失恋から吹っ切れた方法は?経験がある男性100人の対処法

誰であっても失恋を経験すると落ち込みますよね。でも、落ち込んでいる日々を永遠に続けるわけにもいかず、「どうにかして失恋を吹っ切れるようになりたい…!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

失恋を乗り越えるためには多少の行動力も必要だからこそ、失恋から吹っ切れた方法を知りたい方も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による失恋から吹っ切れた方法を体験談と共にご紹介しています。

失恋を吹っ切れた方法ランキング

失恋を吹っ切れた方法ランキング

まずは、失恋を吹っ切れた方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた失恋を吹っ切れた方法』によると、1位は『ひたむきになる・多忙になる』、2位は『旅に出て、気持ちを整理する』、3位は『見方や考え方を変えてみる』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた失恋を吹っ切れた方法

男性100人に聞いた失恋を吹っ切れた方法

男性100人に聞いた失恋を吹っ切れた方法では、1位の『ひたむきになる・多忙になる』が約30.5%、2位の『旅に出て、気持ちを整理する』が約12.1%、3位の『見方や考え方を変えてみる』が約11.1%となっており、1~3位で約53.7%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で失恋を吹っ切れた方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】ひたむきになる・多忙になる

ひたむきになる・多忙になる

趣味や仕事に没頭しながら新しく好きな人を作ろうと努力した

失恋した時は何をするのも楽しくなくて、1人の時間が嫌でした。嫌なことばかり考えてしまうし、マイナス思考になってしまうからです。

テレビで恋愛話や仲の良いカップル番組を見るだけで、心が折れそうになりましたし、街を歩いてもカップルだらけで自分の居場所なんてないのだろうなんて考えていました。

そこでまずは泣いて、食べて寝ました!感情を発散することで少し心が楽になります。

その後は趣味や仕事に没頭しながら、新しく好きな人を作ろうと努力していたところ、素敵な女性に出会うことができました。

30代前半/サービス系/男性

一人でいる時間をできるだけ減らす

仕事や友達との交流を増やすことで、一人でいる時間をできるだけ減らしました。忙しくしながら、心の落ち着きを待つことにしたんです。

その結果、仕事も順調に進み、友達も増え、1人でいる悲しみから脱却するのみならず、自身にとってプラスになる経験値をたくさん溜めることができました。

むしろ、失恋してよかったのかもしれません。

20代前半/IT・通信系/男性

相手と関わらないようにしつつ仕事や趣味に没頭した

失恋から吹っ切れた方法は、とにかくその女性とかかわらないようにしつつ、仕事や趣味に没頭したことかと思います。

私の場合はマラソンや水泳、youtubeに没頭してましたね。

あとはとにかく泣いたり、ごはんを目いっぱい食べたりもしてました。

30代後半/サービス系/男性

わざと仕事で自分自身にプレッシャーをかけて追い込んだ!

去年の12月から、同じ会社の海外支店に勤める年上の外国人女性とお付き合いしておりました。彼女は優しくて仕事もできる素敵な女性で、彼女へ会いに行くため2カ月に一度渡航することが何よりも楽しみでした。

ところが今春からのコロナウイルス感染拡大により、海外渡航が思うようにできなくなってしまいました。SNSやアプリを通じてやり取りが出来たので、しばらくは何の不自由もありませんでしたが、相手の国の””ロックダウン””が思った以上に長引き、お互いの気持ちがぎくしゃくし始め、とうとう「コロナ禍により暫くは会えないだろう」という決断に至り、お別れすることになりました。

正直、悔しい気持ちが大半でした。仕事も激減し、明るい話がなくなって精神的にとても落ち込みました。

しかし仕事で旅行記事を作ったり、LPの作成に従事し、自然と自分を追い込んでいるうちに、失恋のことは気にしなくなりました。

30代後半/サービス系/男性

とにかく夢中になれることに没頭する

長年付き合った彼女と別れた時、頭では「よし切り替えよう!次だ次!」と思っていても、数日は仕事でも日常でも落ち込んで集中できませんでした。

そんな時、僕が吹っ切れたのは歌と筋トレでした。元々歌を歌うことが好きだったので、一人カラオケの常連になりました。歌はやっぱりストレスを発散できますし、一人カラオケに行くと自分の歌を極めたいと欲が出てきますので、とても夢中になります。

またずっと体を鍛えたいと思っていたこともありまして、筋トレをするためにジム通いを始めました!自分の体をひたすら鍛えるので、無になれるのがとてもいいです。

この二つをやっていく内に、無理やり忘れようと思わなくても自然と立ち直れました。なかなか行けなかったジム通いに行けるようになって、今はちょっと筋肉には自信があります(笑)。

30代前半/サービス系/男性

普段遊び半分でやっていた競馬に本気でハマり趣味に没頭した

彼女が県外に就職して遠距離恋愛に変化し、仕事が忙しくなったので別れることになりました。

今まで彼女に対して使っていた時間が余ってしまったので、当時友人と遊ぶ程度でやっていた競馬に目を向け、新聞や雑誌、テレビなどを毎日チェックして本気で取り組むようになりました。

別れてすぐはつい彼女の事を考えてしまっていたんですが、競馬に本気で取り組みだしたら奥の深さにハマり、ちょうどその頃仕事も忙しくなってきたのもあって、いつの間にか彼女の事を忘れることができました。

40代前半/金融・保険系/男性

DVDを見ることに没頭した

失恋した時は、DVDを見ることに没頭することで気持ちを癒すことができました。

仕事場の同僚に思い切って告白したのですが、結局振られました。それから何もする気が起きなくなり、久しぶりにレンタルショップに行ったのですが、目にとまった作品がいくつかありました。

それらを借り見てみると、自分より不幸な人はたくさんいるんだと気づき、失恋で落ち込んでいる自分がバカらしくなりました。そして、失恋のことは考えなくなりました。

20代後半/流通・小売系/男性

【2位】旅に出て、気持ちを整理する

旅に出て、気持ちを整理する

仕事を2日休んでひたすらアテのないドライブに出かけた

失恋してしまった時の精神ダメージは甚大で、とてもじゃないけど生きていく希望が持てなかったです。

そこで仕事を休んで、アテのないドライブに出ることにしました。ずっと走り続けて知らない土地までたどり着き、沈む夕日を横目に海岸線を流していたら、自分の存在なんてちっぽけなものだと知らないうちに吹っ切れていました。

気づいた時にはお腹が空いていて、たまたま入ったラーメン屋のラーメンがびっくりするほど美味しく感じました。

人生何があるかわからないので、生きているだけで最高だと思うようになりました。

20代後半/公務員・教育系/男性

旅に出て気持ちを漂白する

何かを吹っ切る方法は人それぞれ千差万別ですが、私はその場を離れ、遠いところに行くことが最も良い方法だと思います。

失恋のみならず嫌なことがあった時に、私はその場からできるだけ遠くに旅に出ます。自分をリセットするためにです。

知らない土地や当地のグルメなどによって、失恋や嫌な事から徐々に遠ざかり、落ち着いて客観的に過去のことを振り返れるようになります。

旅でなくても、新たな環境に自分を置くことでも良いかもしれません。

30代後半/自営業/男性

忘れるために一人旅行へ出掛ける

5年間付き合った彼女と別れることになってしまい、初めの2年間は待ち続けました。

しかし何も変化がなかったため、このままじゃまずいと感じ、なにか忘れるために始めようと考えたのが一人旅行でした。

いろいろな人と出会ったり景色を見たり、おいしいものを食べたりしているうちに、徐々に忘れることが出来、次のステップへと進むことが出来ました。

本当に時間がかかりましたが、成長できたし旅行という趣味もできました。今でもたまには思い出すこともありますが、いい思い出となった気がします。

30代前半/サービス系/男性