妻(嫁)と離婚したい…既婚男性100人が実践した対処法とは

「妻(嫁)と離婚したい…」と悩むこともありますよね。すれ違いが多くなったり喧嘩の日々が続くと、結婚生活に疲れてしまって離婚を考えてしまう事も。

すぐに離婚という選択肢を選ぶことは避けたいからこそ、嫁と離婚したいと悩んだ時でも上手に改善する方法があれば知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ既婚男性100人による妻(嫁)と離婚したい時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

妻(嫁)と離婚したいと悩んだ時の対処法ランキング

嫁と離婚したいと悩んだ時の対処法ランキング

まずは、嫁と離婚したいと悩んだ時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた妻(嫁)と離婚したいと悩んだ時の対処法』によると、1位は『ひとまず冷静になる・距離をとる』、2位は『損得や将来について考えてみる』、3位は『互いの違いを理解する・尊重する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた妻(嫁)と離婚したいと悩んだ時の対処法

男性100人に聞いた妻(嫁)と離婚したいと悩んだ時の対処法

男性100人に聞いた妻(嫁)と離婚したいと悩んだ時の対処法では、1位の『ひとまず冷静になる・距離をとる』が約26.7%、2位の『損得や将来について考えてみる』が約22.1%、3位の『互いの違いを理解する・尊重する』が約13.6%となっており、1~3位で約62.4%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら)

それでは、項目別で嫁と離婚したいと悩んだ時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】ひとまず冷静になる・距離をとる

ひとまず冷静になる・距離をとる

少し考える時間を設けること

意見が対立すると、双方折れない性格のため「一緒にいられない」と思う事はありました。ひどい時には、一緒の空間にいたくないので、夜中家を出て漫画喫茶に行き、明け方までいたこともあります。

ただそうやって時間を置くことで、昂った感情も落ち着き、冷静に考えられるようになります。

特に離婚の選択肢は最後の手段であり、「そこに行き着くには、まだやってないこと(ちゃんと本音で話すなど)がある」と気付かせてくれます。

冷静になって、当人としっかり向き合うことが大事だと思ってます。

30代後半/IT・通信系/男性

離婚した後で孤独を辛く感じないか真剣に想像してみる

妻と毎日一緒にいるのがだるいと感じることがあります。しかし、もし一緒にいるのがだるいからと言う理由で離婚したとして、その後の孤独に耐えられるのか?と考えると、「孤独の方が辛い」に行き着きます。

もし一緒にいたくないと感じたら、一日でいいので一人で自由に友人と遊べる日を無理矢理にでも作ってみてはどうでしょう?

絶対にその日は楽しいと感じるでしょう。でも、それが離婚に拍車をかけるかと言ったら違う気がします。

リフレッシュできて真っ新とまではいかなくても、ギスギスしていた気分が和らぎ、自然と妻と話せるようになると思います。

30代後半/サービス系/男性

1度離れて気持ちが落ち着いてから話し合った

妻と些細なことで言い合いになり、喧嘩をすることが増えた時、離婚したいと思っていました。

ですが、第三者の方のアドバイスで1度別居し、気持ちを落ち着かせてから話し合うことにしました。

その時はまだ夫婦間でルール等を決めていなかったので、話し合いの際に「感情的にならないで話し合う」というルールを決めました。

今ではムカつく事があっても怒りながら言わないようにし、喧嘩を次の日に持ち越さないようにその日に話し合って解決するよう心掛けています。

20代後半/不動産・建設系/男性

冷却期間を置くために距離を置く

妻と価値観が違ったりして、共同生活が難しくなることがあります。会話が成り立たず喧嘩ばかりしていると、何のために一緒に生活しているのか疑問になります。

同じ目標があるわけでもなく、お互いが違う価値観で添い遂げられなくなったら、冷却期間を置くために距離を置くことがいいと思います。

別居も一つの方法かもしれません。お互いが必要と思えるかどうかですね。

50代後半/医療・福祉系/男性

妻の愚痴が聞こえないようにイヤホンをし、音楽を流しながら寝る

妻が命令口調で話すとカチンときてケンカになります。そんな時「こんな偉そうな態度をとる女と離婚して、別の人と人生をやり直したい」と思います。

そんな時は大好きなビールを飲んで、寝室で部屋を暗くして、妻の愚痴が聞こえないようにイヤホンをし、音楽を流しながら寝ます。

大抵のことは「時間」が解決してくれますので、起きたら我慢して、何事もなかったかのように振る舞います。

50代後半/サービス系/男性

【2位】損得や将来について考えてみる

損得や将来について考えてみる

「離婚したら子供が不幸になる」と思い留まる

私は若い時にその時の勢いで結婚しました。しかし実際、一緒に暮らしてみると、すれ違う事や小さな事で喧嘩することが頻繁にあります。

元々違う環境で育ってきた二人が一緒に暮らすので、仕方がない事だとは思いますが、子供もいるので「離婚したら子供が不幸になる」と思って離婚はしてないです。

現在は、喧嘩する時はしっかり話し合いをするようにしているので、喧嘩する数は減ったと思います。

20代前半/サービス系/男性

「今のままのほうが、生活水準は維持できるんじゃないかな」と冷静に考える

現在の給与には家族手当があるので、「離婚するとその分給料が下がるよなぁ。それで養育費を考えると、今のままのほうが生活水準は維持できるんじゃないかな」と冷静に考えるようにしています。

口論になっても感情論にならないように、話が脱線(あの時はどうだった、といった話は)しないようにしています。

納得いかないことでも落としどころを見定めておけば、後々まで残さずに済むと思ってます。

40代前半/IT・通信系/男性

損得勘定で考える

私は一人の時間を持ちたいのですが、妻は気持ちや考えを他人に処理してもらわないといけないタイプなので、よくすれ違います。

子どもがいて離婚するとなると、親権や養育費の問題等がありますが、それらの問題が面倒くさいと思ううちは、離婚しない方が良いと思います。

それらの問題を抱えてでも離婚したいと思った時に、初めて離婚を検討したいと思います。

40代前半/医療・福祉系/男性

離婚をしてほんとに後悔しないかどうかを考える

まず、離婚をしてほんとに後悔しないかどうかを考えるべきだと思います。

なぜ結婚したのか、今まで夫婦でいたのか、離婚したその先に自分の幸せがあるのかどうか、よくよく考えて答えを出すしかないと私は思います。

1人で悩むのが嫌だったら、誰でもいいから相談してみるのもいいでしょう。友人なり人生の先輩なり、誰かに愚痴を聞いてもらうだけでも心がスッキリして、離婚したいと思わなくなるかもしれないと私は考えます。

40代前半/流通・小売系/男性