40代前半/IT・通信系/男性

しばらく放っておき様子を見て声をかける

付き合って数か月後、詳細は忘れましたが彼女が理不尽に怒っているなあと感じました。ですが我慢し、数時間放っておきました。

数時間経過後、相手の様子をうかがって「今なら大丈夫」と判断し、こちらから声を掛けました。

別の話をきっかけに相手の機嫌が直った後、「さっきの件は理不尽であったのでは」と諭し、納得してもらいました。タイミングが大事かもしれません。

40代後半/メーカー系/男性

何も言わず相手を休ませる

同棲していた時、回数は少なかったですが冷たい態度を取られた事があります。

最初は苛立ちを覚えましたが、当たっても意味がないとも思い、ストレスを解消すべく掃除や食器洗い、洗濯をしてたら、相手から「ありがとう」と言ってきてくれました。

彼女は「自分だけが家事をさせられている」と不満を感じてたらしく、僕自身も反省できたきっかけでもありました。

普段から家事などは協力して行うといいかもしれません。

20代前半/サービス系/男性

冷静に考えるために一旦距離を取る

長く付き合うとマンネリという言葉があるように、お互いの気持ちが少し冷めることがあります。

私の場合、彼女が冷たい態度をとったときは、冷静に考えるために一旦距離を取るという方法をとりました。私のどこがいけないのか、またなぜ彼女はあんな態度をとるのかを整理する必要があったからです。

気持ちを切り替えて話をすると、関係は修復できました。

30代後半/公務員・教育系/男性

少し会う頻度を減らしたりデートを工夫する

私が資格試験の勉強を約3年間していて、その頃彼女に全然会えませんでした。でも彼女は私によく甘えてくれたし、応援してくれました。

けれど資格試験に受かって、頻繁に会えるようになると不思議となんだか冷たくなりました。頻繁に会えると熱も冷めてしまったみたいです。

その後は少し会う頻度を減らしたり、デートを工夫したりすることで、また前の彼女に戻りました。やっぱり会いすぎも熱が冷める原因の一つと思います。

30代前半/金融・保険系/男性

【3位】むしろ距離を詰める

むしろ距離を詰める

その都度会いに行く

感情の浮き沈みの激しい彼女でした。理由がわからずに「ちょっとしばらく連絡取りたくない」などと言われることがありました。

そういう時はメールや、電話で話していても黙るばかりで話が進みません。

理由がわからないとなんの対処もできないですし、大抵はくだらない理由なので、結局会えば何とかなることが多かったです。

30代後半/IT・通信系/男性

お酒の勢いを借りて思いっきり甘える

出会った当時、嫁の外見はツンとしており、クールビューティの様な感じで近寄りがたかったです。

性格もサバサバしており、付き合った後も僕に対し冷たかったので、本当に僕のことが好きなのかと考える時も多々ありました。

ある日、僕はお酒を飲んで酔っ払っていました。そこで彼女に対して、逆に思いっきり甘えて自分の不満をぶちまけました。すると彼女は「甘えたいけど甘え方が分からないし、恥ずかしいからツンとしてしまう」と告白してくれました。

彼女の本心が聞けて嬉しかったので、ちょっかいを出したり、僕の素を曝け出し続けていると、彼女も僕と2人の時は素を出して甘えてくれるようになりました。

20代後半/商社系/男性

【4位】自分の時間を充実させる

自分の時間を充実させる

会わない時間に自分のやりたいことをやるようにした

付き合って少し経った後に彼女が冷たい態度を取ってきたことがあって、その時はどうしていいのかわかりませんでした。

そこで、とにかく彼女抜きで楽しめる自分の趣味の釣りに行きました。

彼女は釣りが嫌いなので、これはとても良い機会だと思って、自分のために使う時間だと割り切りました。その間、彼女も自分の時間を楽しんでいたようで、お互いWIn-Winでした。

20代後半/IT・通信系/男性

自分が楽しそうにしている姿を見せて再び興味を持ってもらう

冷たい対応ということは、自分に興味がなくなっている可能性があると思います。

まずは、こちらも素っ気ない態度をしてみてはどうでしょうか。本人にもわかるように、趣味に没頭してみたり、共通の友人(同性)と遊びに行ったりと、楽しんでそうな雰囲気を作ってみます。

そして、相手から連絡が来た際には、いつもと違うお店等に行って、別の引き出しもあることを強調すれば、付き合いはじめの様に興味を持ってくれるかもしれません。

40代前半/サービス系/男性

【5位】理由や原因を考えてみる

理由や原因を考えてみる

距離を少し取ってなぜ距離を取られているのか冷静に考えてみる

三連休の時に毎日彼女と一緒に過ごしていたのですが、三日目には彼女が怒りっぽくなり、とても冷たくされました。

私は休みのたびに彼女と一緒に過ごしたいのですが、彼女にとっては友人と遊んだり、一人で買い物に行ったりする時間も大切なんだということに気づき、なるべく自分の意志だけではなくお互いの気持ちを考えながら付き合うことにしました。

20代前半/メーカー系/男性

【参考記事】彼女が冷たい事に悩んだ時に読んで欲しい記事11選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼女が冷たい事に悩んだ時に読んで欲しい記事11選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

男性100人に聞いた彼女が冷たい態度を取ってくる時の対処法では、1位は『相手に聞いてみる』、2位は『適度な距離感を大切にする』、3位は『むしろ距離を詰める』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人による彼女が冷たい態度を取る時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏が冷たい態度を取る時の対処法編』も気になる方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏が冷たい態度を取る…同じ経験を持つ女性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年05月13日~05月28日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。