妻(嫁)がどうでもいい…既婚男性100人が実践した対処法とは

「妻(嫁)なんてどうでもいい…」と悩むこともありますよね。付き合った頃は仲睦まじい夫婦だったのに、結婚生活も長くなり嫁に興味がなくなってしまうと離婚を考えてしまう事も。

今後も離婚という選択肢を選ぶことは避けたいからこそ、嫁がどうでもいいと感じる時でも上手に改善する方法があれば知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ既婚男性100人による妻(嫁)がどうでもいいと感じる時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

妻(嫁)がどうでもいいと悩んだ時の対処法ランキング

嫁がどうでもいいと悩んだ時の対処法ランキング

まずは、嫁がどうでもいいと悩んだ時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた妻(嫁)がどうでもいいと悩んだ時の対処法』によると、1位は『距離や時間を置く』、2位は『自分の考えや気持ちを伝える』、3位は『冷静に気持ちを整理する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた妻(嫁)がどうでもいいと悩んだ時の対処法

男性100人に聞いた妻(嫁)がどうでもいいと悩んだ時の対処法

男性100人に聞いた妻(嫁)がどうでもいいと悩んだ時の対処法では、1位の『距離や時間を置く』が約22.2%、2位の『自分の考えや気持ちを伝える』が約17.5%、3位の『冷静に気持ちを整理する』が約16.3%となっており、1~3位で約56%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら)

それでは、項目別で嫁がどうでもいいと悩んだ時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】距離や時間を置く

距離や時間を置く

時間が解決するまで、なるべく逆らわずに放置する

口では勝てない為、喧嘩になった際に毎回文句を言われ過ぎて、「もう、どうでもいい」と思ってしまいます。

たしかに、こちらにも非があるので、自分自身でのルールとしてなるべく逆らわないことにしています。

その上で放置するか、なにか言われても無視してやり過ごすようにしています。

時間が解決するといったところでしょうか。しばらくしたら解決してます。笑

30代後半/サービス系/男性

感情が収まるまで流れに身を任せ過ごしていけば良い

「妻なんてどうでも良い!」という感情になったのには、何かしらの原因が必ずあります。些細な喧嘩や妻の生活態度に不満があったとか、こうした事は必ず時間が解決してくれるので、感情が収まるまで流れに身を任せ過ごしていけば良いと思います。

しかし仮に妻が浮気をしていたから「どうでも良い!」と思っているのであれば、話は変わります。そのような場合は、しっかりと相手と向き合い、冷静に話し合って解決の道を探す事がベストだと思います。

ちなみに私と妻は些細な喧嘩はしますが、「たまには喧嘩をしたほうがストレスも発散出来て良いんだよ!」という具合に笑いながら話す事が多々あります。

このように互いに意志疎通さえ出来ていれば、喧嘩もポジティブに思えるようになりますので良いですよ!

40代前半/不動産・建設系/男性

距離を取り、少し自分の事に没頭する時間を作る

妻は結構マイペースで、周囲を気にしないところがあります。友人や同僚などには少し気を使って振る舞うのですが、夫の私にはわがままが許されると思っている節があり、悪い態度を取ることがあります。

あまりに勝手な事ばかりされて堪忍袋の緒が切れた時は、かなりの言い合いになり、「お前なんかどうでもいい、勝手にしろ!」と思ってしまうので、私はしばらく外出し、仕事をしたりカフェで本を読んだりして、自分の時間を過ごします。

不快な思いをした時、自分にできることは穏やかな心を一刻も早く取り戻すことだけです。

不機嫌な相手と一緒にいるのは気が滅入りますし、生産的ではありません。自分の時間を楽しむことで、時間を無駄にせずに済むので、また平常心で相手に接することができるようになります。

30代後半/メーカー系/男性

少し離れる時間を作り、感情をリセットする

私と妻は性格が全く違い、価値観もかなり違います。しかし若い頃は、そういう妻の人に媚びない強さや、私が引っ張られるような存在感に惹かれたものでした・・・。

が、長年一緒にいるうち、妻の強さに圧迫されるようになりました。自分が無理していないと良い関係でいられないような感じで、安らぐことができません。

とは言え、もうよい年ですし、子供も両親が仲良くしていた方が幸せですから、なんとか私が我慢することで円満を保つようにしています。

正直、「どうにでもなってしまえ」と思うこともありますが、少し離れる時間を作り、また頑張って良い関係で楽しく暮らせればと思ってやり直すようにします。

50代前半/医療・福祉系/男性

気持ちの方向転換をして、時間が経つのを待つ

妻なんてどうでもいいと思っても、時間が経てば結局は何事もなかったように普段の生活に戻ります。

どうでもいいと思った時は、自分の気持ちがヤキモキするでしょうが、趣味に没頭するとか仕事に没頭するとか、気持ちの方向転換をして生活していけば、自然と相手を許せてる自分がいるんじゃないでしょうか。

「一緒になりたい」と思って結婚したんですから、その時の気持ちをもう一度思い出して、平凡でも1日1日を大切に生きていけばいいと私は思います。

40代前半/流通・小売系/男性

【2位】自分の考えや気持ちを伝える

自分の考えや気持ちを伝える

できるだけ話し合いをする

お互いの気持ちが離れてしまわないように、できるだけ話し合いをするようにしています。

その中で、解決できるものもあれば、できないこともあります。出来ないものに関しては、突き放したり諦めたりするのではなく、今後の二人の課題としてとっておき、少しでも二人の溝がなくなるように知見を広く持てるように勉強したりします。

そもそも完全に意見が一致することなんてないのですが、歩み寄れるよう努力することは大切だと考えています。

40代前半/法律系/男性

覚悟を決めて、この先のことを話し合う

最悪、別居や離婚をする覚悟を決めたうえで、この先のことまで含めて話し合いました。

それにより、現状の課題にとらわれず、しっかりとこの先のことを話し合うことができ、お互いどのように付き合っていくか、どのような付き合い方を望んでいるのかを確認することができました。

それにより、これまで以上に良い関係を築くことができました。

40代前半/IT・通信系/男性

正直に自分の気持ちを伝える

家内に対して愛情を感じなくなり、空気のような存在としか思えなくなったのが4年前です。

私はその時、クリニックを開業するにあたり、自宅にいる時間が増えていました。このままずっと愛情を抱くこともなくなった妻と一緒に暮らすのは苦痛だと思い、正直に自分の気持ちを伝えました。

すると妻も私に対して同じことを思っていたらしく、籍はそのままの状態で互いに別の場所で住む事を提案されるに至りました。

今では私は郊外のアパートで暮らしており、たまに妻と会っているのですが、以前よりも仲良く話せるようになりました。

40代後半/医療・福祉系/男性