夫(旦那)が気が利かない…既婚女性100人が実践した対処法とは

「夫が気が利かない…」と悩むこともありますよね。妊娠中や子育て中、または共働きなのに気が利かないとイライラが募って離婚を考えてしまう事も。

すぐに離婚という選択肢を選ぶことは避けたいからこそ、夫が気が利かないと感じる時でも上手に改善する方法があれば知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ既婚女性100人による夫が気が利かないな時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

夫が気が利かない時の対処法ランキング

夫が気が利かない時の対処法ランキング

まずは、夫が気が利かない時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた夫が気が利かない時の対処法』によると、1位は『わかりやすく誘導する』、2位は『期待しない・自分が動く』、3位は『なるべく気にしない・諦める』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた夫が気が利かない時の対処法

女性100人に聞いた夫が気が利かない時の対処法

女性100人に聞いた夫が気が利かない時の対処法では、1位の『わかりやすく誘導する』が約29.3%、2位の『期待しない・自分が動く』が約15.4%、3位の『なるべく気にしない・諦める』が約14.1%となっており、1~3位で約58.8%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で夫が気が利かない時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】わかりやすく誘導する

わかりやすく誘導する

徹底的にわかるまで言う

元々言われないと動かない夫。簡単な子供の習い事の準備などを何回も教えているのに、「あれ?どこにあるんだっけ?今日子供たちどこで練習するの?」と毎日、同じ質問をされるので嫌になります。

当時、私は仕事もしていて、夕飯の支度、子どもの準備でバタバタでした。それでもこちらが声をかけるまで、夫は何も手伝ってくれません。

最初は夫も疲れているんだからとグッと我慢をしていましたが、堪忍袋の緒が切れ、責めました。でも「言わないと俺も分からない」というのでどんな状況であろうと「今すぐ、〇〇して!」とドストレートで伝えるようにしました。

お互いの気遣いが逆に悪化した感じもありますので、伝えた後は程よい距離でしばらく過ごすのがベストだと感じています。

40代前半/専業主婦/女性

理論立てて言う

私がお皿を洗えば、旦那も一緒に洗おうとするなど協力しようとしているのですが、「こっちは私がこなしている最中なんだから、あなたは洗い終わった食器を拭くとか、違うことをして欲しいんですけど・・・」と思うことがあります。

しかし旦那は察することが出来ないので、「あなたの手はまだ綺麗だし、洗い物はまだ終わりそうもないので、食器を拭いてしまってスペースを作ってくれませんか?」と言います。

しかしこちらの意図を上手く酌めない場合もあるので、冷静に「〇〇して欲しいんですけど、こっちの方が効率的じゃないですか?」とか理論立てて言うと納得して、学習します。

丁寧に言うと「敬意を払っている」と取られるようで、モメないのでとても良いです。慇懃無礼にならないようにするのがポイントです。

30代前半/自営業/女性

その場で「こうしたほうがいいよ」と指摘する

夫は細かいところに気がつかないです。例えば飲食店に入って、お箸などが夫側にあるときに、こちらが手を伸ばすまで気がつかないし、とってくれることがありませんでした。

こういう気が利かない人には嫌味をいうよりも、「お箸を取ってくれたら嬉しい」「お箸をとってもらえる?」「こうしてもらえると助かる」ということを具体的に口に出して伝えます。

40代前半/自営業/女性

細かく言って、徐々に教育する

基本的には優しい夫ですが、気がきかないと思うことは多いです。

私は、気配りのできる両親に育てられたので、それが当たり前だと思っていました。でも、夫の両親はそうではないタイプで、そういう家庭で育ったのだから、仕方のないことなのかもしれません。

そこで、細かく「私はどうしてほしいか」を伝えて、気がきくように教育しようとしているところです。

30代前半/専業主婦/女性

こうしてもらえると嬉しいんだけど、と穏やかに頼む

普段はなんとも思わないことでも、忙しい時やイライラしている時などは、気に障って「なんでしてくれないの!」と思ってしまう時があります。

その気持ちのままに発言してしまうと、今度は夫もイライラしてしまい、負のスパイラルになってしまうことがありました。

その連鎖を作らないため、自分が最初のイライラ発言をしないように気をつけました。

「こうだから、こうして」と言うとお互いがイライラせずにすむし、ストレスを溜めずにすむので円満にいくようになりました。

40代前半/サービス系/女性

一度気持ちを落ちつかせて、言葉を選んでお願いする

うちの旦那は普段から寡黙な人で、あまり自分から話をするタイプではないので、「これくらい気づいてよ!」と思う事は正直多々あります。

そんな時は、一度気持ちを落ちつかせて、言葉を選んで発するようにします。そうすると、出来る事なら割としてくれるようになりました。

男の人はみんなこんなもんなのかなあと思うと、気持ちも落ちつきますよ。

50代後半/専業主婦/女性

相手にしてほしいことはすぐに細かく伝える

子供がまだ小さいこともあり、夫にも家事や育児など、たくさん手伝って欲しいことがあります。

夫は育児に関与することが嫌なのではなく、ただ単にやり方が分からないだけなのですが、プライドが邪魔をして言い出せないという事情がある気がします。

なので、やって欲しいことは細かく伝え、下手に出ながら「あとはあなたのやり方でいいから」などフォローを加えて伝えるようにしています。

30代前半/専業主婦/女性

怒ってる風には見えないように、「こうして欲しい」ということを伝える

最初は気にしないようにするようにします。それでなんとかなる時にはそれで終わりですが、気にしないようにしようと思っても、どうしてもイラっときてしまう事もあります。

そういうことに関しては、怒ってる風には見えないように、さりげなく「こうして欲しい」ということを伝えるようにしています。

あくまで強制はせず、お願いという感じで言うようにしています。

20代前半/専業主婦/女性

自分がどうしてほしいのかを先に教える

私は基本的に男性というのは皆、気が利かないと思っています。なので、はじめから期待はしていません。

私の夫はとくに気が利かない部類に入りますので、そこを責めても仕方ないと理解しています。

でも、きちんと指摘したり、指示を出したりすれば「あぁ」と気づいてやってくれることが多いので、夫が自主的に行動するのを待っているのではなく、自分がどうしてほしいのかを先に教えています。

それが夫婦円満に物事に対処できる秘訣だと言えるかもしれませんね。

50代前半/専業主婦/女性

本人の目の前で子どもに夫の落ち度を聞かせ、反省を促す

「夫は大きい子どもだと思え」と、知人から言われたことがあります(笑)

食事を食べたら食器など放ったらかし、飲んだペットボトルはそのまま放置で、スマホをいじったりしている夫。小さな子どもも居るので、自分のことは自分でして欲しいです。

そんな時は子どもに「パパはゴミも1人でポイできないね。〇〇ちゃんの方がポイ出来るから偉いね」などと伝え、夫にも間接的に「大人なんだからしっかりしなさい」と伝わるようにしています。

30代前半/専業主婦/女性

「こういう風にしてほしい」と直接言う

つい「気が利かない」と夫にイライラしてしまいますが、自分もそれくらい気が利かないことがあるのでは?と自分に問います。

また、「こういう風にしてほしい」と直接言うのも大事かもしれません。

喧嘩になることもあるかもしれませんが、どういう風にしてほしかったのか、相手にはわかっていない場合があると思うからです。

40代後半/専業主婦/女性

具体的に「〇〇を手伝ってくれたら嬉しい」と伝える

夫婦で出掛ける前の時間は貴重なので、有効な時間の使い方をしたいと思っています。効率化のため、家事を分担したいのですが、気が利かない主人はマイペースで何もしません。

喧嘩になってもつまらないので、優しく「家事を手伝ってほしいな」と声を掛けます。

それでも動く様子がない時は、具体的に「〇〇を手伝ってほしい。手伝ってくれたら嬉しいな」と、言い方を工夫します。そうすると主人も動いてくれる様になりました。

私が気が利かないと思っていることでも、「主人は気がついていないだけかも知れない」と考えるようにして、冷静な気持ちになることが良いと思います。

40代前半/専業主婦/女性

こちらからのお願いの仕方を細かくして話す

夫はお風呂を出た後に窓を開けないし、洗濯カゴにキチンと脱いだものを入れず、脱いだ服のそでをひっくりかえすなど、ほんの些細なことができません。毎日だとイライラします。

お酒もタバコもやらない真面目な人だし、後片付け系が苦手な以外は何でも自分で出来るので、まあ許容範囲です。

もし、イライラがピークにきたら、家族会議をひらいて要望を伝えています。こちらからのお願いの仕方も細かくして話すと、キチンとやるようになりました。

50代後半/医療・福祉系/女性

さりげなく理由を聞いて「こうした方がいいよ」とアドバイス

夫は「なぜ今それやるの?」「なぜそうなるの?」と思う行動が多々あり、その度に気が利かないなと強く思います。

結婚当初はそれが理解できずイライラしていましたが、冷静に見ていると、夫なりに良くしようという気持ちからの行動のようでした。

それからは、夫の行動に「?」が出た時は、さりげなく理由を聞いて「こうした方がいいよ」とアドバイスをしながら軌道修正しています(笑)

30代後半/専業主婦/女性

【2位】期待しない・自分が動く

期待しない・自分が動く

期待することをやめる

私は普段はパートで働きながら家事をしているのですが、仕事で疲れた日など「今日は夫にこれをしてほしいな〜」と思うときがあります。

でも、私の疲労を感じ取っていながら、「今日はこれ俺がやろうか?」などの言葉がないと、気が利かないなあ、察してくれないなあと感じてしまいます。

さっき疲れていることは話したし、もしかしたら今日はかわりにやってくれるかも?と期待をしてしまうとがっかりしてしまって、自分も相手のことも嫌になるので、期待しないようにしています。

20代後半/流通・小売系/女性

相手に何も期待しない

言い方は冷たいかもしれませんが、いい意味で相手には何も期待しないというのが1番ストレスが溜まりません。

夫とはいえ、別の人間。全て自分と同じ感性で動いてくれるなんて事は絶対にありえません。なので、自分では気が利かないなと思っていても、相手もそう感じているかもしれません。お互い様です。

相手にあれこれ要求するよりも、何かやってくれた時に感謝する事の方が大事です。

その積み重ねで、夫も「コレしたら喜んでくれるんだ!」と気が利くように成長していきますよ(笑)

30代前半/医療・福祉系/女性

一切期待しないこと

夫は気が利かないです。例えば、トイレットペーパーが切れた時。普通は次の人のために新しいものと交換しますが、うちの夫はそんなことは絶対にしてくれません。美味しいものがあれば、取り分けておかないと私の分も食べてしまいますし、重いものを持っていても気が付きません。

初めはほんとにイライラして、すっごい嫌がらせをしてくるすごく性格の悪い人かと思いましたし、離婚したいくらいに腹も立ちましたが、ある時から、「そうか、嫌がらせじゃなくて、気が付かないだけなんだ」と気づき、「この人はこういう人なんだ」と思うようになりました。

何かをして欲しい時はきっちり言葉で伝えるとやってくれます。だから、気を利かせて何かをやってもらおうとは思いません。一切期待しないことがうまくいくコツです。

むしろ、ごくたまに気を利かせて何かをしてくれた時に、めちゃくちゃ嬉しくなります(笑)!

40代前半/医療・福祉系/女性

期待するのをやめた

旦那は気を利かせることがあまり得意ではなく、たまにイライラすることがあります。

でも、もう旦那はそういう人なんだと諦める方が楽かなと思い(笑)、最近は「気を利かせてほしいなぁ」と期待するのをやめました!

そうするとイライラすることも減って、一石二鳥になる気がします。

気を利かせることはなかなか難しいことだと思うので、お互い楽しく暮らせればそれでいいかなと思いますね(笑)

20代後半/専業主婦/女性

「私がやったから、旦那もやってくれて当然」という考えは捨て去る

旦那は不規則な時間の仕事が多く、すれ違いが多い日々です。うまくやっている方だとは思いますが、時々、「あぁ、なんで私だけ」と思うことはあります。

例えば、私が休みの日で旦那が仕事の日、私は旦那が出勤する朝の時間に合わせて起床し、朝食を一緒に取り、見送っています。でも逆のパターンだと、大抵旦那はグーグー寝ていて、私は一人で朝の支度をして一人で寂しく出勤です。

「私がこれだけやったから、旦那もこれだけのことをやってくれて当然」という考えは捨て去った方が、無駄に落胆しなくていいです。

期待しないのが一番です。

20代後半/不動産・建設系/女性

夫に対して無理に期待しない

夫が気が利いた時もたまにはあるので、その時は大袈裟に褒めて感謝をします。おもむろに「さっきは助かったよ。ありがとう。うれしかったよ。気が利くねえ!」などと気が利いた事を強調して言います。

そうすることで、普段から気を利かせてくれる事が増えました。

ですが、あまり期待しすぎると、気が利かない時にイラっときてしまうので、期待しないように心がけています。

50代前半/自営業/女性

期待するのはやめて、私がやる

私はヘルニアで足と肩が痛いです。それを伝えたところ、旦那はご飯を作ってくれるようになりましたが、洗濯干しは絶対やってくれません。

正直、洗濯を干すのが一番しんどいんですが、旦那はそれを察することが出来ず、寝っ転がってゲームしながら、「やってあげようか」と言ってきます。でもいつも終わり頃に言ってくるので、やる気ないじゃんと思います。

自分の好きなことしか率先してやってくれないので、期待するのはやめて、私がやることにしました。

それでも物理的に手が届かない換気扇掃除と電気の交換は、旦那がするまで待つことにしました。

40代後半/専業主婦/女性

【3位】なるべく気にしない・諦める

なるべく気にしない・諦める

ガミガミ言わずに見守る

共働きなので家事・育児はなるべく分担してるつもりなんですが、でもやはり、気付くとどちらも私がやってる感じになってるんです。

たまに、「よく手伝ってくれるなぁ」と感心することがあるのですが、その後、確認すると、食器洗剤が無くなりかけだったり、台所がビシャビシャになっていたり、洗濯してても洗濯用洗剤が無くなってたり、あと一歩が気が利かないんですよね。

そんな時は、5歳の娘が結構タイミングよく「パパー、洗い物ありがとう。でも台所が、すっごいビチャビチャで、濡れちゃった」とか言ってくれるので、パパも反省(笑)

毎回とはいかないですけど、少しずつ娘の前では、ちゃんと出来るようになってきているので、私もガミガミ言わずに、見守ろうと思います。

40代前半/医療・福祉系/女性

あまり自分の考えや意見を押し付けない

旦那がよかれと思ってしてくれたことが、かえって不十分で私がやり直したりすることが多々あります。

これまでの生活環境が違うところもあったので、あまり自分の考えや意見を押し付けないように気をつけています。

我慢できないときは言いますが、大きな喧嘩にならないよう気をつけ、気持ちを引きずらないようにしています!

甘いものを食べて気分転換する等、気持ちの切り替えを大切にしています。

20代後半/医療・福祉系/女性

毎回言っても通じないので諦めた

夫は以前から気が利きませんが、年と共に酷くなってきています。

まず家族の誕生日を覚えていません。誕生日プレゼントという物を、夫は貰ったことがないらしく、贈る習慣がないみたいです。

それはそれとして妻や子供や孫にはきちんと誕生日プレゼントをしてもらいたいのですが、毎回言っても通じないのでもう諦めています。

気が利く人なら黙ってレストランの予約をしたりしてくれると思いますが、そんなことはした試しがなく、つくづく気の利かない人だと思います。

50代後半/専業主婦/女性

「旦那は外国人なんだ」と思うようにする

対処法は「旦那は外国人なんだ」と思うようにすることです。そうすれば、自然と怒りも期待も起きなくなるからです。

育った環境、今までの生活習慣、考え方すら異なるのなら、もう文化が違う異国の人と同じだと思います。

気が利かないと思っても、それは全て「自分基準(私の日本基準(笑))の考え方にそぐわないと思ってるからだ」と思うようにしてます。

それでも本当に傷ついたり、怒りがマックスに達したら、怒鳴らずに可愛く泣くようにしてます。怒鳴るよりこちらの言い分を聞き入れてくれやすくなるからです。

30代後半/サービス系/女性

いつまでも子供だと思うようにする

何気ない話をするときはいいのですが、こちらが真剣に話している時も携帯ゲームばかりをしていて返事もしない旦那。

結婚してまだ日も浅いし、子供もいないため、離婚してやろうかと思うのですが、「この人はいつまで経っても子供のまま、親に聞かないと何もできない人なんだ」と思うことで自分の気持ちを落ち着かせています。

後日、携帯を弄っていないときに話をするようにしています。

20代後半/メーカー系/女性

諦め半分に割り切る

基本的に温厚で優しい夫ですが、穏やかすぎて仇になることがあります。

即決すべきところを鷹揚に捉えて先延ばしにしたばかりに、問題が一気に山積みになることもあります。

そんな時は、「その優しさやおっとりさが彼の個性だから仕方ない…」と、諦め半分に割り切るようにしています。

付き合っていたときは文句も言い合いましたが、結婚したからこそ多少のことには目をつぶり合うよう心がけて生活しています。

30代前半/専業主婦/女性

そういう特性のある人なんだから仕方ないと諦める

実際に診断を受けているわけではないのですが、彼いわく(婚前に)会社の健康診断でADHDの疑いがあると言われたそうです。

病院に行きたがらないのでそれっきりなのですが、調べてみると確かにその傾向は感じるので、「そういう特性のある人なんだから仕方ないや」と思うことにしています。

以前は「こういう時はこうして欲しい」と伝えたこともありましたが、「できない事は約束できないから」と拒否されたので、私が割り切ることにしました。

20代後半/IT・通信系/女性

【4位】思ったことを伝える・話し合う

思ったことを伝える・話し合う

直接言う

夫は、真冬でも入浴はシャワーのみなのですが、私は湯船に浸かりたい派です。

私が湯船に浸かってのんびりと入浴するのが好きなのを知っているくせに、夫が先に帰宅していてもお風呂を沸かしておいてくれた事がありません。

朝、玄関にゴミを置いておいてもゴミ出しをしてくれた事もないし、家事も一切やってくれません。

私一人でイライラして我慢できないので、夫に直接文句を言っています!

40代後半/医療・福祉系/女性

素直にしてほしいことを伝える

基本的には仲が良い方だと思います。特に嫌なところはないけど、旦那には気が利かないところがあります。

何も気にせず放った一言が辛辣だったり、育児で疲れているときに優しい一言もないので、気が利かないなと思います。

そういう場合、だいたい旦那は何も気づいていないので、落ち着いた頃に「こう言われるとうれしい」と自分の意見を言います。あまりにも腹が立った時は「今の言い方嫌い」と言ってしまうこともあります。

大体は円満に収まりますが、けんかになってしまった時には「考え方も感じ方も違うし、我慢するべきだったかな・・・」と少し反省します。

20代後半/専業主婦/女性

気になったら話し合う事が大切

ちょっとした気遣いもできない夫。私が食事の準備をしていても、テーブルの上を片付けないし、食事の後の食器も下げず、もちろん洗い物もしないです。こっちは毎回声もかけているのに、ちょっとした事に気が回らないんです。

そのうちにイライラが溜まりすぎて、あれもこれもいらない事まで話して爆発してしまいました。

だけどこれが逆にちゃんと話す機会になって、しばらくの間は食器を下げたり色々やってくれました。喧嘩まで発展しないので、話すだけ話したらお互い普通通りにしています。

結果、気になったら話し合う事が大切で、あんまり型にはまった決まりを作らないことが大切だと思います。

30代後半/流通・小売系/女性

お互いの思っていることを話し、そこからどうしたら良いかを考える

夫が気が利かなくて悩んだ時、私はとにかく黙ります。そうすると私の変化に気づいた夫が話しかけてくるので、話をするキッカケ作りになります。

そして、とにかくお互いの思っていることを話し、そこからどうしたら良いかを考えるようにしています。「あんな時はこうして欲しい」と話をすると、徐々に気づいて動いてくれるようになりました。

やはり、話すことが大切だと感じました。

40代前半/サービス系/女性

嫌な思いをした時は直接指摘する

普段は優しい主人ですが、ちょっとした言い方や言い回しが嫌味のように聞こえてしまって、ついイラッとしてしまうことがあります。

本人はそんなつもりで言っていないことは分かっているので、自分の捉え方が悲観的なんだと言い聞かせたりしていますが、あまりにも嫌な思いをした時は直接指摘しています。

そうでない時は主人の知らないところで散財してストレス発散しています(笑)

20代後半/医療・福祉系/女性

毎回溜め込まずに指摘する

夫はすごく優しく温厚な性格なので、そこまで不満はないのですが、優しすぎるがゆえの鈍感というか、気が利かないことが多々あります。

例えば、義父母が私に対して少し嫌味なことを言ってるのに気がついていないパターンが多いです。

さすがに義父母の前では指摘できないので、夫と2人きりになったらすぐに指摘します。

毎回溜め込まずに指摘することで、私もストレスは溜まらないし、その後の状況も改善に向かっていくので、気の利かない夫には正直に話すことが大事かな、と思います。

20代後半/専業主婦/女性

【5位】非言語でアピール

非言語でアピール

これまでフォローしていたところを放置し、あえて困らせて成長させる

仕事では完璧な夫ですが、家では全く何も出来ません。一人暮らしの経験も5年ほどありますが、家事はほとんど出来ないしやらないです。

結婚した当初は、私も頑張っていましたが、何度言ってもやってくれないし、一緒に決めたルールも守ってくれませんでした。

そこで、靴下や服をひっくり返したまま洗濯機に入れた時は、直さずにそのまま洗濯をしてそのまま畳んでタンスにしまっています。そしたら、夫は「服がひっくり返ってる」と言うので、「あなたがひっくり返した状態で洗濯機に入れるからだよ」と言ったところ、夫は謝ってきました。

それ以降、服は直して洗濯機に入ってる事が多いです。

20代後半/流通・小売系/女性

ルールを決め、破ったら自力で何とかさせる

旦那は洗濯が終わった後に洗濯物を出してきたり、食器を洗った後に新たに汚した食器を下げて、当然妻が洗うと信じて疑わないタイプです。

洗濯物に関しては、「次は洗濯をする前に洗濯物を出さなかったら、次の日まで洗いません!」と宣言して、実際その通りにしていると、急ぎの洗濯物があったのに洗濯に出しそびれた時、自分で洗うようになりました。

食器に関しては全く直る気配がないので、せめて洗いやすいように水につけておくように伝え、水につけ忘れた時は仕事帰りに甘いものを買ってきてもらうようにしています。

30代前半/専業主婦/女性

ひたすら目で訴え続ける!

私は姑が苦手なので、夫の実家に行ったときには二人きりになるのを避けて過ごします。

しかし、夫は事前に「お義母さんと二人っきりにしないで」と頼んでいてもすぐに忘れるので、私は必ず姑に捕まり、毎回延々と同じ話を聞かされ、逃げられなくなります。

そういう時は、目で訴え続け、気づいたら姑にばれないように、眉間にしわを寄せて合図します。

気づかない時は、帰りの車の中で説教をし、次回同様のことが起こらないよう言い聞かせます。

40代前半/専業主婦/女性

無言の圧で訴えつつ、動き続ける

夫はたまに家事をやりたくない時があるようで、私が何かする前から「ありがとうね」と言ってきます(笑)

そういう時は「無理してやらなくていいよ!」と伝えて自分で動きます。無言の圧といったところでしょうか(笑)

夫はもともと気を遣える人ではあるので、私ばかりが動いているとばつが悪いのか、私がトイレやお風呂に行っている間に残りのやる事を見つけて終わらせてくれます。

そのあとはお互いに顔を合わせて「ありがとう」と言い合えるので、気持ちもよくなります。

30代後半/専業主婦/女性

【6位】良いところを思い出す

良いところを思い出す

相手の好きなところをたくさん思い出すこと

「いつも仲良く」をモットーにしていますが、夫の気の利かなさと言うか、独特の感性に閉口することがあります。

例えば「今、皿洗いをした方が後々楽じゃないか」と思ったり、「何故、ここの部分は頑なに掃除しないの?」といった細かい部分で、たまにイラっとしてしまうことがあります。

そういった時は些細な言い合いになりますが、相手の好きなところをたくさん思い出して仲直りをするよう心がけています。

20代後半/法律系/女性

【7位】適度にガス抜きをする

適度にガス抜きをする

頭の中で言いたいことを言い放つ!

育った環境も違うし、価値観や考え方が違う夫婦は、所詮他人と思ってます。

だから「こうしてほしいのに」「気が利かないなぁ」というのは、私自身の価値観だからな…と思って我慢してます。

でも、我慢ばかりではストレスが溜まってしまうので、頭の中で「こういう時はこうするのが普通じゃないの?」「こうして欲しかったのに」「何でもっと気を利かせられないの?」と言い放ってます。

実際に言うとケンカになってしまい面倒なので、この方法で自己解決してますが、どうしても我慢できない時やイライラしている時は実際に言ってしまうこともあります。

30代後半/医療・福祉系/女性

まとめ

女性100人に聞いた夫が気が利かない時の対処法では、1位は『わかりやすく誘導する』、2位は『期待しない・自分が動く』、3位は『なるべく気にしない・諦める』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ既婚女性100人による夫が気が利かないな時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【男性版】妻が気が利かないな時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

妻(嫁)が気が利かない…既婚男性100人が実践した対処法とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年03月18日~04月02日
回答者数:100人