【男性編】両親の結婚挨拶のアドバイス30選!既婚者の体験談

結婚,挨拶

結婚が決まったのなら、真っ先に行わなくてはならないお互いの両親への挨拶。結婚同様に人生で一回限りになるであろうとても大切な場面です。

 

しかし、いざ相手のご実家へ行くと緊張してふがいない結果になることも少なくありません。

そんな結婚の挨拶だからこそ、抑える点は抑えて男性としてしっかりとした好印象を与えたいですよね。

 

今回はそんな男性の為に、結婚の挨拶を経験した既婚男性30人による「結婚挨拶のアドバイス」をご紹介したいと思います。

結婚の挨拶が間近に迫った方、これから結婚の挨拶の予定がある方は是非一度目を通してみてくださいね。

 

譲らない決意を見せる

結婚の挨拶では言葉では「娘さんを僕に下さい」的なお願いするような表現をしますが、実際には報告ですし認めてもらう承認工程なわけです。
多くのご両親もそれは承知していますし、「娘も大人だから最後は娘が決めること」と考えています。

なので二人の決心は固いこと。自分も絶対に幸せにします、という決意が見えれば最後は必ず認めてもらえます。

意思がはっきりしないとか、頼りないと見られるのは絶対に避けるべきです。

(金融・保険系/40代前半/結婚6~10年目)

清潔感と素直さを大切にしたほうが良い

第一印象が大切なので、清潔なイメージは大切です。歯はホワイトニングしたほうが良いと思います。歯の清潔さで印象が変わります。

昔と違って、お酒を飲む人を嫌う人達もいるので注意したほうが良いと思います。お箸の使い方も注意が必要です。苦手な食べ物は素直に言ったほうがうまくいきます。見栄を張らないことが大切です。

(自営業/40代前半/結婚6~10年目)

自信を持ってハキハキと話しましょう

相手の両親へご挨拶に行く訳ですから、緊張するのは当然なのですが、大切な娘さんを頂きたいのですから、モジモジせずに背筋を伸ばしてしっかりと申し入れしましょう。

親の立場からすると頼り無い男に娘をあげたいとは思えないです。男らしく堂々とした振舞が好印象へと繋がります。

(メーカー系/40代後半/結婚11年目以降)

緊張しないことです

足を崩せと言うまでは正座をしておく事です。足を崩しなさいと言われても1回までは我慢します。2度目聞かれたときに我慢できそうなら3度目まで。

食事はなるべく全部食べるようにしたほうが良いと思います。せっかく出してもらったのに食べないのは失礼だからです。

(流通・小売系/30代後半/結婚1年目)

自信をもち堂々と精一杯礼儀正しく振舞うようにする

あまり自分に自信のない人は、できる限り自分に自信をもって行くこと。とにかく無駄に大きく恐縮せず、堂々と行きましょう。ですが、けして横暴にふるまうようなことないよう。精一杯礼儀正しく誠意を見せましょう。誠心誠意挨拶に行きましょう

(医療・福祉系/30代前半/結婚5年目)

趣味を知っておく

両親の挨拶する前に妻からお父さんの趣味を伺い、ゴルフが好きということでちょうど私の趣味と待ったし、話が途切れたときに趣味のことを話したら話が盛り上がりました。

趣味が合わないにせよお父さんかお母さんの趣味は、知っておいた方がよいかも知れません。

(流通・小売系/40代前半/結婚5年目)

礼儀正しく振舞うこと

いくら彼女との間は上手く行っていても、娘のご両親にとっては不安な気持ちもあるでしょうし、特に男親は娘が結婚するときには大変寂しい思いをするそうです。ですから、ご両親への挨拶に行かれる際には、身だしなみや言葉使いには十分配慮して好印象をもたれるように振舞うと良いと思います。

もし食事やお酒が出されたら、薦められたら、ほどほどに頂いたら良いでしょうし、自分ばかり飲まずに相手のご両親にも積極的に薦めるくらいの仕草は必要でしょう。

(専業主婦/60代後半/結婚11年目以降)

Gパン以外のズボンで行く

相手のお父さんを出来るだけ意識して話しをすることが大切だと思います。お家にご挨拶に行く前に必ずお父さんやお母さんの趣味や好みのことを聞いておくと話しが続きます。出されたお食事もしっかり食べることが大事だと思います。

(医療・福祉系/40代前半/結婚6~10年目)

相手を取引先の方と思え

私が妻の両親に挨拶に行く時に上司からアドバイスを貰ったのが「妻の両親を取引先の方と思え」でした。「そうすれば、通常業務の延長だから堅くならずに良いよ」とアドバイスを貰いました。

実際は通常業務の延長とは行きませんでしたが、失礼がなく最初を乗り切れました。最初を乗り切れば後はつつがなく進む様に思います。

(流通・小売系/40代前半/結婚6~10年目)

等身大の自分を見せる

相手方のご両親とは今後、ずっと付き合っていくことになります。最初に気取り過ぎると後々疲れてしまいます。

自分を大きく見せることはせず、等身大の自分で良いのです。相手も、本当の貴方を見たいと思います。礼儀作法など、最低限のことは大切にしましょう。

(公務員・教育系/30代前半/結婚4年目)

事前に情報を入手したらあとは自信をもってストレートな気持ちを伝える

妻の実家に初めて行った時の話です。前日から何を言おうかずっと緊張していたのを覚えています。

妻からはどういうご両親で、どういうお仕事をされていたのかなどを事前に聞きました。義父母は元々居酒屋を経営していて話が大好きな方と伺っていました。私はしませんでしたが、好きなものを持っていくと喜ばれるかもしれません。

あとはもう腹をくくって「結婚したい」という率直な思いをストレートに伝えたら義父母は喜んでくれて、「返品は不可ですよ」と冗談めかしながら認めてくれて、あとは食事会に行って緊張が和みました。

どうせ緊張するので思いは速攻で伝えましょう。両親に会う時点でほぼ彼女からは大切な人ですということは伝わっているはずですから自信をもって頑張ってください!

(メーカー系/40代前半/結婚6~10年目)

結婚承諾の話を切り出すタイミングはなるべく早めにする

私の体験談です。相手の実家に伺い共に食事をさせてもらいましたが、結婚の承諾を得る話を中々切り出せず、結局食事も終わり帰宅の前に話をしました。

相手の両親も喜んでくれましたが、いつ話してくれるか不安だったと笑いながら言われました。私自身も中々話を切り出せず焦りの気持ちも強くなっていった経験があるので話すタイミングは食事の前など早くした方が自分にとっても相手方にとっても良いと思います。

(IT・通信系/20代後半/結婚1年目)

信用してもらえるように誠実に

まずは、冒頭にきっちり挨拶をする。

「本日はお忙しい中、お時間を頂いてありがとうございます」と伝えた方が良いと思います。あとは、会話のキャッチボールをしっかり行うこと。

相手のご両親がよく喋る方であれば、聞き役に徹し、あまり喋らない方であれば、こちらから喋り過ぎ無い程度に会話を行うことがベストだと思います。

(IT・通信系/40代前半/結婚3年目)

おおげさな話はしない

はりきってついつい大げさな話をして、あとで困ることがないようにしてください。聞かれたことに最小限の答えを具体的に短い言葉で答えましょう。うそいっても、あとで絶対にばれます。

また相手の話をきちんと聞きましょう。相手七分・自分三分で話すようにすれば、とりあえず嫌われはしないでしょう。がんばってください。

(流通・小売系/50代後半/結婚11年目以降)

笑いはなるべくとらない

緊張する場ですので笑顔になるようについ笑いを取りたくなる時があるかもしれませんが、そこはぐっと我慢。

なるべく真面目に誠実にいきましょう。あまり冗談ばかり言っていると真剣さが伝わりません。

あくまで今日は結婚挨拶の日と肝に銘じて挑みましょう。

(流通・小売系/50代前半/結婚11年目以降)

根拠のある自信は表に出して

自分自身を謙遜することは悪いことではありませんが、何もかもを謙遜すると「この人で大丈夫なのか?」との印象を与えかねません。

根拠、確たる自信があることについては、はっきりと且つ落ち着いた対応をすることでご両親に安心感を持ってもらえると思うので結果としてうまく事が運ぶと思います。

(流通・小売系/40代前半/結婚4年目)

タイミングを決めておく

相手の親とまだそれほど親しくない場合であると、なかなか結婚を申し込むタイミングがつかめないと思うので、きっかけは彼女から切り出して貰うようにした方がいいかと思います。

事前にしっかりと打ち合わせをし、このタイミングで切り出すというのを決めておくと緊張も和らぎます。

(メーカー系/30代後半/結婚2年目)

小奇麗な恰好で行きましょう。

やはり見た目が重要だと思います。会うかっことしてはスーツがベターだと思います。

淡色系のワイシャツにあまり派手でないネクタイ。きちんと襟元までボタンをしめネクタイもゆるまないようにする。ワイシャツの袖ボタンもしめ忘れずに。

後、女性の方は足元を見るので靴は磨いときましょう。お茶や食事を出して頂く可能性は高いので、指の爪の切り忘れのないようにしましょう。緊張はすると思いますけど、殺される心配はないので、程よい緊張感で誠心誠意を持ってお話をされれば問題ないと思いますよ。

(メーカー系/30代後半/結婚11年目以降)

緊張感が伝わる方が良い

両親の結婚挨拶の際には緊張しましたが、元々あまり緊張するタイプではないので流暢に話しができました。

流暢に話したためか、後日談ですが少し軽い印象があったと聞きました。それを聞いて、緊張感が伝わる方が両親にとっては好印象だと思いました。

(医療・福祉系/30代前半/結婚1年目)

身だしなみに気を付ける

まず当然ですが身だしなみはしっかりとした服装で行った方が良いです。無難なのはスーツで、ネクタイは爽やかな印象のブルー等が良いでしょう。

あとは思いを両親にしっかりと伝えて堂々として居たらきっと相手のご両親も納得してくださると思います。

(金融・保険系/30代前半/結婚6~10年目)

沈黙にならないように気を配る

あらかじめ両親の仕事や趣味等を聞いておき話の途中沈黙にならないようにする。これから家族になるわけなのでご両親の事も覚えようとするような姿勢で挑みましょう。

何が用意されているかはわからないので非常識な事をしないことは絶対ですが、今後家族として接していくわけなので両親の事を覚えようとしている姿勢は好印象になると思います。

私の場合お父様の仕事等は聞いていたのですが趣味など話が盛り上がるような話題があればなと感じてましたので受け身にならずこちらから話題を振れるように準備していくといいですよ!

(サービス系/30代前半/結婚6~10年目)

清潔な格好で、愛想良く振る舞う

両親の挨拶で最も気を使ったところは、服装と受け答えです。

行く前には挨拶で特にしてしまうのが、相手方のお父さんの反応でしたが、あまりそこは気にする必要はなかったりします。

愛する愛娘が…と感慨深くなってしまいます。答えはほぼ決まっているものなので、心象だけ悪くしないよう、聞かれた質問に対して誠実に答え、いい関係を気付けるよう試みましょう。

結婚に関して前向きですとの姿勢と態度でのぞみ、男らしく体言すべきだと思います。きちんと自分のことをハキハキはなし、誠実な回答でこたえていけば、相手方も納得することでしょう。

(メーカー系/30代前半/結婚1年目)

相手のご両親と話す際に、視線を逸らさない

相手のご両親への結婚挨拶自体、人生で数多いものではありませんので、非常に緊張し、返答に詰まったりすることもあるかもしれませんが、間違いなく「視線」を逸らさないことが最も重要だと感じました。

やはり、言動については中々完璧に出来るものではありませんし、相手がいることなので、非常に難しいものです。しかし、「視線」を逸らさないということは意識次第でどうにでもなることです。

実際に私は、これを実践し、好印象を与えることが出来ました。特に準備も要らないことですので、実践してみて下さい!

(自営業/20代後半/結婚1年目)

会話のきっかけづくりがとても重要です!

自身の仕事でよく行く地域のお菓子を持参して挨拶に伺いました。

手土産のお菓子を渡す際に、お菓子の特徴や人気について紹介し、会話のきっかけを作りました。気遣いやお菓子の紹介についてとても喜んで頂いただけでなく、自分の仕事内容や仕事でよく行く地域の情報など、手土産から仕事の話に会話が膨らみ、楽しい挨拶の場となりました。

気遣いと会話のきっかけが出来ると、自身の緊張も少し和らぎ、挨拶の場も会話が弾むことにつながります。

(流通・小売系/20代後半/結婚1年目)

手土産の重要性

挨拶するうえで、手土産は重要なポイントになってくると思います。

事前に相手方のご両親の好みをリサーチして、予算はだいたい2000円〜3000円が相場だと思います。特に、父親側の好みは気に入られるためにもリサーチ必須だと思います。

(公務員・教育系/30代前半/結婚3年目)

普段からのコミュニケーションが大事

普段からのコミュニケーションをとることで結婚挨拶も堅苦しくなく出来ると思います。

僕の場合は両親も心構え、準備ができた状態で挨拶に向かえたので快く入籍の許しを貰えた記憶があります。

挨拶当日だけのアドバイスより、普段からコミュニケーションを大事にするのが大事だと思います。

(自営業/30代前半/結婚6~10年目)

カッコつけず見栄を張ることはないです

身内同士になるので変に気をはらず、いつも通りで良いと思います。

見栄を張るといずれボロが出てみっともないので、普段通りに接するのが最善です。食事の席ではお酒だけは過度にのまず酔わない事が一番大切だと思います

(不動産・建設系/40代前半/結婚6~10年目)

あまり緊張せずに気楽に行きましょう

両親の結婚挨拶はそもそも単なるセレモニーですから、あまり緊張せずに気楽に済ませる方が良いと思います。

前もって結婚する意思は伝わっている訳で改めて挨拶というのは世間常識的な手続きでしか有りません。「結婚に反対されたらどうしよう」などという事は考える必要が無いと思います、反対されても結婚する事自体は可能ですからね。

とは言っても相手に不快な思いをさせるのはマズイですから、その点だけは気をつけましょう。

(自営業/60代後半/結婚11年目以降)

伴侶予定者と前もって、綿密に打ち合わせをする

こちらでは向こうの両親の性格や経験などほとんどわからない為、前もって伴侶予定者と想定される質問等や、その場のシチュエーションはどんな感じかなど、綿密に打ち合わせを行ってからその場に臨んだほうが良いと思います。

(流通・小売系/60代前半/結婚11年目以降)

失礼はあっても無礼でないようにする

食事会場を提供する。そのことにより相手の両親も今日は何かがあるのであろうと感じるはず。

私自身の体験談では、結婚の挨拶をした時に、相手の両親から今日はそうであろうと言われました。母親とは何度もお会いしてましたが、父親とは初めての顔合わせでしたが、店の手配や店の感じなどから誠実さが認められました。

(自営業/30代前半/結婚3年目)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ