片思いで勘違い…同じ経験を持つ女性100人のエピソード

片思いをしていると「もしかして相手も自分の事が好きなのかな?」と、両想いを期待したのに勘違いだったということもありますよね。絶対に恋人関係に発展すると思っていたのに辛い経験をした方も多いのではないでしょうか?

両思いだと勘違いをして焦ってしまいたくないからこそ、よくある勘違いのエピソードを知りたい方も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による片思い中の勘違いエピソードを体験談と共にご紹介しています。

片思い中に両思いだと勘違いした行動ランキング

片思い中に両思いだと勘違いした行動ランキング

まずは、片思い中に両思いだと勘違いした行動ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた片思い中に両思いだと勘違いした行動』によると、1位は『笑顔や関心を向けられた』、2位は『デートに誘われた・応じてくれた』、3位は『何度も連絡やアプローチがあった』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた片思い中に両思いだと勘違いした行動

女性100人に聞いた片思い中に両思いだと勘違いした行動

女性100人に聞いた片思い中に両思いだと勘違いした行動では、1位の『笑顔や関心を向けられた』が約22.6%、2位の『デートに誘われた・応じてくれた』が約18.6%、3位の『何度も連絡やアプローチがあった』が約17.9%となっており、1~3位で約59.1%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で片思い中に両思いだと勘違いした行動を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】笑顔や関心を向けられた

笑顔や関心を向けられた

いつも目が合う気がしていた

いつも好きな人が視界の中にいました。直視は出来ませんでしたが、何となく向こうも見てくれてる気がして、勝手にドキドキしてました。

でも友達経由で「彼は〇〇ちゃんが好きらしい」と聞きました。さらに私の事を「真面目だから話しにくい」みたいな感じで言ってたらしく、凄くショックでした。

私を見ていたような気がしたのは勘違いだったようです。

30代前半/サービス系/女性

「楽しい」「嬉しい」「可愛い」といったポジティブな言葉を口にされる

彼はいつも笑顔で私と接してくれて、「楽しい」「嬉しい」「可愛い」といったポジティブな言葉を口にするので、てっきり両思いだと思っていました。

でも私が彼の期待に添えない時、「じゃあもういいよ・・・」と言われたり、「これしてくれると思った」などと勝手に期待されることが増え、「彼はただの恋に恋するナルシストだ!」と気づきましたね・・・。

40代前半/マスコミ系/女性

手を振ってみたら笑顔で返してくれた

ずっとかっこいいと思っていた男の子がいました。向こうが授業中、私の椅子を蹴ってかまちょしてきていたので、私の事を気にしてくれてはいたんだと思います。

そんな私は、放課後、部活をしている彼の姿を眺めるのが日課になっていました。

ある日、目が合ったので思わず手を振ってみたら笑顔で返してくれたので、まるで付き合いたてのカップルのようだなと思っていたら、数ヶ月後に彼が可愛い女の子と付き合っていることが判明。「ただの友だちだと思われていたのか・・・」とショックを受けました。

20代前半/大学生/女性

よく目が合うねと言われた

私は眼鏡がないとよく見えないくらい視力が悪いです。でも眼鏡が苦手なのと、生活に支障がないのでいつも裸眼です。そのため、視力の良い人に比べて物体を認識するまでに少し時間がかかり、ついつい人や物をじーっと見てしまう癖があるようで、時々、人から指摘されます。

そんなある日、気になる男性から「〇〇さんとよく目が合うよね!」と言われました。

有頂天になって「もう告白しちゃおうかな!」なんて思っていたら、すでに彼には恋人がいました。どうやら、なんとなくな軽い会話だったみたいです。

それから外出時は眼鏡をかけるようにしました・・・(笑)

30代前半/専業主婦/女性

バレンタインのチョコレートを喜んでくれた

彼と私はクラシックの音楽家同士で、保育園やら老人ホームの慰問をよくしていました。

バレンタインにゴディバを購入して彼にプレゼントしたら、「超嬉しい」と言われました。

一か月後にお返しが来て、その後も仲良く慰問を続けましたが、それ以上進展することはありませんでしたね。

せっかくチョコを渡したのに、どうして気付いてくれなかったんでしょうか・・・(笑)多分、彼は私が好きなことを知らなかったと思います。

40代後半/自営業/女性

「なんでお店に来ないの?」と相手から連絡が来た時

よく行くお店の店員さんと仲良くなり、少ししてから遊びに行くようになりました。

一緒に居てすごく楽しくて、もっと仲良くなりたいと思ったとき、私は相手の事が好きなんだと気が付きました。自分の心の声を知ってから相手の事を意識してしまい、中々お店に行くことが出来ませんでした。

そんなある日、「なんでお店に来ないの?」と相手から連絡が来て嬉しくなり、「もしかしたら向こうも私に興味を持っているから連絡をくれたのでは?」と興奮しながら話していたら、途中から「あなたは地方に住んでいる妹と似てて、一緒にいると楽しいのよ」と言われ
、妹の代わりだと知りました。

30代前半/大学生/女性

毎日のように可愛いと言われてた!

学生時代、同じクラスの男子で、会うたびに私の服装や顔などを可愛いと言ってくる人がいました。

髪型や服装のちょっとした変化にもいつもすぐ気づき、「可愛いね」と言われていたので、てっきり私の事が好きなんだと思っていたら、彼女がいる事が判明しました。

彼女がいる人に可愛い可愛いと言われた事がなかったのでびっくりしたのですが、どうやらその男子は他の女の子にも可愛いと言っていたみたいでした。彼はバーでバイトをしているようだったので、口が上手なんだなと後から思いました。

それ以後は、可愛いと言われてもスルーして、相手の事を気にするのをやめました。

30代前半/専業主婦/女性

「家に行きたい」というので両親にも紹介してもてなした

イギリス人の彼が手紙をくれたり、映画やドライブに誘ってくれたりするので、私に気があるのかと思っていました。

ある日、私の家に行きたいというので、両親にも紹介してもてなしました。両親が社交辞令で、「また、来てください」と言ったら、彼はその次の週もやってきて、私の兄とも仲良くなりました。

これは完全に外堀を埋める作戦だろうと思っていたら、1ヶ月も経たないうちに彼が他の日本人の女の子と結婚したことがわかりました。声をかけたのは、私だけじゃなかったのね・・・(笑)

20代後半/専業主婦/女性

合コンの時に「彼氏いるの?どんな人が好きなの?」と食い気味に聞いてきた

10年ほど前、4対4のコンパに出席しました。私の前に座った男性がしっかり私の目を見て、「彼氏いるの?どんな人が好き?もし好きな人ができたら、自分からアピールするの?」と聞いてくるので、私に気があるんじゃないかと少し気になって、きちんと質問にも答えました。

最後にみんなで連絡先を交換して、後日コンパに参加した女性だけで集まって話をしたところ、件の男性と私の隣に座っていた女の子が付き合うことになっていました。

「え?私にあんなに真剣に質問していたのに?」と思ってよく聞くと、気になっている女の子には恥ずかしくて聞けなかったらしく、私を介して彼女からの答えを待っていたそうです。本当に紛らわしく、真面目に答えた自分がアホらしかったです。

30代後半/専業主婦/女性

「君のような人と付き合えると楽しいだろうな」と言われた

私は19歳の時に高級家具店の事務員をしていました。

ある時、大学生の男性がアルバイトで入社をしてきたのですが、私と同年代なので、意気投合してよく話すようになりました。

会話をしている時に「君みたいな人とお付き合いが出来ると楽しいだろうな」と言ってくれたので、私はドキドキして、交際を申し込まれると勘違いをしました。

しかし彼には恋人がいることがわかって、ただの社交辞令だったのかとガッカリしました。

50代前半/専業主婦/女性

【2位】デートに誘われた・応じてくれた

デートに誘われた・応じてくれた

短期のアルバイトの私を社員が参加する飲み会に誘ってくれた

短期で工場のアルバイトをしていた時に、社員の方がとてもカッコ良く、片想いしていました。なので、仕事で一緒になる時はいつも話しかけるようにし、工場でもきちんとメイクをしていました。

その後、彼から社員の人が参加する飲み会に誘っていただいたことから、「もしかして私に好意があるのか」と勘違いし、思いきって2人で出掛ける約束を取り付けました。帰り際に告白してみたのですが、好きな人がいるとのことで断られました。

飲み会に誘ったり、出掛けたのはただの気まぐれだったのかなと、勘違いしたことがとても恥ずかしかったです。

20代後半/専業主婦/女性

クリスマスにご飯に誘われた

社会人2年目の時、同じ会社に好きな人がいました。部署は違いましたが、タバコを吸う場所でたまにお話をしていてだんだん好きになっていきました。

何気ない会話の中で彼女はいないと聞いたので、勇気を出してご飯に誘いました。すると彼が「クリスマスの日に行こう」と言ってくれたので、もしかしてと少し期待しました!

当日、お洒落もして気合を入れていったら、なぜか彼の他にも同僚の男女が二人来ていました。女性のほうは私と仲良しの同期だったので「なんで?」と思っていたところ、どうやら彼の本命はその同期の子だったようです。彼女が私と仲がいいことを知っていた彼は、私を「彼女を誘うダシ」に使ったのです。それがわかった時は無性に腹立たしくてそのまま帰宅しました。

後日、彼から謝罪があり許しはしましたが、あんなに好きだったのに一瞬で冷めました。

30代前半/専業主婦/女性

クリスマスにデートに応じてくれ、お店を予約してくれた

学生時代、入学当初から「いいな」と思っていた先輩がいました。向こうから連絡先を聞いてきたり、「2人で勉強しよう」と声をかけてくれたりしてくれました。ずっと話していても会話も尽きないし、連絡もまめにしてくれたので、向こうも好きでいてくれてるのかなと思っていました。

冬になってもそんな感じが続いていたので、勇気を出して「良かったら、クリスマスイブに一緒にご飯を食べに行きませんか?」と誘ってみると、「ぜひ、行こう!」と言ってお店も予約してくれました。

「これはいけるかも…」と内心思ってはいたのですが、告白する勇気は出ず、クリスマスイブは何の進展もなくご飯を食べるだけで解散しました。

でも、今では告白しなくて良かったと思っています。なぜなら、相手の人には彼女がいたからです。しかも何人もの彼女がいました。笑

複数人の彼女がいるにもかかわらず、クリスマスイブの予定が空いていたことは謎ですが、以降は距離を置いて接するようになりました。

20代後半/サービス系/女性

「気になってる素敵なお店があるから明日行こう」と誘われた

当時、某事務所で働いていました。ある日のお昼、気になっていた後輩の彼が、廊下にいた私にこっそり「気になってる素敵なお店があるから、明日行こう」と声をかけてきました。

彼とは立ち話は時々するけど、一緒に食事をした事はなかったので、当日、ドキドキしながら行きました。

楽しい時間を過ごし、会計時になって、彼から「A子も誘ったけど断られちゃって、どうしてもこの店来たくて予約も入れてしまったから」とネタバラシされました。

しかも勿論割り勘でした(笑)。彼の目当てはA子だったのでしょうか。それから彼からの誘いはありません。

20代後半/公務員・教育系/女性

二人きりで動物園に誘われた!

短大に通っていた頃、動物研究の課題の為、動物園に行かなくてはならなくなりました。「一人で行くのは退屈だな。」と思っていたところ、同じ学科で普段から仲が良く、当時私が気になっていた男の子から、「〇〇ちゃん、一緒に動物園行こうよ。」とのお誘いを受けました。

私は舞い上がり、「絶対両想いじゃん!」と思い、当日お洒落をして彼と二人で動物園へ向かいました。

動物園では楽しく過ごし、昼食を摂っていると、突然彼から、「〇〇ちゃんとは、普段から仲が良いからカミングアウトしちゃうんだけど。」と言われ、「いよいよか」と思っていると、「実は好きな男の子がいるんだけど、誰にも相談出来ない。」と、驚きのカミングアウトをされました。

彼は私を「何でも打ち明けられる同性の友だち」として動物園に誘ってくれただけだったんです。彼は結構真剣に悩んでいたのに、一人舞い上がっていた自分が恥ずかしくなり、「穴があったら入りたい」とは正にこの事だと実感しました。

30代後半/サービス系/女性

2人だけでディズニーランドに行き夜まで遊んだ

専門学生の時、同じクラスの男の子に一目惚れしました。すぐに仲良くなり、ほぼ毎日一緒に帰ったりしていました。

夏休みになりなかなか会えなくなってしまったので、勇気を出して「2人でディズニーランドに行こう」と誘いました。すぐに「いいよ!」と返事があり、トントン拍子で行くことになりました。

当日は楽しくてあっという間に夜になり、二人で寄り添って夜のショーを観ている時、「彼は確実に私のことが好きだ」と思いました。

後日すぐに告白してみたら、「ごめん。友達としか思えない」とキッパリ断られてしまいました。その後、学校で毎日顔を合わせるのが気まずくなってしまい、卒業までなんとも言えない関係になってしまいました…。

20代後半/サービス系/女性

デートでお揃いのものを買った

私がまだ学生だった頃、好きな人がいました。連絡も頻繁に取り合っていたし、デートをする約束もしました。

デートでお揃いのものを買ってペアにしたこともありました。

私としては両思いだと思い、好きのアピールをしましたが、何の進展もなかったです。

優しさからなのか、彼は思わせぶりな態度を取りやすい人だったようです。

20代前半/公務員・教育系/女性

お泊まりデートに誘われた!

学生の頃からの友人で、今でも仲良くしている男性がいます。

学生時代は片想いのまま終わってしまいましたが、たまたま友人数名の食事で再会して、それからたまにご飯に行く仲になりました。

そのうち彼から毎日連絡が来るようになり、電話やお泊まりデートに誘われましたが、それでもお付き合いには至らず…。

思い切ってきいてみたら、私は「仲のいい友人枠」だったようです。ややこしいことはやめてほしいですよね。

20代後半/医療・福祉系/女性

【3位】何度も連絡やアプローチがあった

何度も連絡やアプローチがあった

何度もデートに誘われた

私達は友達同士で、よくグループで遊んでいました。しかし彼から誘われて二人でデートすることも何度もあり、会うたびに彼から「好き」をほのめかす発言もありました。

初めは単なる友達として会っていたんですが、そのうちに「彼は頻繁に誘ってくれるし、私のことが好きなんだ」と思い込んでいました。

しかし何度遊んでも何も進展が無い為、「きっと彼は告白するタイミングを逃してるんだ」と思い、私から電話で「私たちって付き合ってるの?」と聞くと、「あ、友達としては好きだけど、そっちが恋愛対象として見てるならこれからはもう誘わないでおくね。ごめんね。さようなら」と電話を切られて失恋してしまいました。

まさかあんなに思わせぶりな態度をとっておきながら・・・と、とてもショックを受けたのを未だに覚えています。

30代前半/専業主婦/女性

たくさん遊びに誘ってきて周りからイジられるほど特別扱いされた

職場でいいなと思っている男の人から、デートに何回も誘われていました。返信も早いし、積極的に来てくれていて、周りからも「彼は絶対に好意持ってるよ!付き合わないの?」といじられるほど特別扱いしてくれていました。

なので私も、「相手は自分に好意を持ってくれているんだな」と思っていました。

なのに彼から、「同じ職場の女の子と付き合うことになった!」と大喜びで報告されました。あんなに私を誘ってたのに何で?と思いましたが、どうやら彼は本当に好きな女の子があまり自分の気持ちを伝えてくれないことにヤキモキし、彼女を嫉妬させたくてわざとみんなの前で私のことを特別扱いして本命の子の反応を見て楽しんでいたみたいです。

まんまと利用されてたわけです。ちょっとでも期待した私がバカでした!笑

20代前半/サービス系/女性

よく遊びに誘われたり頭をポンポンされた

中学生の頃、同じクラスだった男子と、自然に連絡を取り合うようになりました。

彼から「今日遊ぼうよ!家の近くまで迎えに行くからさ」と週5で誘われたり、頭ポンポンされたりして、好きになってしまいました。

その後、告白すると「お前みたいな奴は友人としては好きだけど・・・恋人にはしたくない」と言われて振られてしまい、そこから連絡を取らなくなりました。

20代後半/専業主婦/女性

毎日のメール、朝までの電話をしていた

アルバイトで出会った年上の彼。その人は私の先輩が思いを寄せている人なので、好きになってはいけない人でした。

私がバイトを辞める日、彼はわざわざ待っていてくれて連絡先を聞かれました。その日から毎日のメールが始まり、たまに電話があると朝まで話したりしていました。

でも一回遊ぶと連絡が減り、このまま終わるのは嫌だと思い告白しましたが、妹にしか見れないとのことでした。

30代前半/専業主婦/女性

付き合ってる?と勘違いするくらい一緒にいた

友達の紹介で知り合った彼とご飯を食べに行きました。とても楽しい時間を過ごして仲良くなり、その日から毎日やり取りがありました。

映画を見たり、クリスマスを一緒に過ごしたり、星を見に行ったり、お互いの家に遊びに行ったりと言うのが2、3ヵ月続きました。

朝の「おはよう」からはじまり、夜は「お休み」まで毎日連絡をとっていて、ふと「これは両思いだ」と思っていたのですが、いつまでたっても告白されません。

そこで「この関係なに?」と聞いたら、「めちゃくちゃ仲よすぎる友達」と言われて気持ちがサーッと冷めましたが、今も女友達並みにめちゃくちゃ仲の良い友達です(笑)。

30代前半/専業主婦/女性

1年もの間、定期的にデートをしていた!

友達の紹介で出会い、初対面の時からお互いの距離が近く、間接キスも普通にあって、好印象じゃん!と思っていたんです。

デートに誘えば全部OKで、「楽しい」とか「俺ら」とか言ったり、酔った勢いで家に泊まらせてもらったこともあったんです。

なので、私から「好きなんだよね」と伝えたら、彼は考え込んでしまって…。「一緒にいて楽しいけど、会えて嬉しいとは思わない。出会ってから何年も経ってる訳ではないし…」と、もごもご言われてしまいました。笑

てっきり両思いだと思っていたので私からきっかけを作ったのに、こんな返答をされて冷めてしまいましたね。笑

20代後半/専業主婦/女性

断ったのに何度もデートに誘ってくる

合コンで出会ったイケメンの彼。イケメンにあまり興味がなく、ましてや声をかけられるなんて思ってもいない私は、端から気にしてませんでした。

なのに彼は私にLINEを聞いてきました。まあ交換して終わりだろう、と思っていたら、それからマメに連絡がくるくる(笑)。「おはよう」から「今日はどうだった〜?」「天気いいねー」等々、彼氏?と思うくらい頻繁に来ましたね。

ある時デートに誘われましたが、「イケメンだし、遊び人かも・・・」と躊躇して断ると、再度誘われました。この頃になると「あれ?脈あり?」とすっかり気になってしまい、デートの約束をしてウキウキしている自分がいました。

嬉しさのあまり、一緒に合コンに行った友達にその話をしたところ、なんとその友達にも全く同じLINEとデートのお誘いが来ていたと判明!やっぱりただの遊び人だったのでした。

マメに連絡をくれるなんて、慣れてないとできないのかもしれないですね。

40代前半/専業主婦/女性

よく声をかけにきてくれるとき

とても仲が良いと自覚をしていた男性がいました。飲み会があれば、彼はいつも私の前後左右のどこかに座っていましたし、私のことをみんなと同じニックネームではなく呼び捨てで呼んでいたこともあり、勝手に特別感を覚えていました。

しかし、二人で遊びに出かけていたときに、「実は好きな人がいるんだけどさ」と相談されてしまい、「ああ、私はただの友達枠だったか・・・」とかなりショックでしたが、今も親友として仲良くしています。

20代後半/専業主婦/女性

【4位】相手の優しい言動

相手の優しい言動

少しでも元気がない時は「どうかした?」とすぐ言ってくれる

学生の頃、コミュニケーション能力を高める研修がありました。男子が班長、女子が副班長の5、6人グループという決まりで、先生がチーム分けをし、私は副班長に選ばれました。

研修後のまとめ等の話し合いのため、班長の男子と個別にやりとりをしていた時「あんまり元気ないね。なんかあった?」と言われ、ドキッとしました。「実は別れて…」と返すと、「そっか、つらいね。話なんでも聞くよ」と返信が。

そこからふたりでやりとりすることが増えました。彼は察しが良く、私に少しでも元気がない時は「どうかした?」とすぐ言ってくれるので、「あれ、これってもしかして…」と脈ありを疑いましたが、数日後、クラスの友達から「ねえ、そっちの班長やってたイケメンさ、同じグループのあの可愛い子と付き合ったんでしょ?!」と言われ愕然…。彼の優しい言葉は、単なる善意から出た気遣いの表れだったとようやく気付きました。

元々、彼氏とも別れたばかりだったし、付き合えるとは思ってなかったですが、優しい人の言動は脈ありサインと勘違いしやすいのではないかと実感した瞬間でした。笑

20代前半/専業主婦/女性

優しく仕事を教えてくれたり時間を見つけて積極的に話を振ってくれた

当時、働いていた会社の先輩に一目惚れしました。外見が好みだったというよりも、その人の内側から溢れ出る人柄の良さに惹かれました。

優しく仕事を教えてくれたり、時間を見つけて積極的に話を振ってくれたりするので、少し脈アリかな?と思いながら必死に自分の気持ちがばれないようにしていました。

好意を抱き始めて数ヶ月後、会社の女性の先輩に「彼の事が気になる」と打ち明けた時に「それ皆言ってる!人気だよね」と言われました。彼はやっぱりみんなに優しいんだなと感じたと同時に、私だけ特別扱いされていたわけではないんだなとガッカリしました。

そしてその一年後に先輩は結婚され、私の片思いは終了しました。優しい人はみんなに優しいんですよね。勘違いした自分が恥ずかしかったです。

20代後半/サービス系/女性

仲の良いグループで一緒に遊んだりしていた

中学生の頃、同じクラスの男の子に片思いしていました。仲の良いグループで一緒に遊んだりしていたので、ひょっとしたら上手くいくんじゃないか、と思ったんです。

友達から思いを伝えてもらったのですが返事はなく、でも彼の様子がいつもと違ったので、照れてるんだと思っていたのです。

しかし、彼はどうやら別の女の子の事が好きだったらしく、私の思いを聞いてどう接したらいいか悩んでいたそうです。完全に「自分に都合のいい勘違い」でした笑

40代前半/自営業/女性

疲れてへたり込んでいたら飲みかけのペットボトル飲料を勧められた

私が片思い中の彼と両思いだと勘違いしたのは、その彼を含めた10人程度でBBQに出かけたときのことです。

私と彼はテントを立てる係だったので、かなりの肉体労働でした。やっとテントが完成しへたり込む私に、彼は飲みかけのペットボトル飲料を「飲む?ほれ!」と勧めてきてくれたのです。

私は「間接キスやーん!脈あり!」と思い、渡された飲み物をグビグビと飲みました。すると彼は「ええ飲みっぷりやなぁ。お前ほんと女として見れんわ(笑)気を使わん男友達や!」と言ってきたのです!

なんと、男友達感覚ゆえに間接キスという意識すら彼にはなかったのです。

30代前半/サービス系/女性

【5位】気が合う・趣味が同じ

気が合う・趣味が同じ

同じ業務をこなす時、気が合うと感じる場面が多かった

彼とは仕事でいつも一緒に色々と業務をやることが多いのですが、よく意見が合っていたので、とても気が合うなあと思っていました。

そのうちに「彼といると楽しいな」と思うようになり、だんだんと彼に惹かれていきました。

仕事で遅くなったときには一緒に食事をしたりして、とても楽しい時間を過ごせていたので、「この人とずっと一緒にいたいなあ」と思うようになりました。

しかし思いきって告白したら、「君とは気が合うけれど 恋愛対象にはならないよ。だって仕事仲間だもん」と言われてしまいました。

20代後半/IT・通信系/女性

自分がラインしようと思ったタイミングで誘いがきた

最初は友達として仲良くしていたところ、趣味などが合って色んなことで意気投合することが多かったんです。

仲良くなりたいなと思っているうちに恋愛感情が芽生えて、気付いたら毎日ラインしていました。相手も嫌がることなく毎日返信してくれて、「今度会いたいね」と話したときに両想いだと思いました。

実際に会ってみると、話していて楽しいとは言われたのですが、私の恋愛について聞いてきたり自分の恋愛相談などをしてきたので、異性としては見られていないことがわかりがっかりしました。

40代前半/サービス系/女性

ファミレスのドリンクバーで長時間、二人で盛り上がった時

バイトをしていた頃、優しくてカッコいい先輩がいました。お互いに「あまりメジャーではない、とあるバンドのファン」という共通点があり、一緒にライブに行ったり、バイト帰りにファミレスのドリンクバーで長時間、二人で盛り上がったりもしました。

「彼は私のことが好きなんじゃないか?大いに脈ありなんじゃないか?」と確信していたので、クリスマスが近かったある日に電話で告白したところ、「え?なんで?俺らそんなんじゃないじゃない。」となんともつれない返事。

どうやら彼は、音楽の趣味が似ている私と話すのが嬉しかっただけだったのです。

あとあと考えてみたら、彼と話す内容はほぼ音楽関係の話しかなかった事に気がつきました。趣味が同じだからって、好きになるとは限らないと学びました。

40代後半/専業主婦/女性

趣味を共有できて、毎日メールや電話もしてくれていた

職場の後輩と仲良くなって、すごくかわいいし好きだなと思ってました。

彼とは同じプロ野球チームが好きだったので、毎日、職場でプロ野球の話をしてるうちに、「二人で試合見に行こう!」ということになって、複数回行ったりしていました。

一緒にいると楽しそうにしてくれているし、毎日メール、電話もしてくれていたので、これは!と思っていましたが、じつは長年付き合ってる彼女がいたことが判明!

私は、二股の相手として見られていたのか、はたまたただの趣味友だったのか、真相はわかりませんがショックでした。

30代後半/専業主婦/女性

【6位】スキンシップをねだられた

スキンシップをねだられた

キスしてもいい?と言われた

学生の頃、「◯◯がお前のことかわいいって言ってたよ」と同級生から聞いて勝手にドキドキしていました。

後日、彼からアプローチがあり、「キスしていい?」と言われました!恥ずかしさで「好きな人としかしないよ」なんて返したけど、内心「きゃー!」って感じでした(笑)「これは私のことが好きなんじゃないか!?」と思いましたね。何かと一緒に行動しようとしてくるし、ぐいぐいくるなーなんて、結構いい気分でいました。

それで、「これ絶対付き合うフラグじゃん!」と自信満々で告白したら、結果はNO!しかも「他の人と付き合ってる」なんて言ってくるし。なんだったんだよ、今までのは…。

のちに、彼は「彼女」というものが欲しかっただけで、簡単に付き合えそうな人数名にアタックしてたとわかりました…。

30代前半/専業主婦/女性

お酒の席でのスキンシップ

学生時代、良いと思っていた男性がいました。

たまたま複数人でお酒を飲む機会があり、酔い醒ましに外に出るとそこには気になっている男性がいました。これはチャンスだと隣に座り、しばらく話をしていると、「くっついてもいい?」と聞かれ、ドキドキしながら「良いよ!」と答えると、肩を抱かれました。

暗闇の中、肩を寄せ合う2人…「これはもう付き合うでしょ!」と思っていたのに、翌日からの態度に変化はなく、あれれ?と思っている間に、彼は別の女性に告白をしていました!

酔っ払ったノリだったのか…残念な展開に何も言えませんでした。

30代後半/サービス系/女性

相手から手を繋いできてくれた

大人数での飲み会の帰り、好きな人が送ってくれることになりました。

2人とも酔っていたのですが、なんと相手から手を繋いできてくれました。

途中で水を買って2人で分け合ったり、かなりくっついて歩いてくれたので、「これはもう、両思い間違いないな」と確信していましたが、数日後、その男性は別の女の子と付き合い始めてしまいました。

20代後半/専業主婦/女性

【7位】プライベート・将来の話をされた

プライベート・将来の話をされた

自分のことをいろいろ話してくれた

職場の片思いの彼からよく笑顔で話しかけられ、うれしくていつも話していました。

また、自分に関するいろんなことを話してくれて、電話をかけてもずーっと話しっぱなしで、「え?これって脈あり?」と思っていました。

でも思い切って「あの、好きですっ」と伝えても、「ありがとね」としか言われず、それで終わってしまいました。脈なしだとわかって急に恥ずかしくなりました。

それからうやむやになったまま彼は転職していき、私をただの同僚としか見ていなかったんだとつくづく思い知らされました(笑)

30代後半/専業主婦/女性

「これから一緒に過ごすとしたら」等、将来の話をされた時

数年前に知り合った人と再会し遊んだ時に、手を繋がれるわ、くっつくわで「彼も自分に好意がある?」と思ってました。

一緒にいるときも、これから2人でしたいこととか、次の予定とか、「デートにどこに行く?」などいろいろ話をしてくれました。

数回遊びキスを迫られましたが、曖昧なままが嫌だったので気持ちを確認すると、同棲している彼女がいると言われました。危ないところでした(笑)

30代前半/医療・福祉系/女性

まとめ

女性100人に聞いた片思い中に両思いだと勘違いした行動では、1位は『笑顔や関心を向けられた』、2位は『デートに誘われた・応じてくれた』、3位は『何度も連絡やアプローチがあった』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による片思い中の勘違いエピソードを体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【男性編】片思い中の勘違いエピソード編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

片思いで勘違い…同じ経験を持つ男性100人のエピソード

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年12月01日~12月16日
回答者数:100人