職場で片思い!同じ経験を持つ女性100人が教えるテクニック


【3位】居心地・感じの良さをアピール

居心地・感じの良さをアピール

身なりに気を付けて相手に「いいな」と好印象を持ってもらう

よく「人間は外見よりも中身が大事!」と聞くけれど、興味の入り口はまずビジュアルなので、外見は大事です。

私は制服がない職場が多かったので、いつもきれいでいるよう心掛けました。高価ではないけれど、おしゃれで自分に似合う服を着て、きれいな靴をコーディネートするとか、髪のお手入れや髪型も気を付けて、爪もきちんと切って清潔感を保つようにしていました。

毎日そうしていても疲れないくらいの、全体的にバランスが良く「女子力高い」と思われるくらいが良いかと思います。

まず相手に「いいな」と好印象を持ってもらうと、進めるのが楽になります。仕事で話をする機会があった時は明るく笑顔で、もっと話したいと思ってもらえるようにしましょう。

私の経験では、違う部署の人でもうまくいくことが多かったです。

50代前半/メーカー系/女性

「ちょっと気が利く、いつも笑顔で可愛い女性」を常に意識して行動する

さりげなく「あの子いい子だよね」と思われるように、常に笑顔で元気に仕事をして、その人だけにするのではなく皆んなに同じように接するのが大事だと思います。

休憩の時にちょっと話してみたり、さりげなく印象に残るようにするのがポイントだと思います。

「ちょっと気が利く、いつも笑顔で可愛い女性」を常に意識して行動することが大事だと思います。

30代前半/専業主婦/女性

常に笑顔で楽しいと思ってもらえるように頑張る

私が職場で片思いをしていた時は、仕事で成績を出せるように一生懸命頑張りました。そしてその人と話すときは常に笑顔で、その人の意見などに共感したり、すごいなと尊敬している感じを全面に出しました!

ただ、それでは「仕事仲間のいい奴」で終わってしまうので、時々仕事のことで相談し、弱いところも見せました。

全体の飲み会ではなるべく近くにいるようにもしました。2人でなくても、その人がいるごはんや飲み会は全て参加し、常に笑顔で楽しいと思ってもらえるように頑張りました。

休憩時間などはプライベートの話を少しすると「今度一緒に行きましょう!」と自然に誘いやすいです。

20代後半/専業主婦/女性

笑顔で挨拶したり明るい言葉をかける

私が職場で片思いしていたときは、最初は自分の存在を知ってもらうため、彼が視界に入るたび目を合わせて軽く会釈するようにしました。

通路ですれ違うときは必ず笑顔で挨拶し、話す機会が出来そうなときは「いつも大変そうですね」など労いの言葉をかけるようにしていました。

存在を知ってもらうところからスタートなので、長期戦だと思って頑張りました。

30代前半/メーカー系/女性

会うたびに笑顔で挨拶をする

職場での片思いをしていたときには、会うたびに笑顔で挨拶をすることに徹しました。

ずっとやっていると、向こうから何気ない会話をしてくるようになってきました。そして徐々に仲良くなっていき、仕事の話からプライベートの話まで話すようになってきました。

長期戦で向こうをこっちのペースに引き込んでしまえばいいのです。

30代前半/医療・福祉系/女性

【4位】精進している姿を見せる

精進している姿を見せる

一生懸命働いて声をかけてもらうのを待つ

私が同じ職場の人を好きになった時は、彼のことばかり見たり考えたりせずに、集中して作業に取り組むことを意識していました。

アプローチするために色々と工夫を凝らすのも良いかもしれませんが、一生懸命働いている姿というのは性別関係なく魅力的に見えると思います。

私の場合は、周りの人よりも頑張って仕事ができるようになったので、片思いの相手から私に質問などもしてくれるようになりました。

20代前半/専業主婦/女性

一生懸命頑張っている姿を見せる

以前、職場の先輩と付き合っていたときに「私のどこを好きになったの?」と聞いたところ、「何にでも真剣に取り組む頑張る姿勢を見ているうちに、気がついたら気になる存在になっていた」ということでした。

あとは明るい笑顔で「先輩!」と懐いてくるところだったらしいですが、それはあまり意識していなかったので、そういう風に見えるよう意識するといいかもしれません。

30代後半/流通・小売系/女性

一生懸命に取り組んでいる姿を見てもらうこと

時間帯を合わせることはもちろん、朝からしっかりと顔を見て笑顔で挨拶をして、顔を覚えてもらいます。

同じ部署の先輩なら質問しにいったり、同じプロジェクトに混ぜてもらったり、どうにか同じ時間を共有するようにします。

そして、一生懸命に取り組んでいる姿を見てもらうことが一番大事なことだと思います。相手が先輩の場合は「教えてあげたいな」「頑張っているな」と思ってもらえるでしょうし、後輩なら「先輩すごい!」「かっこいい」と気にとめてもらえるのではないでしょうか。

相手にとって気になる存在になることが近道です!他部署の場合は難しいですが、何か用事を作っては近くを通ったり、帰りに笑顔で挨拶をして方向を途中まで一緒にしてみるとか、何らかのきっかけは作れると思います。

30代前半/専業主婦/女性

とにかく仕事を頑張って、たまに目を合わせる

頑張っている女性は男性にとって、とても魅力的に思われるので、まず仕事を一生懸命にすることです。男性はそういうのを結構見ているので、だらけている人は魅力的には見えません。

素敵な人だなと思わせておいて、たまにふとした瞬間に、片思いの人と目を合わせるのもポイントです。目を合わせる回数を増やすと、男性は「俺の事、好きなのかな?」と勝手に思ってくれるので(笑)、誘われるのを待つといいと思います。

頑張っている人は男性から自然と声がかかりますので、自分からは誘っちゃだめですよ(笑)。

40代前半/専業主婦/女性

【5位】相手の情報を集め、活用する

相手の情報を集め、活用する

好きな相手のルーティンを知り、さりげなく話しかけるタイミングを探す

1対1で話せるタイミングを探します。好きな相手のいつものルーティンを知り、階段を上がるときやお昼ご飯に出る時間、部屋から部屋への移動をおおよそ把握し、そのタイミングに合わせてすれ違ったり、同じ方向へ歩くよう意識して動きます。

いつも笑顔であいさつし、プラス一言、何か疑問系で話しかけると会話が続きます。

20代後半/医療・福祉系/女性

さり気なく相手の好みや趣味をリサーチして少しずつ距離を詰めていく

飲み会ではできるだけ彼の隣を確保し、相手の食べ物の好みや趣味をリサーチしていました。

ただしいつも無理矢理、隣の席を確保すると相手もうんざりすると思うので、毎回では無い方が良いと思います。

そして、隣になったときに仕入れた情報から、少人数で行った方がいい場所(ラーメン屋など)を選んで、ラインで「この前話してたラーメン屋、一緒に行ってみたい!」と誘いました。

それから映画やショッピング等、2人でいる時間を増やしていき、最終的には向こうからプライベートの友達とのBBQなどに誘ってもらえるようになり、交際にいたりました。

少しずつ自分が隣にいるのが当たり前な感覚にさせてしまえば良いと思います!

20代後半/メーカー系/女性

相手の趣味をリサーチして「初心者なんで教えてください」と教えを乞う

相手が好きな趣味は前から知っていたので、なんとかお近づきになりたいと思い、その趣味を始めようと思いました。

「釣りを始めたいんだけど、おすすめの場所ありますか?」「釣具って、どこで買ったらいいですかね?」と尋ねて、直接的には誘わないけど、向こうから「じゃあ、紹介するよ」という形で一緒に釣りに行ったり、買い物をしたりして一緒の時間を作ろうと努力しました。

まあ、結局、趣味友達で終わったんですけどね(笑)

30代前半/公務員・教育系/女性

相手の好みを調べ上げて「偶然を装い、接触するきっかけ」を作る

昔、私が職場の先輩を好きになったときは、とにかく「偶然を装い、接触するきっかけ」をたくさん作りました。「社内で偶然に出くわす」とか、「偶然、同じブランドが好き(ということにする(笑))」他、先輩の行きつけのお店をチェックした上で「先日、行ったお店が素敵で…」と切り出す感じです。

そのためには、そこそこの下調べも必要でしたけど、「気が合う子」の対象で見てもらえ、近づくことに成功しました。

間違っても、ストーカー呼ばわりされない度合いを守ってくださいね(笑)。

40代後半/自営業/女性

【6位】ギャップを見せる

ギャップを見せる

仕事中とプライベートのオンオフをつけてギャップでアピールする!

職場での片思いは立場や周りの目もありますが、考えようによっては「仕事とプライベートのメリハリギャップをアピールできる」という利点もあります。

なので仕事中はバリバリと業務をこなす姿をアピールして、仕事を離れたら人間らしい感情ゆたかな姿をアピールしちゃいましょう。

ギャップを感じるとキュンとする男性は多いので、とても効果的なアピールになりますよ。

30代前半/サービス系/女性

仕事の相談を持ち掛けつつも社内ではそっけなくする

やはり一番簡単に食事に誘える方法としては、仕事の内容の相談をすることですよね。男性にアドバイスを求めるように話を切り出し、「頼りになる、聞いてくれてうれしい」という風に素直に気持ちを伝えるのが効果的だと思います。

また、親密になってきたからと言って、社内でも親密にするのは逆にNGだと思っています。馴れ馴れしくならないように気を付けます。

メリハリをつけておくことで、男性に「あれ?」と思わせることができ、気にかけてもらえるのでお勧めです。

30代前半/IT・通信系/女性

【7位】周りに協力してもらう

周りに協力してもらう

人づてに自分が好意を持ってると言うことをアピールした

私が職場で片思いしてたときは、仕事のことで分からないことを聞いたりして、なるべく話すきっかけを作ったり、周りの同僚に「あの人いいよねー」と言ったりして、人づてにその片思いの方に自分が好意を持ってると言うことをアピールしたりしてました。

人づてに聞いた方が、自分からスキスキアピールするよりも向こうも意識してくれる確率が高いかなと思います。

30代後半/流通・小売系/女性

【8位】当たって砕ける

当たって砕ける

余計な作戦は立てずに当たって砕ける

意外と口にしないとわからない人は多いです。職場の規模が大きく、転勤や配置転換が出来るなら、余計な作戦は立てずに当たって砕けたらいいと思います。振られたら異動の希望を出せばいいだけですからね(笑)。

職場が小さく異動などがない場合は、相手が本当に自分のことを好きだと確信しないなら、告白はするべきではないと思います。お互い気まずいですから。

50代前半/公務員・教育系/女性

まとめ

女性100人に聞いた職場での片思いのアプローチ方法では、1位は『交流を増やし、きっかけを作る』、2位は『さり気なくサポートする』、3位は『居心地・感じの良さをアピール』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による職場での片思いを成功させるテクニックを体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【男性編】職場での片思いを成功させるテクニック編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

職場で片思い!同じ経験を持つ男性100人が教えるテクニック

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人