彼氏との将来が不安…同じ経験を持つ女性100人の対処法

彼氏 将来

彼氏と付き合っていても「将来が見えなくて不安…」と感じることもありますよね。結婚を考えている時や結婚適齢期、交際年数が長くなってきた時などは特に不安に感じるものです。

彼氏のことは大好きだからこそ、将来が見えない今の状況を変えるためにも上手に対処する方法を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏との将来に不安を感じた時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼氏との将来に不安を感じた時の対処法ランキング

彼氏との将来に不安を感じた時の対処法ランキング

まずは、彼氏との将来に不安を感じた時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏との将来に不安を感じた時の対処法』によると、1位は『不安な気持ちを伝え、話し合う』、2位は『将来設計を伝え、一緒に考える』、3位は『これからも一緒に居たいか考える』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏との将来に不安を感じた時の対処法

女性100人に聞いた彼氏との将来に不安を感じた時の対処法

女性100人に聞いた彼氏との将来に不安を感じた時の対処法では、1位の『不安な気持ちを伝え、話し合う』が約29.5%、2位の『将来設計を伝え、一緒に考える』が約24%、3位の『これからも一緒に居たいか考える』が約14.1%となっており、1~3位で約67.6%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼氏との将来に不安を感じた時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】不安な気持ちを伝え、話し合う

不安な気持ちを伝え、話し合う

彼氏に不安な気持ちを伝えて感情的にならずよく考える

彼氏に不安な気持ちを素直に伝えた方が良いと思います。不安な気持ちは彼氏と一緒に乗り越えるのが本当は一番いいと思います。

ちゃんと聞いて考えて、嘘偽りのない気持ちを誠実に伝えてくれる人はとても良い人だと思います。大事な話をごまかしたり、受け入れない人は考え直した方が良いと私は思います。

また家族や友達に相談するのも対処法のひとつです。意外と周りの人の方がよく見てることもあります。

でも最後に決めるのは自分です。悩んだとしても、それは自分を成長させてくれる経験のひとつとして、活かされると思います!

40代前半/専業主婦/女性

結婚や金銭面について不安なことを正直に話す

彼と付き合い始めて1ヶ月が経つ頃、私は結婚を前提に考えた上でお付き合いしていきたかったので、彼が私のことを理解し、そして結婚まで考えてくれるか分からず不安に思っていました。

「まだ付き合って1ヶ月も経ってないのに、こんなこと話せないな」と思っていましたが、ある日覚悟を決めて、今不安に思ってることや悩みを打ち明けました。

すると、彼も同じことで悩んでいたそうで、「ちょっと話し合いしよう」と時間を設け、お互いたくさん話しました。

結果、私の悩みだけではなく彼の悩みも解消しました。

20代後半/メーカー系/女性

別れる?と聞く

付き合っていた彼と結婚の話は出ていたものの、いつも結論が出ないまま話が終わっていました。

当時、私も年齢が30歳間近となり、二人の将来を決断する時期に来ていることをひしひしと感じていました。

このままの状態ではいつまで経っても変わらないと思い、いつものように結論が出ないで話が終わりそうになった際に、「私との将来が見えないなら別れる?」と聞いてみました。

突然のことに驚いていましたが、それがきっかけでお互い「今、何に不安を感じ、結婚に向けて動き出せないのか」を話し合うことができました。

背中を押すきっかけ作りが大事だと思いました。

30代後半/専業主婦/女性

今の心境とこれからのことについて話す時間を設ける

私は何年も待たされて気持ちの限界に達しました。

色々と葛藤し、家族(姉)に「彼氏がなぜ、一緒に住むことができないのか、結婚に対してはっきりしていない」ということを相談しました。姉からは「彼なりに何か抱えていることがあるんじゃないかな。聞いてみるといいよ」とアドバイスがありました。

そこで彼氏に直接会って話を全て聞いて、仕事に就いていないことを打ち明けられた時は、激怒することすら通り越して冷静に受け止めました。

後日、姉に打ち明けてみたら、「あんたは彼氏を信じているんだよね?彼が結婚に対して真剣に考えているんだったら大丈夫」と背中を押されて、気持ちが楽になりました。

40代後半/メーカー系/女性

話し合いの時間を設けて目標を設定する

彼と付き合って一年経ち、お互いに結婚を意識するようになりました。

彼は仕事もプライベートも真面目で努力家です。結婚に対しても真剣に考えてくれるようになり、金銭面での計画も立て始めました。可能な限り稼ごうと副業も始めましたが、私にも勧めてくるようになりました。

しかし、私は最近転職したばかりで正直余裕がありません。でも「二人の将来のために少しでもお金を稼いでほしい」と言われ、正直つらくなりました。

なので、彼と話し合いの時間を設け、「いつまでにいくら貯める」という計画をお互い納得できる期間で定めることができました。

20代後半/専門コンサル系/女性

とにかく何が不安なのか具体的に紙に書き出し整理してから伝える

彼は優しいのですが気弱で、頼りになるタイプではありませんでした。親に紹介した時も、母に「あの人頼りになるの?」と眉をひそめられたくらいです。

怒ったりしないから一緒にいて楽だと思って付き合ったのですが、付き合いが長くなるにつれ、その頼りなさが目につくというか、将来のことを考えると不安になりました。

そのことを彼に伝えようにもなかなか言葉がまとまらないので、紙に「具体的に何に不安なのか」「相手にどうしてほしいのか」などを書き出し整理して、相手に伝えました。

結果的に別の理由で別れることになってしまいましたが、紙に書き出して整理して相手に伝えたのは効果てきめんでした。

20代前半/自営業/女性

思っていることを彼に伝えて考えを聞いてみる

彼は私より年上の社会人で、出来るなら彼とこれからも一緒にいたいと考えていました。

私はまだ学生なのに、結婚や同棲することに関して真剣に考えすぎていました。

そのことを彼に伝えると、「まだ早すぎるよ。今は二人で一緒にいられる大切さをかみしめたい。でも自分がどんな暮らしをしていきたいのかは今から考えてはおきたいけどね。」と言われ、我に返りました。

自分だけが焦っていたことに少し恥ずかしさが残りました。

彼に諭されましたが、不安になってもお互いに思いあい信頼していけば、形ある幸せに近づけることを彼から学びました。

20代前半/大学生/女性

直球で気になることはすぐに聞き出した

彼とは付き合った当初から結婚の話が出ていました。だから私もその覚悟で交際を続けていました。

ところが、彼は私の親にあいさつしたいと自分から言っていたのに、いざ私が「親に会う?」と聞くと「行かない。」と言うんです。それが何度かあり、もしかしたら彼は口先だけで、結婚する気はないんじゃないかと思い始めました。

そこで、「もしこの先、交際を続けていく気がないなら、すぐに言ってね。その時は別れよう。」と伝えました。すると、なぜそんなことを言うのかと言われたので、正直に思っていたことを話しました。

そこでようやく彼が私の親に会おうとしなかった理由が明らかになりました。まだ心の準備もできていないし、就職したばかりで財力もない、会って認めてもらえなかったらと思うと、とても勇気が出なかったそうです。

今3年目でようやく双方の親へのあいさつを済ませることができ、少し不安が和らぎました。

20代前半/不動産・建設系/女性

とことん話し合う

私は将来を考えたお付き合いをしたいと思っていました。

彼といると気は楽でデートするのもよかったのですが、金銭感覚が違うなと気づきました。彼はオーガニックなど質の良い食材にこだわり、インテリアなどにお金をかけたいタイプ。私はどちらかというと、旅行などにお金を使いたいので、その違いについて話し、彼も理解をしてくれて円満にお別れしました。

今も彼とはよい友達のままで、私も将来を見据えた新しい彼とお付き合いをしています。

20代前半/大学生/女性

最終通告として『結婚の意思はあるのか?』と思い切って尋ねてみた

30歳になる前に結婚を望んで居た私としては、結婚の「け」の字すら出してこない彼氏に半分以上「諦め」を感じていました。

最終通告として『結婚の意思はあるのか?』と思い切って尋ねてみたところ、1週間ほどして「30前の結婚は望んで居ない」と言われました。この時に彼が自分にとって都合の良い事を言ってきたので、ダメだと思い別れました。

翌年に現在の夫から猛烈なプロポーズを頂戴し、結婚しました。

どこかで「もしかしたら……」などという未練は捨てるべきだと痛感した出来事でございます(苦笑)

50代前半/専業主婦/女性

泣きながら彼に自分の気持ちをぶつけて話し合う

私と彼は5年間付き合っており、同棲4年目です。もう彼からはプロポーズをもらっており、両家の挨拶も済ませたのであとは籍を入れるだけです。

彼はもっと先を見ていて、「子供が欲しい」といつも言っていますが、私は子育てに自信がなく、あまり前向きに考えられなかったので最初は流したり、彼に軽く同調したりしていました。

しかし何度も子供の話をされるプレッシャーに耐えられなくなり、ある日私は泣きながら彼に自分の気持ちをぶつけました。すると、彼は親身になって聞いてくれて、聞き役に徹してくれました。

私からの告白を受けたその後は、彼にも思うことがあったらしく、子供について以前ほど言ってこなくなりました。

彼に嫌われたくなくて同調したりしていましたが、自分の心にないことに同調し続けることは絶対に限界が来ます。なので改めて話し合いは大事だなと感じました。

20代前半/自営業/女性

相手の気持ちは尊重しつつも自分の本心を伝える

以前お付き合いしていた男性です。彼は自分自身の夢を実現するために、生活費を削ってまで自己投資に励んでいました。

彼の人間性や考え方は魅力的だったので、お金がないということを理由に別れることはしたくないと思っていましたが、正直なところ将来が見えず不安を感じてしまいました。

それを正直に伝えたところ、やはり彼は自分の目標のためにまだ頑張りたいとのことでした。私も精神的・経済的に彼を支えるだけの余裕がなかったため、そのまま距離を置くことになりました。

気持ちの面だけでなく、生活に必要最低限の要素は考慮しておくべきだったかもしれません。

20代前半/大学生/女性

【2位】将来設計を伝え、一緒に考える

将来設計を伝え、一緒に考える

両親に一度会ってもらないか確認して様子を窺った

猛アタックしてきた彼氏でしたが、私は将来を考えてしか付き合いたくなかったので、結婚を視野に入れて慎重に付き合っていました。

最初は彼氏も、将来を視野に入れて付き合う前提だったのに、1年以上経っても全くその素振りを見せません。

信頼できなくなるような部分も時々見えてきて、不安になることも多かったので、両親に一度会ってもらえないか確認しました。しかし彼の答えは「その内・・・」だったので「それっていつ?」と思って、一気に気持ちも冷めました。

40代前半/専業主婦/女性

結婚が決まった友人の話を持ち出し反応を見た

前の彼と付き合って3年目になった頃、周りの友人も結婚していく中、私達の間では具体的な結婚の話も出ないままでした。周りの友人の話を持ち出して反応を見たりしたのですが、特に結婚の話につながることもなかったです。

今振り返ってみると、別れるまで彼とは喧嘩した事が一度もなく、それは本音で話したり相手をもっと深く知ろうとしなかったため、漠然とした不安がいつもあったのだと思います。

過去の私や周りを見ていて、お互いに社会人で結婚の話がなかなか出ない場合、結婚に発展する事はあまりないのではと思います。

不安に感じてアクションを起こしたけど状況が変わらない場合、別れを選択する勇気も必要だと学びました。

30代前半/サービス系/女性

将来設計を伝えた

結婚を考えてお互い付き合いだしたはずなのに、なかなかその話にならないので「私、何歳までに子供欲しいんだよね」や、結婚している人の話をわざと出したり、「どんなふうに結婚のタイミング考えてる?」などとしっかり聞いてしまいました。

そうしたらしっかり考えてくれたことに気づき安心しましたし、実際に半年後にプロポーズされました。

20代後半/メーカー系/女性

将来計画を話して聞きだす

元彼はギャンブル好きで、その為に仕事を休んだりする人でした。

ただ「私が変えてあげないと、私が居ないと…」と変な正義感があったため、不安がありつつも約5年付き合っていました。

5年目でようやく目が覚め、このままだといけないと思って将来計画を話してた時に、何も考えてない中身のない人だったので「勉強した」と割りきって別れを告げました。

40代前半/専業主婦/女性

将来のことを考え結婚したい意思を真剣に伝える

3年間付き合っていた彼氏がいました。お互い、結婚する年齢になり私は子どもも欲しかったので、将来のことを考え、結婚したい意思を伝えました。

しかし、それとなく答えを聞いてもはぐらかされてしまい、それが何度も続きました。

私は「これでダメなら別れよう」と思い、最後に泣きながら彼に聞くと、「今は結婚する気がない」と正直に答えてくれたので別れました。

結婚は2人でするものなので、お互いの気持ちが合わなければ別れる手段もありだと思います。

その彼と別れてから、半年後に違う人と結婚しました。私の場合は、前の彼との縁が切れたので、今の人に出会えたのだと思っています。

20代後半/サービス系/女性

将来に関する自分の気持ちを素直に伝えた

彼と付き合って1年経ち、お互いに結婚はこの人しかいないと思っていたものの、遠距離恋愛で私は将来が不安でした。

月に1、2回しか会えず、たまに同棲の話が出るものの、彼は「まだ養えないからまだ先の話」と現実的な話にはならず寂しい思いをしていました。

しかし、そのモヤモヤな気持ちを持ったまま毎日過ごすのが苦しかったので、私は手紙で「早く同棲して結婚したい、仕事も辞めたい」と自分の気持ちを素直に伝えました。

すると、彼も真剣に向き合ってくれ、お金の話や住居の話、結婚式の話など、前向きな話をするようになってくれ、その流れで結婚することができました。

20代後半/専業主婦/女性

お金の怖さを教え彼と結婚したい思いも伝えた

彼は結婚に対して真面目に話し合ってから、真摯に向き合ってくれました。

ただひとつ気になったのが、金銭感覚の違いです。彼は親元で暮らしていたため、月の生活費を渡したら残りはすべて彼自身のお小遣いでした。

彼の金銭感覚のままでは将来、結婚生活が破綻すると感じ取った私は、彼に「自力で100万貯めたら結婚しましょう」と伝えて、私の実家の借金話やお金の怖さ、さらには彼と結婚したい思いを伝えました。

彼はそれから一年ほどで目標に達し、これまでのようなお金の使い方はしなくなりました。

40代後半/公務員・教育系/女性

お互いの人生設計を紙に書き結婚するかどうか確認した

遠距離恋愛をしていたため、なかなか会う時間がとれませんでした。

その後、彼と私がほぼ同じタイミングで引っ越すことになり同棲が始まりましたが、今後どうするかといった具体的な話し合いはなく、日々を過ごしていくうちに将来に不安を感じるようになりました。

年の差で私は年上、出産などを考えると将来に対する不安は募るばかり。

そのため、彼と私のライフプランを紙に書きだすことで、お互いの不安や将来についてしっかり話し合えるようになりました!

30代前半/医療・福祉系/女性

いつ子供を出産してなどの人生設計を一緒に考え必要になるお金を分析する

彼と付き合って3ヶ月で、同棲をしました。親には2年後までに結婚をすることを条件に許可を得ました。

しかし、同棲していく中で、彼がパチンコや麻雀などのギャンブルが好きだということや、スマホのゲームに数十万の課金をする人だと知り、将来に不安を感じるようになりました。

自分の年齢や出会いが少ないこと、彼のことが嫌いになれなかったため、この先に起こる人生イベントを一緒に考え、今後に必要なお金を分析しました。

そうすることで貯金をする目標ができ、無駄使いをしないようにと、お小遣い制を受け入れてくれ、悩みは解決しました。

30代前半/メーカー系/女性

「このまま付き合いを続けるか区切りをつけるか決めたい」と伝える

高校生の時からお付き合いをしていて、付き合って五年目。私は正社員で働いていて、彼はアルバイトで稼いでいました。

私は結婚願望が強く、いつでも結婚してもよかったのですが、彼がいまいち乗り気でないので、私と結婚したくないのかと思ったこともあります。

彼とは同棲をしていて、二人でお仕事をしていないと生活できないから、辞めたい仕事を我慢して働いていました。しかし私には持病があり、年々症状が酷くなってきたこともあり、このままだと悪化してしまうと思い、彼に相談しました。

私が「このままお仕事を続けると持病が悪化してしまうので辞めたい。付き合ってもう少しで六年になるのでこのまま付き合いを続けるか区切りをつけるか決めたい」と言うと、彼は将来のことを考えてくれてたみたいで、「これから資格を取って転職して正社員になり、君を扶養に入れる事を考えている」と言ってくれました。

ビックリしました。今まで将来の話をしても乗り気ではない感じだった人が、きちんと考えてくれてたんだと思い、嬉しくて涙が出ました。

30代前半/専業主婦/女性

将来のプランを一緒に考えた

彼とは最初から結婚前提に付き合っていましたが、「まだ勉強したい」とのことでいつ就職するか分かりませんでした。

今は自分たちのためだけにお金を使えましたが、早くママになりたい私は金銭的に安定したくて、将来のことが不安になっていました。

そこで彼に相談し、「いつまでに卒業する、いつから働きだす、勉強している間の給料はこれくらい」と細かく教えてもらいました。

完全に悩みが無くなったわけではありませんが、全く考えていないと思っていたので、彼なりに考えているのだと知れてよかったです。

20代前半/専業主婦/女性