失恋して悲しい…同じ経験を持つ女性100人が実践した対処法

失恋をすると空しくて悲しいだけの日々が続くこともありますよね。「何をしていても悲しく感じる…」と、どん底にいる経験をしている方も多いのではないでしょうか?

どうにかして悲しい日々から抜けだすためにも、失恋して悲しい時でも上手に対処する方法を知りたい方も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による失恋をして悲しい時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

失恋して悲しい時の対処法ランキング

失恋して悲しい時の対処法ランキング

まずは、失恋して悲しい時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた失恋して悲しい時の対処法』によると、1位は『素直に悲しむ・気持ちを発散する』、2位は『誰かに寄り添ってもらう』、3位は『楽しい事や好きな事をする』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた失恋して悲しい時の対処法

女性100人に聞いた失恋して悲しい時の対処法

女性100人に聞いた失恋して悲しい時の対処法では、1位の『素直に悲しむ・気持ちを発散する』が約32.8%、2位の『誰かに寄り添ってもらう』が約15.5%、3位の『楽しい事や好きな事をする』が約11.2%となっており、1~3位で約59.5%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で失恋して悲しい時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】素直に悲しむ・気持ちを発散する

素直に悲しむ・気持ちを発散する

目が腫れないよう気を付けながら、ひたすら泣く

泣きたい時は泣くのを我慢しない事です。

ただし、次の日に仕事や学校がある時は、目をゴシゴシこするんじゃなくて、流れた涙を軽く抑える程度がいいと思います!そうでないと次の日に目が腫れて、友達や職場の人から心配されますよね。目が腫れていることを心配されると、何故泣いたのかを思い出して、また涙が出てしまいます。

逆に空元気だと痛々しくて周りも気を遣うと思うので、思いっきり泣いても目をこすらず、他者のいる前では極力普段通りに過ごし、少し落ち着いてからお友達などに話を聞いてもらう方がベストかなと思います。

40代前半/医療・福祉系/女性

失恋ソングを聴いてとにかく泣いてスッキリさせる

失恋ソングを聴いて泣くだけ泣きました。何回も同じ曲を聞いたり、状況が近い失恋ソングを探して聞いたりしてました!

仕事の帰りや寝る前まで聞いて泣いてると、いつの間にか疲れてしまって寝ていることが多いです。

気がついたらスッキリして、最初の日に比べたら楽になってるので、忘れることができました!

20代前半/サービス系/女性

思い出しても涙が出なくなるまで泣き続ける

とにかく泣きます。自分で自分を追い込むために、あえて泣ける失恋ソングなどを聴いて、とにかく泣き続けます。

泣いて泣いて泣き喚いて、もうその事を思い出しても涙が出なくなる程泣きます。

そうするといつかその事を思い出しても涙が出なくなり、気分もすっきりしています。

あとは友達にも話を聞いてもらいます。

20代前半/流通・小売系/女性

泣ける曲を聞いてひとりきりで泣いてしまうこと!

悔しさや悲しみを力に変えるのもいい方法だと思いますが、泣くとすっきりしますから、まずは一人きりで泣いて癒すのがおすすめです。

自分のお気に入りソングを決めておいたり、好きな曲、泣ける曲を聞くと余計に泣きやすい気がします。

泣ける曲をリサーチしやすい時代ですから、これはおすすめです。

40代前半/マスコミ系/女性

車の中で大声で叫ぶ

「絶対にこの人と結婚するんだろうな」と思っていた人におもいっきりフラれ、なかなか立ち直る事が出来ませんでした。

家は家族と同居、仕事先も愚痴を言える雰囲気でない時、唯一、一人になれる場所が車の中でした。車が停められる近くの公園に行き、車内にガンガン曲をかけ、彼氏の愚痴・悪口を大泣きしながら、おもいっきり大きい声で叫びました。

そのうちに、仕事の愚痴や世の中に対する愚痴まで言い始め、最初やり始めた理由を忘れてしまうほど叫び、一息ついたらスッキリしていました。

50代前半/サービス系/女性

たくさん泣いて、ひたすら落ちるとこまで落ちる!

とにかく泣いて、友達に愚痴って思い出の曲を聞いたり、思い出の場所に行って悲しみにどっぷり浸ります。

そして落ちるところまで落ちると、急にそんな生活に飽きて「前向きに新しい恋探そう」と思えるようになりました。

もちろん時々思い出したりして、また胸が締め付けられる事もあるけれど、好きな人が出来たらすっかり忘れました。

やっぱり失恋には新しい恋が1番だと思います。そのためには一度悲しみにどっぷり浸かって、自分の気持ちに寄り添うのも大切かと思います。

30代前半/専業主婦/女性

涙が枯れるまで泣いたら自然に任せる

とりあえず涙が止まらなかったので、ひたすらに泣きました。そうすると、これでもかというぐらい気分が落ちるのですが、落ちたらあとは上がるだけでした。

無理に忘れたりしなくても、時間が経つにつれて薄れていくものです。

たくさん泣いた後は、あくまでも自然に身を任せる気持ちでいると、徐々に回復していきます。

30代後半/専業主婦/女性

とりあえず泣きたいだけ泣く

失恋した時は悲しい気持ちを抑え込むと、余計に悲しい気持ちが膨れ上がってしまうので、泣いて気持ちを発散させていました。とりあえず泣きたいだけ泣くと、少しだけ気持ちがスッキリするんです。

泣いた後は楽しい動画でも見て気分を切り替えて、夜はぐっすり眠る事を心がけていました。

それでも悲しさがぶり返す時は、また好きなだけ泣く事を繰り返していました。

30代後半/専業主婦/女性

失恋ソングを聴いて泣きながら出勤しスッキリする

何にも集中することができず、共感できる歌詞の曲だけを集めたプレイリストを作り、毎日聴いていました。

失恋したことがしばらく頭から離れませんでしたが、曲を聴いて共感し泣くことで、オンもオフもなく落ち込む事態は避けられました。

友人といる時はそのことを忘れてくだらない話をしたり、美味しいものを食べて気分転換をすることができました。

20代前半/IT・通信系/女性

たくさん泣いて一度リセットする

溜め込むことはあんまりよくないことは分かっていました。下手に溜め込むとストレスが溜まって、普通の生活にも支障をきたすからです。

過去にも何度かそういうことがあったので、私は悲しい時には泣き倒すことにしています。

涙を流すことで自浄作用があるとどこかで聞いたことがあるので、たくさん泣いて一度リセットしています。

20代後半/専業主婦/女性

とことん泣いてストレスホルモンを洗い流す

眼科で働く友人に、「涙にはストレスホルモンが含まれるので、どんどん泣いて、涙を出したほうがいいよ」とアドバイスされたことがありました。

なので、失恋して悲しい時は、とことん泣きます。泣いて泣いて泣きまくって、悲しい気持ちも外に流してしまいます。

私は、特にお風呂で涙を流すことが多いです。なんとなくですが、デトックス効果が高まりそうな気がします。

40代前半/サービス系/女性

とにかく泣き、思っていることを紙に書く

とにかく、泣きたいときは思いっきり泣きました。

周りの人は『時間が解決してくれるよ』と言いましたが、その時はそんな気にもなれませんでしたね。

誰かに話を聞いて欲しい訳では無かったのですが、気持ちを吐き出したいようなモヤモヤした感じだったので、思っている事を紙に書きまくりました。

繰り返していくうちに、だんだんと気持ちの整理がついてきて、平常心を取り戻せました。

30代前半/専業主婦/女性

お酒を飲んで号泣する

悲しい事があった時にお酒を飲むと泣きやすくなるので、お酒の力を使い号泣します。

号泣してる時は酔ってるので色々思い出しますが、全部涙にして出し切ってしまいます。

そしてお水を沢山飲んで寝ると、次の日の朝は少しスッキリします。

すぐには立ち直れないので、美味しいお酒と美味しいご飯でお腹と心を満たし、思い出は涙で消します。

20代前半/IT・通信系/女性

とにかく泣きまくり、友達に気持ちを聞いてもらう

突然ふられてしまった時は、とにかく泣きまくり、友達に気持ちを聞いてもらうことで立ち直りました。

しばらく話しているうちに、気持ちの整理がついてくるし、短期間のうちに泣いて泣いて泣きまくるので、すぐ次へ目が向けられます。

ぐちゃぐちゃで支離滅裂な話になってると思いますが、それでも聞いてくれる友達に感謝です!

30代前半/専業主婦/女性

決して無理をして悲しみを隠さない!

失恋を経験したときの悲しみは、深いものですよね。

その悲しみを無理に隠してしまうような生活は長く続きませんので、素直に悲しみを受け入れた自分で過ごしましょう。

まわりに迷惑をかけるのが心配であれば、失恋をしたことを伝えておくと理解が得られますよ。

ただでさえ悲しみを背負っている状況では、更に頑張って悲しみを隠す努力は必要ないです。

30代前半/サービス系/女性

【2位】誰かに寄り添ってもらう

誰かに寄り添ってもらう

仲の良い友達に話を聞いてもらった

失恋して立ち直れないときは、仲の良い友達に話を聞いてもらっていました。夜も泣きながら電話して、ずっと喋っていました。

当時は高校生で、お互い自由になる時間が長かったため、辛いときはとにかく友達と一緒に過ごし、カラオケに行ったりプリクラを取りに行っていました。

友達と出かけることで新しい出会いもあり、次の恋をしたことで立ち直ることができました。

20代後半/専業主婦/女性

長話できる友人に話を聞いてもらったり会話の機会を増やす

失恋ソングはまた泣く原因となってしまうので、応援ソングや、ガールズパワー的な音楽をいつもより大きい音量でかけて、大きい声で歌うようにしています。

親友に電話して愚痴を言い、その人のことを忘れられるぐらい悪い思い出にしてしまうのもおススメです。

仕事ではふとした瞬間に思い出してしまうので、人といつも以上に会話したり、笑顔でいるように心がけていました。

とにかく誰かと触れ合い、元気をわけてもらえるようにしていました。

30代前半/サービス系/女性

気が済むまで人と話す

失恋して悲しい時は、とにかく人と会うようにしました。

一人でいるとずっと泣いていたり、何をしても手につかないことばっかりだったので、心を許せる友人や家族に会い、失恋に関する話題だけでなく色んな話をしました。

気が済むまで人と話すと不思議とスッキリします。失恋した時に支えてくれる人と会うことで、周りの人の大切さも感じられます。

また、立ち直って前に進もうとポジティブな気持ちになれます。

20代後半/IT・通信系/女性

男友達に話を聞いてもらう!

失恋した時は男友達に話を聞いてもらい、泣きまくりました。異性と一緒にいる事で、自分に魅力がないわけではないと思えたし、孤独感から逃れたかったのだと思います。

また、私は普段からお酒を飲みますが、より多くのお酒を飲みました。一緒に飲んでくれる友達に話を聞いてもらい、酔いも手伝ってか客観的に受け入れられた気がします。

30代後半/専業主婦/女性

友達と遊んで肯定的な言葉を掛け合う

失恋したらいろいろ考えてしまいます。こうすれば失恋しなかったんじゃないか、自分がこう言う事を言ったから、彼を怒らせたんじゃないかなど、とにかく自己嫌悪に陥ってネガティブな事ばかり考えてしまうので、友達とひたすら遊んで一人になる時間を減らしました。

仲のいい友達とお互いの家にお泊りしたり、休日は体を動かすために公園に行ったりしました。

また友達と「お互いを肯定し合おう!」と決め、何をするにも「偉い!すごい!」などお互いに褒めあっていったら、失恋した時の自己嫌悪とネガティブな気持ちが消えました。

20代後半/医療・福祉系/女性

切ない映画を観て泣いたり友達に話した

学生時代の失恋時は、バイトのシフトを増やしました。暇だと涙が出てくるので、ひたすら頭から彼を追い出して働いていました。

そのまま、バイト仲間と朝までカラオケに行って、帰ったらわざと泣けるように、切ない系の映画を見て泣きました。

あとは男友達に相談した時に女の子扱いされると、まだ大丈夫な気がしてラクになりました。

振り返ってみると、友達と映画のおかげで、元気を取り戻しました。

30代前半/専業主婦/女性

仲の良い友達と会って食べて飲んでスッキリ!

大学のサークル時代に、一つ下の後輩と付き合っていましたが、程なくして社会人と学生の立場になってしまったせいか、お互いに距離を感じ始め、振られてしまいました。

とても大好きな彼だったので、物凄いショックを受けましたが、すぐさま友達を呼んで沢山話を聞いてもらいながら、食べて飲んで騒いで、スッキリすることが出来ました。

もちろん、その後もふとした瞬間に楽しかった思い出が甦り、泣きそうな時もありましたが、そんな時もまた友達と会って話を聞いてもらい、徐々に忘れることが出来ました。友達には本当に感謝です。

30代後半/専業主婦/女性