彼女と同棲する際のお金アドバイスは?男性100人に聞いた!

彼女,同棲,お金

彼女と同棲を始める時に気になるのが「お金」の分担についてですよね。家賃は折半にしたとしても、日々の生活費はどうするのかなど頭を悩ませる問題です。

お金のトラブルが原因で破局するカップルが多いからこそ、念入りに注意しておきたいもの。そのために同棲を経験した先輩彼氏のお金に関するアドバイスを知っておきたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人による彼女と同棲する際のお金のアドバイスを体験談と共にご紹介しています。

\アドバイザーがお相手探しから紹介まで婚活サポート!/

まじめな婚活を始めるならスマリッジ

彼女と同棲する際のお金のアドバイスランキング

彼女と同棲する際のお金のアドバイスランキング

まずは、彼女と同棲する際のお金のアドバイスランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女と同棲する際のお金のアドバイス』によると、1位は『収入を目安に割合を決める』、2位は『折半する』、3位は『担当を決める』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女と同棲する際のお金のアドバイス

男性100人に聞いた彼女と同棲する際のお金のアドバイス

男性100人に聞いた彼女と同棲する際のお金のアドバイスでは、1位の『収入を目安に割合を決める』が約26.6%、2位の『折半する』が約24.6%、3位の『担当を決める』が約17.1%となっており、1~3位で約68.3%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼女と同棲する際のお金のアドバイスを体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】収入を目安に割合を決める

収入を目安に割合を決める

自分の収入の中で出せる範囲であれば男性側が基本的な生活費は出す

自分の収入の中で出せる範囲であれば、男性側が基本的な生活費は出すほうがいいかなと私は思います。

結婚を想定して同棲するのであれば、同棲の時点から金銭的なストレスを彼女に持たせてしまうと「本当にこの人で大丈夫だろうか?」と招来に不安を抱かせてしまうからです。

ただし冒頭にも書かせていただきましたが、あくまでも無理のない範囲というのが大前提です。

20代後半/サービス系/男性

財布や貯金は別々で収入によって支払いの分担を考える

結婚した場合であれば、口座等をひとつにしても問題は無いと思いますが、恋人関係で同棲を始めた場合は、お財布や貯金等は今まで通り、自分の物は自分で管理していく事をオススメします。

まだ正式な関係ではない為、今後100%結婚に繋がって行くという保証もないわけです。その為、お金の管理はお互い責任を持ってやっていく必要があると思います。

また、収入によって、彼は家賃と食費、彼女は光熱費を支払うなど、事前に分担やルールを考えておくと、後々トラブルにならずに済むかもしれません。

30代前半/メーカー系/男性

必ず二人でお金を出し合いその中でやりくりをする事

私の場合は、最初二人で決めた金額でお互いにお金を出し合い、その中で生活するようにしていました。

しかし時間が経つにつれて、段々私の負担が多くなってしまいました。将来は一緒になると思っていたので、あまり気にせずにお金を出していたのですが、そのうち彼女が働かなくなり、自分が出すことになりました。

「結婚するとこうなるのかな」と思いながらその状態を続けていましたが、そのうちに「家に入れるお金が少ない」など文句を言われることが多くなり、更には勝手にお金を使われたりして、とうとう破局しました。

やはり最初に決めたことをしっかり守れなくなったら、それまでなのかなと思います。

40代後半/メーカー系/男性

2人で話し合って出費の負担割合を決める

結婚を見据えた同棲生活を始めたとしても、個々のお金の管理は個人で責任を持つことが大切です。後々にもめる火種となる場合も多々あります。

1ヶ月の生活費は男性が6割、女性が4割出すなど、2人で話し合って出費の負担割合を決めましょう。この際、一方が全額払うなどということは絶対に避けるべきです。

また、趣味の交際費などもできる限り別々にしておいた方が良いです。

最後に今後結婚を考えているならば、共働きが有利だと思います。その方が、住宅を購入する際に組むことになるローン審査に通りやすくなります。

20代後半/自営業/男性

基本的には折半が望ましいが収入に応じて負担額を変える

同棲する場合、基本的にはすべて折半にしたほうが間違いないです。

しかし自分の部屋に彼女を呼ぶ場合で、自分の方が収入に余裕があるなら自分が8割出し、残りの2割だけ彼女に出してもらうのも手です。

2割でも彼女に出してもらうことで、彼女は住みやすくなるし、気まずくもなくなるからです。

40代後半/自営業/男性

【2位】何でも折半する

折半する

同じ額を半分ずつ銀行に入金して生活費や食費・家賃等を支払う

生活費をどちらが出すか、食費はどうするか、家賃はどうするかなど、場面によって支払う担当を決めておりました。

ある日、「自分の方が出費が多い」などで喧嘩になり、好きなようにお金を使えなくなりました。

そこで、同じ額を半分ずつ銀行に入金し、そのお金で生活費、食費、家賃等を支払うことにしました。結果、我慢することが減り、お金のことで喧嘩することがなくなりました。

私は共働きなので上記のような対応をしましたが、給料に応じた金額を提示し、残ったお金は自分のお小遣いとして使うとストレスがなくなります!

20代後半/IT・通信系/男性

全部でどのくらいかかるのか考えてそれぞれ半分ずつ出す

彼女と同棲する時は、担当制にしない方がいいと思います。ある程度、全部でどのくらいかかるのか考えて、それぞれ半分ずつ出すのが良い方法だと思います。

やっぱり「どちらがこれを払う」などと決めてしまうと、お金の負担がそれぞれ違ってきて、喧嘩のもとになってしまうからです。

お互い毎月決まった額を給料から共同口座に入れておき、残ったお金はそれぞれ自分の好きなものに使う方が上手くいくと思います。

20代前半/大学生/男性

そこそこの値段のモノは話し合うか割り勘にする

自販機のジュースなど安いモノは気にしなくてもかまいませんが、レストランの食事などそこそこの値段のモノは話し合うか、割り勘が良いと思います。

僕は同棲中の彼女とデートする際、レストランなどの外食費は基本すべて出していましたが、あるとき持ち合わせが少なく割り勘を提案したところ、彼女に拒否されました。結局その子とは破局しました。

お金の問題はその人の本性を見れるので、彼女とは別れて良かったなと思いますが、そんな些細なことで喧嘩になり最悪の結末になったので、同棲するなら尚更細かいところまで彼女と話しておくべきだと思います。

20代前半/大学生/男性

全て金銭については折半

確実に結婚が前提であれば、財布は一緒というのもありだとは思いますが、同棲を始めるとなると、まだ未知数な部分があるので分けるべきだと思います。

家賃から生活費や光熱費に至るまで、全て折半にしておかないと、万が一別れる際に絶対に揉めます。持ち物についても、「誰の所有なのか」明確にしておいた方が良いと思います。

住居については、誰の名義かによっても変わってきますが、イメージとしては「契約者の家に居候している」くらいの感覚が良いと思います。

40代前半/サービス系/男性

収入の差がなければ公平に分担すべき

私たちの場合は、事前に全ての生活費(家賃、食費、光熱費等)を数値化し、折半しました。

折半しておくことで、日常から相手に遠慮することなく言えるので、ストレス軽減につながります。

また、相手の貯金やどのくらいお金を使うのかを見ておくと、お金関連のトラブルも減ると思うので、一緒に生活する前にお金の分担については話し合ったほうが良いです。

20代後半/メーカー系/男性

【3位】支払いの担当を決める

担当を決める

始めに「何の支払いは誰がこの支払いは誰が」など細かく話し合う

彼女と同棲する際のお金のアドバイスとしては、やはり始めの段階でしっかりと二人でどうお金を払っていくかを話し合っておくことが重要です。

出来れば男のほうがお金を出すのが良いと思いますが、どれだけ稼いでいるかにもよると思いますので、「何の支払いは誰が、この支払いは誰が」など、細かく話し合うほうが後々揉めないと思います。

40代後半/サービス系/男性

お金の管理を相手に任せ家計簿をつけてもらう

当時の彼女(今の妻)と同棲を開始するときに、お金のことについては私から話を切り出しました。

彼女は当時、正社員ではなかったので、定時で帰宅してもらい、「私のお金をしっかり管理してほしい」と伝えました。

それから彼女は家計簿をつけるようになりました。今ではその家計簿も23冊目になります。

妻は私の思っていた以上にしっかり管理をしてくれ、一つ一つの値段を記入しています。今では食料など金額の推移がわかるので重宝しています。

50代前半/医療・福祉系/男性

月々どのくらいお金がかかるかを話し合い現実的に振り分ける

2人で暮らすことで、かかるお金とかからないお金が発生します。

例えば、電気・ガス・水道などの光熱費・固定費などは、2人で暮らすことで一人当たりの金額は少なくなりますが、交際費などはその限りではありません。

どう振り分けするかは、男がカッコつけるのではなく、現実的な目線で話をした方が二人のためになります。

30代前半/IT・通信系/男性

【4位】口座を一つにする

口座を一つにする

お互いに小遣い制にして給料はすべて同じ口座に入れる

お互いに小遣い制にして、給料はすべて同じ口座に入れるようにして、生活費や家賃などはそこからすべて出金するようにすれば良いと思います。

口座を1つにして、支払いなどを1つのクレジットカードに統一すれば、ポイントも貯まり、クレジットカードの明細が家計簿代わりになり、お金の管理も簡単になるのでオススメです。

30代前半/医療・福祉系/男性

共有の財布に関してお互いが納得いくようとことん話し合う事が大事

私は彼女と結婚を前提に同棲を始めたので、貯金を目的として数ヶ月経ってから財布を一緒にしました。

お互いの給料を同じ口座に全て入れ、そこから家賃やその他家計でかかるものを支払い、お互いお小遣い制としました。

どちらか片方が財布を握る形だと、不平等を感じてトラブルの種になりそうなので、始めにとことん話し合って、お互いが平等と感じる管理計画を立てるべきだと思います。

30代前半/医療・福祉系/男性

【5位】自分用の他に共通口座を作る

自分用の他に共通口座を作る

貯金と娯楽費のお財布は共有し固定費は男性で食材費等は女性と分担する

同棲する前から支払いをどちらが負担するか、お財布は共有した方が良いのか等話し合い、同棲スタートの時には二人の決まりとしていました。

娯楽費と貯金専用のお財布は共有にして、お互いが毎月2万円ずつ入金していました。娯楽費を節約したら貯金額が増えていくというシステムです。ある程度溜まった時に二人で相談して旅行費に回す事もありました。

家賃、水光熱費等の固定費は男性、食材費や生活雑貨等は女性と分担しています。

30代前半/医療・福祉系/男性

【6位】どこまで払うか決めておく

どこまで払うか決めておく

生活費等々は同棲する前にいくら払うか話し合う事

同棲生活が始まる前に、決めて置いた方がいい事だらけでした。

我々は何も決めずに同棲する事になり、生活が始まってから家賃、光熱費、生活費などをどうするかで喧嘩になりました。

支払いは全て自分の口座から引き落としになるようにしていたのですが、「どのくらい出すか、月いくら貯金するか」などのことで揉め、楽しみにしてた同棲生活が一発目から喧嘩です。

お金の事なので絶対に同棲前にしっかり話し合った方がいいです。

30代前半/流通・小売系/男性

【参考記事】彼女との同棲で悩んだ時に読んで欲しい記事12選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼女との同棲で悩んだ時に読んで欲しい記事12選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

男性100人に聞いた彼女と同棲する際のお金のアドバイスでは、1位は『収入を目安に割合を決める』、2位は『折半する』、3位は『担当を決める』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、男性100人による彼女と同棲する際のお金のアドバイスを体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏と同棲する際のお金のアドバイス編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏と同棲する際のお金アドバイスは?女性100人に聞いた!

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年05月27日~06月11日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。