片思いのライン攻略法!男性100人が実践するテクニック集

片思い中に重要となってくるのが「LINE」ですよね!電話やメールよりもLINEのやりとりから交際に発展することも多いのではないでしょうか?

LINEの内容や頻度が片思いを実らせるかどうかを左右するからこそ、効果的なアプローチの内容や連絡頻度などを知りたい方も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による片思い中のLINEテクニックを体験談と共にご紹介しています。

片思い中のLINE攻略法ランキング

片思い中のLINE攻略法ランキング

まずは、片思い中のLINE攻略法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた片思い中のLINE攻略法』によると、1位は『相手のペースに合わせる』、2位は『面白いネタを小出しにする』、3位は『相手の好きな話題を振る』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた片思い中のLINE攻略法

男性100人に聞いた片思い中のLINE攻略法

男性100人に聞いた片思い中のLINE攻略法では、1位の『相手のペースに合わせる』が約25.1%、2位の『面白いネタを小出しにする』が約16.8%、3位の『相手の好きな話題を振る』が約13%となっており、1~3位で約54.9%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で片思い中のLINE攻略法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】相手のペースに合わせる

相手のペースに合わせる

連絡頻度、時間帯は相手のペースに合わせる

今、仕事で知り合った女性に片思い中です。毎日ラインでメッセージのやりとりをしています!

いつも相手が仕事が終わって、返信しやすい時間帯にラインするようにしているので、スムーズにやりとり出来ます!

相手が仕事中の時に連絡すると「早く返事返さなきゃ!」と気を遣わせてしまうので、仕事終わりか休みの日に連絡するのが一番いいと思います!

20代後半/不動産・建設系/男性

相手の返信ペースに合わせた

片思いしている時は少しでも連絡を取りたいと思うことが多くありました。しつこくして嫌われたくなかったのですが、つい連絡を取ってしまいました。

しかし案の定、相手は迷惑がっていたようです。

そこで相手が忙しい時などは連絡する回数を控えるようにしています。あまり頻繁に連絡を送ってしまうと、返すのが嫌に感じてしまうと思いますので、無理ないように連絡をするようにしています。

メッセージも返しやすいものにすると良いと思います。

30代前半/自営業/男性

たまに他愛無い内容を送ってみて相手の返信の頻度を参考に連絡する

まずは相手のちょうどよい連絡頻度を知ることが大切だと思います。

空気を読まずに連投すると鬱陶しいと感じられるかもしれないので、テクニックというよりもタイミングよく連絡をできるかが大事だと思います。

またその頻度が自分に合っているのかも重要だと思います。好ましい連絡の頻度が違うと、いざ付き合うにしてもお互いにしんどくなってくるので。

最初は何もわからないので、たまに他愛無い内容を送ってみて、相手の返信の頻度を参考に連絡するのが良いかなと思います。

40代前半/サービス系/男性

好きな物や価値観が分かるような話をして同意する

どんな相手も、価値観が合うと嬉しいと思うので、好きな物や価値観が分かるような話をして、もし同じ答えだったら「え、君もそう考えてたの?同じだね!」とアピールします。

答えが異なっていたら詳しく相手の考えを聞いて、「そういう考え方もあるんだ。いいね!」と否定せずに会話をするようにしています。

そうする事で、相手も「この人は自分を理解してくれる!」と思ってくれるので良いかもしれないです!

20代前半/大学生/男性

【2位】面白いネタを小出しにする

面白いネタを小出しにする

相手が飛び付くような自分の特別な情報を小出しにしていく

片思いだった部活の同期の女性と付き合うことができました!

当時、意識していたのは自分に関心をもってもらうために、相手が気になる(違和感をもつ)ような情報をLINEで定期的に発信して、興味をもってもらうことでした。

例えば「俺、三食ラーメンだけど、体脂肪率一桁なんだよ」とか、「猫好きなんだけど犬にしか好かれないの」といった、相手が飛び付くような自分の特別な情報を小出しにしていきました。笑

おかげで、面白い人だなと思ってもらえたようでLINEの往復が続き、デートに誘うことに成功!付き合うことができました。

20代前半/大学生/男性

わざと笑える画像や内容とかを間違ったふりして送る

私はわざと笑える画像や内容とかを間違ったふりして送っていました。そして「またやらかしてごめん」と謝っているうちに、相手からもLINEが来るようになりました(笑)!

LINEで打ち解けていたせいか、実際に顔を合わせても、挨拶やちょっとした会話もできるようになっていきました。

結局お付き合いはしませんでしたが、話しやすい間柄になりました。

最後まで告白できなかったけれど、それで満足しちゃいました。

40代前半/医療・福祉系/男性

面白いことがあったら、すかさず写真付きのLINEを送る

私が片思いをしていた時の経験談ですが、面白いことがあったらすかさずLINEを送っていました!写真付きがいいです!

顔に自信がなかったのですが、「面白い人だな」という印象をつける事ができました。

面白い映画やイベントなんかがあると、自然とお誘いできるのでオススメ!

そうしているうちに付き合うことになり、今では結婚して幸せです。

30代前半/不動産・建設系/男性

【3位】相手の好きな話題を振る

相手の好きな話題を振る

相手の趣味や特技を調べて無知なふりして質問を投げかけてみる

相手の趣味に対してある程度下調べをした上で、それに興味があるように見せて質問することから始めると警戒感が薄れると思います。

また、自分自身が話が苦手・話を広げられなくても、相手は自分の好きなことを聞いてくれる人が出来たことで、ほっといてもどんどん話してくれるようになります。

趣味によっては「友達から〇〇って店の話聞いて気になってるんだけど、1人だと行きづらいから、ちょっと付き合ってくれない?」と言えば、デートするきっかけも作れます。

30代前半/医療・福祉系/男性

相手の興味ありそうな話題を探して振る

相手の興味がありそうな話題を事前に聞いておいて、テレビやネットやSNSで関心を持ちそうなニュースを見つけるたびに「こうなんだって!」と連絡したりしていました。

あるいはその話題に関して自分も興味を持ったことにして「これって、前話してたやつだよね?詳しく教えて?」みたいに質問形式でなるべく返事をもらえるように送っていました。

20代前半/公務員・教育系/男性

【4位】無理せず自分のペースで送る

無理せず自分のペースで送る

余計なことを考えず思うがままの文章を自分が送りたい時に送る

私が片思いしている時に気をつけていることは、とにかく素直な気持ちを伝える事です。

好きな人の前だとつい空回りして自分らしくないことを言ってしまいがちですが、それは後から困る事になると思います。

LINEの返信の時間を考えたり、「文字数多すぎないかな」などと余計なことを考えず、思うがままの文章を自分が送りたい時に送るのがベストです。

20代前半/公務員・教育系/男性

相手に合わせすぎず自分のペースで

無理に会話をしたり、メッセージをするのが義務みたいになるとせっかくの片思いも楽しくないですよね?

私はアルバイトや学校で毎日が忙しいので、そもそも頻繁に連絡できません。

ですが、休みの日にはついついスマホを触りがちです。その分メッセージを返しやすくなりますが、勢いで返しすぎないようにしてました。

返す量が多いのが当たり前になってくると大変なので、相手に合わせすぎず、自分のペースでしてました。

20代前半/大学生/男性

【5位】気遣う・心配する

気遣う・心配する

相手の都合がいい時間帯に必ずお疲れさまのラインスタンプを送る

私が片思いの相手とラインをやり取りするときに意識することは、相手の状態や感情に寄り添うようなメッセージを送ることでした。

また休憩や退社時には「おつかれさま」に関わるスタンプなどをいくつも用意しておき、毎回かぶらないように意識しながら送っていました。

他にも季節性の変化やイベント情報を共有したりして、隣にいつもいるような感覚になってくれるよう配慮していました。

30代前半/自営業/男性

彼女を心配するような文を入れる

片思いの相手に送るLINEには「そういえば最近どう?仕事で疲れてたりしない?」など、必ず体調を気遣うような言葉を入れています。

そうすると色々愚痴を言ってくれるので、聞いてあげるとストレス発散になるようで、相手も「気を遣ってくれてありがとう。お陰様で元気出た」と言ってくれるのでオススメです。

後は無理して会話を続けたり、スタンプを連打したりしないことも大切だと思います。

20代後半/サービス系/男性

【6位】共通の話題を見つける

共通の話題を見つける

最初は共通の話題を見つけること

学生のうちに恋人を作りたいと考えていたので、この人いいなと思うバイト先の女性に積極的にアプローチしていました。

アルバイトが一緒だったので話題には困らず、共通の趣味からlineでも一日一回くらいの頻度で会話していました。

仲良くなっていくうちにプライベートでも出かけるようになったので、最初は共通の話題を見つけることが大事なのかなと思います。

20代後半/IT・通信系/男性

【7位】質問や疑問を送り、返信を促す

質問や疑問を送り、返信を促す

できるだけ疑問文を入れて返信が来るようにした

私が意識していたのは、疑問文で終わらせる事です。メッセージを続けていく事で思い出す時間も増えると思うから、メッセージを長く続けてもらう事を意識していました。

長文になるのはうざいと思うので、簡潔にしつつできるだけ疑問文を入れて、返信が来るようにしていました。

あとはツッコミを入れたくなるような面白いスタンプを送ったり、とにかく相手がLINEを返したくなる事を意識していました。

20代後半/IT・通信系/男性

まとめ

男性100人に聞いた片思い中のLINE攻略法では、1位は『相手のペースに合わせる』、2位は『面白いネタを小出しにする』、3位は『相手の好きな話題を振る』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人による片思い中のLINEテクニックを体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【女性編】片思い中のLINEテクニック編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

片思いのライン攻略法!女性100人が実践するテクニック集

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年10月30日~11月14日
回答者数:100人