夫婦で一緒に楽しめる趣味ってどんなもの?注意点も解説!

夫婦,趣味

世の中には夫婦間で趣味が同じという人も全く違うという人もいます。

けれど夫婦仲は趣味に左右されているとは言えません。趣味が合わない=相性が悪いのではなく、日常のコミュニケーションを上手く取れていないのではないでしょうか。
パートナーが趣味に没頭している時間が長すぎて寂しいと感じているなど、自分の気持ちをパートナーに伝えることをしなければ、いつまで経っても寂しさは積み重なっていくばかりです。その寂しさが積もり過ぎて、爆発してしまってからでは全てが遅いのでは?

 

離婚になりやすいという噂はそこが原因ではないでしょうか。
趣味も自分の人生に必要な時間。けれどパートナーと過ごす時間も同じだけ人生に必要な時間です。まずは一緒に楽しめる趣味がないか、探してみませんか?パートナーとの時間が不足していると感じたなら、埋める努力をしてみましょう。
夫婦で趣味を楽しむ時の注意点や、一緒に楽しめる趣味をインドアとアウトドアでそれぞれ三つずつをご紹介します。

夫婦で趣味が合わないと離婚の危機?

長年連れ添った夫婦でも、まだ新婚の夫婦でも、合わないものは合いません。無理に相手にばかり合わせようとすると、いつしか我慢の限界がきて破綻してしまいます。しかし、趣味にばかり時間を取ってパートナーとすれ違ってばかりいると、離婚を突き付けられても仕方がありません。
趣味が合う合わないにかかわらず、パートナーとの時間を大切にしているか、パートナーの趣味に理解を示しているかで夫婦仲の良し悪しは変わります。

 

あなたはパートナーの趣味に理解を示していますか?一度拒絶の反応を示していると、パートナーは自分が傷つけられたかのようにあなたに背を向けてしまいます。誰であっても、自分が大切にしているものを貶されたら、嫌な気持ちになりますよね。
夫婦という心の奥まで寄りそうと決めた人だからこそ、心無い言葉には深く傷つけられてしまいます。
自分が好きではない趣味であっても、パートナーには大切な趣味です。パートナーの全てを支配しようとせず、パートナーを理解し、受け入れましょう。

一緒に楽しめる趣味を探してみる

趣味には二種類あります。一人でも楽しめるものと複数人でなければ成立しないものの二種類です。
まず、一人でも楽しめる趣味とは何でしょうか?料理、食べ歩き、登山、マラソン、ゲーム、映画鑑賞などがあります。これらは一人でも複数人でも楽しめます。
次に複数人でなければ成立しない趣味とは何でしょうか?サバイバルゲーム、サッカー等のチーム戦の競技、音楽、演劇、対戦オンラインゲームなどがあります。これらは相手となるチームや一緒に参加してくれるチームメイトがいないと成立しません。

 

夫婦で楽しむにはどの趣味がいいと思いますか?
実はどれでもOKです。一番大事なのは、二人で「これをしよう」と決めること。
既にパートナーが趣味としていることを一緒にやってみるのも良し。二人で新しい趣味をはじめてみるも良しです。
料理であれば、一緒に食材を買い出しに行って、何を作るか作りたいかメニューを考えてみると楽しいですね。作業を分担して作ってもいいですし、ひとつずつの作業を一緒に行っていくのも良いですよ。

パートナーの趣味に口を出してもいいの?

パートナーの趣味に口を出して途端に不機嫌になられてしまったり、自分が不機嫌になってしまったりすることがあります。これはなぜでしょうか?
趣味とはストレス解消の行為のひとつです。心の中に溜まったストレスを解消しようとしているのですから、趣味は心を丸裸にして疲れ癒している最中です。そこに心無い言葉を投げかけられたら、傷ついてしまうと思いませんか?
自分の心の内を晒してもいいと思ったあなたに傷つけられると、パートナーは理解してもらえないと強い失望感に襲われます。

 

例をあげてみましょう。
料理が趣味のパートナーに合わせて、あなたも一緒に料理を作ってみることにしました。メニューを一緒に決め、買い出しまでは何事もなく進みました。
いざ調理開始となったら、あなたの目にはパートナーの手際の悪さがちらほらと見えてしまい、気になって料理に集中できなくなりました。あまりにも気になるので、つい良かれと思ってパートナーの手順に口を出してしまいます。
「それはおかしいよ。こうしないとダメでしょう」と。
ここで立場を逆転させてみましょう。もしあなたの趣味である料理をパートナーと一緒に行っている時に、こんな風に言われたら。あなたはどう感じますか?

 

一緒に楽しむ為に、自分がやりたい事や意見を言うことは悪いことではありません。けれど、「やり方」までは口を挟むべきではありません。あなたにはあなたの考えに沿ったやり方があるように、パートナーにもパートナーが考えたやり方があります。
上の例の言葉を変えるなら、「これはこうすると後が楽になるよ。それとも今のやり方の方が好みだった?」
パートナーのやり方を否定せず、あなたならこうする。その上で好きなことだからそうしているのかを聞く。これだけでだいぶ感じ方が変わりましたね。
回りくどいやり方であったとしても、これは趣味です。その手間こそが楽しいのかもしれないと考えてみてください。効率だけを考えるのではなく、何を楽しんでいるのかに気付くと、パートナーが何を大切にしているのか、一歩踏み込んだ感覚を知ることができます。

夫婦共通の趣味オススメ

一緒に楽しむことを目的とした趣味はたくさんあります。その中でもオススメの趣味をインドア、アウトドアそれぞれ三つ選出しました。

インドア

映画鑑賞

最新作から古い名作までじっくり観て、観終わった後は二人で討論会です。どのシーンが良かったか、あのシーンにはどんな意味があったのか。出演俳優が気になったから、次はその俳優が出ている映画を観ようなど、話は膨らむ一方ですね。

音楽

バイオリン、ギター、ドラム、三味線など、最近は何でも安く購入することができます。中古でも専門店に行けば品質の保証された商品が取り揃えられています。
一緒に楽器を選ぶことから、何を演奏するかを決めて練習を重ねて、いざ演奏会を開いてみるのも楽しいのではないでしょうか。

ゲーム

一方がやり方を熟知していれば、もう一方に教えることができますね。難しいゲームもやっていく内に慣れていきます。できなかった事ができるようになる快感を、パートナーと一緒に楽しみましょう。

アウトドア

登山

最近特に人気になってきた趣味です。一人で登っている人も多いですが、夫婦やカップルで登る人の姿をよく見かけます。
苦労して登った山頂の風景や山ご飯は絶品です。一生の思い出に残る瞬間をパートナーと一緒に迎えたいですね。

キャンプ

何ひとつ道具を持っていなくても、キャンプ場でレンタルしているから問題はありません。身一つで遊びに行って、キャンプの楽しさを満喫しましょう。気に入った商品があれば、ひとつずつ購入していき、各地のキャンプ場を巡るのも楽しいですね。

マラソン

始める時に何の準備も道具もいりません。スニーカーと動きやすい服があればそれでOKです。同じペースで走って景色を楽しむも良し。ゲーム感覚で競争するも良し。

マラソン大会は日本全国各地で一年を通して開催されています。走ることに慣れてきたら、大会に出てみるのも楽しみのひとつになりそうですね。

まとめ

趣味を夫婦二人の時間にしてしまえば、会話もスキンシップも増えて夫婦の距離をグっと近付けてくれるでしょう。
かと言って、必ずしも趣味を共有させる必要はありません。パートナーの趣味を貶めず、何をやっているかに興味を持って話を聞くだけでも十分夫婦仲が良くなります。

 

家族になると途端に会話が減ってしまうことがあります。趣味はそんな無言の家族間に会話の種を蒔いてくれます。その種を花開かせるのか、見なかったことにするのかはあなた次第です。

著者:リリ

性別:女性

年齢:36歳

フリーライターをやっている兼業主婦です。只今妊活中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ