失恋で寝れない…同じ経験を持つ男性100人が実践した対処法


【3位】友人と一緒に活動し続ける

友人と一緒に活動し続ける

友達を遊びに連れ回して眠くなるまで活動し続ける

失恋した日はショックで寝れないだろうと思ったので、何も言わず友達に電話して、色んな場所に連れ回しました。ボウリングやカラオケ、居酒屋、焼肉など、とりあえず楽しいことをして忘れることにしたんです。

その日は友達の家に泊まりに行って、また飲んで、夜までずっと話してオールして、ひたすら楽しく過ごしました。

1人になった時はもう疲れて寝てしまうので、大丈夫です!

20代前半/大学生/男性

呼べるだけの友達を集めてヘトヘトになるまで騒ぐ

失恋をして寝られない時は、とにかく呼べるだけの友達を集め、ヘトヘトになるまで騒いでいました。くだらないことで笑い合える仲間の姿を見ているうちに、「失恋をしても、恋人がいなくてもこんなにも楽しいことがあるんだ!」と思えました。

辛い時に友人と集まれるのは良いことなので、遊びの誘いを受けた場合、とにかく付き合うようにしてます。

外に出るとたくさんの人や情報に触れることになり、失恋に構っていられなくなるのでおすすめです。

30代前半/サービス系/男性

友達や知り合いの家を転々とし、必ず誰かと一緒にいる

失恋した時は1人でいるのが辛くて、しばらく友達や知り合いの家を転々としていました。

誰かがそばにいてくれたことで、時間の経過とともに自然と失恋のショックから立ち直れました。

「恋は盲目」とはよく言ったもので、失恋がきっかけで周りの友人たちの良いところに気がつくことができたので、結果オーライでした!

30代後半/サービス系/男性

【4位】リラックス系のアイテムを活用

リラックス系のアイテムを活用

眠れる音楽を聴く

快眠ソングのCDがありましたので、それを流して寝ていました。意外と私にはよかったみたいで、失恋しても寝ることができました。

今はアプリでもありますので、活用してはいかがでしょうか。

あと、寝る前にホットミルクを飲むと更にいいですね。

40代前半/医療・福祉系/男性

【5位】悲しみと向き合うこと

悲しみと向き合うこと

振られた時の状況や自分の気持ちを詳細に書いてみる

今までで一番好きだった人に別れを告げられたときは、とてもショックが大きくて、色々とやる気が出ませんでした。

そこで、毎日散歩をして気を紛らわしていました。桜がきれいな時期でしたが、桜を見ているとその美しさに、悲しさもわき上がってきましたが、同時に落ち着くこともできました。

また、悲しみと向き合うこともとても大事だと思います。日記にそのときの詳細を6時間くらいかけて記入しましたが、それにより客観的に状況を整理できて、とても落ち着きました。

大体1ヶ月くらい落ち込みましたが、それを過ぎるとすっきりすることができました。

30代前半/IT・通信系/男性

【6位】とりあえず横になる

とりあえず横になる

とりあえず布団に入って横になる

失恋後は一日中考えている状態で、本当に辛かったです。

勿論、寝ることもできなかったので、無理に寝ようとせずに諦めました。

布団の中に入っていると熟睡はできなかったですが、浅い眠りには周期的に入れたので、身体的には幾分かましになりました。

40代前半/メーカー系/男性

【7位】散歩に出かける・外に出る

散歩に出かける・外に出る

家の近辺を何も考えずフラフラ散歩する

失恋して寝れない時は、家の近辺を何も考えずフラフラ散歩していました。

歩き続けると疲れてきて、だんだんぼーっとしてきます。やがて冷静になり眠気がやってくるので、「明日も仕事だし」と考えることで、失恋より現実に頭が切り替わり、寝れるようになりました。

不眠が続く場合は、毎日歩きます。そのうち、こんなことを続けていることが馬鹿馬鹿しくなり、失恋のショックも落ち着きました。

30代前半/自営業/男性

まとめ

男性100人に聞いた失恋して寝れない時の対処法では、1位は『好きな物を味わう・没頭する』、2位は『泣き切る・気持ちのままに過ごす』、3位は『友人と一緒に活動し続ける』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人による失恋で寝れない時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【女性編】失恋で寝れない時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

失恋で寝れない…同じ経験を持つ女性100人が実践した対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人