彼女との出会い方はなんだった?男性100人の交際のきっかけ

彼女 出会い

彼女が欲しいと思っても、異性との出会い方が分からない時ってありますよね。そもそも出会いの場面がなかったり、出会いがあったとしても恋愛に発展する方法が分からない場合も多いものです。

しかし行動しないと彼女は出来ないからこそ、世の中の男性の彼女との出会い方やきっかけを知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人による彼女との出会い方を体験談と共にご紹介しています。

本コンテンツはfamicoが独自に制作しています。コンテンツの内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。広告等が含まれるコンテンツの場合、広告主等はコンテンツの内容・ランキングの決定に一切関与していません。
詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

彼女と出会ったきっかけランキング

彼女と出会ったきっかけランキング

まずは、彼女と出会ったきっかけランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女と出会ったきっかけ』によると、1位は『友人・知人の紹介や付き合いで』、2位は『仕事の都合で』、3位は『趣味や好きな物を通じて』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女と出会ったきっかけ

男性100人に聞いた彼女と出会ったきっかけ

男性100人に聞いた彼女と出会ったきっかけでは、1位の『友人・知人の紹介や付き合いで』が約28.8%、2位の『仕事の都合で』が約16.1%、3位の『趣味や好きな物を通じて』が約14.8%となっており、1~3位で約59.7%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼女と出会ったきっかけを体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】友人・知人の紹介や付き合いで

友人・知人の紹介や付き合いで

営業先の方からお互いを紹介してもらった

同業他社で会社は別々ですが、彼女とは同じ営業先を担当していた為、営業先の人たちがお互いを紹介してくれました。

最初は連絡を取り合ってご飯にだけ行ったりしてましたが、次第に仲が深まり出かけるようになり、デートを重ねて距離が縮まったことで告白して付き合うことになりました。

これまで仕事関係で紹介してもらい付き合ったことはなかったので、初めての経験でしたが、今でも仲良くしています。

20代後半/IT・通信系/男性

彼女がほしいと友人に言っていたらグループデートに誘ってくれた

合コンが彼女探しの場でしたが、なかなか続かず、友人に「誰か紹介してほしい」と言っていたら、友人と友人の彼女とその友達でのドライブをセッティングしてくれました。

1対1ではないので気まずくなることもなく、良かったと思います。

また、その後も友人たちがフォロ−してくれるので、ときには迷惑な時もありますが(笑)、消極的な私にとっては、それらのフォローで付き合うようになりました。

50代前半/メーカー系/男性

友人に誘われたバーベキューで出会った

友人に誘われたバーベキューで出会い、1日過ごして仲良くなり、連絡先を交換しました。

すごくいい子だなと思っていたので、連絡先を交換出来て良かったなと思いました。

後日デートをし、互いを知れるようになっていきました。

そして5回目のデートでイルミネーションを見に行った時に、自分が告白をして付き合う事になりました。

20代前半/メーカー系/男性

友人の紹介で出会った

人見知りな当方ですが、友人に頼み、彼女を紹介して貰いました。

洋服作りが趣味な彼女が当日来てきた服が、当方の好みに合致し、服装に合った顔立ちも当方の好みに合致しました(笑)。

その為、紹介された際のテンションが高く、少しおかしなトークとなりましたが、彼女も当方の不器用さを気に入ってくれて、お付き合いすることになりました。

40代後半/メーカー系/男性

保険屋さんが開いてくれた合コンで知り合った

保険屋さんが開いてくれた合コンでしたが、ただの人数合わせのつもりで参加しました。

しかしある一人の女性と意気投合して連絡先を交換し、そのまま付き合うことになりました。どうやら当日は彼女も人数合わせで来ただけだったようです。

今の嫁がそのときの彼女です!出会った日から数えてもうすぐ20年が経とうとしています。いろいろありましたが、家族も増え、4人で楽しく暮らしています。

40代前半/流通・小売系/男性

勤め先が同じで、上司の仲介で知り合った

勤め先が同じで、上司の仲介で知り合いました。お互い結婚適齢期となってきた頃、上司がお見合いの話を持ち掛けて下さったのです。

勤め先では部署が違い、勤務場所も離れた棟でしたので、ほとんど顔を合わすこともなく、お互い名前と顔くらいは知っているという程度でした。

それまで彼女に対して何となく暗いイメージを持っていましたが、実際に接してみると親しみがあって楽しい子なんだなということがわかり、こちらも安心した覚えがあります。

その後、無事結婚できました。

40代前半/不動産・建設系/男性

会社の上司に連れて行かれたスナックで出会った

上司の紹介のスナックで常連になり、そこで働いていた年上の彼女に恋愛相談などしていました。

彼女が私に好意的な事は前々から気付いていたので、私が片思いしてた女性に振られた後、何回かデートに誘いました。

年上ということもあり、最初はしっくりしなかったのですが、デートを重ねるうち、お互い相手の事を思いやるようになり、付き合い始めました。

50代後半/IT・通信系/男性

大学在学中に友達の紹介で知り合った

私の場合は大学在学中に、共通の友人を通して知り合いました。

同じサークルになったので勇気を持って話してみました。それから共通の話題を話したり、夜に電話したりして距離を詰めていきました。

夏頃に1回告白して振られてしまい、連絡は取りつつ前より話さなくなりました。

自分も諦めていたのですが、その年の冬に相手から告白され、お付き合いしました。

30代前半/自営業/男性

【2位】仕事の都合で

仕事の都合で

同じ職場で出会った

彼女とは同じ職場で出会い、3、4年くらいは互いに意識していませんでした。

同じジムでよく会うようになり、友達も含め、遊ぶようになっていました。そして身体のメンテナンスなどを通じて、2人で会うようになっていきました。

友達以上、恋人未満の関係が続き、相手から「これからどうする?」と問われ、付き合う事になりました。

30代前半/医療・福祉系/男性

職場の同期で、入社前の内定式で出会った

彼女とは配属先が一緒で親しい友人でもあったので、シフトが合うときは一緒に通勤していました。家も近かったため、仕事終わりにどちらかの家や近くのお店でご飯を食べたり、休みが合った日は出かけたりしていました。

12月に彼女がおすすめと教えてくれたカフェへ一緒に行ったとき、僕が「クリスマスは今年もぼっちかな。どっちみち仕事だけど。」と冗談めいて呟いたところ、こちらが恥ずかしくなるくらい照れながら告白されました。

初めての彼女ということもあり、大切にしたいと思います。

20代前半/医療・福祉系/男性

取引先の合同説明会で隣の席で名刺交換をしたのがきっかけ

取引先の合同説明会に参加した時、2人がけの長机で席順が決まっており、隣の席だった為、彼女に名刺交換をお願いしたのがきっかけです。

会社も近く、終わってそのまま一緒に最寄駅まで歩いたのですが、お互いの自宅まで近いことが判明し、当日そのまま食事に行きました。

仕事上では直接の取引関係がなく、業種も違ったので「会社関係なく付き合える関係だな」と思っていたところ、向こうも同じように言ってきて、食事回数を重ねるたびに惹かれていき、そのまま付き合うことになりました。

30代前半/メーカー系/男性

外での出会いが少なく自然的な流れで社内恋愛に発展

私の出会いは、これまで職場内での出会いが圧倒的に多いです。

基本ブラック寄りの職場に縁があるようで、勤務時間が長くなり休日も不規則。職場で過ごす時間が1日の大半を占め、社内の人間と顔を合わせる時間が長くなり、自然と関係が深まっていくという流れが非常に多い状況でした。

ただし、職場内とはいえ、携わる人間も一定数しかおらず、必ずしもみんなに祝福されるような関係になることばかりではありませんでした。

30代前半/サービス系/男性

仕事上の名刺交換で出会った

業務の中で名刺交換会があり、そのときに出会いました。

最初は仕事の営業目的で何度か挨拶に行き、話をしておりましたが、食事の誘いをしてからはプライベートで会うことも多くなり、自然とお付き合いをする流れになりました。

結果、結婚することになりました。

30代前半/IT・通信系/男性