年下彼氏に不安を感じる…同じ経験を持つ女性100人の対処法

年下彼氏 不安

年下彼氏と付き合っていると、年の差があるからこそ不安に感じることもありますよね。彼氏の将来に対する考えだったり、年の差自体に不安を感じてしまう事も。

不安を感じたまま別れるようなことは避けたいからこそ、なるべく早く不安な気持ちを解消して楽しく付き合っていきたいと思っている方も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による年下彼氏に不安を感じた時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

年下彼氏に不安を感じた時の対処法ランキング

年下彼氏に不安を感じた時の対処法ランキング

まずは、年下彼氏に不安を感じた時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた年下彼氏に不安を感じた時の対処法』によると、1位は『正直に打ち明ける・訊いてみる』、2位は『まずは自分の心の余裕を作る』、3位は『周りの人に相談する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた年下彼氏に不安を感じた時の対処法

女性100人に聞いた年下彼氏に不安を感じた時の対処法

女性100人に聞いた年下彼氏に不安を感じた時の対処法では、1位の『正直に打ち明ける・訊いてみる』が約45.7%、2位の『まずは自分の心の余裕を作る』が約8.3%、3位の『周りの人に相談する』が約7.7%となっており、1~3位で約61.7%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で年下彼氏に不安を感じた時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】正直に打ち明ける・訊いてみる

正直に打ち明ける・訊いてみる

正直にこれが不安だと話した

彼がまだ若いため、可愛い女の子の友達が多いのが不安でした。女の子達は彼にとってただの友達で、自分が彼の彼女だと頭ではわかっていましたが、どうしても心配になってしまいます。

しかし自分が年上なので、大人げないところを見せて嫌われたくないと言う気持ちもあり、恥ずかしくて不安に思っていることを伝えられませんでした。

でも私は顔に出るタイプなので、彼の方が気づいてくれ、「何か言いたいことあるなら話して」と言ってくれたので、思い切って気持ちを伝える事ができました。恥ずかしかったですが、スッキリしました。

20代前半/専業主婦/女性

正直に思ってることを伝えて彼の反応を見た

私は「早く結婚したい」と思っていましたが、彼の周りの友達はまだ結婚してる人が少なく、彼自身も考えていないようだったので不安に思っていました。

その気持ちを素直に伝えたところ、仕事で異動の予定があるので、異動先で仕事が落ち着いたら結婚を考えてることを話してくれました。

その後、実家に呼んで親に会わせてくれるなど、私のことをちゃんと考えてくれていることが伝わったので、信じることができました。

20代後半/金融・保険系/女性

とにかく不安な気持ちを彼にぶつけた

彼と付き合う時に、「2年以内に結婚をしてくれなかったら、私はあなたと別れるからね。」と明言していました。彼はまだ結婚適齢期ではなかったけど、私はもう適齢期を過ぎ、赤ちゃんも欲しかったので絶対に2年以内に結婚したかったのです。

その時は「分かった。」と言ってくれた彼ですが、2年経ったのに何も行動を起こしてくれなかったので、彼にキツく当たってしまうこともありました。

これではいけないと思い、勇気を出して彼に不安な気持ちを伝えました。すると彼は「遅くなってごめん。今仕事が本当に忙しくて、ひと段落したらプロポーズするつもりだった。」と言ってくれたのです。

私とのことをきちんと考えてくれていたとは知らなかったので、もっと早くこの不安な気持ちを伝えていればよかったと思いました。

30代前半/自営業/女性

不安に思った事をちゃんと話し合う

主人と付き合っていた時、私の妊娠がわかったのですが、彼は「結婚はしたいが子供はまだ早い」と下ろすように言われました。

彼は当時、金銭的な問題と、何処を拠点にするかでとても悩んでいました。遠距離だったので、どちらかが移動しなければならず、転職や住む場所などを決める必要がありました。

2人で何回も話し合って、彼がこちらに来る事になりました。彼の転職も成功したので、子供も下ろさずに済み、現在は娘にメロメロなパパになっています(笑)

お互い言わなきゃ分からない事もあるので、些細な事でもちゃんと話し合えばお互い少しは理解できます。

30代前半/専業主婦/女性

これからの関係についてやどう思っているかについて聞いた

彼が1年間の海外留学に行く少し前から冷たくなってきて、LINEなども適当になっていたので不安を抱えたままでした。

その後、時差の関係もあり連絡があまり取れず、相手の態度も変わらなかったので、不安な気持ちを伝えて「どう思っている?」と聞きました。

すると曖昧な返事だったので、もう期待しない方がいいと思い、しばらく連絡を取りませんでした。

その後、相手からの連絡もなくなり、自然消滅で終わってしまいました…。

もう少し伝え方とかも気をつけた方が良かったのかなと反省です。

20代前半/専門コンサル系/女性

不安だと正直に伝える

付き合っているとき、結婚を考えてみたけど「今後、この人とすっと一緒に居てもいいのか」とか色々考えてしまいました。

不安要素しかなくて、彼に「今後どうする?」と聞いたら、「一緒になるために色々俺も考えているから大丈夫。不安にさせてごめん」と言ってくれました。

なので、私も彼を信じて、一緒になる覚悟を決めたことを伝えると、彼は微笑んでくれて「幸せになろうな」と言ってくれました。

20代後半/専業主婦/女性

自分が不安な気持ちを正直に伝えた

お互いに惹かれ合い、周りが見えないくらい夢中という感じでお付き合いをスタートさせたので、年齢の事は気にしてませんでしたが、付き合いが長くなるにつれて、「彼は自分と同じくらいの年齢の女性の方が話が合うんじゃないか…」などと不安に感じ始めました。

そして彼と女友達の仲良く話している所を見ると、更に不安感が増しました。

もやもやしても仕方がないと思い、正直に不安な気持ちを彼にぶつけてみると、「じゃあ、逆に〇〇は俺じゃなくて、年齢が同じくらいの男の方が良いの?」と冷静に聞かれて「あれ?そうだよね。どっちが年上だっけ?」と恥ずかしくなりました。

彼から「不安な気持ちがあるならいつでも言って。でも俺、年齢とか気にしてないし、〇〇だから付き合ってるんだよ」と言われたことで、年齢は関係ないなぁと実感し、更に彼への想いが増しました。

30代前半/専業主婦/女性

押しつけではなく、きちんと彼自身の意見を聞いた

お付き合いした時、私は28歳、彼が20歳と、片や結婚を意識しだす年齢、片や社会人になったばかりという感じでした。

1年も付き合っていないうちに彼からプロポーズされ、正直「もっと遊んでいたい時期じゃないのかな?仕事にも慣れてないだろうし、本当に真剣に考えてくれているのかな?」と不安に思ってしまいました。

さらに彼は以前、同棲までしていた元カノに浮気されて別れてしまったから、今度はそんなことが無いよう縛り付ける為だけのように思えたのです。

そこで、「お付き合いと結婚は違うよ」と何度も彼と話し合い、お互い納得した上で今は楽しい結婚生活を送っています。

30代前半/専業主婦/女性

彼にすべての不安をぶつける

私は、些細なことですぐに不安になってしまうのです。「私は年上なのだから、希望や要望を伝えるとわがままだと思われて嫌われてしまうのではないか」という気持ちが強いせいもあります。

けれど、言いたいことを我慢し続けた結果、限界がきて壊れる寸前だったので、彼にすべての不安をぶつけました。

そしたら、彼は私のそれに薄々感づいていたらしく、「不安になったりするとき、寂しくなったときは、またこうやって教えてほしい」と言って、気持ちを代弁するような歌をプレゼントしてくれました。

年下とか関係なく、素直になってもっと甘えてもいいんだなと思えた瞬間でした。

30代後半/サービス系/女性

しっかり不安な気持ちを伝えて話し合った

私は当時30代前半、彼は20代の半ばで、まだまだ仕事や友達との時間も大切な感じでした。

LINEをしても返ってこない、何をしているのかわからない…と言う時間もあったりで、不安に感じる事もありました。

どんどんマイナスになっていくのを感じたので、しっかり彼にそれについて話をしました。

彼は目の前の事に夢中になると他は無関心だっただけで、それ以降はなるべく彼も気にしてくれるようにはなりました。

40代前半/専業主婦/女性

将来のことについて彼の気持ちを聞いた

彼はまだ20代前半でとても若かったのですが、私はもう結婚してもいいくらいの歳だったので、結婚前提でお付き合いをしていました。

でも彼にそんな気持ちがあるのかわからなくて、ずっと不安でしたが、彼に聞いて「結婚する気はない」と言われたらと思うと、とても怖くて聞けずにいました。

悩みすぎて疲れてきたので、勇気を出して聞いてみると、「ちゃんと先のことも考えてる」と言ってくれて安心しました。

20代後半/医療・福祉系/女性

正直に不安な気持ちを打ち明けた

私が年下の彼とお付き合いをして不安になった時は、普段は避けている「歳の差」の話題をあえて出します。

というのも、私が年下彼について不安になったのは、彼が大学生でサークルの飲み会へ出かけることが原因だったのです。

当時の私は既に働いていたので、正直に「私が残業している時に、女性と飲んでいると思うと不安なの。」と打ち明けました。

すると彼は飲み会へ行くことをやめてくれましたよ。

30代前半/サービス系/女性

不安を感じたら我慢しないで伝える

結婚当初、夫は仕事を転々としていたので、生活面で不安になり、思っている事を伝えました。

夫は6歳年下なので、時々考え方が子供すぎて話し合いにならない時もありますし、私が夫の年齢の時に思っていた、考えていた事と同じだと思う事もありますが、とにかく我慢しないで話し合う事が大切です。

30代前半/専業主婦/女性

不安に思った事はきちんと伝える

私の彼は事後報告が当たり前の人でした。私は何か予定が変わったりすると先に伝えるタイプでしたので、その後出し感にすごく憤りを感じてしまいました。

我慢の限界で喧嘩になった時、「完璧を求めているわけじゃないけど、私の事を大切に思っているなら事故に遭ってるんじゃないか、浮気しているんじゃないかと不安になる気持ちも理解してほしい」と、事後報告がどうして不安なのかを思いつく言葉ですべて伝えました。

すると彼は「不安にさせてたとはわからなかった、どうしても無理な時以外は言える様にする」と言ってくれ、それからは仕事や急ぎでなければ一言くれるようになりました。

30代前半/自営業/女性

自分の感じている気持ちをしっかりと言葉にして伝えた

6歳年下の彼は友人たちと遊んだり、飲みに行くのが楽しいようで「連絡するよ」と言ってたのに連絡がなかったり、私が家で待っているときでも「今から帰る」と言いながらなかなか帰ってこないこともありました。

放っておかれることが多いと、このままでいいのかと不安になるので、そんなことが続いたときに思い切って話をしました。

「ちゃんと約束を守ってくれないと、私のことはどうでもいいのかとさみしい気持ちになるし、このままでいいのかと不安になる」と話したところ「自分が同じことをされても嫌だと思う、なんでも許してくれると思って甘えてた、ごめんなさい」と謝ってくれました。

怒らずに、ちゃんと話をしてよかったと思いました。

30代後半/メーカー系/女性

不安に思った事は二人で話し合うべき

最初は「年下って、何を考えているのか?私の事を理解してくれているのか?」と不安になり、一人で考えたりしました。

だけど、一人で考えていても不安は消えないので、「寂しい。不安。貴方は年上の私を引っ張っていけるのか?これからのことをどう思っているのか?」と自分の不安や正直な気持ちを話しました。

彼は私が不安に思っているとは、思っていなかったみたいです。

やはり、不安に思った事は二人で話し合うべきです。二人で沢山の事を乗り越えてこそ、強くなりますよ。

30代後半/専業主婦/女性

彼に正直に自分の気持ちを話すこと

部活の後輩だった一つ下の彼氏と付き合ってすぐの頃、彼が年子の弟と同じ年であったため、お姉ちゃんのような気持ちで接している自分がいることに気づきました。

また、仲が良かったため、今までの関係を壊すのを怖く思っていたので、彼に正直に自分の気持ちを話すことにしました。

彼は「先輩後輩として仲良くなろうとしたわけではなく、最初から恋愛感情を持って接してました。」と真正面から素直な言葉をくれました。随分前から好きでいてくれたんだなぁとわかり、ドキッとしたのを覚えています。

20代前半/流通・小売系/女性

向かい合って座りお茶を飲みながら話し合いをする

私の主人は4歳年下なのですが、たまに抜けているところがあり不安になることがよくあります。

そういったことがあったら、必ずリビングで向かい合って座り、30分から1時間程度、お茶を飲みながら話し合いをするようにしています。怒りそうになっても、お茶を飲むことでその怒りが少し和らぐからです。

そのおかげで現在は、周囲から円満夫婦と言われるようになりました。

30代前半/自営業/女性

すぐに話し合って相手の気持ちや考えを詳しく聞いてみる

当時、私は大学1年生で、彼は高校2年生でした。彼が進路を考えなければいけない時期に入った頃、「俺も〇〇ちゃん(私)と同じ大学に行きたい」と言い出しました。

私はその時、嬉しさよりも彼の進路への不安の方が大きかったです。進路希望の理由が私がいるからというものであるのなら、もっと彼のためになる学校を選んでほしいからです。

私は彼とすぐに話し合い、その理由を聞きました。すると、しっかりとやりたいことがあり、それが私の大学で学ぶことができるからでした。

それを聞けて不安が消えたので、ちゃんと話せて良かったなと思いました!

20代前半/大学生/女性

【2位】まずは自分の心の余裕を作る

まずは自分の心の余裕を作る

休日ゆっくりしてみて自分の状態を万全にしてみる

社内恋愛中の彼は、朝早くから夜遅くまで仕事を頑張っていました。そんな時、彼をサポートしていた同じチームの同期の女性社員が、何となく彼を狙っているのでは?と思わせる素振りを見せていて、不安な気持ちがありました。

モヤモヤした気持ちが数ヶ月続き、思い切って不安を彼に伝えようと決めたのですが、仕事を頑張っている彼の邪魔をしたくなかったので、まずは私が好きなことをしたり、おいしいものを食べたりして心に余裕を作りました。

そしてお互いの心の余裕ができたタイミングを見計らって、モヤモヤしている気持ちがあることを伝えたところ、彼は全く気づいていなかったようで、「明日から気を付ける」と不自然にならないよう、件の女性社員と距離をとってくれました。

これがきっかけで、お互いの距離が近づき、ますます仲が良くなりました。

30代前半/サービス系/女性

相手と同じように遊びに出る

付き合っていた彼はいわゆる人気者タイプの男性で、よく若い女の子から「相談に乗って」と言われていました。頼まれると断れない性格でもあり、一緒に飲みに行ってしまう人で、デート中にも女の子からのLINEがしょっちゅう来てました。

私が「歳上なので不安な気持ちになってしまう」と伝えると、「ヤキモチなんて」とめんどくさそうに反応されたりしました。

悩んでいてもしんどいだけだったので、「彼がそういうタイプなら、私も同じように振る舞ってもいいんだ」と思うことにして、他の男性からのお誘いを断らず行くようにしました。信頼関係が構築されてるからこそ、お互い自由に楽しく過ごしていても帰る場所があるのがわかり、楽になりました。

ヤキモチを焼いていた頃より楽しそうにしている私を見て、彼から「他の女のしょうもない悩み相談聞くより、お前と一緒にいる時が1番楽だし幸せに感じる」と言ってもらえるようになりました。

40代後半/サービス系/女性

お互いに自分の時間も大切にすること

彼は仕事柄、先輩や上司とのお付き合いもあったようで、夜は連絡を取るのが困難でした。

女性が接客してくれるお店に飲みに行っているのも知っていたので、連絡が取れないのはかなり不安でした。そのせいで何度も連絡して喧嘩が増え、久しぶりに会っても、結局喧嘩になって家に帰ることもしばしばでした。

そこで冷静に考えて、不安だからといって相手を追いかけるのはやめようと思うようになりました。そして自分の時間を楽しんだり、彼のことばかり考えず、自分を大切にしようと心がけました。

しばらく連絡を取らない期間はありましたが、私の変化を察した彼から連絡がくるようになりました。

お互いに自分の時間も大切にすることが大切だと、年齢を重ねてわかりました。

40代前半/専業主婦/女性

恋人としての時間をもっと楽しもうと思いながら接する

出会ってすぐに彼から結婚の意思を伝えてもらい、舞い上がっていたのも束の間、突然「やっぱり結婚できない」と言われました。まだ若い彼には、やっぱりすぐに結婚するような覚悟はなかったみたいです。

私もこの先のことが不安になりましたが、結婚へのプレッシャーを感じさせないようにし、恋人としての時間をもっと楽しもうと思いながら接しているうちに、彼の方にまた結婚願望が出てきたようで、来月から結婚に向けての同棲が始まることになりました。

30代前半/医療・福祉系/女性

【3位】周りの人に相談する

周りの人に相談する

彼氏が特殊な仕事だったので同じ立場の人に相談してみた

彼氏は自衛隊の幹部でした。出会ってから付き合う前までは週1で会っていましたし、連絡も毎日していました。

しかし段々連絡の頻度が落ちてきた上、LINEの返事の文章が敬語になり、名前も呼び捨てだったのが「さん」付きの呼び方になり、すごく突き放された様で不安になりました。

不安で対処法も分からず悩んでいましたが、知り合いに同じ自衛官の人がいたので状況を説明したら、彼氏と同じ部署に同期がいるとのことで状況を密かに聞いてくれました。すると、どうやら彼の仕事が激務で、私へのLINEも仕事モードのまま返してるのではないかとのことでした。

そこで、不安ながらも励ましの連絡を続けていくと、徐々に仕事が落ち着いたのか、何事もなかったかのように元の彼に戻りました。

やはり恋人が特殊な環境にいる場合は、同じ環境を知る人のアドバイスを聞き、彼を信じて待ってあげることが大切だと感じました。

30代前半/医療・福祉系/女性

両親に彼氏の話を聞いてもらった

付き合って3ヶ月の年下彼氏が、病気で休職することになりました。結婚を考えていたため、将来結婚して大丈夫か、病気は治るのか不安になりました。

このことを両親に相談した所、「まずはしっかり彼氏をサポートしなさい。病気が治るよう一緒に頑張りなさい。」と応援してくれました。

毎日彼氏のサポートを頑張った結果、彼の病気は完治し仕事復帰することができました。

あの時、両親に彼氏のことを相談してよかったと思っています。また、的確で優しいアドバイスをしてくれた両親には感謝しています。

30代前半/専業主婦/女性

後輩に相談をすることで不安な気持ちを和らげた

2歳年下の彼とは同じ職場だったのですが、彼は残業がかなり多く忙しい部署にいて、私の方がいつも先に帰っていました。

付き合ってしばらくすると、lineの返信がだんだん遅くなりはじめ、回数も徐々に減っていきました。私は「もう私の事、そんなに好きじゃなくなったのかな」と不安に思ったのですが、忙しそうな彼にそれを伝える事が出来ずにいました。

そこで、彼と同じ年の職場の後輩に相談したところ、「慣れてきたらそんなものですよ。私の彼氏も返信遅いですよ。そもそも男の人はlineとかマメじゃないっていうじゃないですか。気にすることないです。それに忙しい部署ですし、仕方ないと思いますよ。」と言われました。

それまで一人で思い詰めていたのですが、後輩に相談した事ですごく気持ちが軽くなり、自分の事が好きじゃなくなったわけじゃないんだと思ってほっとしました。

30代前半/専業主婦/女性

【4位】上手く誘導・コントロールする

上手く誘導・コントロールする

不安を解消してもらえるようにこちらから誘導した

同じ大学で一つ年下の彼でした。付き合いだして数ヶ月すると私の勉強が忙しくなってしまい、あまり会うことができない時期がありました。

するとLINEが素っ気なくなったり、せっかく会えても携帯ばかりいじったりと、彼の対応が少しずつ変化していきました。

ここで「私のこと好きなの?」などと感情的に聞いてしまうと、めんどくさい女と思われるので、彼の反応を見ながら少しずつ甘えたり一緒に勉強する時間を増やして、彼が無意識に私を見るように対応しました。

そして彼の気持ちがだいぶ戻ってきたときに「本当はこう思ってて不安だったよ」と軽く気持ちを伝えると、相手にも理解されやすかったです。

20代前半/専業主婦/女性

仕事の量を増やしてその姿を見てもらった

私が転職した職場で働いていた彼ですが、仕事の習熟度は私と変わらないレベルでした。同じチームになり、一緒にいる時間が長くなるにつれて、仕事を私に聞いてくる姿が可愛かったです。

しかし、彼の仕事の成長が見られないまま時間が過ぎ、結婚を考えていた私は急に焦り出して、彼にきつく当たるようになりました。

そこで私は自分の仕事量を増やし、仕事に取り組む姿勢、考え方を彼に見て貰おうと思い実行しました。

忙しそうにしている私を見るうち、彼も少しは頼もしくなりました。少々スパルタ式で彼を育てましたが、今は良かったと思っています。

30代後半/法律系/女性

自分が家庭の舵取りになる

一つ年下の夫は、金銭的な事を考えるのを嫌がります。なのでお小遣い制で時々必要そうな分を確認して渡しています。

ですが時折コンビニ払い等の時に手持ちが足りず、仕方なく私が出すといった事がちょくちょくあります。「次の給料日まではちょっと厳しくてあまり多くは渡せないから注意してね」と伝えたら、不機嫌になり喧嘩になったことも…。

ただ、私も伝え方を工夫してみたり、本人も少しずつ慣れようとしているので、私が管理できていれば大ごとにはならない、と自分に言い聞かせています。

30代前半/専業主婦/女性

【5位】気にしないようにする

気にしないようにする

あまり気にしない

基本、年下の彼氏は甘えたがりが多いので、こちらが不安になると冷められる可能性の方が高いです。

ある意味マザコンみたいな人が多い印象なので、年上の彼女=母親の代わりと捉えられている可能性も高いです。

母親が不安になると子供も不安になるように悪循環になるので、気にしないのが良いと思います。

それか、疑問に思ったことは直接明るく聞いてみるといいかもしれません。

40代前半/専業主婦/女性

年齢差のせい、と受け流した

以前お付き合いしていた年下の彼が、あまりにも考え方が幼くて、「会社をやめてフリーランスになりたい」と言う癖に、実際には全然行動していなかったので、この先付き合っていくことがとても不安になりました。

その時は「自分も若い時はそういうこと言ってたかもな」と年のせいにして受け流しました。

結局別れてしまいましたが、そういう所が原因だったので、ちゃんと伝えても良かったかなとも思います。

30代前半/IT・通信系/女性

【6位】一旦、冷静に考えてみる

一旦、冷静に考えてみる

一方的に不安をぶつけてしまう前に一旦考えてみる

彼とはお互い業種が違うため休日が合わず、結婚に対しても漠然と不安が募っていました。

そんなある日、仕事だから仕方がないと分かっていながらも、一緒に休日を過ごせない不満や漠然とした将来への不安を、キツイ言葉でぶつけてしまいました。

結局、彼とは別の理由でお別れしてしまったのですが、今思えば、彼の優しい気遣いによって随分不安を消してもらっていたなと思います。

どうしても、怒りや悲しみ、寂しさが募ると感情的になってしまうことが多いのですが、多くの言葉がなくても、恋人がハグしてくれるだけで不安は小さくなっていくのだなと思いました。

30代前半/サービス系/女性

【7位】改善されなければ別れると伝える

改善されなければ別れると伝える

「自己管理できない人とはこれ以上付き合えない」とはっきり言う

当時付き合っていた彼は20代前半で学生気分が抜けておらず、生活管理が全くできない人でした。家事はもちろん金銭管理も全くできておらず、給料前に金欠になるのは当たり前のような生活をしていました。

付き合い始めの頃は世話を焼くことに違和感を感じませんでしたが、あまりに変わろうとしない彼に対して不安を感じるようになりました。

このままではいけないと、「自己管理できない人とはこれ以上付き合えない」とはっきり言いました。すると「甘えていた。家事を一から教えて欲しい」と言ってくれ、そこから変わろうと必死になる彼を見ることができました。

自分の気持ちを抑え込まずに伝えることが大切だと実感しました。

30代後半/専業主婦/女性

まとめ

女性100人に聞いた年下彼氏に不安を感じた時の対処法では、1位は『正直に打ち明ける・訊いてみる』、2位は『まずは自分の心の余裕を作る』、3位は『周りの人に相談する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による年下彼氏に不安を感じた時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『年下彼女に不安を感じた時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

年下彼女に不安を感じる…同じ経験を持つ男性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年10月29日~11月13日
回答者数:100人