片思いを成就させたい!女性100人が交際できた秘訣とは

誰しも片思いを経験したことがありますよね!片思いが成就したこともあれば、残念ながら上手くいかなかったこともあるのではないでしょうか?

少しでも恋人になる可能性を高めるためにも、片思いを成就させる秘訣やテクニックを知りたい方も多いはず!

この記事では、女性100人による片思いを成就させた方法を体験談と共にご紹介しています。

片思いを成就させた方法ランキング

片思いを成就させた方法ランキング

まずは、片思いを成就させた方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた片思いを成就させた方法』によると、1位は『明るく居心地のいい雰囲気作り』、2位は『積極的に行動する・印象付ける』、3位は『適度な距離感を意識する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた片思いを成就させた方法

女性100人に聞いた片思いを成就させた方法

女性100人に聞いた片思いを成就させた方法では、1位の『明るく居心地のいい雰囲気作り』が約25.6%、2位の『積極的に行動する・印象付ける』が約22.1%、3位の『適度な距離感を意識する』が約11.7%となっており、1~3位で約59.4%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で片思いを成就させた方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】明るく居心地のいい雰囲気作り

明るく居心地のいい雰囲気作り

時間をかけて信頼できる関係性を築いた

同じ職場の同期の彼を好きになりました。

私の片思いが実った方法は、時間をかけて信頼できる関係性を築いたことだと思います。

好きになった当時は、彼にも意中の人がいて、今はまだ機が熟していないと判断。お互い休みの日に、LINEで”何してるの?”みたいな軽い内容の交換をして、少しずつ友人以上恋人未満の関係になりました。

数か月後には、彼の方からドライブに誘ってくれて、その日別れた後に、電話で告白されました。

あまり焦ったようなところを見せず、ガツガツしなかったのが良かったと思います!

30代後半/医療・福祉系/女性

相手の目を見て話をうんうんとうなずきながら聞く

私が好きになった相手は7つも年上の大人の男性でした。私のことは初めから子ども扱いで、全く振り向いてもらえません。それどころか、彼は私の姉のことを「気になる」と言い出したのです。

普通だったら落ち込んで諦めてしまうかもしれませんが、私はどうしても好きだったので、「妹」と言う立場を利用して頻繁に相手の相談に乗るようにしたのです。

相手の目を見て話をうんうんとうなずきながら聞き続けていたら、1ヶ月ほどしてから相手の態度が変わってきて、「俺はお姉さんより君と話しているほうが楽しいし、落ち着くよ」と言ってくれたのです。

そこで思い切って「私は出会ったときから、あなたと話していると楽しいし落ち着くってわかってましたよ」と伝えたんです。そうしたら相手は笑って「好きだ」と伝えてくれました!

とにかく相手に親身になること、これが一番効くかもしれませんね!

30代前半/専業主婦/女性

なるべく笑顔で前向きに接していた

彼に初めて会った時に私が一目惚れしました。だけど、私は仕事を始めたばかりで、恋にも自信がなかったので、「今はお仕事を頑張ろう!そして、一年後くらいに今より仲良くなれてたら、自分から告白できたらいいな」と気持ちを切り替えて、目の前の仕事に打ち込みました。

ある時、私の仕事ぶりを評価してくれた先輩に飲み会に誘われたのですが、その場に彼がいて、飲み友達になることができました。

なるべく笑顔で前向きに接していたのが良かったのかもしれません。本当に一年後くらいに彼から告白されて付き合うようになりました!

自分のやるべきことをしっかり行っていたら、必ず評価してくれる人はいるはずなので、焦らずまず自分の生活を充実させるといいかもしれません。輝くあなたが目に止まらないはずありませんから。

30代後半/流通・小売系/女性

彼といる時「とても楽しくて幸せ!」という事をアピールする

友人の紹介で会った彼ととても気が合い、すぐに仲良くなりましたが、なかなか関係が進展せず、「このままでは都合の良い女になってしまうかも!」と焦って、筋トレやヨガ、半身浴などでとりあえずダイエットしました。

その甲斐あってか、しばらくすると初めてきちんとデートに誘われ、「これはそろそろ付き合えるんじゃないか!」と期待しましたが、まだ進展せず・・・(笑)

それでも不満は見せずに、彼といる時、「とても楽しくて幸せ!」という事をとにかくアピールしまくってポジティブに過ごしていたら、ある日、周りに彼女と紹介されるようになりました!今ではその彼と結婚して幸せな家庭を築けています。

見た目を磨くのは自分の自信に繋がりますが、恋する女性の表情は格別に可愛いので、素直に愛情表現するのが片思い成就の秘訣だと思っています。

20代前半/サービス系/女性

ポジティブ思考で彼に話しかけた

とにかく「明るく楽しく、前向きに」という感じで、彼の相談相手になったり、話を聞いてあげたりするところから始めました。

仲良くなってきたら食事や遊びに誘ったりして、会う回数や時間を増やして行きました。

甘えたりせずに、常に隣で笑っている事を心がけました。

時には私の方からも悩みを話したり、沢山共感できる部分を増やしていきました!

30代後半/専門コンサル系/女性

接点をたくさん持ち笑顔で話しかけること

とにかく接点をたくさん持ち、笑顔で話しかけることを続けます。「あなたと喋ってるとき、わたしは楽しいのよ」ということを相手にアピールし、知ってもらい、たくさんの時間を共有できるように努力します。

相手も楽しそうにしてくれるようなら、一歩突っ込んで食事やデートに誘い、もっと距離を詰めて、ニコニコ笑顔で明るく振る舞って、「一緒にいると楽しい」と思ってもらえるように努めます。

20代後半/医療・福祉系/女性

また会いたいと思ってもらえるように考えて行動した

彼とはイベント系の仕事でたまたま出会い、一目惚れしました。設営・運営・撤去で5日間あるスケジュールの中で、彼は最初と最後の日しかいないということだったので、この期間に仲良くなりたいと思い、私の今までの経験や知識をすべて駆使して頑張りました!

初日の帰り、たまたま方向が一緒だったので一緒に帰りました。その時には【自分から連絡先を聞かない】【深く自分の話をしない】【笑顔で接する】【帰りはサラッと、軽い感じで別れる】ことを意識しました。会わない3日間、彼が私のことを少しでも考えてくれるように、意識してくれるように、また会いたいと思ってもらえるように考えて行動しました。

そして最終日、彼と軽い世間話をしながらサクサクと仕事をこなし、「今回の現場リーダーのLINEを教える」という口実で彼のLINEを入手しました!徐々にプライベートな会話も始まり、盛り上がって来て、その後、ごはんの約束まで出来ました!

ごはんの後、彼から「一緒にいるの楽しいから一緒にいてください」と告白され、それから1年後に結婚しました!

20代前半/専業主婦/女性

マイナスな言葉を言わないで常に笑顔でポジティブな会話を心がける

当時、私は専門学校の1年生で彼が2年生でした。今まで先輩との恋はしたことがなかったのですが、彼の笑顔に惹かれて自然と好意をよせていました。

偶然入ったサークルに彼がいたので思い切って話しかけると、会話が弾み、ご飯に行くことになりました!

私の性格上、不安なことがあるとネガティブな発言が出がちなので、なるべくポジティブな言葉を選びながら、ニコニコ笑顔で会話を続けたところ、数ヶ月後、彼から告白されました!

今は付き合って5年目になります。彼に当時の印象を聞いたら、「一緒にいて自然と心が明るくなってたな」と言われました。

言葉や雰囲気を工夫するだけで好印象になり、恋が叶いやすくなるな!と実感しました。

20代前半/医療・福祉系/女性

一緒にいて楽しいと思える関係作り

片思いを成就するために大切だと思うポイントは、先ず一緒にいて楽しい・癒されると思えるような関係作りです。

彼の相談話に彼の立場に立って考えたり、優しく時には厳しくアドバイスしたりしました。

そして、自分のダメなところやおっちょこちょいな部分、弱さなどを素直に表現し、時には頼ったり甘えたりして関係を深める事で恋が成就するように思います。

40代前半/自営業/女性

一緒に居て楽しいことをアピールしまくる

相手が何を考えているか全然分からない人で、全く気持ちが読めないので、思い切って自分から好きと分かるくらいのアピールを頑張りました。

デートに誘ってみたり、自分から手を繋ぎにいったり、一緒に居て楽しいことをアピールしまくりました。

そうするとだんだん相手も心をひらいてくれて、告白してくれました。今はもうお別れしましたが、いい思い出です。

20代前半/金融・保険系/女性

【2位】積極的に行動する・印象付ける

積極的に行動する・印象付ける

積極的にコミュニケーションをとること

大学生になって入った音楽系の部活で出会った男の子に片思いしました。でもパートが違うためなかなか話す機会がなく、名前すら覚えてもらえているのか怪しい状態でした。

このままではダメだと思い、思い切ってLINEを追加しました。LINEでコミュニケーションをとっていくうちに、直接話すようになってどんどん仲良くなっていきました。話したいことをメモしたり、話題が途切れないようにする方法を調べたりなど、会話を途切れさせないように必死でした。

そして、毎日欠かさずコミュニケーションをとるようにした結果、告白され、付き合うことが出来ました。

コミュニケーションをたくさんとることで自分のことを考えてもらえる時間が増えると思うので、片思いしてる時は積極的にコミュニケーションをとってみてください。

20代前半/大学生/女性

相手から告白してもらえるように、きっかけ作りを心がけた

私が気になり片想いをしていた相手には、相手から告白してもらえるようにきっかけ作りを心がけていました。

例えば、彼と話していて彼が気になっているお店や人気の場所の話になったときは、「そこ行きたいなぁ」と言ってみたり、「一緒にいったら楽しそう!」とそれとなく意志を伝えてました。

すると彼の方から「一緒に行かない?」と誘ってくれ、お付き合いに至りました。

20代前半/自営業/女性

他愛もない内容でも毎日メールを送り続け、やりとりしていく

ちょっとした会話の中での笑顔を見て、クラスメイトを好きになりました。2人ではもちろん、長く会話をしたこともないような人でした。

共通の友達に協力してもらい、学校イベントの打ち上げでさりげなく連絡先を交換しました。その友達からのアドバイスは、「相手は控えめなので、とにかく押した方がいい!」とのことでした。

たわいもない内容でも毎日メールを送り続け、やりとりしていくうちに、放課後デートを経て、相手から告白されました!

後から聞いた話だと、連絡先を交換したときに私の好意に気付いていたみたいです。

30代前半/専業主婦/女性

ふたりっきりの時間をたくさん作って意識させた

私は、好きになった相手に彼女がいて、告白をするも一度は振られてしまったことがありました。

しかし諦めきれず、少し強引にご飯に誘い、ふたりだけの空間を特別なものに感じさせるよう頑張りました。その結果、彼は恋人には言えないような愚痴だったり弱気なところだったり、何でも話してくれるようになり、距離が縮まりました。

やがて彼女と会う時間が減って、私と過ごす時間が増えてきたという実感が湧いたようで、彼の方からお出かけに誘ってくれました。

その時に改めて告白をしたところ、彼女とは既に破局しており、見事OKをもらい付き合えました。

20代後半/不動産・建設系/女性

出来るだけ彼の視野に入り記憶に残るように行動する

私が一目惚れした相手は、同じ大学で同じ学科、部活に所属していた方でした。

自分から告白することが出来なかった私は、出来るだけ彼の視界に入るように行動していました。ヘアアレンジをしてみたり、香水をつけてみたりと地道に存在をアピールし続けました。

すると、彼も私の存在に気づき「いい香りがする」や「今日の髪型かわいいね」等、少しずつ会話をする機会が増えていきました。

そして、部活のBBQの日に2人で買い出しを頼まれた帰りに彼から告白してくれました!地道なアピールが伝わったと感じ、とても嬉しかったです。

片思いの相手には、それとなく視野に入るように行動し、香りやイメチェンなどで相手に印象を残していくのは有効だと思います。

20代前半/専業主婦/女性

諦めないで行動し続ける

6年ほど片思いをしている方がいました。ずっと好きで何度も気持ちを伝えていましたが、そのたびに振られていました。

向こうは普通に接してくれていたので、諦めずに遊びに誘ったりしているうちに、いつの間にか向こうも私のことを好きになってくれていて、誕生日に告白されました。その時に彼は「6年も俺のことを好きでいてくれる人なんかこの先現れないだろうし、大切にしなきゃなって思って」と言ってくれました。

なので、諦めなければ必ず叶います。頑張ってください!

20代前半/サービス系/女性

雨が降った時に自分の傘ではなく彼の傘に一緒に入った

私が片思いをしていた時、彼もまた私に片思いをしていたようです。

どちらも奥手で自分から言い出せないという状況が続いたのですが、そろそろ動かないとだめだなと思って、私から「美味しいカフェがあるので一緒にいきましょう」とお誘いしました。

当日は雨が降ってしまい、せっかく巻いた髪の毛も乱れて自信がなくなりかけていたのですが、「何らかの行動は起こしたい」と思い、彼の傘に一緒に入ってみました。

それがきっかけで彼の気持ちも動いたみたいで、その後告白してくれました!

20代前半/大学生/女性

毎日電話やLINEして「好き」を伝える

好きな人はコンビニで働いていた時のお客様でした。当時は私も彼も恋人がいましたが、私の勤務が終わる時に来店する彼といろいろな話をしているうちに、いつの間にか好きになっていました。

少しして付き合っていた彼と別れ、好きな彼への片思いが始まりましたが、「彼の中にいるのは私じゃなくて違う人だ・・・相手とは結婚も考えているって言ってたから、絶対実らない」と確信していました。

友人としての付き合いを続けていたある日、彼から「彼女と別れた」と連絡があり、メンタルが弱っていて心配だった為、会う事にしました。私は酔った勢いで告白しましたが、彼の答えは「NO」でした。私の事は好きだが、前の人が心の中にいるからと言う答えでした。

それでも諦める事ができなくて、私は彼を誘ってたくさん遊びに行ったり、毎日電話やLINEして「好き」を伝えるようにしました。

そして2年前、結婚前提に付き合うことができました。頑張ってきてよかったなぁと思います。

20代後半/サービス系/女性

挨拶や短い話だけでもいいので、たくさんコミュニケーションをとる

職場が一緒の彼。毎日会えたら必ず挨拶をしました。頼める事は負担にならない程度にお願いしたり、雑談をしたり。共通の話題を探しながら仲良くなっていきました。

一度告白して振られ、その後距離を置きましたが、話す程度の関係はしばらく続きました。

そんなある日、何となく彼との距離の近さを感じ、さり気なく聞いたら、「実は俺も〇〇さんのこと、好きだった。でも告白に慣れていないので、どうしたらいいかわからず断ってしまった」と言われました。

長い時間がかかりましたが、めでたく付き合える事になりました!

30代後半/サービス系/女性

諦めず何度でもアピールする

4年前にアルバイト先の同僚を好きになりました。最初は彼からLINEが来ていたので、好意があるのかも?と思っていましたが、好きになるのは自分ばかりでした。

想いを伝えると「彼女という存在に縛られたくない」などという理由で振られてしまいましたが、その後も諦めることなくデートに誘ったり、LINEや電話を続けていました。

彼からもデートに誘ってくれることがあったので、もう一度告白してみると、同じ答えが返ってきましたが、そこで引き下がらずに「このまま会えなくなってもいい?寂しくない?」などと聞くと「寂しい」とのことだったので、「嫌いじゃない?好きでしょ?笑」と聞くと「好きだ」と言われ付き合うことになりました。

諦めないことはとても大事だと思います!

20代前半/IT・通信系/女性