失恋をして辛い…同じ経験を持つ女性100人が実践した対処法

失恋をすると何もやる気が起きず辛いだけの日々が続くこともありますよね。「もう二度と立ち直れない…」と、どん底にいる経験をしている方も多いのではないでしょうか?

どうにかして辛い日々から抜けだすためにも、失恋が辛い時でも上手に対処する方法を知りたい方も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による失恋が辛い時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

失恋して辛い時の対処法ランキング

失恋して辛い時の対処法ランキング

まずは、失恋して辛い時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた失恋して辛い時の対処法』によると、1位は『まずは泣く・気持ちを吐き出す』、2位は『好きなことをする・没頭する』、3位は『友人や美味しい物の力を借りる』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた失恋して辛い時の対処法

女性100人に聞いた失恋して辛い時の対処法

女性100人に聞いた失恋して辛い時の対処法では、1位の『まずは泣く・気持ちを吐き出す』が約22%、2位の『好きなことをする・没頭する』が約21.9%、3位の『友人や美味しい物の力を借りる』が約20.1%となっており、1~3位で約64%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で失恋して辛い時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】まずは泣く・気持ちを吐き出す

まずは泣く・気持ちを吐き出す

お風呂でたくさん泣いて、ぐっすり寝る!

告白をして振られてしまったとき、つらくてつらくてたまりませんでした。

気持ちをすっきりさせたくて、筋トレやストレッチなど体を動かして汗をかき、そのあとゆっくりお風呂に入りました。お風呂の中では泣いて涙や鼻水がすごくても洗い流せるので、とにかく泣いてすっきりさせました。

心も体も疲れていたので、いつも寝る時間より早く眠りにつきました。

たくさん泣いてすっきりしたのと、体の疲れも取れたのもあって、すごくすっきりと目覚めることができ、気持ちも前向きになりました。

20代後半/サービス系/女性

気がすむまで泣く!

私は失恋した時、悔しさもあり、とことん泣きました。とにかく寂しくて涙が止まらなくて。

でもだんだん時間が経ってくるうちに、「なんであんな人のために泣いてるんだろう」という気持ちになってきて、バカバカしいと思えたので、そこからは趣味を見つけたり、友達ととことん遊んで忘れようと思って過ごしていました!

最初は悲しい時もありますが、泣き切ったらきっと涙はもう出ないくらいになると思います!

20代後半/流通・小売系/女性

泣き疲れて寝るまで泣く

結婚まで考えていた彼と付き合い続けて10年、金銭的にも不安があり、大好きだったけど将来を考えてお別れしました。

とにかく泣きまくって、親友に話してスッキリしました。

しばらくは忘れられなかったけど、結局色々相談していた会社の同僚と付き合い、結婚しました。

失恋は悲しいけど、意外と幸せはどこにあるかわからないです。

30代後半/専業主婦/女性

仕事を休み気が済むまで泣く

6年近く付き合っていた彼氏と結婚感のズレで別れました。上京、同棲もしており、絶対に結婚すると思っていたので、振られた翌日には発熱するほどショックが大きかったです。

仕事も休み、気が済むまで泣きました。

その反動で友達と飲み歩くことが増え、今までとは違う楽しさを見つけたり、新しい友人や男性との出会いが増えたので、今思えば良かったと感じます。

20代後半/サービス系/女性

失恋ソングを聞いて泣いた!

高校時代、遠距離恋愛をしていたのですが、3年記念日を過ぎた頃、彼から別れを切り出されました。記念日をお祝いして、これからも続くと思っていたのに、あっという間にどん底に突き落とされました。

遠距離恋愛でも仲は良かったと思っていましたが、友達伝いに元カレが浮気をしていたことが発覚。何度も話し合いましたが、元カレの気持ちが戻ることはなく、「勉強に集中したい」と言い訳されました。

ショックと共に苛立ちが込み上げ、とことん失恋ソングを聞いてたくさん泣いて立ち直りました!

20代後半/専業主婦/女性

相手への想いを紙袋の中に叫び全て出し切る

若い頃、私は大好きだった人を友達に取られた事があります。でも人の気持ちや心は無理やりに変えていいものでもないので、私は泣く泣く諦めました。

だけど悔しさや悲しみが爆発しそうだったので、私は「王様の耳はロバの耳」という童話みたいに、紙袋の中に大好きだった人の大好きだった所を大声で叫び、全て出し切ったあと、思い切り「バン」と紙袋を叩き割りました。「バン」と言う音とともに、自分の気持ちが粉々に無くなるような気がしていたのです。

そして最後に自分の両頬を軽く叩き、「もう絶対に泣くものか!」と気持ちを切り替える様に努めていました。

40代後半/専業主婦/女性

あえて失恋ソングを聞いて思いっきり泣いた

告白されて付き合って、とても楽しい理想的な付き合いだと思っていました。しかし「男友達はあり」と考える私に対して、彼の焼きもちが半端なかったです。

ある時、男友達から告白されたことがあったのですが、それを知った彼が「やっぱり男友達という存在はない!」と激怒して、話し合いの場を設けてもらえずに、破局してしまいました。

泣くことは最大のストレス発散だと聞いたので、あえて失恋ソングを聞いて思いっきり泣きました!

その後は新しいことにチャレンジして自分を高め、自信をつけるようにしました。何かに没頭すると忘れられるように思います。

40代後半/サービス系/女性

暴飲暴食したあと思い切り泣く

就職の為に上京しました。一人暮らしは初めてだったので不安でいっぱいだったのですが、近場にはその時お付き合いしていた彼が住んでいたので、そこまで寂しくはないだろうと思っていました。

ある日、たまらなく心細くなって、日中に彼氏に連絡すると「自分勝手過ぎる」と説教を受けました。「お前も一応、社会人だよね?ちょっとは人の都合も考えてくれよ」と言われた時、すぅっと好きな気持ちが冷め、そのまま電話越しに別れを告げました。今にして思えば彼氏の言い分ももっともなのですが、その時の私はとにかく人恋しかったのです。

気分を晴らすために、とりあえず家にあるものを温めて、暴飲暴食。お腹がいっぱいになってから、思い切り泣きました。そして、彼氏を見返す為に自分磨きを始めました。

その時の彼氏とは、まだ時々連絡が来るのですが、「近頃、お前、いい女になったと思う」と言われて、心の中でガッツポーズしました!

20代後半/医療・福祉系/女性

我慢しないで思いっきり泣く!

3年間付き合っていた彼氏にフラれたことがありました。失恋して辛かったのですが、我慢して仕事を頑張っていました。でも何をしても彼を思い出してしまい、気持ちは楽になりませんでした。

そんなある日、友達とカラオケに行ったのですが、失恋の歌を歌った私は気持ちが高ぶって大泣きしてしまいました!友達は私が失恋したことを知っていたので、何も言わず背中をさすって見守ってくれました。

ひと通り泣いた私は、不思議なくらい気持ちが楽になっていたので、「泣くって大事なんだなぁ」と改めて実感しました!

40代前半/専業主婦/女性

【2位】好きなことをする・没頭する

好きなことをする・没頭する

生きているだけで良しとして時間が解決するのを待つこと

とにかく、時間が解決してくれるのを待ちます。その期間中は、何をしてもいいことにしています。

食べたい物があれば食べ、泣きたいときは思いっきり泣けばいい。休みの日はカーテンを閉め切って、一日中ベッドでゴロゴロ過ごすもよし。

私の場合、何を見ても終わった恋愛のことを思い出してしまうので、ひたすら寝ることにしています。

「次の恋をするぞ!」とか「出会いを探しに外に出よう!」とか、「見返すために痩せて美容院に行ってきれいにならないと!」なんて思えるぐらい回復するまでは、生きているだけで良しとして、時間が解決するのを待つことがおすすめです。

30代前半/専業主婦/女性

思う存分に自分を甘やかす

振られた時は取り敢えず自分を甘やかします!私の場合はまず暴飲暴食です!コンビニスイーツとかラーメンとか、食べたいもの全部食べます!お酒もめちゃめちゃ飲みます!1人でバーとかいって飲み散らかします。

それで次の日は、気が済むまで寝ます。基本、予定も入れないようにして好きなだけ寝ます。

こんな生活をしていると、「これじゃダメだなー」と思えて立ち直る事ができます。

20代後半/専業主婦/女性

好きな音楽をたくさん聴いてリフレッシュ!

大学生の時にゼミの先輩と仲良くなり、意を決して告白したのですが、後輩としてしか見られていなかったようで、失恋してしまいました。

好きなアーティストの曲を帰りの電車でずっと聴き続け、家でも聴いて泣きました。

その後もゼミで顔を合わせることがあったので、普段通りに接することのできるよう、とにかく音楽で失恋の傷を癒しました。

30代前半/専業主婦/女性

病みソングや失恋ソングを聴く

元カレに振られて、復縁を求めても「絶対に無理だ」と完全拒否されてしまいました。

半年ぐらいは、病みソングや失恋ソングばっかり聴いて一日を過ごすという日々を送っていました。

半年過ぎたあたりからは、吹っ切れたように明るい系の恋愛ソングを聴けるようになりました。

20代後半/専業主婦/女性

勉強に没頭する

彼は初めてお付き合いした人で、大学内で仲の良いグループのうちの1人でした。

大きな喧嘩もなく順調にお付き合いしていましたが、ある日突然「付き合っている意味が分からなくなった」と言われ、結局お別れすることになりました。

試験間近だったこともあり、勉強に没頭することにした結果、成績がかなり良くなっていて少しすっきりしました。

20代後半/サービス系/女性

友達と会ったり習い事をしたりして紛らわす

失恋した時は、同棲していた部屋に帰るといろんな思い出が蘇り辛かったです。

毎日泣いていましたが、教習所に通ったり、アニメにハマってみたり、友達と会ったりお泊まりしたりして、ゆっくりではありますが、時間が経つと次第に気持ちも軽くなっていきました。

特にスポーツすると、無心になれるのでおすすめです。

30代前半/不動産・建設系/女性

何でもいいから嫌でも取り組む

彼氏から「好きだけど結婚を考えられない」と言われて振られました。なかなか彼の事を忘れる事が出来ず、何もやる気が起きない毎日を過ごしていました。

そんな自分がとにかく嫌で、考えないように嫌でも外に出ることから始めました。一人でいたい時はカフェや散歩に行ったり、友達に会いたい時は一緒に夕食を楽しんだり、家ではお菓子作りを始めてみたり、読書をしてみたり、普段自分が興味を持たないことに目を向けて、嫌でも取り組んでみました。

仕事をしている時間は仕事に没頭するので、そんな毎日を繰り返していたら、一ヶ月も経つ頃には前向きな気持ちに変化していました。

いつの間にかお菓子作りが趣味になり、友人の誕生日や家族の誕生日にもケーキを作ったりと、人に喜ばれる時間も増えました。気持ちがとても清々しく、落ち込んでいた時間が嘘のように晴れました。自分自身もとても強くなれたと時間だと思っています。

30代前半/流通・小売系/女性

とにかく他のことに打ち込む!

大好きな人に告白するも、恋人がいて振られました。諦めるしかない状況にものすごく落ち込みました。

1人でいると辛くなるばかりなので、1人でもスポーツしたり映画を見たり、とにかく考える時間を極力もたないようにしました。

時間が経つとぜんぜん大丈夫になりました。時間が一番の薬です。

30代後半/専業主婦/女性

何かにハマるようにした!

記念日の前日に振られました。その時はもうショックで立ち直れず、3日ほどは寝込んでいました。

落ち込んでいる私を励まそうと、母が映画に誘ってくれました。作品は『ボヘミアン・ラプソディー』でした。まんまとハマり、一日中QUEENのことを考える日々に。笑

結果、彼のことなど忘れてしまい、すぐに充実した日々を過ごせるようなりました。導いてくれた母に感謝です。

20代前半/IT・通信系/女性

得意な分野で誰かのためになることをする

遠距離の彼の部屋に、明らかに私のものでは無い女性物の下着があり、その事を問い詰めるとフラれてしまいました。彼の部屋に置いてあった私物も適当に返され、捨てられてしまった物もあったと思います。

ずっと泣いて布団からも出られず、何日も仕事を休んでしまいました。友達が話を聞いてくれている時は気が紛れましたが、電話を切るとまた泣くの繰り返しでした。

そんな時「引き寄せ」と言う言葉を知り、沢山本を読みました。「良い事を沢山すれば、それだけ良い事が来るかもしれない」と思い、自分が誰かのために出来ることはないか考えました。

私は物作りが好きだったので、友達や知り合いにアクセサリーや縫物を作りプレゼントするなど、夢中になれる事をしていたら、いつの間にか立ち直っていました。

40代前半/商社系/女性