彼氏がすぐ怒る…同じ経験を持つ女性100人が実践する対処法

彼氏,すぐ怒る

彼氏がすぐに怒るタイプだと、そんな性格だと分かっていても疲れてしまうこともありますよね。あまりにもすぐに怒るようだと、めんどくさくなってしまって別れたいとすら感じてしまう事も。

根はいい彼氏だと分かっているからこそ、彼氏がすぐ怒るタイプだとしても上手に対処したいと思う方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏がすぐ怒る時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

すぐ怒る彼氏と上手に付き合う方法ランキング

すぐ怒る彼氏と上手に付き合う方法ランキング

まずは、すぐ怒る彼氏と上手に付き合う方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いたすぐ怒る彼氏と上手に付き合う方法』によると、1位は『原因を理解し寄り添う』、2位は『落ち着くまで待つ』、3位は『怒りのポイントを把握する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いたすぐ怒る彼氏と上手に付き合う方法

女性100人に聞いたすぐ怒る彼氏と上手に付き合う方法

女性100人に聞いたすぐ怒る彼氏と上手に付き合う方法では、1位の『原因を理解し寄り添う』が約24.1%、2位の『落ち着くまで待つ』が約15.3%、3位の『怒りのポイントを把握する』が約13.2%となっており、1~3位で約52.6%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別ですぐ怒る彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】原因を理解し寄り添う

原因を理解し寄り添う

怒っている彼の声量よりも内容に耳を傾ける

私がお付き合いをしていた怒りっぽい彼への対応として意識したのは、「怒っている彼の大きな声よりも、言っている内容に耳を傾けること」です。

当時の彼はちょっとしたことでも大きな声で怒りはじめたので、初めはビックリして萎縮してしまっていました。

しかし声の大きさをスルーして発言内容に意識を集中すると、意外にまともなことを言っていることに気づきました(笑)。例えば、私がデートに寝坊してしまったときに「目覚まし時計と合わせて、スマホのアラームを使えよ!」とかですね。

このように声のボリュームや言い方をスルーすれば、とても適切なアドバイスを伝えてくれていると気づくと、怒りっぽい彼とうまく付き合えるようになりましたよ。

30代前半/サービス系/女性

何に対して怒っているのか観察する

頑固な性格で怒っているような口調になる彼です。

初めは何故怒っているのか分からなかったのですが、付き合いが長くなっていくにつれて、「怒っているわけではなく、独り言のように呟いているだけなのだ」と分かりました。

分かるまでは「めんどくさい人だな」と思っていましたが、分かってからは2回に1回くらい「うんうん」と相槌をうって共感してる感じを出して過ごしてます。共感すると結構、機嫌がよくなるのでオススメですよ。

ともかく、相手が何に対して怒っているのか観察するのが一番です。もし理不尽に自分のストレス発散のために怒っているなら、距離をとって第三者に相談すると良いでしょう。

30代前半/サービス系/女性

怒っている原因を知り寄り添う

私の彼も怒りっぽい性格です。小さなことでもすぐに怒って、怒鳴ったりすることもあります。

初めはすぐに怒る彼に対して、私も「どうしてそんなにすぐ怒るの!?」とイライラしていた部分があったのですが、彼が怒っている原因をよくよく聞いてみると、「確かにそれは腹が立っても仕方ないな」と納得することもありました。

彼も、私に自分の怒りを理解してもらえたことで、ずっと怒り続けることが無くなりました。

誰しも自分の気持ちを理解してもらえることは嬉しいことです。彼の怒っている原因を知り、それを汲み取ることで、彼のイライラも少しずつ減っていくと思います!

20代前半/マスコミ系/女性

怒っている理由を聞いてあげる

彼はとても気分屋で、気に入らないことがあるとすぐに怒り出します。反対に私は意思表示が苦手で、嫌なことがあっても黙って我慢してしまう性格です。

怒りをちゃんと表現できる彼が、ある意味羨ましくもあるのですが、いくら好きでも一緒にいてしょっちゅう不機嫌になられると、こちらもしんどいものです。

そこで、彼が怒っている時には「どうして怒っているの?」と理由を訊くようにしています。

話を聞いてあげるとスッキリして、それ以上怒らなくなることが多いので、ちょっと面倒ですが広い心で接するようにしています。(笑)

30代後半/サービス系/女性

自分の態度を改める

私はズボラなので、几帳面な彼氏にしょっちゅう怒られていました。最初のうちは「なんでこんなことで怒るんだろう」と、少し理解しきれていませんでした。

対処法を思いついたのはつい最近ですが、少しずつ効果が現れて、彼の怒る回数が減りました。

まずは自分専用のメモを作成して、同じことを繰り返さないように考えながら行動することと、こまめに連絡をしてリアルタイムで報告し、隠し事がない状態にすることです!

これを実践したら、彼が怒る回数がかなり減りました。

20代後半/サービス系/女性

いったん落ち着いて何を言いたいのか丁寧に聞いてあげる

些細なことですぐにカッとなってしまう彼氏。私や共通の友人も「そんなことで怒っちゃうの!?」と思うようなことで、機嫌を損ねてしまいます。

時にはついていけないなと感じることもありますが、そんなときこそ自分が冷静になって丁寧に話を聞き、「何に」「どうして」怒っているのかを整理してあげるようにしています。

すぐに怒っちゃう人は自分の感情任せで、事実が整理しきれていないことも意外と多いと思います。だからゆっくりと話を聞いてあげるだけで、落ち着いてくれることが多いです。

まずは彼の感情に寄り添って共感しつつ、少しずつ事実を一緒に整理してあげながら話すと、自然と笑顔に戻ってくれますよ!

気持ちが落ち着いてきたら、最後には「いつもありがとう!」「頑張りすぎてるからじゃない?休んでもいいんだよ!」と優しい言葉をかけて励ますようにしています!

20代前半/大学生/女性

何が嫌で彼氏が怒ってるのか確認する

私は最初、旦那に怒られるとなんで怒られてるか分からず、怒り返していました。すると喧嘩はどんどん大きくなり、最後には旦那が話をしなくなりました。

そうなると、何を聞いても無視されるので、精神的にキツくなります。

それ以降、彼がなぜ怒ってるか考えるようになりました。すると、旦那が怒っている時は機嫌が悪い時で、いつもは怒らない事で怒ったりするので、何らかの原因があることが分かりました。

それからは「この人はこうなんだ!」と思うようにしたところ、気にならなくなりました。本人のことをしっかり知った上で結婚したので、あまり嫌な所は見えなくなりました。

20代前半/専業主婦/女性

相手の機嫌が良くなるようにさりげなく振る舞うこと

私の彼はかなり怒りっぽい性格です。彼自身、その性格を自覚しており、友人、先輩といるときはそれを表に出すことのないよう心がけているそうです。

しかし私といるときは気が緩むのか、些細なことで腹を立てます。本人もそれを気にしているようで、怒った後は自己嫌悪に陥ることも少なくありません。

最初は私も、彼の外面の良さやギャップに腹を立てることがありましたが、彼が怒りっぽいところを見せてくれるのは私や家族などごく少数なので、「それだけ心を許してリラックスしてくれているのか」と思うと、少し嬉しくなります。

またこちらが落ち着いていれば、相手もすぐに落ち着いてくれるので、自分の息子のように可愛く思えてきます!

怒りっぽい彼氏=自分の前で素を見せてくれる彼氏と考えると、普段大人っぽい彼の一面を自分だけが知っているという優越感に浸れるのではないでしょうか?

20代前半/大学生/女性

とりあえず謝る姿勢を見せる

私の彼はとにかくすぐにふてくされて怒ります。彼の流れやペースがあるそうで、2回ぐらい意見が食い違うとイライラし始めます。

彼はいつも不満な時に貧乏ゆすりをし始めるので、それが始まったら納得がいってなくても、とにかく謝ったフリをしています。

怒りたいだけなので、軽く怒り出したタイミングで謝るのがベストだと思います。それも一応、彼の性格の一部なので、こちらが心の余裕を見せてあげてます(笑)。

20代後半/サービス系/女性

タイミングを見計らってなぜ不機嫌になったのかを聞く

私が思ってもいなかったことで彼が不機嫌になったりしたので、最初は驚きました。

しかし相手に合わせすぎるのは「何か違う」と思うので、全く関係ないときに「あの時のこと、私は怒るようなことではないと思うけど、あなたはどうして怒ったの?」と質問し、なぜ不機嫌になったのかを聞くようにしたところ、彼をコントロールできるようになりました。

無理をして合わせることはないと思いますが、なぜなのかを聞いておくと相手のことをより深く理解することができるので、ちゃんと話し合うことが大切かなと思います。

30代後半/自営業/女性

なぜ怒っているかを落ち着いて聞き一緒に改善策を考える

「すぐに怒る」のには、いろいろな理由があると思います。自分の思いをうまく伝えられなかったり、許容範囲が狭かったり、生まれ育った環境が関係していたり。

やはり相手ときちんと向き合うことから始めないと、長期的にはうまく付き合うのは難しいと思います。

まずは話し合いをし、直るものであれば直すよう努力してもらい、直らないのあれば自分が相手に対しての向き合い方を変えるか、接し方を割り切るかのどちらかだと思います。

しかしどちらも「自分がこの人といて幸せ」と心から思うのであればできることです。そう思えないのであれば、別々の道を歩むほうが互いの幸せでもあります。

20代後半/専業主婦/女性

【2位】落ち着くまで待つ

落ち着くまで待つ

彼が怒っていることに対してまずは共感しておく

かなり短気な性格の彼で、カッと頭に血が上ることも多々ありますが、基本は「怒るのも無理ないよね」と理解を示しつつ、あとは黙って怒りが収まるのを待ちます。

こちらがヘタな言葉を返せば炎上するだけなので、待つのみです。

気持ちが元に戻って、「あ、俺、言いすぎたな」みたいな感じになってきたら、怒っていたことには触れずに別の話題に変えたりするようにしています。

私自身も短気なので、お互い様だと考え、お互いの怒りはそれぞれ放っておくようにしています。

30代後半/不動産・建設系/女性

相手がイライラしだしても流されずに話を聞く

私の元彼もすぐに怒る人でした。自分の思い通りにならなかったりすると、すぐに怒り出してました。

最初は私も一緒になってイライラしたり怒ったりしていましたが、それでは意味がないと思い、そこから自分は冷静になろうと思いました。

相手がイライラしだしても流されずに話を聞いて、なるべく感情的にならないように心がけました。

そしたら彼も前ほど、イライラと怒ることが少なくなったように感じました。

20代前半/自営業/女性

機嫌が悪くなったらいったん離れる

すぐにイライラしてしまう性格の彼氏ですが、その都度それに乗っかってしまうと、かならず言い合いになってしまいます。

時間が解決してくれるものもあるので、そういう時は一度離れることが必要です。そうすれば向こうもイライラがおさまって冷静に話し合うことができます。

お互いにヒートアップしている時は発言も荒ぶってしまうので、落ち着いてから話すようにします。

20代前半/公務員・教育系/女性

雰囲気のよいときに「あの時は悲しかった」等を伝える

彼が怒っている時は、何を言ってもヒートアップして、こちらも悲しくなるだけです。かといって、何も言わずにいると相手も自分の気持ちをわかってはくれないので、伝えることも大事です。

お互い疲れていると、たわいもないことが喧嘩の原因だったりしますよね。すぐ怒る人は引きずりませんので、落ち着いたときにその時の自分の気持ちを伝える努力はしましょう。

最近は、相手に「私も疲れているときがあるし、追及しないでおこう」と伝え、お互いにそっとするようにしています。

30代後半/専業主婦/女性

嫌だと感じたらしっかり距離を置く

すぐ怒るのは、相手に対して甘えの気持ちがあるからです。

怒ったりしても相手が離れていかないだろうと思っていたり、離れていかないかどうか試されています。

もしすぐ怒る彼の態度が嫌だと感じるなら、一度距離を置くことをお勧めします。それも半端に距離を取るのではなく、連絡も取らないなどきっちりとした線引きをすることが重要です。

ただ、もしこれからずっと一緒にいたいという気持ちがあるのなら、根気よく愛情表現をすることでだんだん穏やかになっていくと思います。

20代後半/公務員・教育系/女性

【3位】怒りのポイントを把握する

怒りのポイントを把握する

とりあえず彼の怒りのポイントを見極める

すぐに怒る人というのは、他人より怒りの沸点が低いのだと思われます。そんなことでは腹が立たないような理由でも、その人にとっては許せない事なのです。

たぶん誰にでも怒りに触れるポイントというものがあるので、それが彼にとって何なのかを見極める事が重要です。「すぐに返事をしてくれないと腹が立つ」「自分にペースを乱されると腹が立つ」など、人には考えられないような幼稚な理由で怒り出す人もいますので、できるだけ逆鱗にふれないよう、その理由が発生するのを避けるようにします。

それでもうっかり怒らせてしまったときは、彼が言い疲れて黙るまでひたすらお地蔵様のように聞き流すのが一番です。

言い訳をしたり謝罪をする必要はありません。どうせ聞く耳を持たず長引くだけなので、とにかく黙って嵐が過ぎ去るのを待つのです。

50代前半/サービス系/女性

彼の怒るポイントを掴んで操る

彼の怒るポイントはたくさんあるように見えて、意外と似たりよったりだったりします。お腹が空いているとき、眠いとき、欲が満たされない時などが大半でしょう。

彼の怒るポイントを掴み、お母さんになった気持ちになれば、攻略していけると思います。

私も過去にそのような人とお付き合いしましたが、彼はイライラをぶつけているだけではなく、本当は甘えたいだけなのだと思います。

20代前半/サービス系/女性

地雷を見極める

まずどんなことをしたら怒るのかや、どの程度で怒るかのラインを知った方がいいと思います。

それが分かってくれば、「少し機嫌が悪いな」と思った時は「この話題は避けよう」とか、なんとなくでも予想ができてくるようになると思います。

また、どうすれば機嫌が直るのかを知ることも大切です。ほっといてもいいのか、構った方がいいのか、笑わせたら機嫌が直るなど、対処法も知っておけば余計に怒らせてしまうという被害は避けられると思います。

30代前半/医療・福祉系/女性

怒るポイントを把握してあらかじめ予防策を取る

何かにつけていつもイライラしている彼。でもある時、「予定が狂うと怒る」ということに気づきました。

なので、待ち合わせ時間や出発時間を、自分が絶対に間に合う時間に設定することにしました。すると、あんなにイライラして、すぐ怒る彼氏が少しずつイライラしなくなって行きました。

また、予定通りに行くように、あらかじめ「晴れたら◯◯、雨だったら◯◯」というようにプランを共有するようにしました。

こちらが想定してたことと、彼が想定してたことのズレがないようにすると、案外イライラしないことがわかったので、何でイライラしてるか、怒っているかをまずは知ることが一番だと思います。

30代前半/専業主婦/女性

トリガーはなんなのかを観察しつつ主導権を握らせ過ぎない

個人的にはすぐ怒る男は即別れる一択なんですが(笑)、それでも付き合っていきたいという方に私なりのおすすめの対応をお伝えします。

まず、彼が何に怒りやすいのか、トリガーはなんなのかを観察して、できるだけそれをしないようにしながら、彼が怒ってることにイライラせず、自分のことを楽しんでいればいいと思います!

あまり彼に主導権を握らせないようにし、自分のことを楽しむ姿を見せましょう!

20代後半/不動産・建設系/女性

【4位】良くないと自覚させる

良くないと自覚させる

誰かが怒っている現場を見た際に客観視させる

その場で言っても感情的になっていて響かず、むしろ火に油を注ぐことになると思うので、その場は穏便に過ごします。

彼と散歩中の時や、ドラマなどで誰かが怒っている現場を見かけたりした際に、「うわ、びっくりしたね。怒る事ないのにね。見て、周りの人もびっくりして見てるよ。せっかくかっこいい人なのに、勿体ないよね」等、「怒りを爆発させるのは良くないな」と客観視できるように仕向けます。

30代前半/医療・福祉系/女性

デートの回数を減らして耐えているのを感じてもらう

元彼は少し子どもっぽく、すぐ怒る人でした。下ネタで私をからかってくることが嫌で、私が不機嫌な顔をすると、怒られていました。

デート中など人前で下ネタを言われるのが恥ずかしいのもあったので、何かしら理由をつけてデートの間隔を空けると、察したのかだんだん外では口にしなくなりました。

より波長の合う今の主人に出会い、別れてしまいましたが、なんとなく分かってもらう行動で落ち着くこともあると思います。

30代前半/サービス系/女性

適度に流すが目に余る時はしっかり伝える

私の元彼は何か小さなことでもすぐ怒るタイプの人で、よく私にも怒ってくることがありました。

最初はぜんぶ真に受けて落ち込んだりしていたのですか、それも彼の性格の一部と受け入れるようにし、適度に流すようにするとストレスも減っていきました。

しかし、度がすぎているときには、こちらも怒って口を利かないようにし、良くないと伝えるようにしました。

目に余る時は注意しながらも、普段は彼の性格の一部だと思って、大人な態度で流すとよいと思います。

20代前半/公務員・教育系/女性

疲れない距離感を把握して、もし疲れたら離れ理由も説明する

どれぐらい、どんなことで怒るのかによりますが、振り回され過ぎたら心身ともに疲弊してしまうので、ある程度の距離感を保って付き合う方が良いと思います。

以前お付き合いしていた人は、とても怒りっぽく誰かの一言で簡単にイライラしたり、歩いているときに誰かとすれ違うその一瞬でイライラしたりする人でした。

そして彼はイライラすると暴言を吐きます。私が直接攻撃を受けるわけではなかったのですが、暴言を聞くことに段々耐えられなくなってきて、会う頻度を減らしました。

彼の機嫌を見て、その私の行動の意図を伝えたところ、しばらくは小さいことで怒らないように意識してくれました。

30代前半/サービス系/女性

耐えられない場合は距離を取って冷却期間を作る

当時付き合っていた彼氏は年上でした。大人っぽいのに、私が友達と出かけている時「まだ帰らないの?」とかLINEをしてきたりして、当初は「可愛いな」と思っていました。

だけど彼の束縛がどんどんエスカレートしていきました。彼は怒りっぽい性格でもあった為、なるべく癪に障るような言葉は控えてました。

しかしとうとう耐えられなくなったので「一旦距離を置こう」と伝えると、ダメージを受けたのか暫くの間は大人しくしていました。

結局は、相手の顔色を窺う事が多かったので、疲れて別れましたが・・・(笑)

20代後半/医療・福祉系/女性

【5位】肯定から入る

肯定から入る

責めたり意見を言ったりしないで「うんうん」と聞いてあげる

私の元彼はすぐに怒り始めるタイプでした。原因はいつも本当に小さいことです。

でもその性格はもう変えるのは不可能だと諦めて、お母さんのような大らかな気持ちで接するようにしていました。

彼の怒っている理由がちんぷんかんぷんでも、責めたり意見を言ったりしないで、ただただ「うんうん」と聞いてあげるようにしていました。

どうしても言いたいことがあった場合、彼がしっかりと落ち着いてから、慎重に意見を言うようにしていました。

30代前半/医療・福祉系/女性

一度受け入れてから自分の意見を言う

うちの旦那はすぐに怒ります。亭主関白でプライドが高く、とても頑固です。

旦那の友達などと一緒にいる時は特に威張っているので、そういう時は旦那を立ててあげて、反論などはせずに「そうだよね。確かにね。」と言っておきます。

それでも納得いかなかったり、理不尽な時は2人になった時に文句を言います。他人の前ではいい気持ちにさせてあげるだけで、2人の時に反論しても意外と素直に聞き入れます。

それから、話している時に「これっておかしい!」と思っても、まずは「確かにそうだよね!でもこうも思わない?私はこう思ったんだよねー。」という感じで言ってあげると喧嘩にならないですよ。

20代後半/サービス系/女性

彼を育てる母のような感覚でいる

すぐに怒る彼氏。でもそんな彼の事を好きになったのはこの私です。対等な関係でいると、怒られたら腹が立ちますよね。

だったら考え方を変えてみるといいかもしれません。例えば彼のお母さんになったつもりで、手の掛かる大きな子供を育てる感覚です。

感情を露わにするのは私に甘えてる証拠なので、「そうだね」と軽く流しつつ、彼の長所を褒めてあげましょう。

30代前半/医療・福祉系/女性

ちょっとしたことでも彼を頼り褒める

以前お付き合いしていた方は、真面目がゆえにすぐ怒ってしまう方でした。

計画を立てるのが好きで、デートプランなどは事前にしっかり決めておきたいタイプなので、自分の計画通りにいかないと拗ねてしまい、そんな彼の態度に私もイライラして口喧嘩することもしょっちゅうでした。

何回目かのデートのとき、彼にエスコートされるまま、ただデートを楽しむことに徹底したところ大成功!計画通りにデートができたことに始終彼の機嫌は良く、雰囲気の良いデートができました。

いつもと違うアプローチをすることで、今までとは違った一面が見られるかもしれないので、いろいろ試してみることが大事だなと思いました。

30代前半/サービス系/女性

普段から彼のことを認めてあげる

頑固なところがあり、一度怒ると意見を曲げない彼の性格を変えることはなかなか難しいです。

そういうタイプだと割り切るようにし、なるべくこちらもつられて怒らないようにし、喧嘩を避けるようにします。

そして彼の怒りの沸点を下げるためにも、普段から、彼が何か意見を言ったら「確かに!」「そうだよね」と、肯定する言葉をかけるようにし、自分は彼のことを認めている、尊敬しているという気持ちを伝えることが大切かなと思います!

20代後半/専業主婦/女性

彼の意見になるべく反論しないようにする

彼は「自分はなんでも知っていて頭がいい」と思っているタイプなので、最近のニュースから豆知識まで、自分の知識を話すのが大好きです。

でも、そこで「私も知ってる!」とか、「私は違うと思う」など、反論したりすると、一気に機嫌が悪くなって一言も話さなくなります。

機嫌が良ければ話し好きの彼なので、たとえ知っている情報でも初めて聞くような反応をしたり、何にでも「なるほど」と相づちを打つようにしてます。

30代後半/サービス系/女性

【6位】スルースキルを磨く

スルースキルを磨く

話を真に受けすぎない

彼は普段の口調も厳しいのですが、細かなことで怒ります。

最初は全部聞いて言い返していたのですが、毎回喧嘩するのもしんどいので、ある程度聞き流すようにしました。

すると今度は「流されていること」に気づいて怒っていましたが、それでも流し続けていると、彼もだんだんとバカらしくなったのか、怒ることが減ってきました。

言い返したくはなりますが、我慢の勝利です!

20代後半/流通・小売系/女性

子供だなと思い無視する

私の元カレは気にくわないことがあると、すぐに怒り、電話を切ったりブロックしてきたりと、とにかく短気で手間がかかりました。

初めは私もめんどくさくて、なんで怒ってるかもわからなかったのですが、日が経つに連れて、「あー、はいはい」と流すようになったら、そのことに危機を感じたのか、怒る回数がだんだん減ってきました。

この手の人は、ただ話を聞いて欲しいけどうまく話せない不器用なだけなので、神経質にならずスルーしてください。

20代前半/サービス系/女性

基本流して時々受け止める

些細な事でも直ぐに怒ってしまう彼。最初は私も「怒らせてごめんね…」とまともに受け取っていました。

けれども、それでは自分の身が持たないと感じたので、なるべく「はいはい、すみませんね」と流すようにしました。そしたら落ち着いてきたのか諦めたのか、昔よりも怒らなくなってきました!

全身で彼を受け止めすぎるのも良くないので、なるべく流しつつ時々受け止めるぐらいが丁度いいなと思って続けています。

20代前半/サービス系/女性

怒っていてもスルーしておく

私の彼氏はものすごい短気なので、ちょっとした事でも怒ります。

初めはとてもびっくりして怖かったのですが、私のせいでもないのでそっとしておくことにしました。すると案外スルーしても平気なことに気づきました。

彼も私がスルーしていくにつれて、あんまり怒らなくなっていきました!スルーしたのが正解だったかなと思いました。

20代前半/不動産・建設系/女性

基本的には聞き流す

若い時にお付き合いしていた怒る彼には、私も若かったので言い返すことも多かったです。

しかし年齢を重ねてからお付き合いした怒る彼には、基本的に聞き流す術で対抗していました。笑

自分までイライラすると疲れてしまうし、「好きで付き合ったんだから、受け止めよう」と思っていました。

あまりにも理不尽なことを言っていたら言い返すこともありましたが、基本的には「全てに対して真剣なんだな」と心の中で思いながら、「そうだね」と聞き流した方が良いです。

30代前半/サービス系/女性

【7位】関係を見直す

関係を見直す

改善の余地がなければ早めに見極めて別れる

しょっちゅう怒る人なのでかなり混乱しました。私が上手く説明出来ないだけで、「俺に言えない何かがあったのか」と疑われたり、飲食店でメニューを見て迷ってるだけで、「お前、本当は来たくなかったのか」と責められたりして、「そうじゃ無い」と否定しても納得して貰えず、ついには置き去りにされた事もありました。

毎回、時間をおいてから謝ってはくれましたが、我慢の限界でした。

そこである日、私のマンションまで車で迎えに来た彼に、「今までその勝手な態度や仕打ちに耐えてきたけど、今日でもう終わりだ。もう2度と顔も見たくないから帰ってください」とハッキリ言いました。

彼は暫くきょとんとしていました。これまで口答えもした事が無かったので、驚いたのでしょうね。

その後、号泣しながら「もう一度考え直してほしい」と言ってきましたが、今までそのパターンは何度もあったので、「もう2度と同じ目に遭いたくないから」と、突き放しました。

改善の余地があるならともかく、直す努力もせずただ相手を振り回すだけの彼に、我慢している自分の時間がもったいないです。早めに見極めて別れた方がお互いの為と思います。

40代後半/サービス系/女性

まとめ

女性100人に聞いたすぐ怒る彼氏と上手に付き合う方法では、1位は『原因を理解し寄り添う』、2位は『落ち着くまで待つ』、3位は『怒りのポイントを把握する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏がすぐ怒る時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女がすぐ怒る時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女がすぐ怒る…同じ経験を持つ男性100人が実践する対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年05月31日~06月15日
回答者数:100人