失恋して寂しい…同じ経験を持つ男性100人が実践した対処法

失恋をすると喪失感から寂しいだけの日々が続くこともありますよね。「何をしていても寂しさを感じる…」と、どん底にいる経験をしている方も多いのではないでしょうか?

どうにかして寂しい日々から抜けだすためにも、失恋して寂しい時でも上手に対処する方法を知りたい方も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による失恋をして寂しい時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

失恋して寂しい時の対処法ランキング

失恋して寂しい時の対処法ランキング

まずは、失恋して寂しい時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた失恋して寂しい時の対処法』によると、1位は『外に出る・人と会う』、2位は『気の紛れるものを取り入れる』、3位は『自分磨きに力を注ぐ』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた失恋して寂しい時の対処法

男性100人に聞いた失恋して寂しい時の対処法

男性100人に聞いた失恋して寂しい時の対処法では、1位の『外に出る・人と会う』が約35.8%、2位の『気の紛れるものを取り入れる』が約24.1%、3位の『自分磨きに力を注ぐ』が約7.9%となっており、1~3位で約67.8%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で失恋して寂しい時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】外に出る・人と会う

外に出る・人と会う

塞ぎがちにならず外にでる

失恋してしまった時は落胆して、塞ぎこみがちになりますが、家に引きこもるよりも外に出たほうがいいです。

出かけると気分も変わりますし、温泉や海など癒やしのスポットに足を運んでみたら、自然と落ち着いていったのを覚えています。

人とコミュニケーションをとることも大切です。人の話を聞くことで考え方も変わる可能性があります。

30代前半/流通・小売系/男性

話を聞いてくれそうな人に話して泣く

話を聞いてくれそうな人に聞いてもらうのが一番です。女性ならなおさらいいですね。親戚のおばちゃんでもいいです(笑)

男性の前だと女々しく思われそうで泣けないですが、なぜか女性の前だと泣くことができるのです。

だから、女性に話して泣けることが一番だと思います。

同年代の女性だと、お付き合いに発展する可能性もありますしね(笑)

40代前半/医療・福祉系/男性

連絡のつきそうな友人達に電話して話を聞いてもらう

失恋して寂しい時は、お酒をひらすら飲み、片っぱしから連絡のつきそうな友人に電話し、話を聞いてもらっていました。

そこで話した事は大抵覚えていないのですが、しばらくは優しくしてもらえる事が多いです。笑

また、その電話をきっかけに、周りから異性を紹介してもらえたり、実際に女性との連絡を取り始めるようになったりして、いい事もあります!

20代後半/商社系/男性

仲の良い友達にとことん話を聞いてもらう

この場合、一人でいても寂しさが倍増してしまう可能性があるので、仲の良い友達にとことん話を聞いてもらったり、いっぱい遊ぶ事が良いと思います。

やはり人に話すだけでも心が軽くなると思いますし、友達から今後に活かせるアドバイスやヒントをもらえるかもしれません。

そして自身が好きな音楽や映画などを視聴して、元気や勇気を貰うというのも1つの手だと思います。

20代前半/IT・通信系/男性

友達を誘って飲みに行く!

暇な時間を作らないようにして、とにかく忘れられるように努力していました。携帯を触るといろいろと思い出してしまうので、友達や会社の連絡など以外はSNSも消して、携帯に触らないようにしていましたね。

あとは、あまりしなかった残業をするようにして、仕事に没頭していました。

また、友達を誘って毎日のように飲み歩き、お酒を飲んで楽しく酔っぱらって忘れる、ということをよくしていました。

20代後半/自営業/男性

運動したり友人と遊んだりして過ごす

その瞬間はお酒の力を借りて忘れようとしましたが、学生の時のように身体も若くないので、運動したり、友人と遊んだりして失恋を忘れようとしました。

男は基本的に寂しがり屋で未練がましい生き物なので、一人の時間があると考え込み、暗い気持ちになりやすいので、次のステップへの障害になります。

お金もある程度持っているので、気の知れた友人と旅行などに行くのが処方箋です。

40代前半/専門コンサル系/男性

信頼している友達に話したり、youtubeで失恋ソングを聴く

失恋して5日後、「奢るから話を聞いてくれ」と友達を誘いました。

その友達は失恋相手と4年間同じクラスだったので、真面目に話を聞いてくれましたが、普段引っ込み思案な私が告白したことに驚いていました。「お前にそんな勇気があったとは・・・」と言われ、「あるわい!」とツッコミを入れたりして、少し笑いも交えながら語っていたような気がします。そういった気楽な雰囲気こそ、傷を癒すのに一番必要だったと思います。

次に失恋ソングですね。これは1人になった時にyoutubeで聞いていました。youtubeのいいところは、コメント欄に同じような失恋をした方のコメントがたくさん並んでいて、「あー、自分だけじゃないんだなぁ」と共感を得られることです。同情とは違うところがいいですね。

いろんなコメントを見てるうちに、恋愛って素晴らしい経験なんだなと感じるようになりました。

20代前半/大学生/男性

仲の良い女友達にLINEする

失恋をした時はなんだか寂しさばかりが込み上げてきて、そのときの気持ちを忘れさせるかのように、仲の良かった女友達にたくさんラインをしました。

友達は優しく返事をしてくれたので、「この人のこと、好きなのかな」と思い、遊びにも誘うようになりました。

結局、進展はありませんが、彼女と話すと気持ちが落ち着くので、いまだに恋愛の話などたくさんの相談をしています。

20代後半/サービス系/男性

【2位】気の紛れるものを取り入れる

気の紛れるものを取り入れる

別の作業をして忘れる

女性に振られて寂しいときは、別の作業をして忘れるようにしています。

私の場合は、好きな趣味に没頭してました。

そうしていると別の分野で成果が出たり、また新しい出会いなどがあったりして、恋愛に発展したりすることも多いです。

30代後半/サービス系/男性

趣味など打ち込めることをした

大学時代、バンド活動に明け暮れていました。好きな人も歌手を目指していたので、自然と意気投合しました。

しかし告白したところ、「ごめんね、今はそういう気がないんだ」と優しくフラれました。

とても寂しい気持ちになり、プロのギタリストさんと組んで、この気持ちを歌にすることにしました。辛さや寂しさ、悔しさとかをすべて楽曲に注ぎ込みました。

辛い期間、打ち込めることができたので、少し救われたことは事実です。

30代前半/商社系/男性

面白い動画を見ること

失恋をして寂しい時は、面白い動画を見ることです。

カワイイ動物や、小さい子供たちの動画をチェックするだけで癒やされます。特に柴犬や女の子の笑顔が可愛くて、見ているこちらまで笑顔になる瞬間がすぐに訪れます。

いろんな動画を探しながら、ゆっくりと失恋を忘れることが出来ます。

30代後半/流通・小売系/男性

恋愛映画を観て他人の恋愛を追体験する

失恋をして寂しいときには、恋愛映画に没頭して気持ちをまぎらわせることにしています。

映画の中で他人の恋愛を追体験することで、自分の失恋を上書きできるような気がするので、過去失恋したときには必ずと言って良いほどこのルーティンを行ってきました。

結末が恋愛成就でも失恋でも、どちらでも問題ありませんでした。

30代前半/サービス系/男性

お笑い番組をひたすら見て笑えるようにする

失恋当初は寂しいのはもちろん、悲しくもあり悔しくもありの、負の要素しか持ち合わせていなかったので、身体が無意識のうちに明るいものを求めていたのだと思います。

自然とテレビでお笑い番組やバラエティ番組を見るようになり、ひたすら笑いを求めていました。

私の場合は、ダウンタウンの番組が向いていました。笑い続けている内に自然と立ち直っていった感じです。

40代後半/サービス系/男性