10歳差の年上彼氏との付き合い方!彼女100人が教える秘訣

年上彼氏 10歳差

付き合った彼氏が初めての10歳差の年上彼氏だと、どのように交際すればよいのか考えてしまうこともありますよね。お金などの経済的な部分だったり、趣味などの私生活の部分など、同学年とはまた違った気の使い方が必要な場合も多いものです。

10歳年上の彼氏と上手に仲良く付き合っていきたいからこそ、10歳差ならではの交際の秘訣などを事前に知っておきたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人に聞いた10歳差の年上彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介しています。

10歳差の年上彼氏と上手に付き合う方法ランキング

10歳差の年上彼氏と上手に付き合う方法ランキング

まずは、10歳差の年上彼氏と上手に付き合う方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた10歳差の年上彼氏と上手に付き合う方法』によると、1位は『相手に合わせる・尊重する』、2位は『適度に甘え、感謝する』、3位は『自立している面を見せる』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた10歳差の年上彼氏と上手に付き合う方法

女性100人に聞いた10歳差の年上彼氏と上手に付き合う方法

女性100人に聞いた10歳差の年上彼氏と上手に付き合う方法では、1位の『相手に合わせる・尊重する』が約35.9%、2位の『適度に甘え、感謝する』が約15.8%、3位の『自立している面を見せる』が約13.5%となっており、1~3位で約65.2%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で10歳差の年上彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】相手に合わせる・尊重する

相手に合わせる・尊重する

常に彼中心に考えて尽くしてあげる

彼は仕事でとても忙しく、なかなか会える時間を取るのが難しかったのですが、彼に誘われたらいつでも会えるように気をつけていました。

彼から飽きられてしまわないように、いろいろな料理を作ったり、部屋を掃除したりして、少しでも彼が快適に過ごせるように気をつけるようにしていました。

50代後半/自営業/女性

プライドを傷付けないように気を遣う

若い女性と付き合いたがる男性は、大人ぶっていても内面は子供っぽい人が多いと思います。私の経験上、「頼りになる俺」「大人っぽい俺」「年下の女性からも好かれる俺」に酔っている人が多い印象ですね。

現実的には「何の取り柄もない普通のおじさん」だと思うけど、そのあたりをわかった上で上手くおだてて、自分は「年下の(か弱い)女性」を演じていれば、喧嘩になった時も早く丸くおさまります(笑)。

40代前半/流通・小売系/女性

思いっきり甘えつつサポートできるところはしっかりサポートしてあげる

考え方に大きく差異を感じてしまうことが多いかもしれませんが、年上となるとプライドも高くなる傾向があるので、相手への尊重や尊敬は大事にした方がいいと思います。

10歳も年上の男性だと、彼女が「可愛くて仕方ない」、「甘えさせてあげたい」と考える人も多い気がします。

周りの話を聞いていても「彼女が甘えてくれることで満足感が得られる人が多いなぁ」と感じるので、基本的にはしっかり甘えるようにしています。

しかし、彼が寂しい時や仕事で落ち込んでいる時などは、側にいて支えてあげたらいいのではないかなと思っています。

30代前半/IT・通信系/女性

体力的嗜好的な部分で差があることを理解する

休日の過ごし方やデートの仕方にジェネレーションギャップがあるので、相手に合わせた方が無難だと思います。

相手をリスペクトして頼ることも良いですが、常に自分を磨き、相手の満足する話し相手になったり、時には相手をサポートできるくらいであった方が、相手の方も飽きずに一緒にいてくれると思います。

ただ、遠距離はやはり相手の体力的に難しいかもしれません。笑

20代後半/サービス系/女性

お互いを尊敬し尊重し合うこと

10歳年上の彼の周りの友人も当然年上が多く、ほとんどの方が私よりもずっと長く彼と付き合っています。

しかし変に尻込みしたりせず、気になることや知りたいことは積極的に尋ねて、そして彼の友人との友情も必ず大事にしなければならないと思います。

私と付き合いだしたからといって、彼が友達のことを蔑ろにしたりせず、同じ距離感での付き合いをしてもらえるよう、気を遣っています。

お互いを尊敬し、尊重し合うことが大切だと思っています。

30代前半/医療・福祉系/女性

無理強いせず様子を窺いながら付き合う

相手は大抵「頼られたい・甘えてほしい」という気持ちを持っているので、しっかり頼るところは頼るようにしています。

また、体力的にも精神的にも、自分よりも落ち着いているので、無理強いせず様子を窺いながらデートの場所などを決めています。

そして、ジェネレーションギャップを感じさせないように、小さい時に流行ってたものや、見ていたテレビ番組の話は、積極的にはしないようにしています。

30代前半/医療・福祉系/女性

歳の差を感じさせないような努力をする

私が歳の差を感じた事で、相手を不安にさせてしまった事があります。

彼は10歳も年上なうえに、流行りにもついて行けてなくて、街ですれ違うおしゃれな人を見かけた私が「あの人、今っぽくてお洒落だな」と言ったりすると、とても凹んでいました。

かと言って、無理やり流行りの格好をさせるのもなんか違うと思っていました。

また、過去に流行ったモノも違い、共感できないこともあるので、2人の共通の趣味みたいなものを見つけて楽しむようにしてました!

30代後半/専業主婦/女性

本当は知っている話でも知らないふりをして興味を持って聞く

彼とはちょうど10歳離れているので、時々ジェネレーションギャップを感じることがあります。

特に子どもの頃の話になった時に感じやすいです。「俺が子どもの頃はこういうのが流行った」という話の時に、本当は知っているけれど、私はあえて知らないフリをすることがあります。

そうすると楽しそうに、懐かしそうに、「知らなかったでしょ?笑」と少し自慢げに話して機嫌が良くなり、その後も楽しく過ごすことができます。

20代前半/自営業/女性

彼の悩みに無理して共感せず聞き手に徹する

私が10歳年上の男性とお付き合いする上で意識するのが、「彼の悩みに対して簡単に共感しないこと」です。

もちろん普段の何気ない会話では、「うんうん、分かるー!」と楽しくコミュニケーションをします。しかし10歳も年上だと、社会的な立場は、まだ自分にとって分かりきれない部分が多くあるのです。

それにも関わらず彼の仕事の悩みに対して「分かるー。」などと簡単に言ってしまうと、安っぽい相槌だと思われてしまうかもしれません。

歳の差があることは彼も承知しているのだから、分からない部分は無理をせず「愚痴ならいくらでも聞くよ!」と伝えて聞き手に徹しましょう。

30代前半/サービス系/女性

彼の仕事の悩みが多くなるので聞き上手になること

年上の彼はどんどんお仕事の悩みが多くなる年齢にもなるので、聞き上手になることが一番喜ぶと思います。

彼は年下の自分に相談をして答えを求めているわけではなく、ただただアルコールを飲みながら今の仕事の愚痴を言いたいだけのようでした。

そこで「なんとかしてあげよう」とない知恵を振り絞ってアドバイスをしたのですが、彼がちょっとムッとしたような感じがしたので、謝りました。すると笑顔で「わからないのに一生懸命聞いてくれてありがとな」と言ってくれました。

それからは聞き役になるように努力した思い出があります。10歳の年上の彼はプライドも高いと思うので、そこを踏まえて付き合えばいいと思います。

50代後半/自営業/女性

年上だからと一括りにせず一人の男性として尊重してあげること

男の年齢はただの数字であり、10歳上だからといって、しっかりしてるわけではありません。年上でも人間なんだから、ミスをすることがあることを理解するのが大事だと思います!

彼氏がミスをして落ち込んでる時に、彼女の支えが必要になります。

男性は何歳になっても少年の心を持っています。大人の部分と、少年の純粋な部分を尊重してあげることが、上手に付き合う方法です。

20代前半/大学生/女性

相手を決して貶したり馬鹿にしたりしない

年上の方はプライドが高いと思います。男性は特にです。なので、決して馬鹿にしたり貶したりする態度や言葉を発してはいけないと思います。

私の体験談ですが、彼が難しい漢字を読めなかった時、冗談で「読めないの〜?」と小馬鹿にした態度をとってしまいました。すると彼が激怒して、大喧嘩になってしまい、別れる一歩手前までいきました。

ちょっとした冗談でも、このようなことは言ってはいけないと思いました。

それからは、常に彼を立てるようにし、プライドを傷つけないよう気を付けてます。

20代後半/商社系/女性

彼氏の経験談をたくさん聞く

私はもともと年上の方と話すことが好きです。自分のためになるような話がたくさん聞けて、飽きることがありません。

年上の彼氏と付き合うと、友達の時にはあまり聞けなかった経験談もたくさん聞けますよ笑

いいことは彼氏も自慢げに話してくれますし、良くないことは「こういうことがあって大変だったから、〇〇も気をつけなよー!」と心配しながら話してくれたので、ありがたいし尊敬できます。

20代前半/大学生/女性

会った時はすごく甘えるが絶対に仕事優先にしてもらう

年上の彼氏は基本的に甘やかしてくれるので、少し無理めなわがままも聞いてくれることが多いです。

ですが10歳年上だと、会社での役職や仕事においては同年代の男性とは違って責任ある立場な場合が多いので、絶対に仕事優先にしてもらっていました。

平日、LINEの返事がなくても催促しないとか、デートが仕事で流れてしまっても文句は言わないなどの配慮が欠かせません。

30代前半/専業主婦/女性

【2位】適度に甘え、感謝する

適度に甘え、感謝する

可愛い年下として振る舞う

相手が10歳も年上だと、私のことをとても可愛がってくれます。食べたいものも行きたい場所も全てリードして決めてくれるので、「いつも引っ張ってくれてありがとう」という感謝の気持ちを忘れないことが大切だと思います。

相手が年上のプライド・メンツを維持できるように、自分は年下の可愛い子を少し大げさに演じているくらいの接し方で良いと思います。

40代前半/IT・通信系/女性

存分に甘え立ててあげる

充分に甘えて良いと思います。10歳差ですから、追いつこうと背伸びしても無理なだけです。だから開き直って甘えましょう。

でも、年寄り扱いは冗談でもしない方が良いと思います。後々トラブルの元になりやすいです。

もう一つ大事なのは、やはり立ててあげることだと思います。常に年上の彼としてリスペクトすることを意識して、楽しく上手に長いお付き合いをしてほしいと思います。

リスペクトの分、大切に扱ってもらえるとも思います。

40代後半/医療・福祉系/女性

可愛く頼ること

当時付き合っていた10歳年上の彼はお金に余裕があって、私のどんなわがままにも応えてくれて、とても心地いいお付き合いでした。

今にして思えば彼は優しいのではなく、私を甘やかしていただけだったのかも知れませんが、年下の彼女を選んだ訳ですから、ある程度、自分がリーダーシップを取ったり、優位に立ちたかったのだと思います。

基本的に男性は頼られたら弱いものなので、女性は可愛くあるべきです。

40代後半/専業主婦/女性

上手に相手に頼り、たくさん感謝する

年上彼氏ということは、人生経験も豊富で「あなたのことを守りたい」という気持ちも強いと思います。そして人は誰でも、頼ってもらうと嬉しくなります。

ただ、その頼り方も「察してほしい」という空気を発するのは良くありません。「年上だから伝わるでしょう?」などと期待して、勝手に落ち込んだり怒ったりすると、相手のプライドも傷つきます。

はっきりと言葉にして、愛ある甘えをたくさんしましょう!そして、してくれたことに対して心からのお礼を伝えましょう。

「相手の方が年上で、気を使ってしまう」という場合は、小さなお願いからでもいいです。日頃から気持ちを素直に言葉にして伝え、しっかりと頼り、感謝し、コミュニケーションをとることが大切だと思います。

30代後半/専業主婦/女性

等身大の自分で思い切り甘えてかわいがってもらうこと

彼から見れば、「10歳年下の彼女なんて、かわいいなぁ」と思える存在のはずなので、そこにつけこんで(笑)、思い切り甘えてかわいがってもらうことにしていました。

彼の話はちゃんと聞き、尊敬の目で見ていましたが、時々ちょっとわがままも言いました。でも彼は「そこがかわいい」くらいの感じで接してくれていましたね。

だから、無理して大人びたことをしたり、彼に合わせようとするのではなく、等身大の自分でいることがうまく付き合うポイントだなと思いました。

30代後半/流通・小売系/女性

彼に甘える

20歳の頃付き合った彼は会社員でしたが、バイトを掛け持ちしていて、そのバイト先で知り合いました。

とても優しくて、毎日家まで送ってくれました。私が甘えると「そういうところがかわいい」と言ってわがままも聞いてくれて、食事は毎回おごってくれましたし、対応などもとても大人の男性でした。

1年ほど付き合いましたが、「彼女と結婚する」という事で別れました。私は浮気相手だったようです。

初めて愛した人でしたので、一生忘れられない思い出となりました。

50代前半/IT・通信系/女性

【3位】自立している面を見せる

自立している面を見せる

相手を立てつつも、しっかりと自分を持って付き合う

私は13歳年上の人と結婚しましたが、やはり大事なのは、相手を尊敬することだと思います。自分の知らないことや出来ないことを相手が教えてくれたりやってくれたりする機会が多いので、「いつもすごいね」や「流石だね」、「ありがとう」などの言葉を伝えています。

反面、相手に頼り過ぎるのは良くないと思います。相手はこちらを育てている気持ちも多少あるので、「この前教えてもらったことが今回ひとりで出来たよ、教えてくれてありがとう」など、素直に相手の言ったことを受け入れて成長している姿を見せると喜びます。

ただ、なんでも言いなりになるのではなく、ちゃんと自分の主張もすることは必要だと思います。そうすることで、「この子はちゃんと考えているんだな、大人だな」と思わせると対等な関係でいられます。

年上のプライドを傷つけないように相手を立て、しっかりと自分を持って付き合うのが良い対応だと思います。

20代後半/サービス系/女性

背伸びはせずに自分に出来ることをする

10歳も上だと色々経験もしていますし、その歳で1人だと金銭的にも余裕があります。でも、なんでもかんでも支払いをしてもらうのはNGです。

お互い社会人で夜の食事デートが多かったです。彼氏の行きつけの割烹料理店での食事が多く、支払いは彼がもってくれていました。

しかし、たまに昼休みの時間を合わせてランチをする時は、「今日は私ね!」と言って支払いをしてました。彼にとっては駄菓子を買う程度の金額だったけど、とてもニコニコしてくれました。

背伸びはせずに自分に出来ることをすることで、楽しくニコニコが自然に出るお付き合いができました。

40代後半/医療・福祉系/女性

甘えて頼るけど精神的に自立していること

私は基本的に付き合うのはいつも一回り以上歳上の男性です。周囲からも「お兄ちゃんがいそう」とか言われるほど、普段から甘えるタイプなので、可愛がってもらえます。

仕事でもプライベートでも頼りにして甘えるため、すぐに仲良くなることができます。

ただし、甘えっぱなしでは相手の負担になってしまうため、精神的には自立するよう心がけていました。甘えることとワガママをいうことは違うと思います。

30代後半/公務員・教育系/女性

何でも甘えず自立する

年上の彼氏にデート中思い切り甘える分には可愛いと思われますが、普段から「あれが出来ない、これも出来ない、やって!助けて!」とわがままを言って頼りすぎてしまうと、段々と彼は疲れてしまい、最終的に愛想を尽かされると思います。

なるべく普段の生活は自立して、自炊や掃除などきちんとしたり、自分の仕事についてもしっかりした考えを持つ方が、「年下なのにちゃんとしてるな」と見直されるでしょうし、長続きすると思います。

40代前半/専業主婦/女性

彼への依存は極力減らし自立した大人な一面を見せる

年上の彼氏とうまく付き合っていくには、「自分は自立した1人の大人である」と思わせることが大切です!

私は20歳の頃、14歳年上の彼氏と付き合っており、よく子供扱いをされていました。

年上と付き合っているのだから、子供扱いはされるものと思っていたため、何も不満はなかったのですが、ある日突然別れたいと言われました。理由を聞くと「自分が支えなきゃって考えて疲れてしまった。思っていたより年下の子供すぎた。」と言われてしまいました…。

年上彼氏と長続きしたい、いずれ結婚したいと思っている方は、彼への依存は極力減らし、趣味や家族・友人との時間を作り、自立した大人な一面を見せると、彼も更にあなたを魅力的な人だと思ってくれると思います。

20代前半/サービス系/女性

甘える所は甘えるが依存しない

会社の先輩後輩という関係でもあったので、「親しくても年上の先輩だ!」という意識は常に持っていました。彼はプライドが高いので、そこを忘れると結構喧嘩になっていたような気がします。

年下で可愛がられるように甘える所は甘えて、「でも実は私の方が、彼を手のひらで転がしている」という状況でした。笑

ただ、「自立している女性なのだ」とわかってもらう為に、依存しないようには気をつけていました。

30代前半/専業主婦/女性

【4位】上手に甘えさせてあげること

上手に甘えさせてあげること

人前でからかったりせず2人きりの時はいっぱい甘えさせる

年齢差を感じないくらい相性が良いことが長続きの前提です。

基本的に人前では年上であることを尊重し、決して彼をからかったり見下したりする言動はしません。その代わり、2人きりでいる時はいっぱい甘えさせて、年上であるがゆえのプレッシャーなどから解放してあげます。

プレゼントも物質的なものはもういらない・欲しくない年齢なので、ブランドものなどではなく、経験やユニークな記念になるようなものを選ぶようにしています。

40代前半/商社系/女性

依存しすぎず時には甘えさせてあげる

相手を尊敬する気持ちを常に持って、上手に甘えることが大切です。

でも相手は「自分がリードしなきゃ」とプレッシャーを感じている時もあると思うので、そこは自分がしっかりして、時には甘えさせてあげると良いと思います。

また、「彼は10歳年上だから」と、背伸びをせずに自然体で居ること、相手にも自然体で居てもらえるように努力をする事が大切です。

経験値も10年分積んでいるので、相手の言葉やアドバイスをよく聞くことも大切です。

20代前半/大学生/女性

彼を頼りつつも癒してあげられる存在になること

年上の男性は中々甘える事ができないと思うので、自分が彼にとって甘えられる場所になる事が大切だと思います。話を聞いて癒してあげられればと思います。

また、自分の悩みを相談しアドバイスを求める事は、やはり彼のプライドを大切にする事にもつながると思うので、彼を頼る事も大切だと思います。

でも頼る事ばかりではなく、「彼を癒せる存在」でもいないといけないと思います。

20代後半/金融・保険系/女性

甘えるところは甘えて時には相手に甘えてもらえるようにする

相手の仕事が忙しく、なかなか連絡をとるのが難しくて、デートは2、3ヶ月に一度できるかできないかでした。

連絡ができたら、必ず「嬉しい」、「いっぱい甘えたい」と言葉にして伝えていました。

デートでは相手に合わせて、大人っぽい服や雰囲気を出していました。

また、相手が悩んでいたら話を聞くことにしていました。その際、アドバイスは一切せず、「甘えてきていいよ」と言っていました。

20代後半/専業主婦/女性

【5位】あまり年齢差を気にしない

あまり年齢差を気にしない

あまり年上扱いせず同世代と変わらない接し方をする

あまりおじさん扱いをすると不貞腐れてしまうので、逆に同世代と同じように接するようにしています。

また、白髪など外見的なコンプレックスが出てきたようですが、私からは指摘しないようにして、相手が悩んでいそうなときはフォローするようにしています。

20代後半/医療・福祉系/女性

さり気なく新しいものも教えてあげる

交際当初は彼の服装も少しおじさんぽく見えて、音楽の趣味もあまり合いませんでした。それに対して彼は少し気まずいような反応をしていました。

「常に対等で居たい」という彼なので、さりげなく車内の音楽を変えてみたり、記念日や誕生日に服をプレゼントすると、新しい世界に入ったかのように生き生きとしてきました。

無理やり「それは古いからやめて!」などと言わず、さりげなく趣味嗜好を若い方へ引っ張ってあげると、また若い時代を生きられるようで、とても楽しそうです。

ですが、体力的な問題もあるので、無理はさせないようにしています(笑)

30代前半/専業主婦/女性

年が離れていることを楽しむこと

年齢差カップルあるあるですが、私は彼が幼い頃に聞いていた曲を知らなかったり、昔ハマっていたドラマが私が生まれる前の話だったりすることが結構あります。

ですが、わからない事を教え合いながら楽しむことができますし、お互いにメリットがあると思います。

私も彼から教わっていた情報のおかげで、年上の先輩達の話についていくことができたり、年上の方と話してもあまり緊張しなくなったなと感じます。

逆に彼は、私から若者の情報を得られるので、同年代よりも若々しくみられることが多いようです。歳の差を楽しむことも一つだと思います!

20代前半/大学生/女性

【参考記事】年上彼氏との付き合い方で参考にしたい記事9選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【年齢別】年上彼氏との付き合い方で参考にしたい記事9選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

女性100人に聞いた10歳差の年上彼氏と上手に付き合う方法では、1位は『相手に合わせる・尊重する』、2位は『適度に甘え、感謝する』、3位は『自立している面を見せる』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人に聞いた10歳差の年上彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『10歳差の年上彼女と上手に付き合う方法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

10歳差の年上彼女との付き合い方!彼氏100人が教える秘訣

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年09月19日~10月04日
回答者数:100人