職場で片思い!同じ経験を持つ男性100人が教えるテクニック


【3位】さり気なくサポートする

さり気なくサポートする

仕事のことを聞いたり、ちょっとしためんどくさい仕事を手伝ってあげた

私は職場で片思いをしていた時は、仕事のことを聞いたり、ちょっとしためんどくさい仕事を手伝ってあげたりして、さり気なく彼女をサポートしていました。

ただあまりくっつきすぎると逆に嫌がられるので、話しかけるタイミングを調整するとか時々離れて仕事をする等、適度に距離を取り、ある程度付かず離れずで接しました。

飲み会にはできるだけ参加し、話せる時間を見つけられるようなチャンスを狙ってみたりしました。

40代前半/IT・通信系/男性

仕事で大変なタイミングを察知してサポートしてあげ好感度上げる

共感できる所を増やす為に、「今後の相談をしたい」と言ってよくご飯に誘ったりしていました。

相手が大変な時は手伝ってあげ、優しさをアピールする事も仲が良くなるきっかけになりました。

一緒に帰れる時は頑張って時間を合わせたりすると、上手くいくと思っています。

大事なことは、勇気を出して声をかけることです。誰も断られるのは嫌ですが、断られた時は「何か忙しいのかなぁ」とポジティブに考えれば大丈夫です!

40代前半/IT・通信系/男性

【4位】食事に誘う

食事に誘う

日頃の感謝を伝えながら食事をご馳走した

台風がもうすぐ上陸するというときに、会社側から「帰らないといけない人は帰っていい」という指示が出ました。僕は大雨が降ると困る場所に家があるので、車で帰ろうとしていました。

その際、片思いの相手は帰る方向もほぼ同じで、バス停でずぶ濡れだったので、「良かったら送りましょうか?」と声をかけたところ、応じてくれました。

彼女は二つ上の先輩だったんですが、以前助けてもらったお礼をしていなかったことを思い出し、思いきって「途中で何か食べて行きませんか?」と誘いました。

彼女が賛成してくれたので、近場のお店に寄って、普段の感謝を伝えてご馳走し、家まで送って行きました。

次の日から、彼女が仕事中によく声をかけてくれたり、人気がないところでは近くに寄って来てくれたりするようになりました。送迎の一件の後から、急速に仲が深まりました!

40代前半/医療・福祉系/男性

相手の反応を見て食事に誘う

自分が職場で片思いしていた時は、とりあえず声をかけるようにしてました。相手の反応を見てからご飯に誘うか否かを判断します。

ただ、もし無理そうな場合は無理に押すと逆効果なので、同様の方法で次のターゲットへ行った方が得策です。

成功しそうな雰囲気なら、ご飯にいってお互いの話をし仲を深めていきます。

30代前半/医療・福祉系/男性

【5位】周りに協力してもらう

周りに協力してもらう

部署の他の人たちとグループで食事をする

私が職場で片想いしていた時には、仲の良い同僚にも協力してもらい、複数人で親睦会の名目で食事や飲みに行ってコミュニケーションを取っていました。プライベートな話を聞けることも多く、シンプルに楽しかったです。

同じ職場ですから、送り狼のような発想が出てこないのもポイントでした。あくまでも真摯に接することが大切ではないかと思います。

最近はコロナの影響もあり、なかなか外食できないのでオンラインでの飲み会を活用するのもありかもしれません。

30代前半/サービス系/男性

【6位】精進している姿を見せる

精進している姿を見せる

少しずつ仕事を頑張っている姿を見せる

基本的には少しずつ仕事を頑張っている姿を見せるのが良いと思います。

会社内では色々な問題も起きますが、それに対して愚痴などを言わず、自ら進んでやる等、男として周りに流されない姿をアピールします。

それでいて話す機会があれば、優しさや女性をエスコートする気持ちを忘れずに対応します。

そしてチャンスが来たら、逃さず真っ直ぐ告白ですね。

50代前半/自営業/男性

まとめ

男性100人に聞いた職場での片思いのアプローチ方法では、1位は『交流を増やし、きっかけを作る』、2位は『仕事に関する話をする』、3位は『さり気なくサポートする』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人による職場での片思いを成功させるテクニックを体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【女性編】職場での片思いを成功させるテクニック編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

職場で片思い!同じ経験を持つ女性100人が教えるテクニック

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人