遠距離で片思い…経験がある女性100人のテクニックとは

片思い中にもかかわらず、相手の女性と遠距離になってしまうこともありますよね。すぐに会えない分、どうやってアプローチをしたらよいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

遠距離という理由だけで諦めたくないからこそ、効果的なアプローチの仕方や連絡方法などを知りたい方も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による遠距離で片思いをしている時のアプローチ方法を体験談と共にご紹介しています。

遠距離の片思いのアプローチ方法ランキング

遠距離の片思いのアプローチ方法ランキング

まずは、遠距離の片思いのアプローチ方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた遠距離の片思いのアプローチ方法』によると、1位は『毎日・頻繁に連絡する』、2位は『さり気なく支える』、3位は『共通の趣味を通じて交流する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた遠距離の片思いのアプローチ方法

男性100人に聞いた遠距離の片思いのアプローチ方法

男性100人に聞いた遠距離の片思いのアプローチ方法では、1位の『毎日・頻繁に連絡する』が約36.7%、2位の『さり気なく支える』が約14.8%、3位の『共通の趣味を通じて交流する』が約13.3%となっており、1~3位で約64.8%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で遠距離の片思いのアプローチ方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】毎日・頻繁に連絡する

毎日・頻繁に連絡する

毎日電話する

遠距離になるとどうしてもモチベーションが下がったり、冷めてしまったりする可能性が高くなります。

そこで僕の場合は、会えない代わりに毎日電話をすることにしました。

すれ違いはコミュニケーション不足から始まることが多いので、電話をしてその部分を補うことで、遠距離恋愛中もお互いのモチベーションを保つことができました。

また「毎日電話すると約束する!」と宣言することで、「守らないとかっこ悪い」と思え、続けることができます。

20代前半/大学生/男性

様子を見ながら電話とLineを使い分けて毎日連絡する

妻とは遠距離恋愛で結婚しました。当時はこちらの片思いで、電話やLineで連絡をしていました。

本当は、毎日電話が良かったのですが、しつこいと思われるのが嫌なので、様子を見ながら電話とLineを使い分けていました。

彼女の気が自分に傾きかけたら、徐々に電話を増やしていき、時期を見て会ってみました。

最初は3ヶ月に1度で、距離が近づくと1か月に1回に。そうして2人の距離を縮めていき、結婚となりました。

40代後半/流通・小売系/男性

なるべく連絡をとるようにする

遠距離で気になっている相手がいます。

なかなか仕事の関係で会うことができませんが、なるべく連絡をとるようにしてます。離れていて寂しいと感じる時はありますが、連絡を取ることで少しは楽になります。

1番良いのは会いに行くことですが、頻繁には会いに行けないので、連絡だけは欠かさずするようにしています。

30代前半/自営業/男性

相手の日常に欠かせない存在になること

遠距離恋愛での片想いは難易度が高いですよね。直接会えるライバルとは違い、距離的に不利なのは仕方ない事です。

そんな中で彼女にアプローチする方法は、いかに彼女の日常的に溶け込むかが重要です。例えば毎朝「おはよう」と送り合う相手になったり、今日あった何という事もない日常を報告しあう相手になる事が大切です!

1日でも連絡をしないだけで彼女が違和感を覚えるようになれば、あとはこっちのものです!笑

20代後半/自営業/男性

タイミングを見て「声聞きたい」と送って電話をしてみる

なかなか会うことはできないので、LINEを途切れさせないようにしていました。

お互いに空いている時間でLINEが途切れずにできるときには、様子を見つつ「声が聞きたい」など送ってみて、電話をしたりしていました。

仕事が忙しいときには焦らず急かさず、自分の時間を作って連絡をしない時間も大切だと思います。

少し間隔を空けたら「最近どう?こっちはこんな感じだよー」みたいな感じで近況報告をして、相手の気晴らしになる感じにしていました!

20代前半/サービス系/男性

連絡は取り続ける

遠距離なら連絡は取り続けた方が良いと思います。

ただ一日に何十件とやり取りをしていると、話題も無くなってしまうと思うので、取りすぎは良くないかもしれません。

連絡が途絶えてしまうと存在自体を忘れられてしまうので、たまに電話をした方が相手のことをより近くに感じられて良いと思います!

20代前半/サービス系/男性

【2位】さり気なく支える

さり気なく支える

相手が不安になってそうな時に連絡をとってあげる

「会おう」とか連絡をこまめに取り合うのはナンセンスです。相手が不安になってそうな時に連絡をとってあげると、相手も不安が解消されるでしょう。

例えば彼女の住んでいる地域に災害があった場合や、台風等の被害が予想される場合は、「大丈夫?」と連絡をとると良いでしょう。

しかしその際「何かあったら連絡して」と言うのはとってつけた感じで安っぽいです。

ここは「週末は仕事休みだから人手が必要なら行くよ」「力仕事ならまかせて」と、具体的に自分には何ができるかを具体的に言いましょう。

40代前半/サービス系/男性

たまに連絡して元気づける

当時好きだった人が転勤になり、なかなか会えなくなってしまいました。でも、しつこく「会いたい」と言ったり、連絡しすぎるのはよくありません。相手にとってめんどくさい存在になってしまいます。

転勤したばかりの頃は、彼女も慣れない生活で不安も大きいと思うので、たまに連絡して元気づけるようにしました。

そうするうちに、彼女は私を頼ってくれるようになり、付き合うことができました。

30代後半/専業主婦/男性