夫(旦那)がわがまま…既婚女性100人が実践した対処法とは

「夫がわがまますぎる…」と悩むこともありますよね。わがままな言動が多かったり自己中すぎる部分が目立ってくると、結婚生活に疲れて離婚を考えてしまう事も。

すぐに離婚という選択肢を選ぶことは避けたいからこそ、夫がわがままな時でも上手に改善する方法があれば知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ既婚女性100人による夫がわがままな時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

夫がわがままで悩んだ時の対処法ランキング

夫がわがままで悩んだ時の対処法ランキング

まずは、夫がわがままで悩んだ時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた夫がわがままで悩んだ時の対処法』によると、1位は『しっかり話し合う・指摘する』、2位は『却下する・拒否する・叱る』、3位は『子供だと思って接する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた夫がわがままで悩んだ時の対処法

女性100人に聞いた夫がわがままで悩んだ時の対処法

女性100人に聞いた夫がわがままで悩んだ時の対処法では、1位の『しっかり話し合う・指摘する』が約28.6%、2位の『却下する・拒否する・叱る』が約14.8%、3位の『子供だと思って接する』が約13.8%となっており、1~3位で約57.2%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で夫がわがままで悩んだ時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】しっかり話し合う・指摘する

しっかり話し合う・指摘する

お互いの言い分の妥協点を探す

夫はご飯のことについては我慢できないようで、はっきり口に出しては言わないのですが、不満があると態度に出てすぐに分かってしまいます。笑

普段はわがままを言う人ではないので、たまに言うときは仕方ないかなぁと思い、大体のことは許してしまいます。

とはいえ、食べ物は健康に直結することなので、健康に気を付けつつ、お互いの言い分の妥協点を探すという感じで解決しています。笑

30代前半/IT・通信系/女性

冗談ぽく指摘する

ちょこちょこしたわがままだし、夫は無意識に言ってるようなので「え〜?」などと軽く言っても全然気付きません。

そこで、その都度冗談ぽく笑いながら「うわぁ、ワガママ〜」とか「そういう事言うと嫌われるよ〜」とか指摘します。

おかげで気付くようになり、またちょこっとワガママを言った後、夫が「そういう事言うと嫌われるよ〜」と自分で言うときがあります(笑)

2人で笑って過ごしています。

50代前半/流通・小売系/女性

やんわり言うことで察してもらう

夫は普段あまりわがままを言いませんが、あるこだわりのシーンになると、全くいうことを聞かなくなります。趣味のものを買う時です。

生活費が逼迫していても、欲しいものにはお構いなし。

私が専業主婦なのでお金に関してはあまりガミガミいいたくないので、「ちょっと使いすぎかなあ」とやんわり言うことで察してもらえるといいなと思っています。

40代前半/専業主婦/女性

理解してもらえるよう説得する

夫は子供みたいですが、理系なので、「こうこう、こういう理由で私が嫌なのだ」と言うと、物事を順番立てて考えてくれて、こちらが困っている事を理解してくれるようです。

前に、男性の脳と女性の脳は違うと聞いたこともあるので、わかってくれないこともあると思い、ある程度はこちらが我慢する場合もあります。

とりあえずは説得します。

40代後半/専業主婦/女性

立場を変えて考えてもらう

わがままというか自由というか自分勝手な旦那。

とりあえずそれをされた時の自分はどう思うのか、「他人が今のあなたと同じことをしてたら、あなたはどう思うのか」と立場を変えて考えてもらいます。

「自分がされて嫌なこと、変だなと思うことは自分もしないで」と伝えてます。

子供もいるのでだんだんと減ってきてますが、あまりにも聞かないと怒ります。

20代前半/専業主婦/女性

なるべく付き合い、話をする

イヤイヤ期の子供のように、なんでもすぐにイヤイヤと言う夫ですが、かまって欲しいなどの寂しさからやっているところもあるそうなので、なるべく付き合うようにしています。

なので、怒ったり「大人なんだから」などの正論は逆効果。なるべく話を聞き、私が思いつく限りの選択肢を与え、一緒に「これはどうか?」と提案するなど、2人でなにかをやっているという事実を作ってあげることでわがままが減ります。

どうしても私の余裕や時間がないとき、早く事を進めたい時などは「いい加減にしてよ!」などと言いたい気持ちもありますが、ぐっと堪え、かまってあげられない理由を話すようにしています。

それでもわがままを通そうとする時はさすがに怒りますが。笑

20代後半/専業主婦/女性

言い分もあるだろうから理由を聞く

夫がわがままを言ってきたときは、どうしてそんなことを言うのか理由を聞きます。大体、ストレスが溜まっているときに何も考えずに言っていることが多いです。

自分だけに見せる甘えなのかなと思えるわがままもありますが、そうでないときは癖になってはいけないので、しっかりとなぜそんなことを言うのかというのを聞きます。

そうすると相手も冷静になれるときがあるようです。

30代前半/専業主婦/女性

話し合ってみる!

旦那は基本自己中です。俺様みたいなとこもあるので、気に入らないだけで怒ったり説教しだしたりします。

聞き流すことができる範囲の時は、私も割と「はいはい」と流すのですが、毎回そういうわけにもいかないので、反論しますし、話し合います。言わないとどんどんエスカレートする気がしますし。

話し合ってお互い妥協点を見つけられたらな、と思っています。

30代前半/流通・小売系/女性

わがままの理由を納得するまで聞く!

旦那は自分の譲れないものに関しては絶対に妥協しません。例えば、15万近いPC用の椅子が欲しいとか、2人で使うものは絶対に新品じゃないと嫌だとかです。

結婚してすぐくらいは「何でこんなにわがままなんだろう」と思っていましたが、よくよく話を聞いてみると、それぞれにしっかり理由がありました。それを聞いて納得できた時は、彼の言い分を聞くようにしています。

何故そうなのか、何故そう思うのかをよく話し合うことが、解決に繋がるかと思います。

20代後半/流通・小売系/女性

現実的なダメ出しをして、夢から覚まさせる

夫は車好きで、一台所有では気が済まず、もう一台欲しいとネット検索しています。そしていつも、「この車ならにあうんじゃない?」と私に勧めてきます。

外で飲んだり遊んだりする人ではないので黙認していますが、ある程度ネット検索してて「これどう?」と購入の最終決断のステージまで来たら、「保険料は?車検は?整備は?年にいくらかかるの?」と現実的なところを攻めていきます。

そうするとしょんぼりして、車探しを諦めます。この繰り返しを年に4回はしています。

時々「おれのわがまま聞くだけ聞いてよ」と言いますが、購入させないように、最新の注意を払っています!

40代前半/専業主婦/女性

自分の意見を伝え、冷静に対処する

夫は普段は温厚で優しい人ですが、車に関することに対してすごく敏感でわがままを言ってくることがあります。

私が「〇〇は〇〇だから、こっちの方がいいんじゃない?」と優しく言っても、「無理」としか言わなくなります。

そういう時にわがままを聞いてあげるのは違うと思うので、「私はそう思うけどな」と言って少し時間をあけてみます。

20代後半/IT・通信系/女性

しばらく様子をみて、わがままだと言う事を認めてもらう方向に上手く仕向ける

うちの旦那は、普段は温厚な優しい人ですが、どうしても譲れない事があると急にわがままになり、自分の思いや、やりたい事をいいまくります。

そんな時は、とりあえずしばらく様子をみて、わがままだと言う事を認めてもらう方向に上手く仕向けています。

まあ、男は本来わがままな生き物だと思えば、なんとか乗り越えていけるものですよ。笑

50代後半/専業主婦/女性

その場では否定せず、後から落ち着いて話をする

夫のわがままは我慢していているのですが、私は自分のキャパが小さい自覚があるので、その場では否定せず、後から落ち着いて話をするようにしています。

あまり時間を起きすぎず「さっきのことなんだけど、私はこう思うよ」とか「こうして貰えるとありがたいな」とか「このタイミングは困るよ」など、具体的に柔らかく伝えるようにしています。

何度も何度も繰り返しますが、男はそんなもんだと思って、我慢できないときは、「自分も我慢している部分があるから、一日デートしてほしい」とねだります。

20代後半/専業主婦/女性

否定せずに時間がかかっても遠回しに伝える

私は夫がワガママだなと思っても、一旦は持ち越して冷静に考えます。

自分もワガママな時だってあるので、相手を頑なに否定してはストレスになると思うので、一旦冷静に考えて、何故そのワガママを通されると困るのかを考えます。

例えば金銭的な問題や生活スタイルで、どう考えても無理な場合は、「そうしてあげたいのは山々だけど、それによって出てくるこの問題はどうする?」と話し合いのように聞くと、相手も悟って諦めてくれたりします。

誰でも否定されると嫌になったり逆に頑固になったりするので、否定せずに時間がかかっても遠回しに伝える事が大切だと思います。

30代前半/医療・福祉系/女性

【2位】却下する・拒否する・叱る

却下する・拒否する・叱る

遊びっぽく怒って、要求を断る

旦那は内弁慶なところがあり、外で気を張ってる反面、家ではとてもわがままです。

頑張って働いてきてくれてることも理解しているので、私に余力がある限り基本的には甘えさせるようにしています。

ただあまりにも目に余るときは「私はあなたのお母さんじゃありません、もう知りません!」と突っぱねてしまいます。

本気でいうと険悪になるので、遊びっぽく怒って言うと、甘えすぎたと気づいてくれるみたいです。

30代前半/メーカー系/女性

わがまますぎて嫌だなと思った時は叱る

夫は元から良くも悪くも子どもみたいな性格をしていて、たまにほんとにイライラしてしまうことがあります。

そういう時は、「わたしの家には子供が大きいのと小さいの2人いる」と思い込んでいつも接しています(笑)

そのおかげで我が家は賑やかで楽しいというのもあるのですが、やはりほんとにわがまますぎて嫌だなと思った時は叱るようにしています。

男の人はいつまで経っても子供だなぁと思い、心を広く接するように心がけています。

20代後半/専業主婦/女性

「ダメなものはダメ」とはっきり伝え、シャットアウト

夫は「あれを買いたい、これ買いたい」と、言い出したらしつこいほど言ってきます。

でも負けずに「ダメなものはダメ」とはっきり伝え、シャットアウトします。そしてちゃんと理由も説明してあげるようにしています。

しつこいほど言ってくるなら、こちらもしつこいほど同じことを伝えます。

根比べになりますが、ここで負けずに心折れないことが大事ですね。

50代前半/医療・福祉系/女性

時々、本気で怒る

うちの夫は基本的に優しく、無口で無表情なのですが、アニメとvtuberのオタクなので、フィギュアやDVDと言ったものを買うのがやめられません。

お小遣いの範囲で買っているので良いとは思うのですが、少しは貯金して将来に備えてほしいと思います。

お金の問題は話し合いで解決しますが、あまりに無駄遣いが過ぎると時々、本気で怒ってしまいます。

夫はシュンとします。夫は私に叱られるのが一番こたえるようです。かわいいです(笑)

40代前半/自営業/女性

我慢ならない時は夫の顔を見ながら、言いたいことを全てぶつける

私の場合は、夫がワガママを言ってきた場合は放置しておきます。あとは夫が自分で立ち直ることはわかっているので、「あっ、そう!」という風に気にしないようにしています。

夫はとにかく甘えが強く、どこでも誰にでも甘えてくるということがあります。たとえ相手が男性でも、かまってオーラを放つこともあるんです。

そんな夫のことは大嫌いなので、とことん放置、我慢ならない時は夫の顔を見ながら、言いたいことを全てぶつけます。

ただし、心のうちをぶつけるのもたった一度。それ以上はダメです。

40代前半/マスコミ系/女性

許せない部分を全部ぶつけた

夫はとてもワガママで自己中なところがあります。やりたいことや言いたいことを我慢できずに、我を通すまでぎゃあぎゃあ言ってくることが多いです。

例えば、帰宅したらすぐにお風呂に入りたいこと。私はすぐにご飯を食べたいので、ご飯を作りたいのですが、夫はすぐお風呂。これは育ちの違いではあるのですが、風呂を用意されているのが当たり前だった夫はもう文句ばかり。

夫とは同じ会社で同じ時間に帰宅するため、家事分担のバランスがおかしいことに私が我慢できなくなり、「入りたいなら自分で用意しなさい!私もすぐご飯食べたいから私だって自分でご飯作ってるの!私の場合は私の分だけじゃなくてあなたの分もしてるの!あなたは自分だけ!私がお風呂の時に追い炊きボタンも押したことないじゃない!」と一喝。

それから夫は自分でお風呂掃除をするようになりました。掃除が行き届いていない部分は結局私がすることになりますが、夫がやるようになった分、私が追加で掃除していることを本人には秘密です。

30代前半/流通・小売系/女性